あくび ダイ マックス。 【ポケモン剣盾】とくしゅ受け「ニンフィア」の「あくび」と「ねがいごと」で「キョダイラプラス」対策!!

あくび+ダイウォール|くろこ|note

あくび ダイ マックス

Contents• はじめに この記事はネタバレを含むので注意してください あと、適宜追記していきます どうも日々々々(ひよ)です! ウルトラサンムーンでは 総合レート7612で1位、 世界大会に出場し、決勝の解説もしたガチポケモントレーナーです。 この記事では、ソードシールドでの新要素 「ダイマックス」についての仕様を説明します。 ダイマックスはポケモン 対戦環境を激変させる新要素ですので、仕様はきっちり知っておかないとバトルに影響出ること間違いなし。 この記事を見てダイマックスをしっかり勉強しましょう>< また、 動画でも解説してますので、良かったら動画も見て、チャンネル登録してください! (投稿したらリンク張ります!) ダイマックスの基本的な仕様 でっかくなる ではダイマックスの基本的な仕様から。 全てのポケモンが使用可能(持ち物等は不要)• 1回のバトルで1度だけ使用可能• 使用してから3ターンで元に戻る(使用ターンも含む)• 交換したら元に戻る• 全ての覚えている技がダイマックス技に変わる• ダイマックスするとHPが1. 5倍~2倍になる• 怯まない• ダイマックス技は守るを貫通する(Z技と同じ、4分の1の威力になる)• けたぐりや草結びなど、体重変化で威力が変わる技が効かない• 強制交換技(ほえるとか)は効かない。 ただしドラゴンテールやともえなげなどの技はダメージは入る• 道連れ無効化• 金縛り、アンコールの無効化 大事なのは、 1回のバトルで1度だけしか使えず、3ターンで元に戻ることですね。 最後の最後、 切り札として使うか。 それとも 最初からハイパワーで押していくか。 今後のバトルは、ダイマックスするタイミングが鍵になりそうです。 また、 ダイマックスするとHPが増えます。 どれくらい増えるかはダイマックスレベルによって変わり、 最低1. 5倍~最大2倍まで変化します! 画面左下辺り、ダイマックスレベルと10段階のメモリ ダイマックスレベルはマックスレイドバトルで入手できる 「ダイマックスアメ」で上げることが出来ます。 体力が多いほうが対戦では有利ですので、しっかり上げていきましょう。 基本ダイマックス技 一覧 ダイマックスすると、技が全て「ダイマックス技」に変化する ダイマックスしたポケモンは、専用の技 「ダイマックス技」しか使えません。 各技のタイプ毎に、それぞれ固有のダイマックス技に変化します。 なお 変化技はタイプに限らず、全て「ダイウォール」になります。 全ての技に共通する点としては、• PP:元の技と一緒です• 非接触• 物理・特殊:元の技と一緒です• 何らかの追加効果がある です。 そして重要なのが、 技威力! 少しややこしいですが、各ダイマックス技によって威力の最低値と最高値が決まっていて、 元技の威力次第でダイマックス技の威力が決まります。 例えば 10万ボルトを元技にしたダイサンダーは威力130なのに対して、 電気ショックを元技にしたダイサンダーは威力90になります。 雷だと威力は140に! 簡単に言うと、 弱い技の威力は弱くて、強い技の威力は強いってことですね! というわけで、下にそれぞれのタイプ毎に技名・威力幅・追加効果を纏めてみました。 タイプ 技名 威力 追加効果 炎 ダイバーン 90-150 天候を「日差しが強い」に変える 水 ダイストリーム 90-150 天候を「雨」に変える 氷 ダイアイス 90-140 天候を「霰」にする 岩 ダイロック 90-150 天候を「砂嵐」に変える 草 ダイソウゲン 90-150 場を「グラスフィールド」にする 電気 ダイサンダー 90-140 場を「エレキフィールド」にする エスパー ダイサイコ 100-150 場を「サイコフィールド」にする フェアリー ダイフェアリー 90-130 場を「ミストフィールド」にする 格闘 ダイナックル 70-100 味方全体の攻撃を1段階上げる 鋼 ダイスチル 90-140 味方全体の防御を1段階上げる 毒 ダイアシッド 70-95 味方全体の特攻を1段階上げる 地面 ダイアース 90-130 味方全体の特防を1段階上げる 飛行 ダイジェット 90-140 味方全体の素早さを1段階上げる ドラゴン ダイドラグーン 90-150 相手全体の攻撃を1段階下げる ゴースト ダイホロウ 90-130 相手全体の防御を1段階下げる 虫 ダイワーム 90-140 相手全体の特攻を1段階下げる 悪 ダイアーク 100-130 相手全体の特防を1段階下げる ノーマル ダイアタック 90-150 相手全体の素早さを1段階下げる 変化技 ダイウォール — ダイマックス技も防ぐ「守る」 (空欄は後日埋めます) 一気に覚えるのは難しいので、最初は 対戦中にこの表を見ながら対戦しちゃいましょう! キョダイマックス技 一覧 一部の特別なポケモンは、特別な姿にキョダイマックスする 一部のポケモンは専用のダイマックスである 「キョダイマックス」が出来ます。 姿も変化し、特別な技 「キョダイマックス技」を使うことが出来ます。 「キョダイマックス技」は ポケモン毎に、専用のタイプの技が変化してキョダイマックス技になります。 ダイマックス技と同じく、技威力や物理・特殊は元の技によって決まりますので、注意しましょう。 それでは、以下にキョダイマックス出来るポケモンと、それぞれのキョダイマックス技を纏めてみました。

