みいつけた 恐竜の歌 歌詞。 Eテレみいつけた!の「おっす!いすの応援団」の歌詞

Eテレみいつけた!の「おっす!いすの応援団」の歌詞

みいつけた 恐竜の歌 歌詞

どーも 地学のまも()です NHKで放送している人気番組「みいつけた!」で今年(2020年)の3月から新しいエンディングテーマ曲が放送された。 タイトルは「ドンじゅらりん」 なんと恐竜がモチーフだ! そして作詞作曲は「くるり」の岸田繁さんだ! とにかく聞いて欲しい。 「みいつけた!」は基本的に 月~金の午前7:45~8:00と、 月~金の午後4:45~5:00(同じ内容の再放送)にNHKのEテレで放送している。 「みいつけた!」では過去にも、「グローイングアップップ」や「カゲのオバケ」「おっす! イスのおうえんだん」「ねぇ知ってる?」「レグのハートがぬすまれた!」など良曲を生み出し続けているけれど、恐竜がモチーフの曲はおそらく初めてだと思う。 初めて聞いたとき、韻を踏んで頭に残るリズムにのって、マニアックな恐竜の名前が出てくることに感動した。 私はすぐに次の日の放送を録画して、リピートして何度も聴いた。 50回は確実に聴いたので、歌詞のメッセージや、そこから思ったこと、登場する恐竜についても解説していきたいと思う。 なお、子どもたちが登場する恐竜について学べるページも作った。 「みいつけた!」の対象年齢に合わせて、表記は全部ひらがなで、文字もめちゃ大きくしたので、「ドンじゅらりん」に登場する恐竜について知りたい子どもたちは次のページを見て欲しい。 「ドンじゅらりん」は確実に名曲であるが、その理由は2つあると考えられる。 そう! ひとつ目はスイちゃんの可愛さだ! 異論があるひとはいないと思う。 ふたつめも皆さんお分かりであろう。 そう! みんな恐竜が好きってこと! 恐竜が好き=恐竜の出てくる曲も好き こういう理屈だと思う。 古代の地球にいたダイナミックでかっこいい恐竜は人間を惹きつけるらしい。 私も恐竜好きで図鑑を買っている。 きっと沢山の人の家に恐竜図鑑はあると思う。 いまから歌詞や恐竜の解説に入っていく。 内容は横道にそれ続けるが、ご容赦いただきたい。 この記事は歌へのリスペクトと賞賛の気持ちで書いている。 「ドンじゅらりん」の歌詞の解説 冒頭の歌詞でスイちゃんはこのように語っている。 あれは プテラ プテラノドン これは イグア イグアノドン この歌詞からわかるのはプテラノドンやイグアノドンが存在する世界にいるということだ。 プテラノドンやイグアノドンが存在するのは、地球の長い歴史の中でも中生代の白亜紀という時代だ。 なので正確には生息期間がバッティングしていない可能性が高い。 (1番目はメガロサウルス) 地球の歴史について 日本の歴史に「江戸時代」や、「平安時代」という名前がついているように、地球の歴史も名前がつけられている。 地球は誕生してから46億年経過している。 その46億年は「先カンブリア時代」と「顕生代」に分かれる。 私達人類が誕生して生活しているのも、恐竜が繁栄していたのも「顕生代」だ。 顕生代は生物が硬い殻や骨格を持つようになり、化石が見つかりやすくなった時代だ。 更に3つの時代に分けることができる。 「古生代」「中生代」「新生代」だ。 ちなみに今は「新生代」で、恐竜の時代は「中生代」だ。 「古生代」「中生代」「新生代」はさらに「〇〇紀」という名前で分けることができ、中生代は「三畳紀」「ジュラ紀」「白亜紀」に分かれる。 ここで曲にも登場する「ジュラ紀」「白亜紀」という言葉が出てくる。 ちなみに歌詞は続いて ドンドンドドドン ドドンドーン じゅらじゅら きょうりゅう ドドンドーン となっている。 ドンドンが良いリズムを作って、とても楽しい曲調になっている。 恐竜の名前には「〇〇ドン」とつけられているものが多いが、この「ドン」には「歯」という意味がある。 じゅらじゅらと語っているはジュラ紀のことだと思っていたが、どちらもジュラ紀の恐竜ではない。 プテラノドン プテラノドンは翼竜であり、空を飛んで暮らしていた。 この時代の空の覇者は翼竜であり、世界中の空に存在していたと考えられている。 翼竜はよく恐竜と一緒にされるが、恐竜とは違うグループに存在する。 