四十九日 法要 お布施。 四十九日法要にかかる時間の目安をパターンごとに紹介

四十九日法要でお布施の袋は何が正しいの?書き方やお札の入れ方は?

四十九日 法要 お布施

四十九日のお布施とは 四十九日法要とは まず、「四十九日」と「四十九日法要」について見ていきましょう。 2つ 故人にとってと遺族にとって の意味があります。 仏教では一部の宗派を除き、故人は亡くなった日から四十九日間はあの世へ転生・成仏する期間と考えられ、この世とあの世を彷徨っているとされています。 そこで… 故人にとっては、49日目または直前の土日等に四十九日法要を執り行うことで、無事成仏して極楽浄土に行くことができるのです。 また 遺族にとっても四十九日法要は、忌明けのとても大切な法要です。 親戚などを呼んで忌明け法要を営むことで、故人との別れに一つの区切りをつけて日常生活に戻る、という意味合いもあります。 なお、 四十九日間を忌中 きちゅう といい、 四十九日が過ぎると忌明け きあけ となります。 遺影を仏壇の外に飾ったり、神棚に封印した白い紙をはがしたりします。 このように四十九日法要は、故人にとっても遺族にとってもとても意味のある法要なんですね。 お布施とは 続いてお布施とは何でしょうか? 一般にお布施とは、四十九日法要等の読経に対する報酬や謝礼と思いがちですが、本来のお布施は喜捨 きしゃ です。 何の見返りも求めずにただ与えるだけ。 何か見返りを求めたら、お布施にはなりません。 また 本来のお布施は、お寺のご本尊へお供えするもの。 「御布施」と書かず「御供」と書く方もいます。 それまで僧侶がお布施を一時預かりするわけですね。 お布施袋・封筒の書き方 袋または封筒に書きます。 お布施の入れ方は第3章をご覧ください。 スポンサードリンク お布施の入れ方 四十九日法要 四十九日法要のお布施の入れ方!ズバリ言います。 不祝儀袋は使用できません。 『お布施』を渡す相手は僧侶。 自分は不幸でも、 僧侶に不幸があったわけではないので、不祝儀袋は使用できません。 コンビニや文房具屋さんに売っています。 なおコンビニは数ヵ所行きましたが、置いてないお店の方が多かったです。 お札の入れ方は、 封を開けた時に、人物の顔が【表面】・【上部】になるようにしてください。 開眼法要 既にお墓をお持ちの方もまだお墓がない方も、位牌の開眼法要は四十九日法要と同時に執り行うことになります。 開眼法要のお布施の入れ方をご覧ください。 では、四十九日までに本位牌を準備して、戒名を書い 彫っ てもらいます。 四十九日法要で成仏された魂を、白木位牌から本位牌に移す開眼法要をしていただきます。 お待たせしました。 では開眼法要 位牌 のお布施の入れ方はどうするのでしょう? 四十九日法要と開眼法要が 同日ですから、合計金額をひとつのお布施として渡しても結構。 でも、弔事と慶事ですから、分けて渡したいという方! 開眼法要は 慶事祝い事ですので、本来は熨斗なし・水引が 紅白の祝儀袋ですが、 葬儀からそれほど日が経っていない時期に紅白の祝儀袋は、遺族には抵抗を感じます。 ちょっと地味に、 熨斗なし・水引が黄白または双銀の祝儀袋ぐらいが最適です。 お札の入れ方は慶事用です。 封を開けた時に、人物の顔が【表面】・【上部】です。 なお浄土真宗では、位牌やお墓などに魂を入れる 開眼 という概念がありません。 また、過去帳を使い位牌を作らない方もいます。 つまり浄土真宗の方は、お布施は不要となります。 お布施の渡し方 本来お布施は喜捨ともいい、何の見返りも求めずただご本尊へお供えするもの。 それまでは僧侶が一時お預かりするわけですね。 ということもをご理解していただいたうえで、お布施の渡し方の作法をご紹介しますね。 渡す前に、切手盆とふくさ お布施を入れておく を用意しておきます。 直接手渡しするのではなく、 切手盆 ない時はふくさ にのせて、向きは僧侶から見て正面になるようにします。 静かに引きずらないようにして僧侶の前に切手盆を置いてください。 その際、下記のような一言を添えてお渡しください。 「本日は、お心のこもったお勤めをしていただきありがとうございました。 おかげさまで無事四十九日法要を執り行うことができました。 これはお布施でございますが、 ご本尊様に どうぞお供えしてください。 」 まとめ 四十九日法要は、故人にとっては無事成仏して極楽浄土に行くことができ、遺族にとっても一つの区切りをつけて日常生活に戻ることができる、とても意味のある法要でしたね。 四十九日法要と同時に位牌の開眼法要を執り行うことが多いようですので、お布施も両方必要です。 封筒の 表書きは、『お布施』または『お供え』 四十九日法要の お布施の入れ方は、白封筒。 どうしても袋を使いたければ、熨斗なし・水引の色は黄白または双銀。 開眼法要のお布施は、四十九日法要と一緒に入れてもいいですが、 分ける場合は、熨斗なし・水引が双銀または黄白の祝儀袋。 お布施の渡し方は、切手盆またはふくさにのせ、引きずらないように静かに置いてくださいね。

