うえいと。 ながらトレーニングに最適!アンクルウェイトの使い方とおすすめまとめ|YAMA HACK

筋トレ種目「フリーウエイト」と「マシントレーニング」の違いとは?どっちを先にやるべき?メリット・デメリットを解説

うえいと

これらにはそれぞれメリットとデメリット、そして特徴があります。 どっちをやるべき? 順番は? 今回は「フリーウエイト」と「マシントレーニング」の違いや、効果的な使い方を解説していきましょう。 自由度が高い「フリーウエイトトレーニング」の特徴 ダンベルやバーベルを使用したトレーニングを「フリーウエイト」と呼びます。 ここでは、フリーウエイトのメリット・デメリットを確認してみましょう。 バーベルやダンベルが1つ(1セット)あれば、胸・背中・肩・腕・お尻・太もも・ふくらはぎなど、全身どんな部分のエクササイズでも行えます。 また、同じ部位でも多数のエクササイズが可能です。 たとえば胸のエクササイズの場合、ベンチプレスやダンベルベンチプレス、ダンベルフライなど。 異なるエクササイズを行えるため、違った刺激を与えることができます。 たとえばスクワットであれば、しっかり両足で踏ん張り、姿勢を正しく保持した状態で動作を行います。 そのため、目的としている下半身だけでなく、体勢を保つための体幹部にも大きな刺激がかかるでしょう。 このようにフリーウエイトは、動作を行ううえでメインとなる力を発揮する筋肉だけでなく、姿勢を保つための筋肉や、バランスを取るための関節まわりの小さな筋肉など、多くの部分を同時に鍛えることが可能です。 その点では、マシントレーニングより競技スポーツの動作に近いエクササイズ方法といえます。 また、エクササイズの方法を知っていたとしても、正しいフォームや注意点などを理解していないと、目的とする部分に刺激が入らなかったり、ケガをするリスクが高まってしまいます。 そのため、スポーツジム初心者にとっては取り組みにくく、敬遠されがちといえるでしょう。 目的の部位をピンポイントに刺激する「マシントレーニング」 次に、専用の機械を使う「マシントレーニング」のメリット・デメリットを確認してみましょう。 また、マシンごとに鍛えることができる筋肉が決まっているため、胸を鍛えたい場合はこのマシン、肩を鍛えたい場合はこのマシンというように、簡単にメニューを組むことができるでしょう。 初心者1人でも、スムーズにトレーニングが行えます。 しかし、マシンの場合は軌道が決まっており、代償動作が出にくくなっています。 そのため、刺激を逃がすことなく、最後まで目的の筋肉を刺激することが可能です。 また、カラダが安定した状態で行えるため、安全に限界まで筋肉を追い込むことができます。 また、全身を鍛えたい場合はいくつものマシンが必要です。 マシンが充実していないジムの場合、思うようにトレーニングができないということもあります。 そのため、競技スポーツのフィジカルトレーニングとして取り入れる場合は、マシンよりもフリーウエイトが好まれることが多いようです。 フリーウエイトとマシン、どちらを先にやるべき? フリーウエイトを先にやるべき フリーウエイトは、トレーニングの序盤に行うことをオススメします。 なぜなら、集中力があるときに取り組んだ方が、ケガのリスクが低いからです。 疲労の蓄積や集中力が落ちる後半では、姿勢を安定させて行えるマシントレーニングがよいでしょう。 マシンは安全に限界まで刺激することができるので、最後の追い込みとして活用すると効果が高まります。 関連記事: 筋トレは「フリーウエイト」と「マシン」両方を取り入れよう 「フリーウエイト」と「マシン」は、どちらが優れているということはありません。 両方を効果的に使うことで、刺激を高め効率をよくカラダ作りを行うことができるのです。 また、初心者だからマシンだけ行っていればいいという考え方はもったいないでしょう。 ぜひ、フリーウエイトにもチャレンジしてみてください。 [筆者プロフィール] 和田拓巳(わだ・たくみ) プロスポーツトレーナー歴16年。 プロアスリートやアーティスト、オリンピック候補選手などのトレーニング指導やコンディショニング管理を担当。 治療院での治療サポートの経験もあり、ケガの知識も豊富でリハビリ指導も行っている。 テレビや雑誌においても出演・トレーニング監修を行う。 現在、様々なメディアで多くの執筆・監修を行い、健康・フィットネスに関する情報を発信している。 日本トレーニング指導者協会 JATI-ATI Official site: Facebook: <Text:和田拓巳/Photo:Getty Images>.

