年収ランキング 世界。 世界の平均年収ランキング!日本の平均年収は世界と比較すると?

世界の億万長者ランキング!世界一のお金持ちは誰?

年収ランキング 世界

よく、「世界の億万長者上位数名で、地球上の富の約半分を独占している」と言いますよね。 地球上にはおそよ70億人の人がいますが、全ての人が等しく富を持っているわけではなく、国や地域・人によって保有している富の数量には大きな違いがあります。 そのため、世界的な億万長者ともなると、目がくらんでしまうような大金を保有しています。 今回は、アメリカの経済誌「Forbes(フォーブス)」が発表した、2019年版世界長者番付から世界のお金持ちランキングをご紹介するとともに、ランクインした人はどんな事業をやっている人なのかも簡単に説明していきます。 なお、お金のカタチでは日本の億万長者ランキングも掲載中です! 世界のお金持ちランキングTOP10〜6!最新版 10位 ラリー・ペイジ 純資産:508億円 5兆5880億円 国籍:アメリカ 年齢:45歳 業種:グーグル 第10位には、Googleの共同創業者、前最高経営責任者のラリー・ペイジがランクインしました。 現在は持ち株会社であるアルファベット社のCEOを務めています。 Google率いるアルファベットは、世界時価総額ランキングで4位にランクインする巨大企業。 9位 マイケル・ブルームバーグ 純資産:555億円 6兆1050億円 国籍:アメリカ 年齢:77歳 業種:ブルームバーグ 経済・金融情報の配信や通信・放送事業を行うアメリカの情報サービス会社「ブルームバーグの創業者」です。 もともと証券会社大手のソロモン・ブラザーズで働いていたマイケル・ブルームバーグは、その後ブルームバーグを設立。 さらに2002年には、ニューヨーク市長にも就任し、政治家としても活躍しています。 最近では2020年の米大統領選挙に出馬が期待されていましたが、ブルームバーグ氏は、選挙には出馬しない旨を発表しました。 8位 マーク・ザッカーバーグ 純資産:623億ドル(6兆8530億円) 国籍:アメリカ 年齢:34歳 業種:IT 第8位には、Facebook の創業者であるマーク・ザッカーバーグ氏がランクインしました。 みなさんの中にもFacebookを利用している人は、多いのではないでしょうか? また、ここまで70代や80代の人のランクインが多かったのに対し、わずか34歳でランクインしてしまうのも驚きですね。 彼の人生を再現した映画も公開されていることから、日本でも認知度の高い海外の経営者の一人です。 まだまだ彼自身も、会社自体も若いので今後の成長や活躍には大きく期待が持てますね。 7位 ラリー・エリソン 純資産:625億ドル(6兆8750億円) 国籍:アメリカ 年齢:74歳 業種:ソフトウェア 第10位には、オラクル・コーポレーションの共同設立者である、ラリー・エリソン氏がランクインしました。 オラクル・コーポレーションは主にビジネス向けのデータベース事業を行なっている会社で、現在では世界30万社以上のトップ企業でオラクルのデータベースは採用されています。 日本にも支社である日本オラクルがあり、従業員数2500人ほどの大企業となっています。 6位 アマンシオ・オルテガ 純資産:627億ドル(8970億円) 国籍:スペイン 年齢:82歳 業種:アパレル 第6位にランクインしたのは、日本でも有名な「 ZARA」をはじめとするファッションブランドグループ「インディテックス」の創業者である、アマンシオ・オルテガ氏です。 「インディテックス」は日本ではユニクロやGUほど馴染みがないかもしれませんが、世界的にみると、時価総額ではユニクロの2. 5倍近い大差をつけての1位となっています。 世界のお金持ちランキング、いよいよTOP5を発表! 5位 カルロス・スリム・ヘル 純資産:640億ドル(7兆400億円) 国籍:メキシコ 年齢:79歳 業種:通信事業 第7位にランクインしたのは、テレフォノス・デ・メヒコやテルメックスで知られる、カルロス・スリム・ヘル氏です。 コングロマリット「グルポ・カルソ」の運営を通じて、教育、ヘルスケア、製造、物流、不動産、メディア、エネルギー、医療、ハイテク産業、小売り、スポーツ、金融などありとあらゆる分野のメキシコ企業を傘下においています。 驚くべき数字として、なんとメキシコ証券取引所に上場している企業のうち、およそ 4割を収めており、メキシコ全体のGDPの 6%ほどは彼によるものとされています。 4位 ベルナール・アルノー 純資産:760億ドル(8兆3600億円) 国籍:フランス 年齢:70歳 業種:アパレル 第4位には、LVMH(モエ ヘネシー・ルイ ヴィトングループ)会長兼CEOのベルナール・アルノー氏がランクインしました。 日本でも、高級バッグや財布といったらルイヴィトンといったように、世界的にラグジュアリーファッションの中心として確立されたブランドです。 