三井 住友 銀行 不正 利用。 三井住友銀行との店舗外ATM共同利用開始について

SMBCダイレクト(インターネットバンキング) セキュリティ : 三井住友銀行

三井 住友 銀行 不正 利用

三井住友銀行からこんなメールが届きました。 「 【重要】「三井住友銀行の口座」カード・通帳一時利用停止、再開のお手続きの設定してください。 〇〇@〇〇. com」 中身を読んでみると、振込手数料引き上げに伴う、SMBCダイレクトの各種手数料改定で、使っている三井住友銀行の口座を一時利用停止している、とのこと。 利用を再開する為には、以下のURLより、セキュリティ強化、カード・通帳一時利用の再開手続きをしてください、とのことでした。 でも、 絶対にURLをクリックしないでください! これはフィッシング詐欺メールになります。 知らずにURLをクリックしてしまうと、三井住友銀行のSMBCダイレクトの口座番号やパスワードなどを盗まれてしまいます。 三井住友銀行を騙る詐欺メールの内容 今回の詐欺メールは、本当の三井住友銀行から届いたような内容で、 かなり巧妙なものでした。 URLをクリックした後のサイトも、偽物とは気が付かないページになっています。 振込手数料引き上げに伴うSMBCダイレクトの各種手数料改定について、お客様の【三井住友銀行の口座】セキュリティ強化、カード・通帳一時利用停止、再開のお手続きの設定してください。 ご入力いただきました内容で所定の審査をすすめさせていただきます。 ご確認については、こちらからご確認ください。 smbc. jp (ご注意) このメールアドレスは送信専用です。 返信をいただいてもご回答できませんのでご了承ください。 ご不明な点がございましたらお手数ですが下記までご連絡をお願いいたします。 最初は、本物の三井住友銀行から届いたメールかと思ってしまいました。。。 しかも、訪問先のページも、 偽物とは思えないデザインになっています。 ただ、スマホ版しか作っていないみたいで、パソコンでページを表示すると「お客様の携帯ブラウザで登録してください。 」と表示されます(^^; こちらがスマホからアクセスした際の 偽物のサイトになります。 あまりにも本物のようで、まさか偽物とは思えませんよね。。。 smbc. jp」でしたが、偽物のサイトは「 smbc〇. jp」となっています。 三井住友銀行の偽メールの見分け方 ただ、やはりとても巧妙な詐欺メールでも、見分け方があります。 smbc. smbc. jp」になっています。 ほんのわずかな違いですが、違っています。 ただ、スマホでメールを受け取っている場合には、リンク先は分かりませんので、気が付かないかもしれませんね。 また、メールの送信元も「三井住友銀行」とは表示されていますが、メールアドレスは「admin a6. amaze〇〇〇. jp」となっていて、全くの別物のメールアドレスになっています。 メールタイトルの書き方や、手口が、先日の Amazonのフィッシング詐欺メールに似ていますが、このメールアドレスからすると、同じ詐欺グループのようですね。。。 デジタル署名とは、送信されたメールが「間違いなく本物の送信者です」という、データの改ざんが行われていないことが証明されるもので、フィッシングメールには、今のところ「デジタル署名」されたものはありません。 三井住友銀行のような金融系のメールでは、こういった署名が使われることが多くなっています。 その為、三井住友銀行から「デジタル署名」がされていないメールが届いた場合には、偽物のメールだと疑いましょう! 三井住友銀行の公式サイトでも、「フィッシング詐欺」の対策を公開していますので、こちらのページの内容を覚えておくと、効果的かと思います。 ・ネット犯罪「フィッシング詐欺」対策について(三井住友銀行 公式サイト) まとめ 最近のフィッシング詐欺メールでは、 巧妙なものが増えていますので、メールに掲載されているリンクからホームページを訪れる場合には、注意しましょう。 特に「クレジットカード情報が更新できなかった」とか「ログインの再設定をしてください」といった内容のメールの場合には、慎重に対応する必要があります。 [重要]:お客様の【三井住友銀行の口座】セキュリティ強化、カード・通帳一時利用停止、再開のお手続きの設定してください。 From: 三井住友銀行admin a1. 〇〇〇. com. ご確認については、こちらからご確認ください。 (ご注意) このメールアドレスは送信専用です。 返信をいただいてもご回答できませんのでご了承ください。 ご不明な点がございましたらお手数ですが下記までご連絡をお願いいたします。

次の

三井住友カードからSMS(ショートメール)が届くことはありますか?

三井 住友 銀行 不正 利用

三井住友銀行・・・・信じていいの? 昨日の夕方、携帯のショートメルで三井住友銀行から下記のものが届きました。 【三井住友銀行】 お客様がご利用の口座が不正利用されている可能性があります。 com (途中の丸は、本文中は「. 」になっています。 個人的には、三井住友銀行と取引・口座開設したことないような・・・ でも?!以前、10年以上前、ネット銀行が流行りだした頃、楽天の前身のところとかで口座開設した覚えもあるし・・・・・ どぉしたら良いのでしょうか? 勇気を出して、URLをクリックするべきか まっ!どうしてもの用事なら、先方からもう一度連絡があるだろうから それまで無視するか よきアドバイスをお願いいたします。 それ、私も24日に来ました。 同じ文章で同じ発信者です。 最初は急いで手続きしなきゃと思いましたが、 一息待ってみたら、何やら違和感があったので止めました。 そもそも、銀行がそんな大事なことを「ショートメール」で送ることがおかしい! 「不正利用」されたのであれば、それは銀行側のセキュリティの問題。 ショートメールではなく直接電話で謝罪すべきでは??? そう考えたら、URLが載っているのもあやしい 本来なら「HPよりログインして下さい。 」もしくは「店頭に来てください」では? ってか、「可能性があります。 」って・・・それだけで利用停止なのはやりすぎでは? 再開手続きって・・・じゃぁ何のための利用停止? そこで冷静に考えるようになり、チープな詐欺だなぁと思うようになりました。 発信番号も変だし。 おそらくランダムに電話番号を入れて送りまくっているのだと思います。 無視するのが一番だと思います。 それでも不安なら、直接窓口に行って尋ねるのが確実かと思われます。