次の

ながらトレーニングに最適!アンクルウェイトの使い方とおすすめまとめ|YAMA HACK

うえいと

ウェイト Weight [ ]• 物事の重要性。 や、などにおいて、体重別の階級。 のや、などで浮力を抑えるために使用されるものや、ペーパーウェイトなど。 における太さ。 「ウ エイト」と表記されることが多い。 が1968年に発表した楽曲。 のウェイト(荷重)• の(荷重) Wait [ ]• 「待つ」の意。 命令形で、などへ「待て」の命令でよく使われる。 において、意図的に処理を遅くする処理。 「~をかける」。 コマンド - UNIXのコマンド。 の実行が終了するまで停止するシェル組み込みコマンド。 が1965年に発表した楽曲。 において、法律上の回転数上限を満たすために設けられるもの。 Waite [ ] Waite は、英国などにみられる姓。 - の このページは です。 一つの語句が複数の意味・職能を有する場合の水先案内のために、異なる用法を一覧にしてあります。 お探しの用語に一番近い記事を選んで下さい。 を見つけたら、リンクを適切な項目に張り替えて下さい。

次の

筋トレ種目「フリーウエイト」と「マシントレーニング」の違いとは?どっちを先にやるべき?メリット・デメリットを解説

うえいと

HUAWEI P30 Pro Photo: Sam Rutherford(GIZMODO US) これはなに?:ファーウェイの最新のフラッグシップモデルスマートフォン。 価格:900ドル(ドコモオンラインショップでの価格は89,424円)。 良いところ:光学超ズーム、独自開発の新イメージセンサー、素晴らしいバッテリー寿命、その他機能もりもり。 良くないところ:アメリカで使えない(今のところ日本でも買えない)。 他メーカーよりスクリーンの解像度は低い。 暗くてもオートで撮れちゃうつよカメラ HUAWEI Pシリーズと言えば、革新的で斬新なカメラ性能。 トリプルカメラ搭載&AIによる驚異的な写真の自動調整、これ以上、何をもっとして競合他社と差別化を図る余地があるのかと思っていました。 もしかしたらのように、 ひたすらカメラを増やす方向性もあったかもしれませんが、そうではなく、より低照度下での撮影性能を上げるために、カメラセンサーそのものの再設計に挑み、さらに前例のない 光学5倍ズームレンズを搭載してきました。 最近のほとんどのデジタルカメラには、緑のピクセルを2つ、赤のピクセルを1つ、青のピクセルを1つを並べて、光と色を捉える4ピクセルグリッドを繰り返し配置したイメージセンサーが搭載されています。 これは、ほぼすべてのカメラメーカーが採用している基本的なシステムですが、それがパーフェクトというわけではありません。 HUAWEIはP30 Proで、 グリッドのグリーンのピクセルをイエローに置き換える方式に変更しました。 その背景としてはイエローはグリーンより明るい色であるため、より多くの光がフィルタを通過してセンサーに当たるためです。 より多くの光が当たれば当たるほど明るい画像になり、外出時や暗い場所で写真を撮るときに威力を発揮します。 3台目のカメラは、光の反射を防ぐために窪んでいます。 Photo: Sam Rutherford(GIZMODO US) たんに入れ替えただけのように聞こえるかもしれませんが、そこには大変な労力が隠されていると思います。 カメラのカラーフィルターの機能を変更したら、イメージプロセッサー(カメラのセンサーが捉えたデータを解釈するもの)が、その画像がディスプレイにどのように表示されるか、カメラのさまざまな写真モードなど、再設計する必要があります。 HUAWEIはそこまでしてチャレンジ価値があったと言えるでしょうか? 答えはイエスと言えるでしょう。 新しいセンサーのおかげで、P30 Proのオートモードは、追加調整や特別な設定を行わなくても、Pixelシリーズの夜景モードのような優れた低照度撮影性能とほぼ同様の仕上がりになりました。 他のカメラの低照度モードのような、撮影時に4-5秒カメラを安定させて撮影させる必要がなくなり、より簡単に手間なく撮影できるように。 Photo: Sam Rutherford Gizmodo US P30 Proの写真をGalaxy S10やPixel 3などと比較すると、その違いは明白です。 一方、P30のProのオートと、Pixel 3の夜景モードをあえてオンにしない写真で比較すると、HUAWEIの新しいセンサーが実際にどれだけ優れているかがわかります。 もちろん、HUAWEIにも専用のナイトモードもありますが、P30 Proのオートモードは使い勝手がよく、基本的に低照度下で夜景モードの使用を必要とするPixel 3と比較して、私はモードを切り替える必要性をほとんど感じませんでした。 P30 Proの新しいセンサーは低照度に強いですが、逆に日中は写真が露出オーバーになり、色の濃さが足りなくなることがあります。 Photo: Sam Rutherford Gizmodo US とはいえ、HUAWEIの新しいセンサーは完璧ではありません。 P30 Proでは低照度環境での撮影性能を劇的に改善しましたが、明るい場所での撮影には若干マイナスの影響を与えたようです。 