ボルト ネタバレ 37。 【BORUTO

【BORUTO(ボルト)】第38話あらすじ解説ネタバレ感想|ナルトが封印される!?ナルトとサスケの敗北…|「ジャンプ」マンガ好き.COM

ボルト ネタバレ 37

スポンサーリンク ボルトネタバレ最新44話「ボルトが最強化?」 BORUTO NARUTO NEXT GENERATIONS!Vジャンプ ボルトのカーマに異変!! 大筒木の力か!? — NARUTOファン🍥 NARUTO74027994 サラダは、ボロが印を結ぶよりも先に千鳥を使うことによって、がボロの脇腹をえぐり、核を取り出すことに成功します! そして、サラダは核を粉々に破壊していき、確実にボロにダメージを与えていきます。 そんなサラダを見たカワキも、新術に驚いていていました。 サラダは、車輪眼をもっているからこそ千鳥を超高速で放つことができるのだとミツキは言い、サラダにしかできない術だと言います。 これまで一緒にいたボルトも、サラダがサスケの術をいつのまに覚えたんだと感心していました。 サラダの攻撃を受け、確実に核を失うボロは次第にうめき声をあげながら、身体が膨れ上がり巨大化していきます! 巨大化した原因としては、核を失ったことによって科学忍具の力がこれまで通りに制御できないことが原因のようです。 すでに暴走してしまったようで、ボルトはトドメをさそうとします。 しかし、カワキは先にナルトを救出しようと提案します。 というのも、これまでの戦いで自分達の体力の消耗が激しいので、ボロを仕留められるかは微妙だということらしいです。 その点、ナルトならボロを撃破できるかもしれないとミツキは言うと、ボルトも名案だと返します。 ナルトがついに復活か? ボルト、サラダ、ミツキ、カワキの4人はナルトの封印を解くべく、ナルトがいる黒い球体に集まってきました。 しかし、どうやってナルトを取り出すか・・・ そんな中、カワキがあることを思いつきます。 それは、自分達はカーマ「楔」の力を使い、ゲートを作りこの場所へと飛んできたことを応用しようということです。 理論的に考えれば、同じ様なゲートを作ることによって、ナルトの中の空間と自分達のいる空間を繋げることができるはずだと言いました。 カワキ達は、もう他に方法が見つかりませんでした。 カワキはボルトの右手を出させ、自らは左手を出し、球体に向かってゲートを作り始めます。 そして、作戦通りに球体から空間ができ、ナルトを取り出すことに成功したのです! なんとか、ナルトを救出することに成功したたものの、救出したナルトは意識を失っています・・・ 意識がないことを心配していますが、カワキは自分の右手が動いているので問題ないと。 そんな時、いきなり背後から強烈な一撃をミツキを襲います! この一撃でミツキは気を失ってしまいました・・・ その一撃は、他でもない巨大化したボロからによるもの! サラダの千鳥によって核を破壊されたことで、怒り爆発という感じでしょうか。 すかさず、カワキによるカーマによる攻撃で、ボロの右手を粉々に破壊。 それでも、ボロは左手でカワキを吹き飛ばす強さを見せます。 さらに、ボロはサラダを巨大な左手でつかみ、握りつぶしにかかりますが、ボルトが左手に飛び蹴りし、たまらずボロが左手を離してしまいます。 これで、なんとかサラダは助かったものの、ボルトが吹き飛ばれてしまいます。 ボロは吹き飛ばされ倒れるボルトに追い打ちで、ボロは全体重をのせたパンチを食らわせます・・・ 流石の攻撃でサラダは、ボルトがやられてしまったと思っています。 ボルトが別人に? ボロが渾身のパンチを打ち込んだ腕を引くと、いるはずのボルトの姿はありませんでした。 すると、ボロの背後にはオーラを纏って浮いているボルトの姿がありました。 いつもと様子が違って、ボルトは右目だけが開いていて、その眼はいつものボルトの眼とは違う浄眼になっており別人みたいです。 