最近でも新作の発表や他ブランドとのコラボ商品の発表で話題になることも多く、まだまだ注目熱の冷めない老舗企業の一つですね。 3位 ウォーレン・バフェット 純資産:840億ドル(9兆750億円) 国籍:アメリカ 年齢:88歳 業種:投資家 3位には、バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)の会長兼CEOである、ウォーレン・バフェット氏がランクインしました。 バフェット氏は今まで紹介した経営者とは少し性質の異なる、投資家として活躍している人物です。 「投資の神様」と称されることも多く、アルバイトで作った資金を元手にたった1代でこれだけの資産を築いたことは圧巻です。 彼の投資の極意を記した本も多数出版されているので、投資に興味を持った人はまずは彼の行き方から勉強を初めてみると良いかもしれません。 2位 ビル・ゲイツ 純資産:965億ドル(10兆6150億円) 国籍:アメリカ 年齢:63歳 業種:IT 第2位には日本でもおなじみの、マイクロソフトの創設者兼会長のビル・ゲイツ氏がランクインしました。 みなさんが使っているwindowsのバソコンやword、excelなどは全て彼が立ち上げた「マイクロソフト」の製品です。 1位 ジェフ・ベゾス 純資産:1310億ドル(14兆4100億円) 国籍:アメリカ 年齢:55歳 業種:IT 映えある第1位には、2年連続でAmazonの創設者・CEOであるジェフ・ベゾス氏がランクインしました! 当初は書籍の通信販売に特化していたものの、次第に規模を拡大し、現在では欲しいものがあったらほとんどなんでもAmazonで買える状況になっています。 他にもネット販売サービスにとどまらず、電子書籍やビデオや音楽配信サービスなど幅広いサービスを展開しています。 また、彼自身の純資産は2018年に史上初めて10兆円の大台を突破し、今年はその金額をさらに増やしました。 まだ50代と若いことから、2020年以降も彼の独走状態は続いていくのではないかと予想されます。 世界長者番付ランキング推移!億万長者の資産は1年でどう変わった? 最も資産額を増やしたお金持ちは? 2018年 2019年 順位 氏名 資産額 氏名 資産額 1位 ジェフ・ベゾス Amazon創業者 1120億ドル(12兆3200億円) ジェフ・ベゾス Amazon創業者 1310億ドル(14兆4100億円) 2位 ビル・ゲイツ マイクロソフト創業者 900億ドル(9兆9000億円) ビル・ゲイツ マイクロソフト創業者 965億ドル(10兆6150億円) 3位 ウォーレン・バフェット 投資家 840億ドル(9兆2400億円) ウォーレン・バフェット 投資家 825億ドル(9兆750億円) 4位 ベルナール・アルノー ルイ・ヴィトン会長 720億ドル(7兆9200億円) ベルナール・アルノー ルイ・ヴィトン会長 760億ドル(8兆3600億円) 5位 マーク・ザッカーバーグ Facebook創業者 710億ドル(7兆8100億円) カルロス・スリム・ヘル グルポ・カルソ経営 640億ドル(7兆400億円) 6位 アマンシオ・オルテガ ZARA創業者 700億ドル(7兆7000億円) アマンシオ・オルテガ ZARA創業者 627億ドル(6兆8970億円) 7位 カルロス・スリム・ヘル グルポ・カルソ経営 671億ドル(7兆3810億円) ラリー・エリソン オラクル創業者 625億ドル(6兆8750億円) 8位 チャールズ・コーク コークインダストリーズ会長 600億ドル(6兆6000億円) マーク・ザッカーバーグ Facebook創業者 623億ドル(6兆8530億円) 9位 デービット・コック コークインダストリーズ副社長 600億ドル(6兆6000億円) マイケル・ブルームバーグ ブルームバーグ創業者 555億ドル(6兆1050億円) 10位 ラリー・エリソン オラクル創業者 585億ドル(6兆4350億円) ラリー・ペイジ Google創業者 508億ドル(5兆5880億円) 2018年と比較し、新たにTOP10入りを果たしたのは、10位のグーグル創業者ラリー・ペイジと元NY市長・ブルームバーグ創業者のマイケル・ブルームバーグの2名でした。 1位から4位のメンツは去年と同じですが、その資産額は大きく変わりました。 特筆すべきは、Amazon創業者、ジェフ・ベゾスの資産額が前年度よりも 190億ドル 2兆1300億円 増やしていることではないでしょうか。 これはアマゾン・ドット・コムの株価上昇によるものが大きく、2位のビル・ゲイツとは345億ドル 3兆7950億円 の差をつけました。 これは、2001年の世界長者番付以降、最も2位との差をつけての1位になります。 10位以降も含めた全体の傾向をみると、 前年から資産を減らした人の数は、994人と過去最多記録になりました。 