Galaxy S10とPixel 3の両方と比較すると、P30 Proで撮影した昼間の花の写真では、周囲の緑のハイライトが吹き飛んでしまい、彩度も足りない印象です。 いずれ改善してくると思いつつ、新しいセンサーに対応するためにカメラを再設計していくべき状況の現在、トレードオフがあると言えますね。 メインカメラだけが独自のRYYBセンサーを使用しています(20メガピクセルの超広角カメラや、8メガピクセルの望遠カメラには使われていない)。 特に動画を撮影している場合は、レンズを切り替えるときに少し不快に感じることがあります。 今までのスマホとは別次元のズーム性能 P30 Proの望遠カメラには、5倍光学ズームを搭載した新しいシステムが追加されたため、ハイブリッドズームで10倍、そしてデジタル50倍ズームも対応しています。 Photo: Sam Rutherford Gizmodo US このレベルのズーム機能は、2~3倍ズームでよしとされていたライバルたちを凌駕します。 スマートフォンの問題は、普通のカメラのレンズとは異なり、長いズームを実現するためのガラスや光学部品を収める余地がほとんどないということです。 HUAWEIはこの問題を、プリズムで光路を折り曲げる ペリスコープ(潜望鏡)構造で解決しました。 反射鏡を利用して光軸の向きを変える光学装置です。 過去にASUSなども似た構造を採用したことがありますが、こういった発想はすごく良いですよね。 今までカメラズームの性能をあげるには、普通のカメラでしかできないと思われていましたが、P30 Proの5倍/10倍ズームでは、被写体にズームで近づくための柔軟性が極端に上がりました。 ズーム機能のテストのために、P30 Proと他の競合機種を持って、マディソンスクエアパークに行き、そこから10ブロック近くからエンパイアステートビルディングの写真を撮影してみました。 Photo: Sam Rutherford Gizmodo US P30 Proの5倍および10倍ズームでは、非常に鮮明です。 50倍に近づくにつれて、デジタルズーム固有に辛さが見え始めます。 カメラ以外もスキなし カメラの凄まじさはもう十分ですね。 他にP30 のすごいところはなにかって?他にもまだまだありますよ。 P30 Proは、ワイヤレスおよびリバース無線Qi充電、IPX8/IP6Xレベルの耐水性と防塵性、15ワット急速充電(およびリバース有線充電)など、あらゆる種類のハイテクソリューションを搭載しています。 さらには、外部のTVチューナー機器や録画機器にリモコン操作の信号を赤外線で送るIRブラスターも搭載。 それはほとんどすべてのライバルたちが実現していない機能です。 4,200 mAhの大容量バッテリーもモンスター級。 動画の連続再生テストでは、15時間24分バッテリーが持ちました。 P30 にはヘッドフォンジャックがありません。 Photo: Sam Rutherford Gizmodo US でも、ちょっとあえて文句を言うならば、P30 Proに3. 5mmのヘッドフォンジャックが入らなかったことですかね(ミドルクラスモデルのP30の方にはあるのに)。 また、プリインストールされてるまったく不要なアプリ以外に、HUAWEIの独自のモバイルオペレーションシステム「EMUI 9. 1」のスキンはAndroidに対して害は少ないほうですが、漫画っぽい見た目と過度にシンプルなUIは、個人的に好きではありません。 また、P30 Proの6. 5インチOLEDスクリーンは非常に明るくカラフルですが、Galaxy S10よりは、全体的に解像度が低いという欠点があります。 Photo: Sam Rutherford Gizmodo US 最大の欠点は「買えない」こと P30の根本的な問題は、アメリカでは正式にサポートされていないこと。 先日トランプ大統領が事実上HUAWEIをアメリカから排除してしまいました。 (日本でP30 Proを扱う唯一のキャリアであるドコモも、) しかし、HUAWEIがP30 Proに搭載してきたカメラ性能は圧倒的です。 バーやレストランなど暗い場所で撮影するときにその真価を発揮しますし、5倍光学ズームを実現したペリスコープ構造は、スマートフォンのカメラにおける新基準になるかもしれません。 Photo: Sam Rutherford Gizmodo US また、P30 Proのズームシステムで使用されている技術の中には、サムソンが最近イスラエルの企業Corephotnicsを約170億円で買収したこもあり、光学ズームは今後もっと多くのスマートフォンに搭載されると思います。 参考情報• ・動画の連続再生テストで15時間24分。 我々がテストしてきた端末の中でも、P30 Proのバッテリー寿命は第二位です(1位は幻のGalaxy Foldでした)。 ・SIMロックフリーバージョンのP30 Proをアメリカの小売業者から購入することはできますが、VerizonやSprintなどのCDMAネットワークはサポートされていません。 ・HUAWEIは、光学5倍ズームをスマートフォンに搭載したことで、 新しい時代を開拓しました。 ・その他競合のハイエンド機種に含まれるような機能はP30 Proにもほとんど備わっています。 こんなの欲しくなっちゃうわ…。 とりあえずカメラ試してみたい。

次の