ミヨシ 石鹸 ハンド ソープ。 ミヨシ石鹸「無添加 泡のボディソープ」で全身を洗おう【子供もOK】

ハンドソープが売り切れ・売ってないのはなぜ?石鹸で代用は大丈夫?

ミヨシ 石鹸 ハンド ソープ

昨今、ウィルスの感染問題もあり、うがい・手洗いに関して意識がかなり高まってきました。 私もウィルス感染はとても怖いので、外から帰ってきたらうがい・手洗いは徹底しています。 そして、無添加主義な私は無添加のハンドソープを使用しています。 肌に触れる洗剤や石けんも肌にやさしいものが良いと思い、無添加を選んでいますが、最近のウィルス感染の流行を機に、 無添加のハンドソープの殺菌作用があるのか ということが、気になりだしてしまいました。 無添加のハンドソープは肌にやさしいですが、恐ろしいウィルスを撃退することはできるのでしょうか。 そこで今回の記事では、 無添加のハンドソープの殺菌効果についてと、 おすすめ無添加ハンドソープをご紹介したいと思います。 殺菌 菌を殺す作用があること 除菌 菌を取り除くこと 抗菌 菌の増殖を防ぐこと 消毒 菌をある程度殺すこと 参考: 「殺菌」も「消毒」も、菌を殺す作用があったり、ある程度殺すことができる作用がありますが、 完全に菌を殺すことができるわけではないのですね。 「薬用」と記載されたハンドソープは、国に指定された「殺菌」「消毒」などの作用がある成分を使用している医薬部外品に該当します。 薬用ハンドソープには、殺菌成分が含まれているということですが、肌に負担がかかることは否めないですよね。 菌はしっかり落としたいけど、肌への負担も減らしたいのが本音ではないでしょうか。 無添加のハンドソープの成分を見てみると、そのほとんどが「 純石けん成分(カリ石けん素地)」です。 では、純石けん成分には殺菌作用はあるのでしょうか? 実は、普通の純石けん分でつくられた石けんと、薬用ハンドソープでは、 殺菌効果には大きな差がないと言われています。 これは、石けん成分に殺菌作用があるわけではなく、普通の石けんで手を洗うことによって、表皮の汚れと一緒に菌がある程度落ちるからです。 少し古いデータですが、大手メーカーの花王さんの平成11年に行った手洗い実験では、 手についた大腸菌群の95%を普通の石けんで洗い流すことができたそうです。 思ったより差が少ないことに驚きますね。 また、東京都健康安全研究センターの手洗いの実験では、手洗い用の石けんが 薬用かそうでないかに限らず、丁寧な手洗いをすることで、手についた菌の数を減らすことができるという結果もでていたそうです。 その実験によると、最も効果の高い洗い方は、 「 10秒もみ洗いしたあとに、15秒流水で洗い流す。 これを2回繰り返す」 という方法でした。 ハンドソープに何を使用するかではなく、 洗い方が大事ということですね。 ウィルス感染防止を意識して、手洗いの頻度が増えていると思いますが、その都度刺激の強い成分の入ったハンドソープで手を洗うよりも、無添加の手肌にやさしいものを選びたいですね。 ここで、おすすめの無添加ハンドソープをご紹介したいと思います。 香料・着色剤・防腐剤など全て無添加です。 脂肪酸カリウムという表記がされている場合もありますが、脂肪酸カリウムは液体の純石けん成分のことをいいます。 固形の石けんの場合は脂肪酸ナトリウムと表記されます。 【使用感】 泡立ちは優しく、キレイキレイなどの薬用ハンドソープを比べると泡立ちが良い方ではありませんが、使った後の手の乾燥具合は、かなり軽減されると思います。 香料は使用されていないので、特に良い香りはしません。 【価格】 350㎖の容量で定価は450円 税抜 なので、薬用ハンドソープと同じくらいの値段です。 ドラッグストアでも販売しているので買いやすい商品です。 Amazon・楽天市場・Yahooショッピングでも購入できますが、ドラッグストアなどで購入した方が安いです。 じっくり時間をかけてつくるこの製法は、原料である天然油脂の保湿成分が残るので、しっとりとした洗い上がりになります。 【使用感】 プッシュするときめ細やかな泡が出てきます。 ミヨシさんのハンドソープと比べると、もっちりとした泡で手を優しく包み込むような感触の泡です。 洗い上がりも、さっぱりしながらも手肌のしっとり感が残ります。 【価格】 300㎖の容量で定価は660円 税込 です。 カリ石鹸素地をつくる工程に時間をかけているからか、お高めの価格設定です。 こちらもドラッグストアで購入する方が安いですが、取り扱いがない店舗もあるようです。 Amazon・楽天市場・Yahooショッピングでも購入可能です。 上記2つでご紹介したハンドソープは、無香料でしたが、こちらは天然の香料が配合されているため、やさしい良い香りがするのが特徴です。 「 BG」も保湿剤のことで、石油が原料になっているものと植物が原料になっているものがあります。 抗菌性も高く液体中の菌の繁殖を防ぐ役割があります。 無添加の化粧水などにもよく使用されています。 arauでは、「植物エキス」を抽出する際の溶媒として使用されているもので、エキスに微量ながら残留してしまうため、 原料として添加している成分ではありませんが記載されています 【使用感】 グリセリンなどの保湿剤や、うるおい成分であるシソ葉エキスとローズマリー葉エキスが配合されているため、洗い上がりに手肌のしっとり感が感じられるハンドソープです。 油汚れもスッキリと落とせることができるので、性能面でもばっちりです。 【価格】 300㎖の容量で定価は440円 税込 です。 定価では、この商品が一番低価格です。 Amazon・楽天市場・Yahooショッピングでも購入可能です。 まとめ 私は新型コロナウィルスが流行しだしてから、無添加石けんでは殺菌できないのかも…と不安になっていましたが、無添加ハンドソープでも問題なさそうで安心しました。 現時点だと、ハンドソープも在庫切れのものが多く、通販だと価格が高くなってしまうものも多いのが残念です。 このブログを読んでくださる方の、今後の選択に少しでも参考になれば幸いです。

