肉汁 餃子 作り方。 ハンバーグの肉汁を閉じ込める作り方!肉汁たっぷりにするコツも紹介

【林修の今でしょ講座】(4月28日)絶品餃子の作り方!科学の力で悩みを解決!裏技クイズ

肉汁 餃子 作り方

肉汁がたっぷり出てくる餃子は、中の『アン』に、 『ラード』を少し多めに加えて練り込み、作ります。 また、豚のひき肉が『アン』の主体ですが、これはお客用だから、と 赤身の肉を選んではダメです。 バラ肉をひいたひき肉か、 ちょっとお安めの、脂肪分の多いひき肉を選んで下さい。 また肉料理だからと肉を多くしてはダメで、 『野菜料理』のつもりで、加える白菜やキャベツ等野菜を、 肉の量が1とすると、野菜を2か3程度加えて練り込んで下さい。 その時、野菜はみじん切りにして、塩もみするかゆでて刻み、 充分水気を絞ってから加えて混ぜるようにして下さい。 『アン』を作る時、ひき肉を練って調味料で味をつけますが、 柔らかく、かつフンワリ仕上げるために、『水』を50~80ml位加えて 練るようにすると、しっとりした上出来の『アン』になります。 ちなみに、これは肉団子の作り方のコツのひとつでもあります。 肉を練る時は、充分こねるように、粘りが出て白っぽくなり、フワッと してくるまで充分に練り込む事も大事なコツです。 好みで1片程加えてもおいしいものです。 日本ではアンの方に加えるのですが、中国では食する時、 タレの方にニンニクを加えるようにしています。 こんにちは。 貝柱の水煮の缶詰を汁ごと入れると良いですよ。 それと、干ししいたけを戻して、こちらも戻し汁を使います。 しいたけも刻んで入れると美味しいですよ 貝柱や干ししいたけから抜群の良いダシが出てるのでオススメです。。 汁ごと入れることによってジューシーになります。 最初に貝柱の汁やしいたけの戻し汁、 顆粒の中華だし、鶏がらスープの素を入れしっかりお肉をこねます。。 お肉が白っぽくなるまでこねると良いですよ。 そうするとしっかりお肉がスープを含んでくれますよ。 とにかく良く練って、スープをいっぱいお肉に含ませてくださいね。 汁の量はこねながら様子を見てくださいね。 良くこねると意外なほどたくさん汁がお肉に含まれますよ。 この他にも手羽など作った「にこごり」を入れると 肉汁たっぷりで、割ると中からジュワ~と肉汁が出てきますよ。 コンソメスープをゼラチンで固めた物でも大丈夫です たくさん汁を含ませるので、包んでから焼くまで時間が 経ってしまうと水分が出て、皮がベチャっとなってしまうので 焼く直前に包む事と良いですよ。