鳥類は恐竜から進化した。 プテラノドンは白亜紀後期に繁栄した。 翼竜の中で一番多くの化石が見つかっていて、恐竜のいた時代の空の生物といえば、プテラノドンをあげる人が多い。 頭のとさかの形でオスかメスかを見分けることができる。 とさかがとがって長ければオスで、丸くて小さければメスである。 翼開張は6mにもなり、かなり大きい。 コラム「ジュラシックパークとジュラ紀」 ジュラシックパークのジュラシックはジュラ紀のことを表しているが、ジュラシックパークには、白亜紀の恐竜ばかり登場している。 ヴェロキラプトルやティラノサウルスやトリケラトプスは全部白亜紀である。 ジュラシックパークなのに白亜紀の恐竜ばかり見かけるのは気になるが、映画はめちゃくちゃ面白い。 万が一、まだ見ていないならジュラシックワールドまで一気に見た方が絶対良い。 その後、スイちゃんは 車はブンブン、自転車はリンリンであることに言及している。 両者ともに韻を踏んている言葉になっていて、スイちゃんの楽しい気持ちが伝わってくる。 次にパパとママが昔、恐竜であったことを言及する。 むかし パパは ディモルフォドン むかし ママは ヴルカノドン パパとママはむかし恐竜だったかも、とワクワクする歌詞だ。 ではここで登場する恐竜について説明しよう。 化石ハンター「メアリー・アニング」 化石ハンターでメアリー・アニングを知らない人はいないであろう。 それほどこの業界では有名な人だ。 1799年にイギリスのライム・リージスでうまれ。 父親に化石発掘のノウハウを教わったメアリー・アニングは、生活のために若いうちから化石販売を行うようになる。 身分も高くなく、その当時の科学は男性が主体の世界だったので、数々の困難に見舞われてしまう。 だが、周囲の人々に支えられ、困難に打ち勝っていった結果、古生物学の発展に貢献する世紀の大発見を次々にすることになる。 そうして現在では主にヨーロッパやアメリカを中心に「科学の世界で活躍した女の子」の代表的な存在になっている。 すごい。 メアリー・アニングが発見した化石は多いが、有名なものが「イクチオサウルス」「プレシオサウルス」「スクアロラヤ」、そして「ディモルフォドン」である。 メアリー・アニングが発見した化石の多くが、現在もイギリスの博物館に展示されている。 メアリー・アニングについてもっと知りたいと思った方は次の本を読んでみて欲しい。 子ども向けだが、大人も全然楽しめる内容になっている。 参考:ポプラ社「コミック版世界の伝記41 メアリー・アニング」漫画:北上諒 監修:矢島道子 ヴルカノドン ヴルカノドンはジュラ紀の前期に繁栄した竜脚類。 竜脚類はとにかく大きく、恐竜の中でも、最も大型化したグループだ。 ヴルカノドンは、竜脚類の中でも最初の方に登場した恐竜で、体長は6.5m程と竜脚類の中では小さめになる。 「ドンじゅらりん」の歌詞の解説2 スイちゃんはエリマキトカゲの話をした後、トリケラトプスの話をする。 トリケラトプスは はくあきうまれ みらいのトンネル くぐったオバケ- ここで言及されている「未来のトンネルくぐったオバケ」というのは、まずトリケラトプスとエリマキトカゲが似ているので、トリケラトプスが白亜紀から現在にタイムスリップしてきてエリマキトカゲになったのではないかという考えから生まれたものではないかと考えられる。 「過去の生物が今もいる=オバケ」という、スイちゃんなりの深い考察があっての描写であると感じ取れた。 トリケラトプスも紹介しておく。 トリケラトプス 曲の中でも述べられている通り、白亜紀に繁栄した。 トリケラトプスは角竜類という恐竜のグループに所属する。 角竜類の中で一番有名であり、人気も高い。 子どもたちに好きな恐竜アンケートをとったら確実にベスト3には入るであろう知名度を誇る。 角竜類にはトリケラトプスのように「ケラトプス」という言葉が使われている恐竜が沢山いる。 体長は9mほどでよく比較される、牛やカバより断然大きい。 むしろゾウより少し大きい。 トリケラトプスが戦ってきたのが、ライオンやトラではなくティラノサウルスなどの恐竜たちだからだ。 ドンじゅらりんの意味 ドンじゅらりんという言葉はものすごく素晴らしい。 おそらくこういう意味だと思う。