とくに中国勢の資産減少が目立ち、また、ドルに対するユーロ安の影響でヨーロッパ勢のドル換算の資産価値が下落した模様です。 日本の億万長者は世界何位!?TOP3を紹介! 残念ながら日本の経営者たちはトップ10にランクインすることはできませんでした。 では、日本の億万長者たちは一体何位になっているのか、上位3名を前年度のランキング推移と共にご紹介します。 41位 柳井正 純資産:222億ドル(2兆4420億円) 企業:ファーストリテイリング 2018年 2019年 順位 55位 41位 資産額 195億ドル(2兆1450億円) 222億ドル(2兆4420億円) 最も稼ぐ日本人に選ばれたのは、ファストファッションブランドの「 ユニクロ」や「 GU」を展開するファーストリテイリング創業者柳井正さんです!前回ランキングから13位アップの41位になりました。 ユニクロも今や海外店舗数が国内店舗数を抜いてグローバル企業となっています。 ファーストリテイリングは、時価総額で見るとZARAで知られるインデックスにつぐ、世界第2位のアパレルブランドとなっています。 特に経済成長著しいアジア地域で確固たるブランドを築き上げており、今後の業績拡大も大いに期待されています。 43位 孫正義 純資産:216億ドル(2兆3760億円) 企業:ソフトバンク 2018年 2019年 順位 39位 43位 資産額 227億ドル 2兆4970億円 216億ドル 2兆3760億円 第二位に輝いたのはやはりソフトバンクグループの社長である孫正義氏でした。 日本やアメリカで通信事業を行うソフトバンクを運営する一方で、出身地である福岡のプロ野球球団「福岡ソフトバンクホークス」のオーナーとしても知られています。 昨年順位からはランクが落ちてしまいましたが、なおも日本を代表する富裕層の1人です。 そんな孫正義氏がソフトバンクを立ち上げ、億万長者になるまでの軌跡はこちらから。 億万長者には、大企業の創業者・経営者が多数!経済の動きにも注目してみよう。 今回は、フォーブス社が発表した2019年版の世界の億万長者ランキングを紹介しました。 やはり大企業の創業者や社長ともなると、想像もつかない資産を持っているものですね。 また、富裕層の資産動向は世の経済状況も表しています。 また、個人の資産額をみていくことで、その会社の株価がどれだけ値上がりしているのか、値上がりの背景は何なのか?といったことも読み取っていくことができます。 そうした視点で億万長者ランキングをみていくと新しい気づきがあるかもしれませんね。 また、お金のカタチでは、やなどの情報も発信していますので、宜しければ合わせてご覧ください。

次の

大坂なおみが女子選手の年収「世界記録」を樹立! この1年で40億4000万円― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

年収ランキング 世界

プロゲーマーの年収と仕組みを徹底解説! 世界には一度の優勝で数億円を稼ぐプロゲーマーも存在します。 プロゲーマーが活躍するeスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)の競技人口は1億3000万人超といわれ、大会で高額賞金を手にするプロゲーマーはわずかです。 プロゲーマーは大会の賞金だけでなく、別の収入源でも生計を立てています。 以下プロゲーマーの年収と、収入の仕組みについて解説します。 そもそもプロゲーマーの仕事内容とは プロゲーマーの仕事内容は、大会に出場して優勝を目指すだけではなく、 スポーツ選手と同様に、企業とスポンサー契約を結び広告塔としても活動します。 ゲームをプレイする時に使用するキーボードやヘッドセットなど、プロゲーマーが使うことで製品や企業をアピールする役割を務めます。 ゲーム関連のイベントやテレビ番組などへの出演や、Youtubeやtwitchなど動画配信サービスでプロとして意見を述べたり、実際にプレイしているところを披露したりするのも仕事です。 プロゲーマーとしての活動をまとめた書籍を出版している方もいます。 もちろん ゲームのスキル向上のため、日々の練習も仕事として欠かせません。 プロゲーマーの年収は?何が収入源? プロゲーマーの年収は、知名度や契約しているスポンサー、優勝したタイトルによって大きく変動します。 プロゲーマーでトップクラスの年収は、「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたNinja選手の10憶円超と報じられています。 一方、国内プロゲーマーへの取材記事によると、1年目の年収は400万円程度(優勝した場合の賞金などは除く)で、プロゲーマーを目指す人の中にはゲームだけで稼いだ年収は40万円程度という回答もありました。 プロゲーマーの主な収入源は以下の4つです。 スポンサー料:所属チーム経由で契約料を受け取る場合と、個人が直接企業と契約して受け取る場合があります。 