次の

男子ごはんの肉汁たっぷり餃子のレシピ。大人気の絶品餃子。

肉汁 餃子 作り方

時間があれば 冷蔵庫で一晩。 時間がなければ 冷凍庫で30分~1時間ほどでも大丈夫。 3、お肉を寝かしている間に野菜の準備。 今回はキャベツとニラを使います。 キャベツを白菜に変えてもよいですよ。 野菜はみじん切りにしてボウルに入れます。 ここで塩をひとつまみ分加えて 野菜を塩もみしておきます。 水分が出てくるので、この 水分をしっかり絞ります。 4、冷蔵庫で寝かしておいたお肉に、水気をしっかり絞った野菜を加えて混ぜ合わせます。 これで餃子の具の出来上がり。 ここで、 もう一度冷蔵庫で具を冷やしておくと、包む時に具がほどよく固まって包みやすいです。 作り方のコツ ざっくりと作り方を紹介したので、全体の流れは分かりましたよね。 ここからは、さらにひとつひとつの工程でのコツを紹介していきます。 下味の調味料は合わせておく 以前は豚肉に順番に調味料を加えて混ぜていましたが、 全部を合わせておくというこの方法は、 とても作りやすいし、味がまばらになることがないのでおすすめです。 リンク 塩を少量ふって、よく塩もみをして 野菜のかさが半分くらいになるまでしっかりもみ込んでおきましょう。 野菜の水分をしっかり絞る 野菜を塩もみすると水分が出てきます。 この水分は味を薄くしてしまうので、これでもか!というくらい しっかり水分を絞ってください。 料理人である私の父が作る餃子の具は、野菜を専用の脱水機で水気をしっかり絞っていました。 野菜の水分をしっかり絞るのは、とっても大切です! 肉は冷やして寝かす お肉に水分たっぷりの調味液を加えてよく練ったら、いったん 冷蔵庫で寝かします。 時間があれば、一晩しっかり冷やしておきます。 こうすることで、 肉に下味がしっかりしみこみます。 また、混ぜると肉の温度が上がってしまうので、冷やすことで温度を下げ 肉に弾力と旨味をアップさせていきます。 このあと、たっぷりの野菜を加えて具を仕上げていきます。 我が家のこだわり ここまでは、なかなか普通の家庭では難しいかもしれませんが、 使う 豚のひき肉は美味しいに限ったことはありません。 売られているミンチは、脂身が多かったり、 かたまり肉としては売れないような部分がミンチとして売られていることがあります。 できれば、自分で肉の塊を購入してミンチを作るのが一番ですよね。 我が家のこだわりは、豚ロースの塊を使ってミンチを作り、 この豚ミンチで餃子やウインナーを作るのです。 お肉が美味しいと、出来上がりの餃子も、もちろん美味しいです。 ・調味液を作ってからお肉と合わせる。 ・たっぷりの水分を肉に吸わせるようにしっかり練る。 ・野菜はたっぷり、みじん切りにして加える。 ・野菜の水分はしっかり絞る。 ・お肉を混ぜたらいったん冷やして寝かす。 野菜は冷蔵庫に残っているものに変えても大丈夫です。 また、お好みでスパイスを加えると、一味違った美味しい具になります。 絶対にこの材料という決まりはないです。 そこが手作りのよいところ。 自分流の美味しい具に変えて作ってもらえれば良いですが、 ここで紹介したコツを守って作ってみてください。 食べたときの美味しさに感動するはずです。 手作り餃子がお店の味よりもさらに美味しく出来上がったら感激ですよね。 楽しく作って美味しく食べてくださいね! 餃子の皮も手作りしたい!という人は、こちらも参考にしてみてください。 Miwaです。 ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。 2児の母。 (現在反抗期真っ只中。 ) そんな子供たちの子育てをしながら、自分の人生をもっと楽しみたくて日々いろいろなことに挑戦するのが好き。 ディズニー大好きで年に数回仕事がお休みの日にパークに行けるのを楽しみに仕事をしてます。 趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。 【取得資格】 上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許 ホームパーティー検定3級。