次の

四十九日のお布施の相場はいくら?地域や宗派別に詳しくご紹介します|終活ねっとのお坊さん

四十九日 法要 お布施

四十九日のお布施の相場【曹洞宗】法要や納骨に必要な金額はいくら? そもそも、四十九日法要とは、この世に残ったものが、故人が安楽になるように行う「追善供養」なのですが、故人の供養をすることで、 先祖を敬い、自分たちが今あることに感謝する機会なのです。 日本昔話にでてきそうな内容ですが、 曹洞宗は葬儀も含めてストーリーがあり、身近に感じられる宗派なのです。 四十九日のお布施の相場とその他の費用 葬儀の時と同じように、四十九日を営むときにも、僧侶へお渡しする「御布施」を用意しますが、どの宗派にも言えることですが、 「御布施」「お車代(交通費)」「お食事代」の3つでしょう。 四十九日法要のお布施・・・3万円~5万円。 四十九日のお車代・・・3,000円。 四十九日のお食事代・・・5,000円。 さらに、寺院の本堂をお借りして法要を行う場合には、 本堂使用料が必要になるのですが、目安は1~3万円です。 しかし、本堂ですとお車代は不要ですよね。 もう1つ、法要の際に供養の意を込めて 卒塔婆(そとうば)を立てます。 卒塔婆とは経文、戒名、没年月日を記した細長い板なのですが、こちらの塔婆料(とうばりょう)も費用になります。 寺院によって金額の差が大きいのですが、 塔婆料は3,000円~1万円ほどです。 卒塔婆はお釈迦様の遺骨を納めた塔を意味していて、寺院で見かける五重塔の形になぞらえて作られたのだと言われています。 そして、自宅や寺院、どちらの場所であっても、 法要花が必要でしょう。 四十九日の忌明け法要には、色の入ったお花で大丈夫です。 お供えをする和菓子などもあると整います。 四十九日(忌明け)法要までに準備をすること 四十九日まで祭壇に飾っていた白木位牌は仮の位牌なので、塗り物のお位牌(本位牌)に変えるのですが、 直接位牌に彫を入れるものですので、仏具店への早めの注文を心がけましょう。 この忌明け法要には本位牌を使用し、白木位牌は住職に引き取ってもらうのです。 位牌は没年月日、戒名、俗名(生前の名前)、享年などが書かれ、 故人の分身のようなイメージになるでしょう。 曹洞宗を含む禅宗は「位牌」を大切にしている宗派なのです。 このように忌明け法要も含めて、亡くなってから1年後に、一周忌の法事、その後は、下一ケタが「3」と「7」になる年にも法要を行うのですが、これを「 年忌法要」と呼びます。 年忌法要を、いつまで行うかについては、お寺や地方によって違いがあります。 50回忌までの年月を記載してある表(忌日表)が一般的ですが、 年忌法要を営むにあたって33回忌を区切りとする、別名「弔い上げ(とむらいあげ)」とも言われますが、家族の話し合いや寺院との相談で、いつまで法要を行うのか決めましょう。

次の

四十九日法要のお布施金額相場。封筒や書き方は?タイミングは?