次の

ミヨシ石鹸「無添加 泡のボディソープ」で全身を洗おう【子供もOK】

ミヨシ 石鹸 ハンド ソープ

安全警告 ・お肌に傷、湿疹等異常がある時は使わないでください。 ・刺激等の異常が現れた場合は使用を中止し、専門医等に相談してください。 ・当製品は無添加のためノズルのまわりにせっけんが固化しやすく、ポンプを押した時泡が斜めに飛び出すことがありますのでご注意ください。 ・低温で石けんの一部が固化し、泡が出なくなることがあります。 その場合、容器ごとぬるま湯で温めて液を透明にしてからご使用ください。 また、使用間隔があくことでも泡が出にくくなりますのでご注意ください。 ・天然原料で無添加のため色が変わることがありますが使用上問題ありません。 ・必ず当製品専用の容器に詰め替えてください。 ご注意(免責)>必ずお読みください ・お肌に傷、湿疹等異常がある時は使わないでください。 ・刺激等の異常が現れた場合は使用を中止し、専門医等に相談してください。 ・当製品は無添加のためノズルのまわりにせっけんが固化しやすく、ポンプを押した時泡が斜めに飛び出すことがありますのでご注意ください。 ・低温で石けんの一部が固化し、泡が出なくなることがあります。 その場合、容器ごとぬるま湯で温めて液を透明にしてからご使用ください。 また、使用間隔があくことでも泡が出にくくなりますのでご注意ください。 ・天然原料で無添加のため色が変わることがありますが使用上問題ありません。 ・必ず当製品専用の容器に詰め替えてください。 内容量 350mL 3L 500ml 5L 450ml 特徴 ポンプひと押しで泡が出てくる簡単ハンドソープ。 香料・着色料・防腐剤無添加。 サッと簡単に手洗いができる泡状のハンドソープ。 手肌にやさしい無添加の泡が、汚れや バイ菌をしっかり落とし、必要なうるおいを残しながらさっぱり洗い上げます。 お肌の 弱い方や敏感肌の方はもちろん、手洗いが苦手な小さなお子様にもおすすめです。 この製品の主原料である「パーム核油」の原産地はインドネシアです。 豊かな泡で全身をやさしく包み込んで洗う、泡状のボディソープ。 泡もちがよく、ぬる つきのない、さっぱりとした洗い上がり。 お肌の弱い方や敏感肌の方はもちろん、小さ なお子様まで家族みんなでご使用いただけます。 この製品の主原料である「パーム核油」の原産地はインドネシアです。 豊かな泡で全身をやさしく包み込んで洗う、泡状のボディソープ。 泡もちがよく、ぬる つきのない、さっぱりとした洗い上がり。 お肌の弱い方や敏感肌の方はもちろん、小さ なお子様まで家族みんなでご使用いただけます。 この製品の主原料である「パーム核油」の原産地はインドネシアです。 豊かな泡で全身をやさしく包み込んで洗う、泡状のボディソープ。 泡もちがよく、ぬるつきのない、さっぱりとした洗い上がり。 お肌の弱い方や敏感肌の方はもちろん、小さなお子様まで家族みんなでご使用いただけます。 この製品の主原料である「パーム核油」の原産地はインドネシアです。 カテゴリー ハンドソープ ハンドソープ ボディソープ ボディソープ ボディソープ.