次の

男子ごはんの肉汁たっぷり餃子のレシピ。大人気の絶品餃子。

肉汁 餃子 作り方

ハンバーグの材料は肉にかぎらず、基本的には冷えていることが望ましいのです。 特に、使用する合挽き肉では、脂分を熱にさらすことを避けなければなりません。 肉汁の流出に、ストレートにつながるからです。 ハンバーグ作りでの合挽き肉といえば、それをこねる作業が待っています。 肉をこねる作業については、従来、粘り気が出るくらいまでしっかりこねることが推奨されていましたが、これは肉の繊維を断ちすぎるという理由につながって、肉汁の流失を招くおそれがある、という考え方が注目されています。 この記事では、肉の赤身と脂身が混ざり合う程度のこね方をおすすめします。 いずれにしても、こねる際に 手を氷水などで冷やしてから行うことが大切です。 ハンバーグを肉汁たっぷりにするコツの締めは、ハンバーグを 蒸し焼きにすることです。 フライパンを十分に熱したら弱火にします。 強火はNGです。 時間をかけるとしたら、こね方にではなく、焼き方にかける必要があります。 十分に温まったフライパンに、俵型のハンバーグを入れます。 片面に焼き目が付いたら返します。 すでに、あふれ出ている脂を回し掛けながら、もう片面も焼き上げます。 両面に焼き色が付いたらアルミホイルで覆います。 蒸し焼きにします。 フライパンのフタでは、ハンバーグとの間に空間がありすぎます。 アルミホイルでザックリ覆った方が目的に叶います。 10分程度蒸し焼きしたら、火を止めてそのまま5分、予熱で火を通していきます。 この5分間が、 肉汁を落ち着かせてハンバーグにたっぷり肉汁を閉じ込める、コツとなります。 玉ねぎとセロリはみじん切りにします。 フライパンにオリーブオイルを入れて火を入れ、玉ねぎを加えたら炒めていきます。 1分程度炒めるだけでOKです。 あめ色にする必要はありません。 炒め終えたら、冷蔵庫で冷やしておきます。 ボウルに合挽き肉を入れて、塩を加えてザックリ混ぜ合わせます。 粘りが出るまでこねる必要はありません。 氷水で冷やした手で行ってください。 ボウルにセロリと冷やした玉ねぎ、パン粉、溶き卵および調味料を加えて、全体をよく混ぜ合わせます。 混ぜ合わせたタネは冷蔵庫で30分休ませます。 セロリは肉の臭み消しと、ハンバーグに上品な風味をを与えてくれます。 冷蔵庫で冷やされたハンバーグの脂分は、固まることによって肉汁を閉じ込めることになります。 フライパンに油をしいて火を入れます。 ハンバーグの表面を焼き固めるために、強火で焼くのはまちがいです。 初めから最後まで弱火でじっくりと焼くことが、肉汁を閉じ込めることにもなり、おいしいハンバーグに大切です。 片面を焼き上げたら、ハンバーグをひっくり返してもう片面を焼きます。 周りに出た脂を掛けながらやさしく焼き上げます。 ハンバーグの両面に焼き色が付いたら、アルミホイルをザックリとかぶせます。 適度な隙間を保って、ハンバーグの温度が必要以上に上昇することを防いでくれます。 肉汁たっぷりのジューシーさが、ここで確保されます。 10分ほど蒸し焼きにしたら、火を止めて予熱料理を5分行います。 この間に、肉汁が落ち着いて肉汁たっぷりのハンバーグにつながります。 ハンバーグ• 合挽き肉300g• 卵1個• パン粉1カップ• コショウ• ナツメグ各少々• ソース材料• マッシュルーム1カップ• ニンニク大さじ1• 赤ワイン1カップ• 市販品デミグラソース1缶• チキンヴィヨン1カップ• ケチャップ大さじ1• ウスターソース大さじ1• サラダ油・バター各適量• フライパンで玉ねぎを炒めたら、冷蔵庫で冷やしておきます。 合挽き肉をボウルに入れて、塩少々を加えて練り上げてます。 他の材料と調味料も加えて、混ぜ合わせておきます。 空気を抜きながら、ネタを成型したら冷蔵庫で30分寝かせておきます。 フライパンにサラダ油を入れて、弱火で熱しハンバーグを焼き上げます。 いったんハンバーグを取り出しておいて、ソースを作ります。 フライパンの余分な脂くぉふき取って、バターを入れ、中火でマッシュルームを炒めます。 ニンニクと玉ねぎも加えて炒めます。 最後に、シメジも加えてひと炒めしたら、赤ワインを加えて強火に変えてアルコールを飛ばします。 赤ワインが煮詰まったら、デミグラソースを加えて沸騰させます。 チキンヴィヨンとケチャップ、ウスターソースも加えます。 ハンバーグも戻し入れて、フタをして蒸し煮します。 ソースが煮詰まってきたら、バター少々を加えて完成です。 合挽き肉300g• みじん切りニンニク1片• 調味料(塩・粗挽きコショウ・ナツメグ各適量)• サラダ油適量• ソース(赤ワイン1カップ・中濃ソース50cc・ケチャップ大さじ2)• 生クリーム適量• ニンニクと玉ねぎをフライパンで炒めて、冷蔵庫で冷やしておきます。 合挽き肉に塩をして、ボウルで練り合わせておきます。 つなぎの材料と調味料にニンニク、玉ねぎも加えて混ぜ合わせます。 空気を抜きながら、ハンバーグを成型したら、冷蔵庫で30分休ませます。 フライパンで両面を焼き上げたら、ソースの材料を加え、フタをして弱火で蒸し煮にします。 ソースが煮詰まったら完成です。 器に盛って、生クリームを回し掛けます。 合挽き肉250g• 卵1個• パン粉大さじ1• 塩、コショウ、ナツメグ各適量• 細かく砕いた牛脂少々• サラダ油適量• 玉ねぎは炒めたら、冷蔵庫で粗熱を取っておく。 合挽き肉に塩を加えて、練り上げておきます。 肉と玉ねぎ、つなぎの他の材料すべてをボウルに入れて、混ぜ合わせておきます。 空気を抜きながら成型したら、冷蔵庫で30分休ませます。 フライパンにサラダ油を入れて中火で熱します。 ハンバーグに小麦粉をまぶしてから、フライパンで焼き上げます。 両面を焼き上げたら、大さじ2の湯を加えてフタをし、蒸し焼きにします。 弱火で8分焼いたら完成です。

次の