スターミー育成論 剣盾。 【ソードシールド】注目の新わざ・追加の教え技まとめ【ポケモン剣盾】

【ポケモン剣盾】スターミーの進化と入手方法【鎧の孤島】|ゲームエイト

スターミー育成論 剣盾

先制技としては威力が高く、 条件を満たしていなくても通常の技として使用が可能なので腐りづらいのも特徴です。 「ダイソウゲン」でグラスフィールドを展開した後に先制技として使えるのは勿論ですが、特性「グラスメイカー」を持つ「ゴリランダー」と特に相性が良い技と言えます。 メテオビーム いわ 特殊 威力 120 命中 90 PP 10 1ターン目に自分の特攻を1段階上昇、2ターン目に攻撃 解説 技を選択したターンには攻撃せず、次のターンに攻撃をする技です。 「パワフルハーブ」を使うと 特攻アップと攻撃を同時に行えるので瞬間的に高い火力を出しつつその後の火力も上げる事が出来ます。 現状では恩恵の大きいポケモンはそれほど多くありませんが、今後ポケモンが解禁されていく事で猛威を奮う可能性があります。 現状であれば素早さ・特攻が高く技範囲も広いスターミーなどで使用するのがおすすめです。 しっとのほのお ほのお 特殊 威力 70 命中 100 PP 5 そのターンに能力が上がった相手に使用すると必ずやけど状態にする 解説 相手を必ずやけど状態にする事で弱体化を狙える技です。 全抜きを狙うダイマックスアタッカーなどが使用するダイマックス技には能力上昇を狙うものが多く、「ラムのみ」に注意する必要はあるものの ダメージを取りつつ安定した命中で相手の攻めプランを崩せる可能性があります。 現状覚えるポケモンに安定した高耐久が少なく、これから解禁されていくポケモンに注目が集まります。 ポルターガイスト ゴースト 物理 威力 110 命中 90 PP 5 相手が道具を持っていない場合失敗する 解説 威力の高いゴースト物理技で、使用すると相手の道具を確認する事が出来ます。 命中が若干不安定ですがほとんどノーリスクなので、メインウエポンがあまり強力でなかった為に火力を出しづらかったゴーストタイプの火力が底上げされます。 これによって一気に環境が変わると言った事はありませんが、 一部のポケモンの火力指数が大きく変わるという意味で注目したい技です。 クイックターン みず 物理 威力 60 命中 100 PP 20 攻撃後、手持ちのポケモンと交代する 解説 「とんぼがえり」と同様に相手に攻撃しつつ交代が可能な技です。 獲得したポケモンの中にはとんぼがえりを覚える種族も居ますが、 一致技として扱えるようになった事でより相手への削りを加速させられます。 素早さの高い「カマスジョー」や特性の「かそく」で素早さを上昇させられる「サメハダー」で使用して優位に立ち回ったり、「ねがいごと」を使用出来る「シャワーズ」で後続を回復させつつ交代したりと幅広い運用が考えられます。 現状では氷4倍弱点のポケモンは環境にほとんど居ませんが、これから解禁されるポケモンによっては 優秀な遂行技になる可能性を秘めた新技です。 総合的な威力は高いですが、1発毎に命中判定があるので技を外してしまった場合大きく威力が落ちてしまう点、「ばけのかわ」に対しての攻撃では威力が上がらない点には注意が必要です。 はいよるいちげき むし 物理 威力 70 命中 90 PP 10 相手の特攻を1段階ダウンさせる 解説 威力が控えめですが、命中すれば相手の特攻を確定でダウンさせられる虫タイプの技です。 耐久が物理に偏っているポケモンなどであれば相手が特殊アタッカーを後出ししてくる可能性があるので 効果的な弱体化を狙いやすくなります。 同じく虫技である「とびかかる」では相手の攻撃を1段階ダウンさせられるのでどちらも覚えるポケモンであれば環境や出てきやすいポケモンに応じて選択する事も出来るので地味にではありますが確実に選択肢が広がった技です。

