四柱 推命 性格。 四柱推命 性格診断

【壬寅】四柱推命で占う2019年の運勢は?性格/相性/恋愛

四柱 推命 性格

四柱推命とは生年月日時を干支で表記し、その関係性から対象となる人の性格や潜在能力、将来性などを推察する命術になります。 古代中国で発祥した陰陽五行思想を元に、生年月日時の四柱を構成する干支の関係性を考察します。 四柱推命は日本独自の呼称であり、中国では子平や八字などと呼ばれています。 四柱推命は、風水術の基本的な要素として考え、個人の生年月日時から対象となる人の性格や潜在能力などを分析します。 四柱推命には様々な流派が存在し、流派ごとに考え方や解釈の違う部分があり、算出する要素なども異なることが多々あります。 また、算命学も陰陽五行思想を元に、生年月日を干支で表記し、対象となる人の性格や潜在能力を分析する占術もあります。 四柱推命も算命学も、元になる陰陽五行思想や干支暦というのは同じになりますが、一部の用語や解釈の仕方が大きく異なります。 ここでは四柱推命を用いて、対象となる人の生年月日から性格や潜在能力、将来の可能性などを分析します。 十干十二支から成る干支紀日法による干支暦を、陰陽思想と五行思想から成る陰陽五行思想で分析することにより、人の命運を推察するというのが四柱推命の基本概念になります。 対象となる人の生年月日時を、干支で表記してその干支の関係性を陰陽五行思想で分析することで、その人の性格や性質を推察します。 四柱推命は命術の帝王とも呼ばれ、古代中国から続く干支暦を元に対象となる人を的確に分析することができます。 その元になるのは、何千年も続く天候や気象を研究してきた干支暦が背景にあるためであり、時節や季節を考慮して命を推察するという伝統的な手法と情報量の多さになります。 この古代から続く干支暦は、現代から未来まで延々と続くものであり、太陽の行運を元に年月日を表記したものとなります。 時代と共に日の計算から季節の計算、天候の研究や時節の考慮などが加わり、その年月日がどのような干支となるのかが干支暦になり、この年月日時を考察するのが四柱推命になります。 同じような背景を持つ算命学という生年月日を用いた命術があります。 干支暦は、太陽の運行を基準としているため、現代で使用されている暦とは少々基準や考え方が変わる部分があります。 節入り日や中気、節月や年の境目などが特徴的になりますので、干支暦の基本的な概念は理解しておくことが大事になります。 天があれば地があり、光があれば影があり、前があれば後ろがあるという対となるものが存在し、全ての物事には対となるものがあるというのが陰陽思想になります。 五行思想とは、同じく古代中国で生まれた思想であり、全ての物は五つの元素からなるとされる自然哲学となります。 五つの元素(五行)とは、「木」「火」「土」「金」「水」となり、それぞれの関係性や盛衰により、全ての物や気が循環するという概念になります。 陰陽五行思想とは、この陰陽思想と五行思想が合わさり、この世のすべての物は五行と陰陽から構成されるとする概念になります。 四柱推命は、生年月日時を構成する干支を、この陰陽五行思想から分析する命術となります。 天の気となるのは十干となり天干と呼ばれ、地の気となるのは十二支となり、地支と呼ばれています。 蔵干とは、地支は天の気となる十干を蔵しているという考え方であり、節入り日からの経過日数により十二支を十干に置き換えて考慮するという概念になります。 四柱推命では多くの流派と説が存在し、蔵干の問題については流派間により微妙に異なります。 また、算命学なども併せると蔵干に関しては正しい判断をしきれなくなるため、ここでの四柱推命では単純に十二支が本来持つ五行を中心にしています。 きつねの四柱推命での蔵干の考え方の基本は、節気蔵干として太陽黄経を元に蔵干を計算しています。 一部の内容に関しては、十二支の五行元にした五行蔵干の考え方を参考にし、十二支が本来持つ五行 「生気・本気・本元」にあたる十干 を中心に解釈しています。 ここでは、蔵干を考慮するのは月支のみとなり、年日時支に関しては「生気・本気・本元」にあたる十干を蔵干として採用しています。 このため、節入り日では節入り時間によって月干支が変わることがあります。 立春日生まれの際には時間により月干支と年干支が変わることがあります。 このような際には、両方の月干支と年干支を考慮して解釈することが必要になります。 また、実際の出生時間と出生地の自然時を考慮すると、日付と日干支が前後する場合もあります。 このような背景があるため、出生時間が分かる方が正確な分析ができますが、出生時間が分からない場合にはある程度まで調べることをお勧めいたします。 それでも出生時間が分からない際には、節入り日の場合には前後の月干支を確認し、日干支も前後を考慮して、自分に適切だと思われる年月日の干支を定めるようにして下さい。 四柱推命では、出生時間を元に時柱という要素を加え、対象となる人の命運を推察していきます。 算命学では、生年月日の要素から8つの星を算出し、それらの配分や関係性から対象となる人の命運を計算していきます。 四柱推命も算命学も、干支暦を基本とするのは同じになりますが、そこから作成された生年月日 時 の干支の要素をどのように分析するのかが変わります。 どちらの占術が優れているとか、どちらの占術が正しいというのは一概に言える基準は無く、推察の仕方や計算の仕方が違うだけであり、共に命術を代表する優れた占術になります。 現代まで存在し続けている占術であるからには、当たる要素が多く信憑性があるからという背景があります。 四柱推命も算命学も、それぞれの特徴を生かして分析することで、より適切な判断基準と命運を推察することができるでしょう。