次の

【ポケモン剣盾】とくしゅ受け「ニンフィア」の「あくび」と「ねがいごと」で「キョダイラプラス」対策!!

あくび ダイ マックス

確実にねむり状態にする強力な技 次のターン終了時に『ねむり』にする あくびの効果は、あくびをした 次のターンの終了時に相手を『ねむり』状態にします。 この『次のターン終了時にねむりになる状態』のことを『ねむけ』状態と呼びます。 次のターンの終了時に眠るので、相手は 眠るまでに2回行動することができます。 交代したら効果が切れる なお、眠る前に相手ポケモンが 交代した場合は効果が切れます。 あくびをした側のポケモンは交代しても関係ありません。 同じ相手に連続で使うと失敗する ちょっと分かりづらいですが、あくびを受けてから眠るまでの間は、再度あくびを受けても技は失敗します。 例えば、ラムの実を持っている相手に対してあくびをするケース。 1ターン目にあくび 成功• 相手は交代せず行動• 2ターン目にあくび 失敗• 相手は交代せず行動• 仮に2ターン目に相手ポケモンが交代した場合は、交代先のポケモンにあくびが成功します。 ダイマックスにも有効 ダイマックス状態だと無効になる技が多い中、 あくびはダイマックス相手にも有効です。 対戦環境が整い始めてからあくび持ちの人気が急上昇してきたのは、ダイマックスを流せるのが大きな要因でしょう。 あくびを使うポケモン ソードシールドに登場する、あくびを使う代表的なポケモンを紹介します。 カバルドン• ブラッキー• ヌオー• カビゴン• トリトドン• シャワーズ 相手がこれらのポケモンを出してきたら、あくびを警戒しましょう。 あくびステロの組み合わせは鬼 あくびの対策 『あくび』は厄介な技ですが、対策する方法は色々あります。 対策には対面限定で有効なものと、後出しからでも有効なものの2パターンが存在します。 ちょうはつ 相手の変化技を封じる『ちょうはつ』は代表的なあくび対策です。 あくび持ちポケモンの多くは変化技メインのため、 挑発を撃たれると置き物状態になります。 ただし挑発のデメリットとして、 後出しからでは対策にならない点が挙げられます。 相手が『あくび』したのを見てから挑発持ちに交代しても、結局あくびループに持ち込まれてしまいます。 みがわり あくびはみがわりを貫通しない為、先攻でみがわりを使うことで逆に相手を起点にできます。 ただし、挑発と同様に 後出しからは使えませんので、対面時限定の対策です。 また、カバルドンは多くの場合『ふきとばし』を持っている為、みがわりを張ったからといって油断はできません。 ラムの実・カゴの実 後出しからでもあくびを無効化できる最も手軽な選択肢です。 状態異常を無効化するラムの実や、ねむり状態を無効化するカゴの実を持ったポケモンを交代で繰り出します。 次のターンで積み技を使うなり、攻撃して倒すなり好きに行動しましょう。 ラム持ちギャラドスを出して竜舞とか マジックミラー持ち あくびは特性『マジックミラー』で反射できます。 エーフィ、ネイティオ、ブリムオンなどが代表的です。 あくびを反射すると 相手側が逆にねむり状態になるため、マジックミラー持ちポケモンがパーティにいるだけで抑止力になります。 かえんだま・どくどくだま 眠る前に こちらから状態異常になってしまうという手段もあります。 ミロカロスやローブシン、ランクルスなど、『かえんだま』を有効活用できるポケモンで使える対策です。 場に出たターンの終了時に状態異常になる為、 後出しからあくびを無力化することができます。 ボルトチェンジ・とんぼがえり 『ボルトチェンジ』や『とんぼがえり』など、相手にダメージを与えつつ交代できる技を使うと、あくびループに付き合いながらもダメージを与えられます。 後出しからでも有効な手段ですが、攻撃に合わせて『まもる』を使われると 交代できずにねむり状態になってしまうので注意が必要です。