大会の賞金 :プロゲーマーの収入源として最も有名です。 国内開催における優勝賞金の過去最高額は「Shadowverse Word Grand Prix 2019」の世界大会で、 賞金100万ドル(約1億1000万円)でした。 インターネット配信などの広告収入:Youtubeなどでゲーム解説動画を配信し、再生回数に応じて広告収入を得ます。 ゲーム動画の配信に特化したtwitchというサービスはドネーションやサブスクライブなどの機能があり、プロゲーマーの重要な収入源です。 講演会やイベントへの出演料:人気のプロゲーマーは講演会などの依頼が増え、出演料を受け取れます。 給料制のプロゲーマーもいる? ゲーミングチームによっては、プロゲーマーに好成績を残してもらうため、毎月安定した給料を支給しているところもあります。 国内では2015年から、大手プロゲーミングチーム「DetonatioN Gaming」が初めて給料制を取り入れ、所属プロゲーマーに大卒初任給程度(月給約21万円)の給料を支払っています。 勝ち上がるにはチーム一丸となって練習することが重要なので、ゲーミングハウス(居住スペースを用意し、ゲームに集中できる環境を提供する)の仕組みを取り入れているチームもあります。 しかし現状では多くのチームで十分な給料を支給できず、個人でアルバイトをしたり動画配信の広告収入などで生計を立てているプロゲーマーの数の方が多い状況です。 プロゲーマーの年収ランキング|日本と世界の格差はなぜ起こる? トップで活躍するプロゲーマーでも、日本と世界の年収では大きな格差があります。 その要因は、国によって人気のゲームが異なることです。 世界的に人気のあるゲームの大会で優勝できれば、獲得できる賞金も高額になっていきます。 スポンサー契約料などは非公表のため、含まれていません。 プロゲーマーの年収ランキング(日本) 日本のプロゲーマー年収ランキングは以下の通りです。 順位 プレイヤー 年収 ゲーム名 1位 ふぇぐ 1. 1億円 Shadowverse 2位 ときど 2400万円 Street Fighter V 3位 ガチくん 1450万円 Street Fighter V 4位 板橋ザンギエフ 570万円 Street Fighter V 5位 Riowh 540万円 Shadowverse 6位 ふじむら 530万円 Street Fighter V 7位 ポセシ 400万円 Hearthstone 8位 Daigo(ウメ) 360万円 Street Fighter V 9位 ふ~ど 320万円 Street Fighter V 10位 NOBI 215万円 Tekken7 上位10名中7名が格闘ゲームの選手です。 格闘ゲームは日本で非常に人気の高いジャンルですが、世界全体の競技人口はeスポーツの中で最も少ない300万人程度です。 競技人口の少ないゲームは、大会規模も小さく、賞金も少額になる傾向があります。 プロゲーマーの年収ランキング(世界) 世界のプロゲーマー年収ランキングは以下の通りです。 Dota2はMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)というジャンルに分類されます。 日本では認知度が低いですが、世界的には非常に人気で競技人口も1億人に上ると推定されています。 競技人口が多い分、スポンサーの注目度も高く獲得できる賞金も非常に高額です。 プロゲーマーの年収ランキング(ゲーム別) eスポーツの中で世界的に人気のあるジャンルは、先に述べたMOBAの他にもシューティングがあります。 MOBAに次ぐ3000万人の競技人口がおり、注目度が年々上昇しているシューティングジャンルについて、ゲームごとの年収ランキングをまとめました。 PUBGプロゲーマーの年収ランキング PUBGのプロゲーマー年収ランキングです。 スマートフォン版で楽しんだことがある人はPC版に移行して腕を磨けば、プロゲーマーとしてスタートを切りやすいでしょう。 Fortnite(フォートナイト)プロゲーマーの年収ランキング フォートナイトのプロゲーマー年収ランキングです。 順位 プレイヤー 年収 1位 Tfue 4960万円 2位 Cloak 4460万円 3位 Bizzle 4330万円 4位 Nate Hill 3650万円 5位 POACH 3415万円 6位 72hrs 3221万円 7位 Morgausse 2880万円 8位 Mitr0 2766万円 9位 Vivid 2536万円 10位 Chap 2525万円 プロゲーマーの年収で世界最高額の約10億円を稼いでいるNinja選手も、フォートナイトのプレイヤーとして有名です。 シューティングが得意ジャンルの人は、フォートナイトで優勝を目指すのもプロゲーマーとして高収入を獲得するひとつの手段です。 スプラトゥーンプロゲーマーの年収ランキング スプラトゥーンの大会は、ゲーム制作側の意向により非賞金制を採っています。 