えん も たけなわ 漢字。 「エン」という読み方を持つ漢字一覧

「えんきょく」ではない!「歪曲」の正しい読み方、知っていますか?|OTONA SALONE[オトナサローネ]

えん も たけなわ 漢字

雑学クイズ問題 たけなわの意味とは? A. 竹で編んだ縄 B. 物事の盛り C. 物事の終わり D. 人の名前 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね! 宴もたけなわの意味や由来語源を使い方も含めて解説 意外と知られていない日本語 社会人になって仕事をしていると、年末や年度末を迎えるころには自社の人間やお客様との飲み会がかなり増えますよね。 そんな宴会でよく使われる言葉に 「宴もたけなわ」という言葉がありますよね。 宴会の幹事の人が宴会の場をそろそろ締めたい時に「宴もたけなわではございますが・・・」という風にその場を締めます。 しかし、この「宴もたけなわ」という言葉の意味、 実は意味をわかって使っている人って意外と少ないんですよね。 筆者も幹事を経験した時によく「宴もたけなわ」という言葉を使っていましたが、なんとなくほかの人のまねをしているだけで、意味まで理解して使っていませんでした。 今回は 「宴もたけなわ」という言葉の意味を解説するのと共に、 「宴のたけなわ」の由来や語源についてもわかりやすく解説していきます。 宴もたけなわの意味とは? それではさっそく「宴もたけなわ」という言葉の意味について解説していきます。 「宴もたけなわ」の意味を辞書やインターネットで調べていくと、以下のような意味で使われている言葉だということがわかりました。 ・酒宴の席がいちばん盛り上がっている状態 ・酒宴の盛り上がりが衰える前の状態 つまり、 「宴もたけなわですが」と言うと、「宴会も大変盛り上がっているところですが」という意味になります。 宴会の終わりになってもまだ飲み足りない、喋り足りない、という人たちの思いを汲んでの言葉だったのですね。 宴もたけなわの使い方 この「宴もたけなわ」ですが、基本的に 宴会の終了10分前くらいに幹事が締めの一言として使います。 実際にはお店の席の終了時間であったりお料理が無くなってきたから、などお開きにする理由は様々ありますが、その理由を直接言ってお開きにするのは会社の宴会では相応しくありません。 その為、 「宴会はとても盛り上がっているけれど、時間もあと僅かなのでそろそろお開きにしましょう。 」という丁寧な言い方をしているのです。 このように周りの人に悪い思いをさせず、気持ちよく帰路につけるようにする心遣いは日本人ならではのものですね。 また、「宴もたけなわ」を実際に宴会で使う時には、 「宴もたけなわでございますが、時間の都合上、この辺でお開きにしたいと思います。 」といった使い方が良いでしょう。 この一文は宴会の締めの定型文と言っていいほどよく使われるので、ぜひ覚えておきましょう。 宴もたけなわの由来・語源とは? ところで、 「宴もたけなわ」の「たけなわ」にはどんな意味があるのでしょうか。 「竹縄」という漢字を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、これは間違いです。 「たけなわ」を漢字にすると「酣」となり、お酒に甘いと書きます。 これは お酒を発酵させる際にだんだんと甘くなってきたという状態を指す言葉であることから、「物事の盛り」という意味を持ちます。 そのため、 お酒の席でもこの「酣」という言葉を用いて、締めの言葉して使われるようになりました。 お酒を飲んで陽気になっている姿と、お酒が甘くなってきた状態は少し似ているかもしれませんね。 以上が「宴もたけなわ」という言葉の意味や語源由来についてでした、いかがでしたか?.

次の

宴もたけなわ・・・の意味

えん も たけなわ 漢字

さまざまな読み方がある漢字。 漢字同士がよく似ていることもあり、書いてある漢字を別の漢字と勘違いしてしまい、読み間違えてしまった…なんてことも。 そこで本記事では、意外と読めない感じのクイズを出題します。 「歪曲」と書かれていたら、あなたはなんと読みますか? 「歪曲」なんと読む? 「歪曲」と見ると、歪んだり曲がったりしているイメージが浮かびますね。 この漢字から意味を読み取ることはできるかもしれませんが、読み方を思い浮かべるのはなかなか難しいですよね。 「〜曲」の字から読み方を思い浮かべて「えんきょく」と読んだ人も少なくないはずですが、「歪曲」を「えんきょく」と読むことはできません。 正解はこちら! 正解は 「わいきょく」です。 「歪曲」の意味は 1 物をゆがめまげること。 また、ゆがみまがること。 2 事実をわざとゆがめて伝えること。 引用元: です。 「歪曲した線路」といったようにモノに対して使うこともあれば、「歪曲して報道する」などと事実をゆがめて伝えるときなどにも使われます。 ただ「歪曲」を使う場合、基本的には「悪く変える」ことに使われます。 間違いやすい「えんきょく」とは ちなみに「歪曲」の「歪」の読みは 音読み ワイ 訓読み ゆが(む)・ いが(む)・ ひず(む)・ いびつ 引用元: であり、「えん」という読み方はありません。 「えんきょく」と間違われやすいのは、「歪曲」と同じく「〜曲」とつく「婉曲(えんきょく)」とごっちゃになっているからだと考えられます。 ちなみに「婉曲」は 言いまわしが穏やかでかど立たないさま。 露骨でなく、遠まわしに言うさま。 引用元: という意味があり、事実を悪く変える「歪曲」とはだいぶ意味が違います。 読み間違えてしまうと話の内容が変わるどころか、悪い意味で捉えられてしまうことも考えられます。 この機会に「歪曲(わいきょく)」「婉曲(えんきょく)」の読み方と意味を把握しておくことをおすすめします! 参考文献:瀬崎圭二監修, 『正しい日本語どっち? 500』, 平成28年5月20日, 株式会社 彩図社.