次の

【詐欺メールに注意】【重要】「三井住友銀行の口座」カード・通帳一時利用停止、再開のお手続き

三井 住友 銀行 不正 利用

不正利用が起こる3つの原因• クレジットカードの紛失や盗難• クレジットカードの磁気情報のスキミング• 個人情報の流出 それぞれを簡単に説明します。 クレジットカードの紛失や盗難 落としたカードが誰かに拾われて、そのまま悪用されるケースです。 クレジットカードのスキミング クレジットカードの磁気情報を盗んで、全く同じ情報が入ったカードを複製する手段です。 昔、ゴルフ場などのコインロッカーでよくありました。 本人はプレー中なのでどうしようもないケースです。 個人情報の流出 ネットショッピングの決済時に、コンピュータウイルスなどによりクレジットカードの情報が漏えいするケースです。 不正利用に気付いたらすぐにやるべき3つの対処法 もしもこのような手口で不正利用の疑いを発見したら、どうするべきなのか。 不正利用に気付いたら、とるべき行動の手順を3つのステップに分けて解説します。 その1. 紛失・盗難受付デスクに連絡をする 不正利用が分かった時点で、早急に「三井住友カード紛失・盗難受付デスク」に電話をしましょう。 その場でカードの利用を停止してくれます。 盗難デスクは24時間365日対応しています。 日本語で対応してくれるので、海外で被害に遭った場合でも安心です。 スキミングやフィッシングなどの不正利用についても同じ窓口です。 三井住友カード紛失・盗難受付デスク(海外の場合)• アメリカ:• ハワイ:• カナダ:• イギリス:• ドイツ:• フランス:• イタリア:• 韓国:• シンガポール:• 香港:• マレーシア:• オーストラリア: 上記以外の国・地域、または電話がかかりにくい場合は、滞在国の国際電話のオペレーターを呼び出し、81-3-6627-4067(最初の81は日本の国番号)へコレクトコールの旨を伝えます。 その2. 警察に被害届を出す 実際に不正利用されたかどうかに関わらず、警察に被害届を出しましょう 盗難届や紛失届など。 その3. 三井住友カード所定の書類提出 警察に被害届を出した後は、三井住友カード所定の書類を提出します。 この3つの手順を踏まないと補償を受けれなくなるので、大前提として考えておきましょう。 カード不正利用の補償内容 三井住友カードが不正利用の事実を認めた場合、会員は「三井住友カード会員保障制度」によってサポートを受けれます。 補償内容は以下になります。 三井住友カードの補償内容• iDなどの電子マネーは補償される? iDなどの電子マネーも不正利用の損害は補償されます。 クレジットカードと同様、電子マネーに関しても「三井住友カード会員保障制度」が採用されています。 ちなみに「iD」とは、カードやスマホをかざすだけで支払いができる後払い電子マネーのこと。 三井住友カードとNTTドコモが提携して運営しています。 不正利用をされても補償とならないケース 不正利用をされると「全額補償は当たり前」のようなイメージがありますが、実は補償対象にならないケースもあります。 今回それらを解説します。 不正利用されてから61日以上経つ 補償対象になるのは、三井住友カードに届出をしてから「60日前まで」です。 つまり、不正利用されてから61日以上経ってしまった場合は補償が受けれません。 日頃からこまめに利用明細をチェックをして、不正利用のを早急に発見できる状況を作っておく必要があります。 カードを家族と共有していた 実は自分のカードを家族が利用していた場合も補償を受けれません。 家族共有のPCでネットショッピングをした際に、「家族のクレジットカードで購入してしまった」なんて経験はないでしょうか。 暗証番号やカードを共有するのも禁物ですが、インターネットのサイトにログインしたままPCを共有することも危険です。 カードの裏面に署名がない カードの裏面に自分の名前の記入がない場合も補償対象外です。 非常に初歩的ですが、簡単な作業だけに後回しにしている人もいると思います。 カードが届いたら必ずサインしましょう。 まとめ カードの明細はこまめにチェックが大事 そもそも三井住友カードでは「 カード不正使用検知システム」というセキュリティ対策を導入しています。 クレジットカードの不正利用がないか、365日24時間体制で監視するというものです。 非常に優秀なシステムですが、それでも100%不正を検知できるわけではありません。 もし不正利用の被害に遭ってしまったら、出来るだけ早くその事実に気付くことがとても大切です。 不正利用に早く気が付けば、より確実に補償を受けることができるからです。 そのために、クレジットカードの明細は毎月しっかりチェックしておきましょう。 最近ではスマホアプリでも明細をチェックできるようになっていますので、ぜひ利用してみてください。 以上、三井住友カードを不正利用をされた時の対処法でした。 このサイトはリンクフリーです。 リンクをしてくれる方は下記のような感じでお願いいたします。 ありがとうございます。 (参照:) このコラムにおすすめのカード 楽天カード.

次の