佐世保 サンドイッチ。 ロンサンドと玉屋のサンドイッチを食べ比べてみた: しらべるが行く

長崎の玉屋サンドイッチの作り方・レシピが知りたい!販売店はどこ?

佐世保 サンドイッチ

市内中心部、佐世保の飲み屋街の一角にあり、創業から半世紀以上愛されてきたお店です。 凹凸のあるレンガの外観がオシャレですね。 扉を開けると…、お~っ!バーカウンターが。 らんぷは、創業当時「スタンドバー」だったそうで、店内にはその名残が感じられます。 カウンター周辺の内装は、ほとんど当時のままらしいですよ。 おしゃべりもそこそこに、早速、厨房でレモンステーキを焼いていただきました。 塩とこしょうで下味をつけた 長崎和牛のロース肉をフライパンで焼いていきます。 迫力ある~。 味つけは塩こしょうとこのレモンだけ。 グラスワインいただこうかな。 しっかりお食事したい方は、スープ、サラダ、パンorライス、コーヒーorアイスクリームがついたセット 4,000円 がおすすめです。 やっぱり良いお肉はシンプルな味つけに限ります。 こちらが美味しいステーキを焼いてくださった、2代目店主の庄崎さん。 ダンディなバーのマスターって感じですが、実はシェフでもあるんですよ。 大阪のフレンチ店や福岡のステーキ専門店で修行され、佐世保に戻って来られたそうです。 もう一つご紹介したいのが、らんぷの人気メニュー「 ステーキサンド」 1,300円。 長崎和牛ヒレ肉のステーキを使った贅沢サンドです。 見てください、このレア加減!このステーキサンドほか、6種類のホットサンドはテイクアウトもできるので、飲んだ帰りにおみやげに買って帰る方が多いそうです。 市内中心部にあり、四ヶ町アーケードから徒歩1分ほどの場所にあります。 店名といい、看板といい、ひと目でレモンステーキ専門店と分かりますね。 「レモンステーキ」は単品1,200円から。 まず鉄板を火にかけ、その上で薄切りの牛肉を焼いていきます。 使っているのは、国産牛のサーロイン。 その時間、1分以内。 本当にあっという間です。 ジュージューという音とともに運ばれてきました。 肉汁やソースの飛びはねにはご注意を!仕上げのレモンは、目の前で搾りかけてくれます。 わぉ~!こんなにおいしい音があるでしょうか。 食欲そそられまくりです。 「 レモンステーキセット」は、サラダ、スープ、ライスorパンがついて1,580円 単品1,200円 と、なかなかリーズナブル。 ポタージュスープやサラダのドレッシングも、お店の手づくりなんですよ。 今日のスープは大根のポタージュでしたが、じゃがいもやニンジン、かぼちゃなど、季節によっていろんな野菜のポタージュが味わえるそうです。 しかもお肉がやわらかいから、どんどんフォークがすすみます。 最後は、ごはんを残ったソースの中に入れていただきましたよ。 これぞ、佐世保流。 こちらは店長の松尾さん。 え?どういうことかって?? それは…ジャーン!!こういうことです!! ちょっとたっぷりのコーンで見えづらいですが、手前にあるのはレモンステーキ。 これはありそうでなかった、レモンステーキの新しい食べ方。 お肉の旨味をごはんがキャッチしてくれます。 写真は、プラス300円でコーンとチーズのトッピングをしたもの。 これでソースを一滴残らず堪能できます。 お店のオリジナルで、女性に人気だそうです。 私もいただきましたが、思ったより濃厚で本格的な味でしたよ。 こちらも市内中心部、四ヶ町アーケードから徒歩2~3分ほどの路地にあります。 長崎和牛といえば、2013年に行われた「第10回全国和牛能力共進会 肉牛の部」で日本一を獲得したブランド牛。 愛山亭の単品正肉は、すべて長崎和牛です。 まずは、お肉をロースターで焼いていきます。 お肉の周りの色が少し変わりはじめ、真ん中が湿ってきたら、特製レモンソースを回しかけます。 ロースターの上でかけただけなので、どうかなと思っていましたが、しっかりレモンステーキの味です。 しかも、お肉の旨味が口いっぱいに広がって最高っ!レモン果汁はお好みで足してくださいね。 ライスのご注文も忘れずに。 愛山亭のごはんは、長崎県産のヒノヒカリ。 お米も地産地消にこだわっています。 食肉に携わって30年という店主の重信さんこだわりのチョイス。 醤油ベースにフルーツ、はちみつ、酢などをブレンドした オリジナルの特製ダレです。 すりゴマと刻みにんにくは、鮮度を大切にするため、その日に擦ったもの、刻んだものを入れているそうですよ。 お店を始めたきっかけは、佐世保で飲食店を経営されていたお父さんの影響だとか。 お父さまは、佐世保で知らない人はいない餃子の名店「馬鹿楼 うまかろう 」の創業者だったそうです。 これは絶対つけたほうがおトク!他にも長崎和牛の食べ放題メニューもあるので、ぜひお友達やファミリーでお出かけください。 佐世保ではカレーとシュークリームで有名なお店です。 以前は、四ヶ町アーケード近くの本島町にありましたが、2013年に現在の場所に移転リニューアルしました。 以前は大きなシュークリームがお店の目印だったんですよね。 わかる人にはわかるはず。 使っているのは、長崎和牛のもも肉。 薄切りですが、他店に比べるとちょっと厚めかも。 酸味のきいたソースもくせになる味。 お肉は煮込み時間を調節し、口の中でほどけていくような絶妙なホロホロ加減にしているそうです。 セットはライス・パンが選べますが、どっちも合うんですよね~。 迷いましたが、今回はパンにつけていただきました。 程よい酸味と芳醇なうまみ…たまりません。 お店の歴史について聞いてみると、創業は昭和23年とのこと。 当初はコーヒーショップだったそうで、喫茶店の食事メニューとしてカレーが誕生し、デザートメニューとしてシュークリームが誕生したそうです。 こちらが発売当時から50年以上変わらない「 ジャンボシュークリーム」 450円。 直径約10cmほどのシューにカスタードと焼きリンゴ、バナナ、キウイが入っています。 ちょっぴりほろ苦い、付属の「スカッチソース」も当時のまま。 バナナが高級品といわれた時代、発売当初はラーメン約3杯分ほどの値段だったとか。 高級スイーツだったんですね。 この大きさ、初めてみた方はビックリするかも。 ハヤシやミートソースもあるんですね。 家に買って帰りたい…。