次の

【ポケモン剣盾】鎧の孤島/冠の雪原の内定ポケモン一覧【エキスパンションパス】

スターミー育成論 剣盾

そのうちしれっと入れ替わってる可能性もあります。 これが一番無難。 特性はどちらでもいいですが、相手の「ダイバーン」を吸収できる「もらいび」がオススメです。 素早さは120族抜きですが、全振りして128にしてもパルスワン 121族 しか抜けないので244振りがオススメ。 ただ、ダイマックスを考慮して最速にするのもアリです。 お好みで。 先制で鬼火が打てることや、ダイマックスで強力な地面技(威力130)が打てることも強さに拍車をかけた。 ダイナックルは威力が下がるので注意(威力95) なお、 ダイマックスした瞬間にスカーフの素早さ上昇は消えるので注意が必要です。 ダイマックスした瞬間素早さ逆転してワンパンされるのは笑えない。 他、候補として「かみつく」や「アイアンテール」「ギガインパクト」があります。 ギガインパクトはダイアタックにすることで威力150かつ相手の素早さを下げることができるので、わりとガチ。 スカーフによる先制「あなをほる」で相手のダイマックス状態での時間稼ぎができることは覚えておきたいポイント。 ウインディ(火力は特化ウインディより少し高い)• HP252振りダイマックスバンギラスをギリギリ確定一発。 弱点保険なんてぶっ飛ばせ! 素早さに振ってないフォルムロトムも多いので4振り86族抜きにしているが、調製例で挙げた耐久調整にするのもオススメ。 調整先:攻撃特化 陽気珠ミミッキュのダイホロウ 威力120 耐え 無振りアーマーガア抜き 実数値:151-200-99-x-136-88@いじっぱり 努力値:HP84 攻撃252 防御148 特防4 素早さ20 電光石火も有力候補。 ヒートロトムやトゲキッスに強いのは本当にステキ。 ただし鬼火が使えないデメリットが大きすぎて、うーん…という感じでした。 チョッキじゃなくて木の実とかにして鬼火持たせたほうがいいのかもしれない。 かみつくはドラパルト意識 ついでにシャンデラ 、のしかかりはロトムへの打点として。 「馬鹿力でええやん」って場面のほうが多いのでのしかかり枠は自由です。 こんじょうはね、もらいびのほうがいいです。 実際ダメージ計算はそんなにしてないので感覚で動かします。 オボン発動しろ!って思ったらしないことも多くて悲しいです。 扱いやすいのはスカーフですが、個人的に気に入ってよく使っています。 ブースターの「まねっこ」はガチで強いのですが、以前のオボンブースターは特攻個体値が低い子だったので別枠として育てました。 「タスキじたばた」をパッチラゴンやウオノラゴンに打つときが一番楽しい。 なお、倒せない。 あと枠的には絶対足りないんですけど、でんこうせっかはマジで欲しい。 助けてくれ。 そこで「高速移動バトン」のサンダースと組み合わせて使いました。 結果、クソ強かったです。 何回3タテしたか覚えてないくらい強かった。 最初「まもる」の枠は「おにび」だったんですが、一度も使わなかったので「まもる」にしました。 ちなみに「まもる」も単体運用前提(バトン前提だと交代時に毒毒玉が発動する)なので、バトン前提ならこの枠はフリーです。 単体運用するなら守るは必須だと思います。 なお、ドラパルトに引っ込められたりダイロックを打たれたりしました。 他のイーブイズ育成論を見る.

次の

【ポケモン剣盾】スターミーの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

スターミー育成論 剣盾

基本データ 全国 No. 121 スターミー 分類: なぞのポケモン タイプ: 高さ: 1. 1 m 重さ: 80. しぜんかいふく バトルから引くと、状態異常が治る。 アナライズ そのターンの一番最後にわざを出すと、わざの威力が1. 3倍になる。 ピカチュウ】【Let's Go! イーブイ】 [水上] 、、 第8世代 【ソード】【シールド】 [通信] 他のソフトから送る 【ソード】【シールド】 鎧の孤島 [固定シンボル] 、 [通常レイド] 、、、、、、、 [レアレイド] 、、、 育成論• ポケモン王国• 育成論掲示板 剣盾 Lv. ORAS Lv. BW2 Lv.

次の