釈迦 apex。 【SHAKA a.k.a. 釈迦】使用デバイス・動画・戦績まとめWiki

スタイリッシュヌーブの振り向き感度やマウスdpiはいくつ?Apexの感度設定も紹介【StylishNoob】|きききのゲームぶろぐ

釈迦 apex

このトーナメントは以下の8つの地域で開催されます。 今までの大会ではその関係上2ラウンド目までしか行われず、今回もそうなる可能性が高いです。 個人や非公式による配信はあるかも知れません。 例) チームA:1試合目10pt 2試合目10pt 3試合目10pt チームB:1試合目10pt 2試合目16pt 3試合目4pt この場合どちらもトータルスコアは30ptですが、試合一つ一つを比較するとチームBの2試合目16ptが最大獲得のシングルスコアマッチとなっています。 よってチームBのほうが順位は上ということになります。 2、シングルマッチの最高順位 試合一つ一つの順位を比較して優劣を決めます。 考え方は 例 と同じです。 3、シングルマッチの合計キル数 試合一つ一つのキル数を比較して優劣を決めます。 考え方は 例 と同じです。 出場チーム数によってALGSポイントを獲得できる順位は変わります。 日本だと大体40チームくらいが参戦してくるので20位までがポイントを獲得できると思われます。 第6回オンライントーナメントに出場する日本チーム 2020年5月29日現在59チームが登録中です。 出場チーム及びその数に関しては大会当日に分かります。 以上で紹介は終了です。 何か間違っているところ、書いてほしい内容などありましたら教えて下さい。

次の

愉快な仲間

釈迦 apex

eスポーツの世界で活躍した、FPS(ファーストパーソンシューティング)の元プロゲーマー『 SHAKA a. 釈迦 』を皆さんはご存知でしょうか? そもそもeスポーツとは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、ゲームを使った対戦でありながら、スポーツ競技として捉える際の名称です。 日本は、世界ではeスポーツ後進国ですが、中にはeスポーツの賞金により生活する、プロゲーマーと呼ばれる人々も存在します。 今回は、日本では数少ないトッププロゲーマーに数えられ、ゲームだけで安定した生活を続ける SHAKA a. 釈迦 を紹介していきます。 元プロゲーマーのSHAKA。 釈迦(以下SHAKA)はFPSのゲームタイトルで活躍した元プロゲーマーです。 現在は配信などを中心にYoutuberといて活動しています。 プロゲーミングチームのDeToNatorに所属しており、元々はプレイヤーだったが、現在はストリーマーとして配信を担当しています。 また、DeToNatorとは2009年9月13日に設立された、9年目のプロゲーミングチーム。 2016年には海外拠点も作られ、海外のプロリーグにも加わっています。 同時に、海外のリーグへと参戦する唯一のゲーミングチームともなっています。 チーム名の由来は 「Detonator 起爆装置 」。 SHAKAは学生時代にFPSの世界に飛び込ました。 「 Alliance of Valiant Arms 」で才能を示し始めると、本格的にゲームの世界へ入るため、専門学校卒業後に上京。 アルバイトをしつつ、ゲームをプレイし続け、ついには晴れてプロゲーマーとなりました。 プロゲーマーとなって以降は、国内外の大会を制覇。 プロゲーマーとして実績を残しつつ、現在にもつながる生配信や動画の投稿などでも、注目を集めるようになっていました。 そして2017年1月には選手としての活動を引退することを表明。 ストリーマーの他にも仕事を抱えており、ゲームのプレイは現在、趣味となっているようです。 一方で、引退後もゲームの配信を続けることを明かしています。 また、2015年頃に結婚。 子供の有無などは明らかにされていませんが、奥さんとともに暮らしているようです。 最初のスタートは、「 Alliance of Valiant Arms」。 AVAの圧倒的な腕前で知られ、かつては世界最高のスナイパーとも謳われました。 これでプロゲーマーまで上り詰めています。 2016年からは、同じくFPSの「OverWatch」へと主戦場を移しました。 そして、現在最もやりこんでいるゲームタイトルは「PUBG」。 PUBGはSHAKAのようにやりこんだゲーマーだけでなく、いわゆる素人のアマチュアゲーマーも参加する、裾野の広いゲームタイトルです。 自由にフィールドを走り回り、車などでも移動することはできます。 ここでも、SHAKAの卓越したテクニックは発揮されており、すでにトッププレイヤーとなっているようです。 SHAKAの使用するデバイス SHAKA a. 釈迦選手の使用デバイスは、EIZOからSteelSries、キングストンまで様々な機材を使用しています。 デバイス メーカー 機種 モニター(右) EIZO EIZO FORIS FG2421 マウス SteelSeries 光学式 ゲーミングマウス SteelSeries Rival 100 62341 右利き用 マウスパッド SteelSeries SteelSeries QCK heavy キーボード SteelSeries SteelSeries Apex M500 ヘッドセット キングストン Kingston Cloud Revolver イヤホン SteelSeries SteelSeries Flux In-Ear Pro SHAKAのAVAの戦績が圧倒的 SHAKA a. 釈迦選手は現役時代、輝かしい成績を残しています。 AVA(Alliance of Valiant Arms)がの大会がメインですが、優勝がゾロっと・・! 今もeスポーツ、FPSの中で伝説となっています。 年 月 戦績 2010 11 SW 護衛 Bリーグ 優勝 2010 12 AVAれ祭り秋葉原冬の陣2010 優勝 2011 1 グループリーグ 準優勝 2011 5 AVAれ祭り秋葉原春の陣2011 優勝 2011 5 5 Ladder 爆破 優勝 2012 3 2 優勝 2012 3 れ の 準優勝 2012 5 L 1 準優勝 2012 6 2 優勝 2012 9 選手権 2 優勝 2012 10 L 2 準優勝 2012 12 R on3 優勝 2013 2 Ch n 3 日本代表 準優勝 2013 3 R 3 1 準優勝 2013 4 B TLE OU 3 Alliance of Valiant Arms 3位 SHAKAの生活から見えるeスポーツの現状 元プロゲーマーであるSHAKAのことがいくらか理解できたでしょうか? まだまだ日本ではeスポーツは広く知れ渡っておらず、プロゲーマーと呼ばれる人々も海外に比べると、決して多くはありません。 ただ、「ゲームが強いだけ」、そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、一方で世界に目を向けると、eスポーツが2024年にはオリンピックの競技になる可能性もすでに報じられています。 ただし、日本では「プロゲーマー」と名乗っても、生活するほど稼ぐのはまだまだ難しい世界でもあります。 実際、SHAKAもプロゲーミングチーム「DeToNator」に所属してからも、いわゆる本職はやめていなかったそうです。 海外での活動も積極的に進めている、日本屈指のプロゲーミングチームであっても、なかなか生活するのが難しいというのが現状です。 しかし、逆に言えば、それほど厳しい環境に置かれてもゲームに人生を捧げていると言うこともできます。 まだまだ「たかがゲーム」という意見も少なくないこの業界。 それでも、彼らが人生を懸けて戦っているということを念頭に、ゲーム観戦をしてみると、見方も少しは変わるかもしれません。