このため スプラトゥーンで活躍するプロゲーマーは、主に動画配信の広告収入やイベント出演料、スポンサー料が主な収入源です。 収入に関するデータは公表されておらず、年収ランキングは算出できませんでした。 ただし、スプラトゥーンの大会で数々の優勝を勝ち取っているたいじ選手については、取材記事があり、そこから年収を予測しました。 2017年に前職を退職し、プロゲーマーのみで活動を開始したたいじ選手は 「ゲームのみで獲得した年収額で家族を納得させた」と発言しています。 当時のたいじ選手と同世代の会社員平均年収は360万円程度と言われているので、少なくともそれ以上の収入はあったと考えられます。 現在は複数の大手企業ともスポンサー契約しており、 契約料と動画配信の広告収入も合わせて年収1000万円程度と想定されます。 プロゲーマーになって高年収を狙う方法 プロゲーマーとして活躍し高年収を狙うためには、まず 世界的に人気のあるゲームで優勝を目指すことが第一の目標になるでしょう。 また動画配信サービスでゲームの実況解説などを行い、スポンサーの目に留まれば好条件で契約でき、高収入を狙える可能性があります。 プロゲーマーになるには? プロゲーマーに試験などはありません。 企業やゲーミングチームとスポンサー契約を結べれば、プロゲーマーと名乗れるほどの実力があると判断できるでしょう。 スポンサー企業がついているゲーミングチームに自ら応募するパターンと、大会などを見たチームから声が掛かるパターンの2つがあります。 どちらにしても目に留まるような実力がなければならず、プロゲーマーとして活躍している選手は1日平均10時間以上は練習に充てるとされています。 まさにプロのアスリートのように、日々練習して能力の向上に努める必要があります。 ゲームの実力だけでなく、スポンサーの広告塔としてスター性を兼ね備えていることも、プロゲーマーになる大切な要素です。 プロゲーマーになるには資格が必要? 資格がなくても実力があればプロゲーマーとして活動できますが、 2018年に設立された一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)がプロライセンスを発行しています。 日本国内では法律上の問題で、誰でも出場できるオープン参加の大会には高額な賞金を提供できない問題が議論されてきました。 その点、プロライセンスを所有していれば、大会の参加人数に関係なく高額賞金を受け取れるようになります。 今後プロライセンスに他の付加価値をつくる議論もされています。 プロゲーマーがライセンスを取得するのが当たり前になる日も近いと予想できます。 ゲーム業界に詳しい転職エージェントに相談すべき ゲーム業界に詳しい転職エージェントにはプログラマーやディレクター、シナリオライターなど ゲームに携わる職業の情報が豊富なので、様々なキャリアプランを検討できます。 プロゲーマーのスポンサー企業も多く、自社のゲーミングチームを作りプロゲーマーを育成している企業もあるので、以下ゲーム業界に詳しい転職エージェントに一度相談してみることをおすすめします。 IT・web分野に特化した業界最大規模の求人数と、大手ならではの幅広い情報網でゲーム業界の様々な業種にも対応しています。 非公開求人の数も業界トップクラスなので、まずはマイナビエージェントITに登録して多くの求人を比較してみましょう。 GeekOut GeekOutは転職エージェントとして有名なパソナキャリアが運営している、IT・webエンジニアに特化した転職エージェントです。 オリコン顧客満足度調査の転職エージェント 2年連続第1位(2019年・2020年)を獲得していて、キャリアアドバイザーの丁寧な対応が好評です。 ゲームにのめり込んでいたからこそできる発想力を活かし、GeekOutを利用してITエンジニアを目指すのも選択肢のひとつです。 レバテックエキスパート レバテックエキスパートは、 エンジニアやクリエイター職を中心とした年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェントです。 元エンジニアや元プログラマーなどの経歴を持つIT業界専門のキャリアアドバイザーが多く在籍し、業界に精通しているので適格なアドバイスをもらえる点が最大の魅力です。 企業訪問を年間3,000回以上行っていることも強みのひとつで、企業からの信頼度も厚く、好条件の求人を取り揃えています。 レバテックエキスパートは非公開求人のみを取り扱っているので、登録したあとに求人が閲覧可能になります。 登録後は、面接前に企業担当者と会話できる「カジュアル面談」という制度が利用できます。 レバテックキャリア レバテックキャリアは、上記レバテックエキスパートと同じ会社が提供するITエンジニアとクリエイター職に特化した転職エージェントです。 