バブルチャートと円グラフの複合グラフ。 【10選】ビジネスで使い分けできるグラフとチャート総まとめ

チャートやグラフを作成する:Excel2013 MOS講座

バブルチャートと円グラフの複合グラフ

そこでXは開店から閉店までのべ1000件にわたる売上 M をタイムスタンプ TS とともに記録します。 その後,会員IDと紐づいたその他の情報 フリクエンシー ある期間内での来店回数: F およびリーセンシー 直近の来店日からの経過日数: R を各個のレコードに加えたものが下表です。 ここでは,この表の可視化の手段としてバブルチャートを選択してみたいと思います。 バブルチャートは3つの変数を扱えるので,上表のとりわけ1つの変数 リーセンシー を犠牲にしてまずは次のような形式のもの いわゆる「ふつうのバブルチャート」 を前段で作成します。 そして後段ではいずれの変数も犠牲にせずに,4つすべての変数を表現することを試みたいと思います。 Excelのバブルチャートで扱える変数は,原則的には3つです。 特徴として,シート上のリスト形式の表をソースにした場合,最も左にある変数 列 がX軸に,左より2つ目の変数がY軸に,そして,同じく3つ目の変数が円の大きさ デフォルトでは面積 に割り当てられます。 バブルチャートに関しては,そうした特性も斟酌しつつ,何を見たいか・伝えたいかをふまえた上で,3つ目の変数に1・2番目より優先順位に劣るものを割り振ることが通例かと思います。 この事例でも同様のことを定めます。 このグラフでは, 「何時何分に, 会員による どの程度の金額の購買が発生したか」 を最優先としたいので,3つの変数をグラフ上の各要素へ割り当てるにあたっては,フリクエンシーを 現時点での 優先順位の最下位として下の図のように定めたいと考えます。 ということで,シートの上には,左より「TS」「M」「F」列の順で位置を保つ必要があります。 com" によると, 注: 選択時に,行または列の見出しは含めない方がいいでしょう。 データと一緒に見出しを選択すると,チャートが正しく出力されないことがあります。 との記述があります。 公式で「見出しを含めない」方法を推奨しているので,それに倣って以下範囲を選択して, バブルチャートを作成するも, 残念なことに当初意図したようなグラフをつくることができません。 この,いわば「行または列の見出しを含めるか」問題については,Excel BI関連の解説書からも2冊を手繰ってみると,たとえば• , 川上恭子 2015 , p. 194 では含めない方法にて例示されており,• , 早坂清志・きたみあきこ 2015 , p. 98 では含める方法で例示されるなど,ケースバイケースで相違がみられ実務においても見解の定まるところではないようです。 また,異なる話題でOffice. comよりの重ねての引用ですが, 注: ワークシートに,4 つ以上の行または列が入力されていることを確認します。 3 つ以下の行または列しか入力されていないデータでバブル チャートを作成すると,チャートにはバブルが正しくプロットされません。 との記載も別にあります。 これに照らせば,「4つ以上の列」 あれ? 基本的には3列で足りるんじゃないの!? なんてバブルチャートそのものに対する筆者自身の理解にも不安を覚えはじめるところです。 結局のところ,この仕様の正確なところを筆者は未だ知るところではありません。 ただ最低限,Excelのバブルチャートまわりの挙動には不透明なところが多々あることは無視できないので,実務の上では「意図したものになるのかは作ってみるまで分からない」ことを前提とした方がいろんな意味で良さげです。 さて,目的のグラフのひな型を手に入れた時点で,グラフのサイズそのものを任意の大きさに整えます。 そのうえで,今度はX軸を• 8:00~21:00の範囲で,• 1時間ごとに区切る 形式にかえていこうと思います。 なお頁頭のテストデータで処理を追う場合には,以下日付部分は入力せず 時刻のみ入力 すすめてください。 ということで,別のシートにでも条件1の下限と上限を書き入れて, それを転写し, 転写した方をシリアル値に直します 「表示形式: 標準」。 条件2に照らし,下限+1時間の同様のデータをさらに追加して, これのシリアル値も用意します。 下限およびそれから1時間後の差をとって, 「軸の書式設定」ウインドウの 最小値・ 最大値・ 主項目 バージョンごとに名称の違いあり に,シート上の値を下図のような対応で コピペしていきます。 そして最後に表示形式を調整します この場合,秒表示は過剰なので。 これ以降は,上の手続きまでに無視してきた第4の変数「リーセンシー」を組み込んでいきたいと思います 分布は下図。 しかしながら,Excelでは標準機能としては第4の変数を表現する手立てを持ちません。 Excelの他では,ヒートマップのようにバブルの色の微妙な階調の変化で表現したものか,あるいはバブルそのものを円グラフやドーナツグラフに置き換えたアウトプットを見かけることがあります。 後者はともかく,前者であればExcelでも手数を加えれば実現ができそうです。 具体的には,直近の来店日から間もない会員を強い赤,管理上限の120に最も近い会員を強い青としてリーセンシーの表現を試みたいと思います。 先の決まり事を受け,RGBを計算するための別表の見出し部分をつくります。 ここでは色をつくるにあたり,リーセンシーのとる0~40~120の均等でない区間を1~0~-1の範囲の中で表現したいと思います 以下この1~0~-1の範囲の数字を「ウエイト」と呼びます。 すなわち,たとえばの数字「10」の場合は 0. 75,同じく「100」の場合は-0. 75と置き換えることができます。 表の最初の2列において,まずはこのウエイトの計算をおこないます。 0104 ' bdastyle. WorksheetFunction. ChartObjects 1. Chart. SeriesCollection 1. Format. Fill. ForeColor. 25 End With Next i Application.