次の

【ポケモン剣盾】あくびの使い方と対策

あくび ダイ マックス

一部の特別なポケモンは、『キョダイマックス』といって、ダイマックスした時に異なる姿になります。 キョダイマックスポケモンは、設定されたタイプの攻撃技を使用すると、特別な追加効果を持つ『キョダイマックスわざ』を使うことができます。 能力などは通常のダイマックスと同じで、HPだけが変化します。 種族値は変わりません。 どの巣穴で出現するか、このページの巣穴のリンクからマップをご確認ください。 これらのポケモンはキョダイマックスすることがありますが、毎回ではないので注意しましょう。 くさ 相手全体の回避率を1段階ずつ下げる。 【剣】 ノーマル 相手全体に対して、それぞれが自分とは異なる性別の場合、『メロメロ』状態にする。 Switchに「レッツゴーイーブイ」のデータがあれば、ワイルドエリア駅の改札左の男の子からもらえる エスパー 5ターンの間、全体の場を『じゅうりょく』状態にする。 67倍、1. 6倍の説もあり になる。 また、特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 技『そらをとぶ』『はねる』『とびげり』『とびひざげり』『とびはねる』『でんじふゆう』『フライングプレス』『フリーフォール』が使えなくなり、使用している場合は解除される。 次のターン終了時に相手を2〜4ターン 実質1〜3ターン の間『ねむり』状態にする。 【剣】 みず 相手の場を『ステルスロック』状態にする。 期間限定レイドのみ みず 相手全体の『すばやさ』ランクを2段階ずつ下げる。 / ゴースト 相手全体は、逃げたり、交代できなくなる 『ゴースト』タイプを除く。 自分が場を離れると効果は消える。 【盾】 じめん 相手全体を『すなじごく』 バインド 状態にする。 でんき 相手全体を『まひ』『どく』状態のいずれかにする。 選ばれた状態異常が無効の場合は効果がない 『でんき』タイプは『まひ』状態に、『どく』『はがね』タイプは『どく』状態にならない。 期間限定レイドのみ でんき 相手全体を『まひ』『どく』状態のいずれかにする。 選ばれた状態異常が無効の場合は効果がない 『でんき』タイプは『まひ』状態に、『どく』『はがね』タイプは『どく』状態にならない。 【剣】 はがね 相手の場を『はがね』タイプの『ステルスロック』状態にする。 くさ 自分と味方の状態異常を回復する。 【盾】 ノーマル 相手全体を1〜4ターンの間『こんらん』状態にする。 また、戦闘終了後にお金が手に入り 通信対戦やレイドバトルを除く。 100で1度のバトルで3回使用すれば計6万円手に入る 『』を持たせれば上限の99999円。 早期購入特典:2019年11月15日 金 〜2020年1月15日 水 の期間に、ふしぎなおくりものの「インターネットでうけとる」を選択 むし 相手全体を『まひ』『どく』『ねむり』状態のいずれかにする。 選ばれた状態異常が無効の場合は効果がない 『でんき』タイプは『まひ』状態に、『どく』『はがね』タイプは『どく』状態にならない。 / でんき 相手全体の『でんき』タイプ以外のポケモンを『まひ』状態にする この効果は対象の味方の『じめん』タイプにも有効。 Switchに「レッツゴーピカチュウ」のデータがあれば、ワイルドエリア駅の改札左の女の子からもらえる フェアリー 相手全体を1〜4ターンの間『こんらん』状態にする。 ほのお 相手全体を『ほのおのうず』 バインド 状態にする。 5ターンの間、自分と味方全体が受ける相手の物理攻撃と特殊攻撃のダメージを半分にする。

次の