次の

【ケンミンSHOW】長崎県の佐世保玉屋のサンドイッチはマヨが違う!お店はラビアンローズで場所やお取り寄せはできる?

佐世保 サンドイッチ

市内中心部、佐世保の飲み屋街の一角にあり、創業から半世紀以上愛されてきたお店です。 凹凸のあるレンガの外観がオシャレですね。 扉を開けると…、お~っ!バーカウンターが。 らんぷは、創業当時「スタンドバー」だったそうで、店内にはその名残が感じられます。 カウンター周辺の内装は、ほとんど当時のままらしいですよ。 おしゃべりもそこそこに、早速、厨房でレモンステーキを焼いていただきました。 塩とこしょうで下味をつけた 長崎和牛のロース肉をフライパンで焼いていきます。 迫力ある~。 味つけは塩こしょうとこのレモンだけ。 グラスワインいただこうかな。 しっかりお食事したい方は、スープ、サラダ、パンorライス、コーヒーorアイスクリームがついたセット 4,000円 がおすすめです。 やっぱり良いお肉はシンプルな味つけに限ります。 こちらが美味しいステーキを焼いてくださった、2代目店主の庄崎さん。 ダンディなバーのマスターって感じですが、実はシェフでもあるんですよ。 大阪のフレンチ店や福岡のステーキ専門店で修行され、佐世保に戻って来られたそうです。 もう一つご紹介したいのが、らんぷの人気メニュー「 ステーキサンド」 1,300円。 長崎和牛ヒレ肉のステーキを使った贅沢サンドです。 見てください、このレア加減!このステーキサンドほか、6種類のホットサンドはテイクアウトもできるので、飲んだ帰りにおみやげに買って帰る方が多いそうです。 市内中心部にあり、四ヶ町アーケードから徒歩1分ほどの場所にあります。 店名といい、看板といい、ひと目でレモンステーキ専門店と分かりますね。 「レモンステーキ」は単品1,200円から。 まず鉄板を火にかけ、その上で薄切りの牛肉を焼いていきます。 使っているのは、国産牛のサーロイン。 その時間、1分以内。 本当にあっという間です。 ジュージューという音とともに運ばれてきました。 肉汁やソースの飛びはねにはご注意を!仕上げのレモンは、目の前で搾りかけてくれます。 わぉ~!こんなにおいしい音があるでしょうか。 食欲そそられまくりです。 「 レモンステーキセット」は、サラダ、スープ、ライスorパンがついて1,580円 単品1,200円 と、なかなかリーズナブル。 ポタージュスープやサラダのドレッシングも、お店の手づくりなんですよ。 今日のスープは大根のポタージュでしたが、じゃがいもやニンジン、かぼちゃなど、季節によっていろんな野菜のポタージュが味わえるそうです。 しかもお肉がやわらかいから、どんどんフォークがすすみます。 最後は、ごはんを残ったソースの中に入れていただきましたよ。 これぞ、佐世保流。 こちらは店長の松尾さん。 え?どういうことかって?? それは…ジャーン!!こういうことです!! ちょっとたっぷりのコーンで見えづらいですが、手前にあるのはレモンステーキ。 これはありそうでなかった、レモンステーキの新しい食べ方。 お肉の旨味をごはんがキャッチしてくれます。 写真は、プラス300円でコーンとチーズのトッピングをしたもの。 これでソースを一滴残らず堪能できます。 お店のオリジナルで、女性に人気だそうです。 私もいただきましたが、思ったより濃厚で本格的な味でしたよ。 こちらも市内中心部、四ヶ町アーケードから徒歩2~3分ほどの路地にあります。 長崎和牛といえば、2013年に行われた「第10回全国和牛能力共進会 肉牛の部」で日本一を獲得したブランド牛。 愛山亭の単品正肉は、すべて長崎和牛です。 まずは、お肉をロースターで焼いていきます。 お肉の周りの色が少し変わりはじめ、真ん中が湿ってきたら、特製レモンソースを回しかけます。 ロースターの上でかけただけなので、どうかなと思っていましたが、しっかりレモンステーキの味です。 