次の

えんもたけなわ(宴も酣)の意味・語源・類語は?宴会の締めの挨拶も

えん も たけなわ 漢字

「日本語源大辞典」(監修、2005年、)には『たけなわ』の語源についてこう記述されている。 たけなわ[たけなは]【酣・闌】 名 形動 ある行為・催事・季節などがもっともさかんに行われている時。 また、それらしくなっている状態。 やや盛りを過ぎて、衰えかけているさまにもいう。 最中(さいちゅう)。 もなか。 まっさかり。 ナハは遅ナハルなどのナハと同じ〈本朝辞源=宇田甘冥〉。 タケシ(長)の意から〈国語の語根とその分類=大島正健〉。 1983年。 「語源大辞典」(編、1988年、出版)の『たけなわ』の項目はこう書かれている。 タケナワ【酣】 まっさいちゅう。 もっともさかんな時。 の説、ウタゲナカバの略からとするのはいかがであろう。 タケは日長(た)くのタクと同系か。 タケナハのナハは未詳。 「続・国語語源辞典」(山中襄太著、1985年、校倉書房)の『たけなわに』の項目はこう書かれている。 なはハ成るノ意。 〔考〕Batchelor の辞書に、take(今、只今、数日以前。 now, just now, a few days ago)、nahun(只今、数日以前。 just now, a few days ago, a little ago)という語がみえる。 この両語を合わせた形 take-nahun とタケナハ(酣)と、よくにているのは、その間に何らかの関連が伏在するのか。 酣(カン、たけなわ)の字は、「酉(サケ)が甘(ウマイ)」意から、酒ヲ楽シム、酒宴ノサカリ、物事ノサカリの意。 闌の字音はランだが、カンの音もありうることは、柬(カン)、諫(カン)、揀(カン)などの例からもわかる。 酣(カン)と同音だから、仮借用法として、この字を酣の意に使うのだろう。 岩波古語辞典(・・前田金五郎編、1974年、)の『たけなは』の項目はこう書かれている。 たけなは【酣・闌】かつ《タケはタケ(丈・長・闌)・タケシのタケ。 たけなは[酣]形状言。 たけなわ。 物事の(主に酒宴の)最中、あるいは盛りを過ぎた状態。 「酒酣(たけなは)之後、吾則起歌」(神武前紀)「夜深酒酣(たけなはニシテ)、次第儛訖」(顕宗前紀)「酣タケナハニ・闌タケナハタリ」(名義抄)【考】「酣」は、酒を楽しむ・酒宴最中・盛んなの意。 第三例名義抄にみえる「闌」は「言希也、謂、飲酒者、半罷半在、謂之闌」(高顔師古注)とあるように、盛りを過ぎたさまを表わす。 真最中から盛り過ぎという意味の幅は、このような語に自然なものかと思われる。 タケナハのタケは日(ヒ)長(タ)クなどのタク(下二段)であろうが、その日長クにも、真昼(朝おそく)をさす場合から、日の傾く夕方を指す場合までがあるようで、タケナハもその例外ではあるまい。 ネットの語源辞書には『たけなわ』の語源について書かれたものは無かったが、でこんな記事があった。 「うたげなかば」が変化したという説。 暖かな日差し、鳥の声、咲き誇る花々。 春たけなわと言うが他の季節には使わない。 春は生命の盛んな季節。 新たな希望を持てる季節 15:40 -2013年4月2日 さて、『たけ』についてはの説を除けば下二段活用の動詞『たく(長く)』の連用形と取る説が多い。 下二段活用の連用形は音では乙類になるので『たけなは』の『け』が乙類であることとも合致する。 (ただ説も清音と濁音の違いはあるのだが、『うたげ』の『げ』も乙類) しかしまた『たかし(高し)』の語幹『たか』の露出形『たけ』の『け』もまた乙類であり、『たけなは』の『たけ』を『たか』の露出形の『たけ』と取ることにも音韻上の問題は無い。 また、語源不詳とされたりしている『なは』は容量の限度を示す『なは(納)』ではあるまいか。 すなわち「容量の限度一杯=『なは』まで高まっている状態」が『たけなは』ではないのかと私は考える。 tatage21.

次の