次の

stylishnoobさんとspygeaさんと釈迦さんが、Apexでマスターランクになり、...

釈迦 apex

さて、今回の記事ではメジャーへ日本から出場する7チームを紹介します。 渋ハルの主観で紹介するので多少の誤りとかはご容赦ください。 出場チーム 日本からの出場チームは下記の7チームです。 (記載は順位順) ・SCARZ White ・野良連合 ・DeToNator ・Hybrid Eclipse Arise ・Gaming Team SELECTOR Blue ・CONNECT GAMING LUNA ・HandmadePotion 上記7チームを順番に紹介していきます。 太字の選手は個人的な注目選手です。 (各チーム1名) ()内は予選大会時のメインキャラです。 各選手のTwitterリンクとか貼りたかったけどリソースの関係上断念しました。 大会も近づいてきたスクリム(チーム同士の練習試合)において存在感を遺憾なく発揮し、予選大会当日も暴れ散らかし堂々1位通過。 STEEEAL選手を主砲として、超万能型のLejetta選手が大体なんとかしてるイメージ。 予選時の仕上がり具合をメジャーでも発揮できるかが楽しみですね。 (なお予選後はジブ構成に移行している模様) チームとしてはムラがあるものの、爆発力が高いチームなので噛み合ったときにはどこのチームも止められない。 メジャーではパス構成でいくのかジブ構成でいくのか注目です。 強い人と強い人と強い人が組んでる。 ずるい。 恐らく日本予選における3位には納得していないはずなので、メジャーで結果を残すことができるか楽しみです。 また、最近のスクリムではMukai選手とAlelu選手の使用キャラクターが入れ替わっているのでメジャーはどうなるのかも要注目。 特にSupponpon選手の撃ち合いは見ていて気持ちが良いのでおすすめです(?) Supponpon選手の調子によってムーブが変わっているイメージがあるので、メジャーまでにチームとしてどう仕上げてくるかが鍵になると思います。 1にキルポイント、2にキルポイント、3にキルポイント。 とにかくキルムーブ。 日本スクリムだからキルムーブなのかと思ったらAPAC(アジア圏)スクリムでもキルムーブ。 GTSの通ったあとにはペンペン草も生えません。 メジャーでの活躍が楽しみなチームの1つです。 あれ多分新武器。 チームとしては、攻守バランスの取れたムーブをしているイメージです。 日本のチームらしい堅実なムーブをするので、メジャーではどう作用するのか楽しみです。 滑り込みの7位入賞。 なんとチーム3人揃ったのが日本予選1ヶ月前、しかも内1名はAPEXの競技シーン未経験。 渋谷ハルっていうんですけど。 チームとしての練度は高い方ではないものの、自分たちの色にあったムーブを得意としています。 日本予選までのスクリムも、大会数日前に滑り込みで仕上げてきた感満載。 チームとしての活動が短いということは伸びしろがあるということ! メジャーまでにチームがどれだけ仕上がっているか楽しみにしていてください。 以上、メジャーへ出場予定の7チームの紹介でした。 またのご利用お待ちしております!.

次の