すみ きよ なほ。 【鬼滅の刃】蝶屋敷の3人娘の名前や年齢は?見分け方や覚え方についても

【鬼滅の刃】機能回復訓練(蝶屋敷)編ストーリーまとめ【ネタバレ注意】【鬼滅の刃】

すみ きよ なほ

鬼滅の刃公式無料配布ツイッターアイコン 竈門炭治郎ツイッターアイコン• 竈門禰豆子ツイッターアイコン• 我妻善逸ツイッターアイコン• 嘴平伊之助ツイッターアイコン• 栗花落カナヲツイッターアイコン• 不死川玄弥ツイッターアイコン• 冨岡義勇ツイッターアイコン• 胡蝶しのぶツイッターアイコン• 煉獄杏寿郎ツイッターアイコン• 宇髄天元ツイッターアイコン• 甘露寺蜜璃ツイッターアイコン• 時透無一郎ツイッターアイコン• 伊黒小芭内ツイッターアイコン• 不死川実弥ツイッターアイコン• 悲鳴嶼行冥ツイッターアイコン• 鱗滝左近次ツイッターアイコン• 鋼鐵塚蛍ツイッターアイコン• 錆兎・真菰ツイッターアイコン• 珠世ツイッターアイコン• 愈史郎ツイッターアイコン• 村田ツイッターアイコン• 神崎アオイツイッターアイコン• 胡蝶カナエツイッターアイコン• 隠 後藤 ツイッターアイコン• 桑島慈悟郎ツイッターアイコン• 鉄穴森鋼蔵ツイッターアイコン配布• 継国縁壱ツイッターアイコン配布• 産屋敷家ツイッターアイコン• 鎹鴉ツイッターアイコン 炭治郎鎹鴉• 鎹雀 チュン太郎• 複数キャラクターツイッターアイコン 炭治郎&禰豆子• 炭治郎&善逸&伊之助• 蝶屋敷三人娘 すみ&きよ&なほ• 鬼舞辻無惨ツイッターアイコン• 朱紗丸&矢琶羽ツイッターアイコン• 響凱ツイッターアイコン• 累ツイッターアイコン• 魘夢ツイッターアイコン• 堕姫ツイッターアイコン• ひささんツイッターアイコン• 藤の家の家紋ツイッターアイコン• 茶々丸 珠世の使い猫 ツイッターアイコン• ムキムキねずみツイッターアイコン•