転職後の年収アップ率60%という実績を持っており、ゲーム関連の専門職でキャリアアップを目指す人には条件に合った求人が見つかりやすいのではないでしょうか。 転職を前提にスクールに通い、エンジニアなどの職を目指すサービスで、全くの未経験からゲーム業界を目指したい人におすすめです。 プロゲーマーなら未経験からでも高年収を目指せる• プロゲーマーの年収:優勝賞金やスポンサー企業によって大きく異なる• プロゲーマーになるには:ゲームで生計を立てられれば、誰もがプロゲーマーを名乗れる• プロゲーマーの資格:プロライセンスはあるが、保有していなくても大会に参加できる• プロゲーマーで高収入を狙う方法:世界的に人気のあるゲームタイトルで優勝する プロゲーマーはスポーツ選手のように、練習を重ねて大会で結果を残せば未経験でも高収入を目指せる職業です。 世界と比べると日本のプロゲーマーの活躍の場はまだ発展途上ですが、2019年に60億円程度だった日本のeスポーツ市場は、2023年には150億円以上に伸びると予想されています。 5Gの追い風を受けて急速な拡大が期待される中で、今からスタートを切れば高額な年収も夢ではありません。 転職エージェントはどのサイトも無料で利用できます。 好きなことに携われる環境で高収入を得るために、複数の転職エージェントに登録し、まずは情報収集から始めてみましょう。

次の

大坂なおみが女子選手の年収「世界記録」を樹立! この1年で40億4000万円― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

年収ランキング 世界

プロゲーマーの年収と仕組みを徹底解説! 世界には一度の優勝で数億円を稼ぐプロゲーマーも存在します。 プロゲーマーが活躍するeスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)の競技人口は1億3000万人超といわれ、大会で高額賞金を手にするプロゲーマーはわずかです。 プロゲーマーは大会の賞金だけでなく、別の収入源でも生計を立てています。 以下プロゲーマーの年収と、収入の仕組みについて解説します。 そもそもプロゲーマーの仕事内容とは プロゲーマーの仕事内容は、大会に出場して優勝を目指すだけではなく、 スポーツ選手と同様に、企業とスポンサー契約を結び広告塔としても活動します。 ゲームをプレイする時に使用するキーボードやヘッドセットなど、プロゲーマーが使うことで製品や企業をアピールする役割を務めます。 ゲーム関連のイベントやテレビ番組などへの出演や、Youtubeやtwitchなど動画配信サービスでプロとして意見を述べたり、実際にプレイしているところを披露したりするのも仕事です。 プロゲーマーとしての活動をまとめた書籍を出版している方もいます。 もちろん ゲームのスキル向上のため、日々の練習も仕事として欠かせません。 プロゲーマーの年収は?何が収入源? プロゲーマーの年収は、知名度や契約しているスポンサー、優勝したタイトルによって大きく変動します。 プロゲーマーでトップクラスの年収は、「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたNinja選手の10憶円超と報じられています。 一方、国内プロゲーマーへの取材記事によると、1年目の年収は400万円程度(優勝した場合の賞金などは除く)で、プロゲーマーを目指す人の中にはゲームだけで稼いだ年収は40万円程度という回答もありました。 プロゲーマーの主な収入源は以下の4つです。 スポンサー料:所属チーム経由で契約料を受け取る場合と、個人が直接企業と契約して受け取る場合があります。 大会の賞金 :プロゲーマーの収入源として最も有名です。 国内開催における優勝賞金の過去最高額は「Shadowverse Word Grand Prix 2019」の世界大会で、 賞金100万ドル(約1億1000万円)でした。 インターネット配信などの広告収入:Youtubeなどでゲーム解説動画を配信し、再生回数に応じて広告収入を得ます。 ゲーム動画の配信に特化したtwitchというサービスはドネーションやサブスクライブなどの機能があり、プロゲーマーの重要な収入源です。 講演会やイベントへの出演料:人気のプロゲーマーは講演会などの依頼が増え、出演料を受け取れます。 給料制のプロゲーマーもいる? ゲーミングチームによっては、プロゲーマーに好成績を残してもらうため、毎月安定した給料を支給しているところもあります。 国内では2015年から、大手プロゲーミングチーム「DetonatioN Gaming」が初めて給料制を取り入れ、所属プロゲーマーに大卒初任給程度(月給約21万円)の給料を支払っています。 勝ち上がるにはチーム一丸となって練習することが重要なので、ゲーミングハウス(居住スペースを用意し、ゲームに集中できる環境を提供する)の仕組みを取り入れているチームもあります。 