しかも、お肉の旨味が口いっぱいに広がって最高っ!レモン果汁はお好みで足してくださいね。 ライスのご注文も忘れずに。 愛山亭のごはんは、長崎県産のヒノヒカリ。 お米も地産地消にこだわっています。 食肉に携わって30年という店主の重信さんこだわりのチョイス。 醤油ベースにフルーツ、はちみつ、酢などをブレンドした オリジナルの特製ダレです。 すりゴマと刻みにんにくは、鮮度を大切にするため、その日に擦ったもの、刻んだものを入れているそうですよ。 お店を始めたきっかけは、佐世保で飲食店を経営されていたお父さんの影響だとか。 お父さまは、佐世保で知らない人はいない餃子の名店「馬鹿楼 うまかろう 」の創業者だったそうです。 これは絶対つけたほうがおトク!他にも長崎和牛の食べ放題メニューもあるので、ぜひお友達やファミリーでお出かけください。 佐世保ではカレーとシュークリームで有名なお店です。 以前は、四ヶ町アーケード近くの本島町にありましたが、2013年に現在の場所に移転リニューアルしました。 以前は大きなシュークリームがお店の目印だったんですよね。 わかる人にはわかるはず。 使っているのは、長崎和牛のもも肉。 薄切りですが、他店に比べるとちょっと厚めかも。 酸味のきいたソースもくせになる味。 お肉は煮込み時間を調節し、口の中でほどけていくような絶妙なホロホロ加減にしているそうです。 セットはライス・パンが選べますが、どっちも合うんですよね~。 迷いましたが、今回はパンにつけていただきました。 程よい酸味と芳醇なうまみ…たまりません。 お店の歴史について聞いてみると、創業は昭和23年とのこと。 当初はコーヒーショップだったそうで、喫茶店の食事メニューとしてカレーが誕生し、デザートメニューとしてシュークリームが誕生したそうです。 こちらが発売当時から50年以上変わらない「 ジャンボシュークリーム」 450円。 直径約10cmほどのシューにカスタードと焼きリンゴ、バナナ、キウイが入っています。 ちょっぴりほろ苦い、付属の「スカッチソース」も当時のまま。 バナナが高級品といわれた時代、発売当初はラーメン約3杯分ほどの値段だったとか。 高級スイーツだったんですね。 この大きさ、初めてみた方はビックリするかも。 ハヤシやミートソースもあるんですね。 家に買って帰りたい…。

次の

玉屋のサンドイッチは佐世保バーガーより人気!?地元民に愛され続けるラビアンローズのサンドイッチ

佐世保 サンドイッチ

yatarom がシェアした投稿 — 2020年 2月月26日午後7時32分PST 王道・昔ながらのサンドイッチ!! 中に入っている具材も、 トマト・きゅうり・ハム・レタス・タマゴなど、とってもシンプルです。 まさにシンプルイズベスト!! そして決め手がなんと言っても 甘いお味のマヨネーズ! このマヨネーズ、とってもサラサラしているそうで甘くておいしいとのこと。 佐世保の方にとってはこの甘いマヨは定番のようですね^^ 甘いマヨ味は何で作っている?と気になるところですが、これは 企業秘密だそう。 はちみつ?お砂糖?またはりんごの甘さ説もあり。 帰りの新幹線で何も食べないのはもったいないので、佐世保のデパート「玉屋」で有名なサンドイッチを食べる。 子供の頃、母が買ってくれてた玉屋のサンドイッチ。 残念ながら、現在通販やお取り寄せで購入できる手段がないようです。 いつか買えるようになったら嬉しいですね・・! ですが、 九州地方であれば、長崎県以外でも購入できる場所があります。 浄水通にあの玉屋のサンドイッチのお店があるということを…。 福岡在住の全佐世保出身者に教えたい。 美味しい。 佐世保バーガーもあったけどそれはまた今度にでも。 お腹が許せば新発売というちゃんぽん風やきめしもいただく。 本日の テレワークお裾分けランチ この味。 佐世保玉屋のデパ地下サンドイッチに似てる。。

次の