次の

Excelデータ分析の基本ワザ (38) 意外と難しい!?バブルチャートの作成

バブルチャートと円グラフの複合グラフ

注意事項 X 軸 ディメンション :1 つのディメンションのみを表します。 Y 軸 メジャー :1 つのメジャーのみを表します。 バブルサイズ メジャー :1 つのメジャーのみを表します。 バブルチャートの作成 サンプルシナリオ:異なるプロダクトの単価と注文数を比較します。 Quick BI コンソールにログインします。 [データセット] をクリックして、 [データセット] ページを開きます。 注 Quick BI Enterprise Standard を使用している場合、表示モードとして [標準] または [全画面表示] を選択する必要があります。 以下の例では、 [標準] を使用します。 [バブルグラフ] アイコンをクリックして、バブルグラフをダッシュボードに追加します。 [データ] タブで、必要なディメンションとメジャーを選択します。

次の

分布図とバブルチャートの正しい使い方とは?(第7回)

バブルチャートと円グラフの複合グラフ

タイトルや凡例や軸などの表示、色や書式設定の変更については「」をご覧ください。 散布図グラフ 散布図グラフで 2 種類のデータの相関関係を見つけられます。 詳しくは「」をご覧ください。 表示された [データラベル] を右クリックして [データ ラベルの書式設定] をクリックします。 [セルの値] をチェックします。 チェックした項目がラベルに表示されます。 名前が入っている [セル] を範囲選択すると、データ ラベル範囲の選択に入力されるので [OK] をクリックします。 データのラベルに名前が表示されます。 スポンサーリンク 色分けをする [グラフ] を右クリックして [データ系列の書式設定] をクリックします。 [塗りつぶしと線] をクリックして [自動] と [要素を塗り分ける] をチェックします。 色分けされます。 個別に色分け [グラフ] をゆっくり 2 回クリックしてから右クリックして [データ系列の書式設定] をクリックします。 [塗りつぶし 単色 ] をチェックして [色] を選択します。 選択したグラフだけ色を変更できます。 重なり グラフが重なっているときの描画される順番は、最初に範囲選択したデータの上から下の順番です。 ワードの次にエクセルが描画されるので、ワードの上にエクセルが描画されます。 X 軸と Y 軸を入れ替える グラフを選択した状態で [デザイン] タブをクリックし、データグループにある [データの選択] をクリックします。 [系列1] をクリックして [編集] をクリックします。 [系列 X の値] と [系列 Y の値] を入れ替えて [OK] をクリックします。 変更前 変更後 スポンサーリンク.

次の