しかし現状では多くのチームで十分な給料を支給できず、個人でアルバイトをしたり動画配信の広告収入などで生計を立てているプロゲーマーの数の方が多い状況です。 プロゲーマーの年収ランキング|日本と世界の格差はなぜ起こる? トップで活躍するプロゲーマーでも、日本と世界の年収では大きな格差があります。 その要因は、国によって人気のゲームが異なることです。 世界的に人気のあるゲームの大会で優勝できれば、獲得できる賞金も高額になっていきます。 スポンサー契約料などは非公表のため、含まれていません。 プロゲーマーの年収ランキング(日本) 日本のプロゲーマー年収ランキングは以下の通りです。 順位 プレイヤー 年収 ゲーム名 1位 ふぇぐ 1. 1億円 Shadowverse 2位 ときど 2400万円 Street Fighter V 3位 ガチくん 1450万円 Street Fighter V 4位 板橋ザンギエフ 570万円 Street Fighter V 5位 Riowh 540万円 Shadowverse 6位 ふじむら 530万円 Street Fighter V 7位 ポセシ 400万円 Hearthstone 8位 Daigo(ウメ) 360万円 Street Fighter V 9位 ふ~ど 320万円 Street Fighter V 10位 NOBI 215万円 Tekken7 上位10名中7名が格闘ゲームの選手です。 格闘ゲームは日本で非常に人気の高いジャンルですが、世界全体の競技人口はeスポーツの中で最も少ない300万人程度です。 競技人口の少ないゲームは、大会規模も小さく、賞金も少額になる傾向があります。 プロゲーマーの年収ランキング(世界) 世界のプロゲーマー年収ランキングは以下の通りです。 Dota2はMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)というジャンルに分類されます。 日本では認知度が低いですが、世界的には非常に人気で競技人口も1億人に上ると推定されています。 競技人口が多い分、スポンサーの注目度も高く獲得できる賞金も非常に高額です。 プロゲーマーの年収ランキング(ゲーム別) eスポーツの中で世界的に人気のあるジャンルは、先に述べたMOBAの他にもシューティングがあります。 MOBAに次ぐ3000万人の競技人口がおり、注目度が年々上昇しているシューティングジャンルについて、ゲームごとの年収ランキングをまとめました。 PUBGプロゲーマーの年収ランキング PUBGのプロゲーマー年収ランキングです。 スマートフォン版で楽しんだことがある人はPC版に移行して腕を磨けば、プロゲーマーとしてスタートを切りやすいでしょう。 Fortnite(フォートナイト)プロゲーマーの年収ランキング フォートナイトのプロゲーマー年収ランキングです。 順位 プレイヤー 年収 1位 Tfue 4960万円 2位 Cloak 4460万円 3位 Bizzle 4330万円 4位 Nate Hill 3650万円 5位 POACH 3415万円 6位 72hrs 3221万円 7位 Morgausse 2880万円 8位 Mitr0 2766万円 9位 Vivid 2536万円 10位 Chap 2525万円 プロゲーマーの年収で世界最高額の約10億円を稼いでいるNinja選手も、フォートナイトのプレイヤーとして有名です。 シューティングが得意ジャンルの人は、フォートナイトで優勝を目指すのもプロゲーマーとして高収入を獲得するひとつの手段です。 スプラトゥーンプロゲーマーの年収ランキング スプラトゥーンの大会は、ゲーム制作側の意向により非賞金制を採っています。 このため スプラトゥーンで活躍するプロゲーマーは、主に動画配信の広告収入やイベント出演料、スポンサー料が主な収入源です。 収入に関するデータは公表されておらず、年収ランキングは算出できませんでした。 ただし、スプラトゥーンの大会で数々の優勝を勝ち取っているたいじ選手については、取材記事があり、そこから年収を予測しました。 2017年に前職を退職し、プロゲーマーのみで活動を開始したたいじ選手は 「ゲームのみで獲得した年収額で家族を納得させた」と発言しています。 当時のたいじ選手と同世代の会社員平均年収は360万円程度と言われているので、少なくともそれ以上の収入はあったと考えられます。 現在は複数の大手企業ともスポンサー契約しており、 契約料と動画配信の広告収入も合わせて年収1000万円程度と想定されます。 プロゲーマーになって高年収を狙う方法 プロゲーマーとして活躍し高年収を狙うためには、まず 世界的に人気のあるゲームで優勝を目指すことが第一の目標になるでしょう。 また動画配信サービスでゲームの実況解説などを行い、スポンサーの目に留まれば好条件で契約でき、高収入を狙える可能性があります。 プロゲーマーになるには? プロゲーマーに試験などはありません。 