次の

lg.ripley.cl

ミヨシ 石鹸 ハンド ソープ

Sponsored Links ハンドソープが売り切れ・品薄・・・なぜ? 冒頭でも書きましたが、 液体・泡ハンドソープは、今やどこも売り切れで、常に品薄状態。 一方、 固形石鹸は大抵のお店で十分に在庫があります。 ツイッターのつぶやきを見てみても、どこも同じ状況ですね。 ボディソープも普通にあった。 いつも買ってるビオレUだけあって、それを買えたけど、液体のハンドソープだけ大人気なのか— 加野瀬未友 kanose ハンドソープが売り切れ続出で品薄になっている理由として 「 買い溜めしている人が多いから売り切れや品薄になっているのでは?」 という声もありますが 普段より手を洗う回数が多くなっている上 学校休校やテレワークで家に留まる家族が増えれば、嫌でも一世帯当たりの消費量は増すと思います。 ネットショップでは在庫があるようですが、ちょっと価格が気になります。 探せば掘り出し物もある・・・? 泡・液体ハンドソープが売り切れ・品薄になる理由のひとつに、 ハンドソープの方が使いやすくて人気だからというのがあります。 人気の理由は、以下のような感じですね。 4つ目の「 除菌効果」はともかくとして こういった 固形石鹸の煩わしさが嫌で、同じ液体系のもので在庫のある ボディソープを代用しているという声もありますが・・・ ボディソープ、 泡切れがよくなく、ぬるぬるが中々落ちないんですよね。 乾燥肌の私にとっては、手を洗うたびに泡が落ちるまでゴシゴシし続けるのは、結構辛いものがあります。 ですので、液体・泡ハンドソープが手に入らないなら 泡切れの悪さが苦手という方や、私のような乾燥肌の方は ボディソープよりは刺激が少なく泡切れもよい 固形石鹸を選んだ方がよいと思いますが・・・ 不安に思うのが、やはり 「 除菌効果あり 」と書かれていない 固形石鹸 で、ウイルスの除去はできるのか? というところです。 そこで、固形石鹸の除菌効果について調べてみました。 Sponsored Links ハンドソープの代用に固形石鹸は使えるの?殺菌はできるの? ウイルスを除去する方法として有効だとされている、 アルコールや 次亜塩素酸による消毒。 しかし、 新型コロナウイルス対策には、「 石鹸による手洗い」が 「アルコール消毒」より有効である という事が 世界保健機構 WHO でも認められています。 「 アルコール消毒よりも 石鹸で20秒洗う方が、確実にウイルスを除去・殺菌できる」ことをわかりやすく解説した動画が公開されています。 これ、めちゃくちゃ分かりやすい。 石けん手洗いの有効性 ウィルスって、なかなか落ちないんだ。 と明示されています。 「 どんな種類の洗剤でもよい」理由は 洗剤に入っている 界面活性剤が汚れを落とす仕組みにあります。 ウイルスは、 たんぱく質と 脂質(油膜)でコーティングされています。 ただ 水で流すだけでは、この 脂質にはじかれてしまい、ウイルスを落とすことはできません。 そこでこの 脂質を分解するのに役立つのが、 洗剤の成分・ 界面活性剤。 