次の

いくつ知ってる?「みいつけた!」に隠されたキャラクター雑学まとめ

みいつけた 恐竜の歌 歌詞

唄っているのは「いすのおうえんだん」でおなじみの みやけマンこと三宅弘城さんと「いすのまちのコッシー」の声優でおなじみの内田滋さんです。 子供の成長は嬉しいものです。 一つ一つできることが増えていき、それに伴いそれまで愛用していたモノたちにお別れをするという、嬉しい中にちょっぴり寂しいような感情が入り混じった気持ちを上手く表現した歌です。 最近全然使ってないバンボ、そろそろしまい込んでもいいようです。 笑ってお別れさアップップ~。 — 天城ヨリ子@娘3歳になりました amagiyoriko この方ように自分の子供と重ね合わせて聞いているママたちも多いと思います。 曲のリズムも映像もちょっと変わっている 不思議な感じの曲です。 恐竜、忍者、スパイがいたり甘い梅干しがあったり、扉の向こうは面白そうなことが沢山ありそうです。 でも何事でも新しいことを始めるのは楽しみな反面、ドキドキして勇気がいりますよね。 そこで歌の最後に 「次はきみの番」と優しく促してくれています。 良い締めですね! 有名人が多いんですよ!では詳しく見ていきましょう 宮藤官九郎&星野源 先にもご紹介した「グローイングアップップ」の作詞はマルチな才能で大活躍、「あまちゃん」で有名な宮藤官九郎さん、作曲は歌手として俳優として大人気の星野源さんです。 豪華な顔ぶれですね! 宮藤官九郎&星野源ペアは他にも「なんかいっすー」「すわるぞう」「おっす!イスのおうえんだん」など みやけマンが出演する歌の作詞作曲も手掛けています。 宮藤官九郎さんは脚本家として活躍されていますが、劇団「大人計画」にも所属しています。 そして星野源さんと歌っている三宅広城さん(みやけマン)は所属事務所が大人計画です。 そして宮藤官九郎さんとみやけマンは バンド「グループ魂」のメンバーです。 きっと 交友つながりのお仕事なんでしょうね。 サバンナ高橋さんの優れた作詞力 コッシーが唄う歌の作詞は声優も務めている高橋茂雄(サバンナ高橋)さんが手掛けているものが多いです。 先にご紹介した「ねぇしってる?」もそうですが、 「あしたわらおう」も名曲として有名ですね!他に「まいにちアハハをみいつけた!」「ぼくコッシー」の作詞も手掛けています。 サバンナ高橋さんは芸人ですが、おもしろ楽しく元気な作詞だけでなく、繊細な心の動きを表現したようなものや、みいつけた世代の子供の未来を見つめたようなものなど、色んな視点から作詞ができるところが凄いです。 次作が楽しみですね! エンディングといえばトータス松本さん 番組のタイトル名でもある「みいつけた!」など、エンディングの曲にはトータスイスの声優を務めるトータス松本さんが唄う歌が多いです。 トータスさんが唄う歌の作詞作曲もご本人がされています。 歌の素晴らしさもさることながら、 トータスさんの力強い歌声に励まされて元気をもらう感じがします。 他に「あっというま!」「わー!」の歌もあります。 「あっというま!」では「今日の天気は晴れやねん」バージョンと「雨やねん」バージョンがあります。

次の

【恐竜 動画】【Eテレ みいつけた!人気曲】ドンじゅらりん (Coverd byうたスタ)

みいつけた 恐竜の歌 歌詞

スポンサーリンク Eテレの人気子供番組「みいつけた!」のエンディングテーマが新しくなりました!可愛らしい声で「かげのおばけ」を歌うのはシンガーソングライターのカノエラナさん。 「カゲのオバケ」 作詞・作曲 カノエラナ うた コッシー&カノエラナ 小ちいさな女おんなの子こと、女おんなの子この「影かげ」のかわいい物語ものがたりです。 いつも女おんなの子こを見守みまもっているのに、なかなか気付きづいてもらえない「カゲのオバケ」。 友ともだちになりたいよ! そんな気持きもちを楽たのしく歌うたいます。 お楽たのしみに。 そして、「作詞・作曲 カノエラナ」 「カノエラナ」みいつけた!では初登場のお名前… カノエラナって誰? どんな活動をしてるの? 気になる情報について調べてみました! 目次• カノエラナは歌手? どんな人? カノエラナ 生誕 1995年12月4日(21歳) 出身地 佐賀県唐津市 カノエラナは佐賀県唐津市出身のシンガーソングライターである。 2016年8月31日にメジャーデビュー。 まだ21歳! メジャーデビューも2016年8月と、活動しはじめて間もないんですね。 それで、Eテレのメジャー子供番組のエンディングテーマに選ばれるなんて、大抜擢です! カノエラナってどんな歌を歌っているの?動画あり 気になる弾き語り動画。 カバーしたい。

次の