企業やゲーミングチームとスポンサー契約を結べれば、プロゲーマーと名乗れるほどの実力があると判断できるでしょう。 スポンサー企業がついているゲーミングチームに自ら応募するパターンと、大会などを見たチームから声が掛かるパターンの2つがあります。 どちらにしても目に留まるような実力がなければならず、プロゲーマーとして活躍している選手は1日平均10時間以上は練習に充てるとされています。 まさにプロのアスリートのように、日々練習して能力の向上に努める必要があります。 ゲームの実力だけでなく、スポンサーの広告塔としてスター性を兼ね備えていることも、プロゲーマーになる大切な要素です。 プロゲーマーになるには資格が必要? 資格がなくても実力があればプロゲーマーとして活動できますが、 2018年に設立された一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)がプロライセンスを発行しています。 日本国内では法律上の問題で、誰でも出場できるオープン参加の大会には高額な賞金を提供できない問題が議論されてきました。 その点、プロライセンスを所有していれば、大会の参加人数に関係なく高額賞金を受け取れるようになります。 今後プロライセンスに他の付加価値をつくる議論もされています。 プロゲーマーがライセンスを取得するのが当たり前になる日も近いと予想できます。 ゲーム業界に詳しい転職エージェントに相談すべき ゲーム業界に詳しい転職エージェントにはプログラマーやディレクター、シナリオライターなど ゲームに携わる職業の情報が豊富なので、様々なキャリアプランを検討できます。 プロゲーマーのスポンサー企業も多く、自社のゲーミングチームを作りプロゲーマーを育成している企業もあるので、以下ゲーム業界に詳しい転職エージェントに一度相談してみることをおすすめします。 IT・web分野に特化した業界最大規模の求人数と、大手ならではの幅広い情報網でゲーム業界の様々な業種にも対応しています。 非公開求人の数も業界トップクラスなので、まずはマイナビエージェントITに登録して多くの求人を比較してみましょう。 GeekOut GeekOutは転職エージェントとして有名なパソナキャリアが運営している、IT・webエンジニアに特化した転職エージェントです。 オリコン顧客満足度調査の転職エージェント 2年連続第1位(2019年・2020年)を獲得していて、キャリアアドバイザーの丁寧な対応が好評です。 ゲームにのめり込んでいたからこそできる発想力を活かし、GeekOutを利用してITエンジニアを目指すのも選択肢のひとつです。 レバテックエキスパート レバテックエキスパートは、 エンジニアやクリエイター職を中心とした年収800万円以上のハイクラス求人に特化した転職エージェントです。 元エンジニアや元プログラマーなどの経歴を持つIT業界専門のキャリアアドバイザーが多く在籍し、業界に精通しているので適格なアドバイスをもらえる点が最大の魅力です。 企業訪問を年間3,000回以上行っていることも強みのひとつで、企業からの信頼度も厚く、好条件の求人を取り揃えています。 レバテックエキスパートは非公開求人のみを取り扱っているので、登録したあとに求人が閲覧可能になります。 登録後は、面接前に企業担当者と会話できる「カジュアル面談」という制度が利用できます。 レバテックキャリア レバテックキャリアは、上記レバテックエキスパートと同じ会社が提供するITエンジニアとクリエイター職に特化した転職エージェントです。 転職後の年収アップ率60%という実績を持っており、ゲーム関連の専門職でキャリアアップを目指す人には条件に合った求人が見つかりやすいのではないでしょうか。 転職を前提にスクールに通い、エンジニアなどの職を目指すサービスで、全くの未経験からゲーム業界を目指したい人におすすめです。 プロゲーマーなら未経験からでも高年収を目指せる• プロゲーマーの年収:優勝賞金やスポンサー企業によって大きく異なる• プロゲーマーになるには:ゲームで生計を立てられれば、誰もがプロゲーマーを名乗れる• プロゲーマーの資格:プロライセンスはあるが、保有していなくても大会に参加できる• プロゲーマーで高収入を狙う方法:世界的に人気のあるゲームタイトルで優勝する プロゲーマーはスポーツ選手のように、練習を重ねて大会で結果を残せば未経験でも高収入を目指せる職業です。 世界と比べると日本のプロゲーマーの活躍の場はまだ発展途上ですが、2019年に60億円程度だった日本のeスポーツ市場は、2023年には150億円以上に伸びると予想されています。 5Gの追い風を受けて急速な拡大が期待される中で、今からスタートを切れば高額な年収も夢ではありません。 転職エージェントはどのサイトも無料で利用できます。 好きなことに携われる環境で高収入を得るために、複数の転職エージェントに登録し、まずは情報収集から始めてみましょう。

次の