四十九日 法要 お布施

曹洞宗のお布施は、文房具店やコンビニエンスストアで売っている不祝儀袋を使用しましょう。 曹洞宗を始めとするお布施は、お坊さんへの感謝の気持ちを伝えるため、また供養してくれたことに対するお礼の気持ちを伝えるためという意義があります。 だから豪華な装飾がされた派手な不祝儀袋を用意する必要はありません。 また、曹洞宗では不祝儀袋に何も書かない状態でお布施をお渡ししても問題ありません。 ただし注意したいのは、御霊前などの文字を書く時に用いる薄墨は用いないということです。 お布施の不祝儀袋に文字を書くときには、 通常の濃い墨を用いるようにしましょう。 また、水引きは 一般的には不要であるとされています。 というのも、お布施はお寺にお納めするものであり、なにか不幸があったということではありません。 ですので、水引はない方がより丁寧であると言われているのです。 もちろん、これも地域によって異なることではありますため、これまでの慣例を確認してみることもおすすめします。 表書きの書き方 表書きには、 「御布施」や「お布施」と書きます。 すでに書かれているものも売っています。 お布施は、 お坊さんの労働の対価報酬ではなく、お礼を伝えるためのものとなります。 ですので、曹洞宗では基本的に他の書き方はしないようにしましょう。 名前の書き方 お布施と記入した 下の部分に施主の名前を書きます。 金額の書き方 お布施には、中に収められた金額を記入しても記入しなくても構いません。 ただし金額を記入する際には 大字(旧字体の漢数字)を用いるようにしてください。 例えば1万円を収めたときには「金壱萬圓也」と記入すれば良いでしょう。 曹洞宗のお布施の金額相場はいくら? それでは、曹洞宗のお布施の金額相場について解説していきましょう。 お布施は、感謝の気持ちやお礼の気持ちを伝えるものですから、そこに 明確な相場が設定されているわけではありません。 かといって、お坊さんに金額をお伺いしても、お坊さんも答えづらいものです。 基本的には、読経や法要など、お坊さんが供養のためになにかしてくださるときにお納めするものがお布施です。 ですので葬儀だけではなく、その後の追善供養や初彼岸、初盆といった法要行事でもお布施をお納めすることとなります。 ただしもちろん、行っていただくことによって、お納めする お布施の金額もそれぞれ異なります。 どういったときにお布施を用意し、またどれくらいの金額をお納めすればよいのかを、詳しく解説してまいります。 葬儀 葬儀における曹洞宗のお布施の金額相場は、 20万円から60万円という金額が多いようです。 もちろん、地域や施主の社会的立場などによっても大きく変わりますが、おおよその相場はこの金額として心に留め置いていただければ良いでしょう。 葬儀では、お坊さんは亡くなった仏様のために心を込めて読経をしてくださいます。 そのほかにも、枕経や通夜でもお力を貸してくださいますよね。 それらに対するお礼が含まれていますから、葬儀の際にお渡しするお布施の金額は法要や法事でお納めするお布施の中では最も相場が高くなります。 加えて、 戒名の文字数や格式によっても、葬儀の際にお納めするお布施の金額は大きく変わります。 葬儀の合計でかかる費用が気になる方は、ぜひ以下の記事も合わせてお読みください。 四十九日 曹洞宗では、四十九日法要で包むお布施は 3万円から5万円が相場とされています。 四十九日は、故人の旅立ちに際した区切りの法要です。 ですので、お布施を相場よりも少し多めに包むことが一般的であるとされています。 もちろん、お坊様とのお付き合いの程度や、施主の収入によっても異なります。 また故人の戒名の格式によっても異なるのです。 それでもお布施の金額を決めかねる場合には、葬儀でお納めしたお布施の金額を参考にすると良いでしょう。 一般的に 四十九日のお布施の相場は、葬儀のときの10分の1程度だとされています。 この金額が3万~5万円の枠を大きく逸れるものでなければ、この金額をお納めすることをおすすめいたします。 下記の記事では四十九日法要についての基礎知識を全て解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。 曹洞宗のお布施の金額相場は、他の宗教に比べて高いといわれることがあります。 そのような話を耳にしたことがある方もいるかもしれません。 しかしながら、 決してそのようなことはないのです。 なぜならば、お布施の相場は地域やその場所の慣例によって異なるからです。 同じ宗派であっても、住んでいる場所によって、お布施の金額や相場は変動します。 とはいえ、他宗派のお布施の金額相場も気にかかりますよね。 宗派によって、お布施に込める意味はことなりますから、曹洞宗とは違う部分も多くあります。 そこで、日本を代表する宗派である 浄土真宗と浄土宗のお布施の金額相場について説明してまいります。 浄土真宗 浄土真宗のお布施の金額相場は、およそ 20万円から30万円とされています。 もちろん、地域によっても変動があります。 浄土真宗のお布施は、 お坊さんへの感謝を示すものではないとう考え方があります。 これは、曹洞宗のお布施とは少し違った考え方です。 お布施に対する考え方こそ違いがあるものの、金額相場はそこまで大きく変わらないということがわかります。 浄土真宗の法事がどのようなものか気になった方は、以下の記事もぜひお読みください。 お布施の他にも、法要や法事の際にお坊さんにお納めするものがいくつかあります。 ここでは お車代と御膳料についてご紹介いたします。 お車代 お車代とは、法要行事などを寺院ではなく自宅で行った際に、お坊さんの足代としてお納めするものです。 相場は寺院からの距離によっても変わりますが、 5千円から2万円が相場といえるでしょう。 御膳料 御膳料とは、お食事代のことです。 都合によってお坊さんに会食を振る舞うことができなかった際に、御膳料としてお坊さんにお納めします。 こちらも会食の格式やお膳の金額によって多少上下がありますが、相場は 5千円から1万円とされているようです。 御膳料の相場についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。 表書きには「お布施」「御布施」と書き、薄墨は用いない。 数字を記入する際には漢数字を用いるとより丁寧。 葬儀の際には20万円から60万円が相場。 四十九日法要では、相場の3万円から5万円より少し多めを包む。 曹洞宗の御布施が特別高いということはない。 他宗教では、御布施の意味が少しばかり異なる。 お布施の他に、お車代と御膳料がある。 お坊さんがいらしたときと、会食を振る舞えなかったときにお納めする。 曹洞宗の御布施は、お坊さんへのお礼と感謝を示すもの。 金額相場は定められているが、大切なのは感謝を伝える気持ち。 お布施は、お金をお納めするものであるため、なかなかその相場について尋ねづらいこともあります。 金額相場を把握しておくことで、慌てずにお納めすることができます。 お坊さんへの感謝の気持ちを忘れなければ、感謝を気持ちよく伝えることができるでしょう。 最後までお読みくださり、ありがとうございました。 「終活ねっと」では、終活に関する様々な記事を掲載しています。 お布施の包み方について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

次の