次の

#きよなほすみ #その後の話 思い出の花畑

すみ きよ なほ

「わぁ〜綺麗!」「本当だ!凄いね!」「凄い凄い!」 なほ、きよ、すみが遠くから叫ぶ声が聞こえる 「こんなところが有るなんて知らなかった…凄いわね、カナヲ!」 「うん、本当だねアオイ、凄く綺麗…」 私は辺り一面に咲き誇る花畑を目の前にしそう答えた。 暖かい風になびく色とりどりの花々はとても美しくて感動する共に、以前たった一度だけ今は亡き姉達とこの場所を訪れた時のことが思い出された。 あれは今日と同じ様な…春先のお天気良いの日 私が蝶屋敷な引き取られて1年が経とうとしていた時のことだ [newpage] 「そうだわ!今日はこんなに良いお天気なんだもの、皆んなでお出かけしましょう。 この間任務の帰りにとても綺麗なお花畑を見つけたの〜。 カナエ姉さんはふふっと笑ってこちらに寄ると、「困ってるカナヲも可愛いわよ!」と私の頬を撫でる 「ごめんね〜カナヲ でも、素敵なお花畑を見たらカナヲの心も花開くかもしれないでしょ?ねぇしのぶ、いきましょう?」 そう言ってカナエ姉さんが視線を移す 「そうね…今日は私も任務は無いし、珍しく急患も無いようだし、折角だから行ってみましょうか」 しのぶ姉さんは少し考えてからそう答えた 「決まりね!ならお弁当を用意しなくちゃ」 カナエ姉さんは嬉しそうに立ち上がると、隊服を身に纏ったしのぶ姉さんに「貴方も着物に着替えていらっしゃい」と言って台所へ向かって行った。 「わぁ、カナヲとっても上手よ〜!」 「本当に上手、カナヲはやっぱり物覚えが良いし器用ね!」 姉さん達は、私がたった今カナエ姉さんに教わりながら作った花飾りを見て大層褒めてくれた 手先の器用なカナエ姉さんは他にもお花で作る指輪や首飾りなど色んな物の作り方を教えてくれたし、草花に詳しいしのぶ姉さんは色んな花の名前や花言葉を教えてくれた。 お昼になると木陰の下に敷物を敷いてカナエ姉さんお手製のお弁当を食べた。 食後は髪に花を飾って遊んだり、『二人とも鬼ごっこよ!』と言うカナエ姉さんの一言で突然鬼ごっこが始まったりもした。 「はぁ…姉さん…少し休憩!」 しのぶが木の幹に手をついて息を切らしながらそう言うと、カナエ姉さんも「そうね、少し疲れたわ〜」と敷物の上に仰向けで寝転がる「姉さんたらはしたない!」っとしのぶ姉さんが嗜めるも 「良いじゃない誰もいないもの〜、2人も一緒にお昼寝しましょう?」 と言ってカナエ姉さんが私達の腕を引っ張った。 それに対してしのぶ姉さんが「私は良いから!」と抵抗するものだから、カナエ姉さんはニヤッと笑みを浮かべ「まぁ、お姉ちゃんと言うことが聞けない子にはお仕置きよ!」としのぶをくすぐり始めた。 約束の春がやって来るよりも前にカナエ姉さんはこの世を去ってしまったのだ。 『そんな筈ない、でも大好きな姉さんの香り、間違える筈が無い』と必死に辺りを見回してみるが、やはり、向こうで楽しそうに遊ぶアオイやなほ達以外には誰も見当たらない。 ただ…昔姉さん達とここに来た時のことを思い出しちゃって…」 亡き姉達の名前に皆んな、あ…と静まり返ってしまった その静寂を破るように突然アオイが私を強く抱きしめて話し始めた 「寂しいよね…こう言う時は誰かにギュッと抱きしめてもらうと元気なにれるの。 昔、亡くなった家族を思い出して泣いていた時にしのぶ様にそう教わったわ…。 」 そう言ってアオイに続いてなほもすみもきよも、皆んな私を抱きしめてくれた。 そして皆んなで大好きだったもう会うことのできない姉達を思い、声を上げて泣いた。 やっと皆んなの涙がひいて泣き疲れていると、アオイが「そうだわ」と肩にかけた鞄から何かの包みを取り出した 「これ、さっき道の途中で御饅頭を買ったの…本当はお仏壇にお供えしようと思ったんだけど、また後で買い直せばいいわ」 みんなで食べましょうとアオイが御饅頭を手渡してくれた 「甘くて美味しい!」 「本当に美味しい〜」 「美味しいねー」 子供達が「いただきます!」と幸せそうに御饅頭を頬張る 「本当、すごく美味しい!ほら、カナヲも食べてごらんなさいよ」 アオイに言われて私も御饅頭を一口食べる 美味しい… 甘くて、少ししょっぱい 泣き疲れていた体にあんこの甘さな染み渡るようだ 御饅頭を食べ終わると誰が言い出したか突然に鬼ごっこをすることになった。 まるであの時のように… じゃぁ鬼を決めなくちゃ!ジャンケンだよ!と一斉に皆んな手を差し出す ジャンケン…ぽん 「カナヲ様が鬼ですよ〜!」 そう言いながら皆んな一斉に走り出した 1. 3… ジャンケンに負けた私はきっちり10秒数えてきると『スーッ』と息を整えて一気に皆んなを追いかけた 「ハァ…ハァ…カナヲ…呼吸を使って追いかけるなんて…反則よ!」 カナヲが呼吸で身体能力を高めた状態で追いかけるものだから、皆んな必死なって逃げたけれどもあっと言う間に捕まってしまった 私も少し上がった息を整えながら、草の上に座り込む皆んなを見つめた 「皆んな…大好き」 突然私が発した言葉に四人がギョッと豆鉄砲を食らったような顔をこちらを見つめる 「カナヲ…急にどうしたの?」 そう問われて私も急に少し恥ずかしくなった こんな愛の告白みたいなことを急に言われたら普通びっくりしちゃうよね… でも伝えたかった…大好きな人達に もう、伝えられたと後悔したく無かった 「ちゃんと、気持ちを伝えたいと思って…」 少しもじもじして顔を赤くしながら私がそう答えると、皆んなはニコッと笑って「私も大好きです!」とまた私のことをぎゅっと抱きしめてくれた 「さぁ、もうこんな時間だわ…お夕飯の準備もしなくちゃ…そろそろ帰りましょう!」 目一杯抱き合って後、アオイがそう言って立ち上がった。 荷物を持って皆んなで「また来ようね」と言いながら一面の花畑を後にした。 私は帰り極めにもう一度花畑を振り返り一言 「カナエ姉さん、しのぶ姉さん、ありがとう」 そう呟くと『カナヲ、早くー!』と自分を呼ぶ声に踵を返した [newpage] 「もう、ダメだって言ったじゃ無い!声をかけたりして…」 「だって〜、大切な妹が泣いてるんだもの、我慢できなくて…でも、大丈夫だったみたい!」 「だから散々言ったじゃない、カナヲは1人じゃ無いんだから大丈夫だって!姉さんは全然人の話聞いてないんだから…」 『カナヲ、私達の方こそ…ありがとう』 カナヲ達が去った後の花畑で、人は居ないはずのその場所に仲のいい2人の女性の声のみが響き渡っていた.

次の

【鬼滅の刃】機能回復訓練(蝶屋敷)編ストーリーまとめ【ネタバレ注意】【鬼滅の刃】

すみ きよ なほ

15,507• 3,701• 7,429• 2,008• 216• 1,619• 497• 596• 169• 115• 11,236• 101• 1,472• 1,565• 540• 273• 370• 544• 130• 272• 353• 194• 293• 226• 329• 446• 213• 125• 425• 236• 115• 138• 2,173• 765• 397• 112• 258• 176• 151• 129•

次の