次の

無料占い 四柱推命 無料鑑定

四柱 推命 性格

ここに特殊星を表示します。 --- 裏の性格?表の性格とは? 四柱推命の性格分析では、 [ 裏の性格]と[ 表の性格]に分けて分析しています。 [ 裏の性格] プライベート時に出やすい性格。 本音のようなものです。 一人でいるとき、仲の良い友人といるときなどに出てくる、 素に近い、内面を表します。 [ 表の性格] 社会的な場で出やすい性格。 初対面や会社内など、 表向きの性格、つまり外面を表します。 ぜひ、 ご自身・家族・恋人・友達・同僚の方など、 色々な方の生年月日を入力してみてください。 十二運とは? 人の一生になぞらえた12個の星を、 十二運(じゅうにうん)といいます。 最初の星は、「胎」。 つまり「受胎」から始まり、 最後の星の、「絶」で幽霊になる循環を描いています。 病・死・墓など、 少し怖い星の名前がありますが、 「病気にかかって早死にしやすい」等の暗示を表したものではないので、 怖がらないでくださいね。 --- 十二運一覧表 (詳しい説明は星の名前をクリックしてください。 ) 星は12種類。 【胎・養・長生・沐浴・冠帯・建禄・帝旺・衰・病・死・墓・絶】に分かれます。 1番目の星 思考の星。 妄想家。 他人に干渉されたくない。 単純作業が苦手。 飽き性。 2番目の星 愛情の星。 贈り物が好き。 粗探しの癖。 「育てること」が武器。 3番目の星 成長が早い星。 現実的。 合理主義。 問題解決能力。 采配上手。 プレッシャーに弱い。 4番目の星 理屈の星。 一を聞いて十を知る。 感覚的な話が苦手。 5番目の星 社交の星。 コミュニケーション能力が高い。 プライド。 自意識過剰。 虚栄心。 流行に敏感。 6番目の星 仕事の星。 完璧主義。 プライド。 競争意識。 仕事をしていないと鬱になりやすい。 7番目の星 自由の星。 マイペース。 家でのんびり。 放任主義。 リーダー。 適応能力が高い。 8番目の星 経験の星。 経験によって物事を判断。 技術を磨くことがキー。 防御が得意。 過去、実績を重視。 9番目の星 感性の星。 芸術、綺麗なもの好き。 悩みやすい。 10番目の星 使命感の星。 行動力あり。 せっかち気味。 趣味多才。 洞察力と批判力が強い。 11番目の星 観察の星。 オタク的。 聞き上手。 仲間想い。 12番目の星 感覚の星。 自由人。 第六感。 突発的行動。 飽き性。 mikata-uranai ブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。 スピリチュアル能力・霊感はありません。 四柱推命の鑑定は、最高位の一級。 そして師範として四柱推命を教えています。 フォローお待ちしています!>.

次の

完全無料四柱推命診断サイト「いい運勢ねっと」

四柱 推命 性格

もちろん今回の記事でも解説させて頂くのですが、おすすめなのはプロの鑑定を受けてみる事。 やはり自分で意味を読み解くのとは全くクオリティが違うものです。 🔮MIROR🔮では、有名人も占うのプロの鑑定師があなたを徹底的に占います。 凛音先生は四柱推命を主に用いて占う先生。 驚くほど当たることで評判で、感動して涙する方も非常に多いです。 また、大きな問題が行き詰まっている時や、自分の中でどうしていくべきか分からない時などに鑑定を受けた方から特に評判を得ている先生です。 人気の理由を分析していくと、物凄く当たると評判で圧倒的な顧客満足度を誇るにも関わらず、価格設定を釣り上げすぎないという姿勢が一番の理由かもしれません。 このランクで評判が良い占い師さんであればかなり単価が高くてもおかしくないはずですが、非常に良心的な価格設定になっていると思います。 実際に筆者と友人も鑑定を受けましたが、非常に当たっていました。 もし四柱推命に興味がある方であれば一度鑑定を受けてみて必ず損をしない、と断言できる数少ない先生の一人です。 是非一度試してみてくださいね。

次の