詳しくは動画の説明のとおりですが 簡単に言えば、以下の過程で手に付いたウイルスは除去されます。 Sponsored Links ハンドソープよりも強力?!無添加系の石鹸が良い理由 これまでで 「界面活性剤が入っていれば、ウイルス除去に有効である」 ということはわかりました。 では、 ハンドソープと 固形石鹸、いったいどちらが、ウイルス殺菌に高い効果を発揮するのでしょうか? によると ウイルス殺菌力の高さという点において 合成系の界面活性剤が主成分の ハンドソープよりも、 無添加系の 固形石鹸の方が ウイルスの破壊能力が100~1000倍も大きい」 ということが明らかとなっています。 いったいどういうことでしょうか? これはつまり、 界面活性剤の種類によってウイルス殺菌力が違ってくる、ということを意味しています。 (合成系はさらに細分化されますが、ここでは詳細は必要ないので割愛します)。 化学物質を混ぜた 合成系の界面活性剤は、よく泡立つ、水に溶けやすい、帯電防止効果(衣類洗剤)などの点から、液体系の洗剤によく使われています。 濃度の高い合成系界面活性剤で洗うと、ウイルスの核がバラバラになるのは、わかっているわけですが 今回の研究結果で判明したことは 「 天然由来の界面活性剤が、濃度が低いにもかかわらず、ウイルスの攻撃的な箇所を軒並み骨抜きにしていた」 ということ。 つまり 天然由来の界面活性剤は、 少ない労力で、低刺激でありながら、合成系界面活性剤をはるかにしのぐ破壊力を発揮する、ということです。 ただし。 どの 石鹸であっても、ウイルス表面の油膜を剥がすには 一定の時間を要します。 その時間が、「 20秒」。 ですので ウイルスの完全な除去のためには、 石鹸で泡を立ててから 最低20秒間は手をこする必要があります。 そして、 指のすみずみまで泡がいきわたるように、 しっかり泡立てて洗うというのも必要です。 さて、ここまで長々と、実はハンドソープより無添加系の石鹸の方がウイルスに強いよ、ということを書いたわけですが 肌にも優しくてウイルス殺菌効果高いなら、むしろ無添加の固形石鹸使った方がよいなという感じですね。 Sponsored Links ハンドソープより殺菌効果あり!おすすめの無添加系石鹸 前述のとおり、私の肌は、 超敏感・乾燥肌タイプです。 市販の石鹸だと、泡切れのいい泡ハンドソープより油分が落ちてしまって手が荒れそう・・・と懸念していたのですが 低刺激な無添加系の石鹸の方が、ハンドソープより、むしろウイルス殺菌効果が高いというのは、乾燥肌で悩む人には非常に朗報ですね。 そこで、肌の潤いもキープできる無添加石鹸を探してみました。 髪を洗ってもパサつきません。 低刺激なので、 赤ちゃんにも使えます。 そして低刺激ながら、 洗浄力もばっちり。 アルガンオイルは、リノール酸(肌のバリア機能と保湿に効果)、パルミチン酸(肌のターンオーバー活性でシミ・シワを減らす)、ビタミンEなど、 肌を健やかにする成分を豊富に含み、 乾燥肌にとてもやさしいオイル。 熱で成分を壊さないようにコールドプロセス製法で作られているので、保湿や肌トラブルに、より高い効果を期待できます。

次の