そして、ボルトはボロに対して「下等種のくせに調子に乗るな」と言い放ちます。 まさに、ボルトには何者かが乗り移っているような感じです。 この様子を見たボロは、大筒木が乗り移っていると気が付いたようです。 ボロは構わずボルトに対し左手でパンチを繰り出しますが、そのパンチを蹴りで簡単に吹き飛ばすボルト! めちゃめちゃ強くて、別人見たいですよね 笑 ボルトは膝蹴りでボロを吹き飛ばし、圧倒的な強さを見せる姿にサラダは驚きを隠せません。 そして、別人のようなボルトは気を失っているナルトのもとへ行きます。 乗り移ったと思われる何者かは、ボルトの身体にほとんどチャクラが残っていないことに気づいたようです。 すると、右手のカーマ「楔」の力を使いながら、ナルトからチャクラを吸収しています! やっと起き上がってきたボロを蹴りで吹き飛ばすと、ボルトが使える術が何だったのかを思い出そうとしているようです。 思い出した術は螺旋丸でした。 しかも、超巨大螺旋丸を繰り出し、ついにボロを粉々に消滅させたのです! あまりに巨大な螺旋丸の衝撃で、カワキやミツキも目を覚ましたみたいです。 同時に、今何が起きたのか理解できずにいます。 ボロを倒すと、ボルトに乗り移っていたと思われる何者かは、「青き眼の少年よ、お前が全てを失うのはまだ先だ」といい残して去っていきました。 気を失って空中から落下するボルトを、ミツキが腕を伸ばしキャッチします。 目を覚ましたボルトは、何が起きていたのか全く覚えていません。 その頃、殻のアジトだと思われる場所に果心居士が現れていました。 アマドからジゲンは奥で回復中のようで、まだ10%も回復していないようです。 アマドに対して、果心居士がボロとコードの動きについて聞くと、ボロは火影の見張り、コードは十尾の方だと教えられました。 聞かれたアマドは、果心居士に対して「やるのか?」と聞くと、果心居士は「奴を倒す」と答えるのでした。 それが、まさかの大筒木の力で倒すという展開・・・ 何だかなぁといった感じでしたが、ボロを倒せたので良しとましょう 笑 そしてラストで動きを見せた果心居士が気になりますね。 果心居士がキーマン? 異空間に飛ばされたボルトたちを待っていた、殻のメンバーのボロを倒し、ナルトの救出にも成功しました。 そのタイミングで果心居士がついに動き出しますが、間違いなく果心居士がこの後の展開に大きく関わってくることは否定できないでしょう。 そして、ボルトが乗っ取られた大筒木の力もかなり強かったので、この後もしかすると誰かのカワキやサラダと言ったキャラクターの体を乗っ取る可能性もあるでしょう。 果心居士って何者? 「殻」のメンバーの一人であり、内陣(インナー)側の人間ということが知られています。 見た目はフードを被り、仮面を着けており、木ノ葉隠れの里の事を何故かよく知っている謎の男が果心居士。 不明な点も多いですが、蟇を口寄せしたりしていることから、可能性としては木ノ葉に関連のある人物だと思われます。 「器」を回収する、「殻」の目的を達成するため、器と言われるカワキの前へ現れていまっした。 また、殻のメンバーがカワキを回収しようと戦っている所を監視することもあり、謎に包まれた人物です。

次の

BORUTO ボルト 37話「忍(しのび)の覚悟」感想・ネタバレ 掟も大事だが仲間はもっと大事

ボルト ネタバレ 37

漫画「ナルト」に登場する自来也は、忍者の間で尊敬される人物であり「伝説の三忍」との異名を持っています。 火影として大活躍したヒルゼンを師匠に持ち、大蛇丸と綱手と共に最強の忍者として恐れられていました。 ナルトの名付けの親でもありナルトの師匠でもある自来也、蝦蟇の口寄せや、今でも定番の技となっている螺旋丸などもこの自来也から教わったものです。 自来也の最後はというと暁のリーダーであるペインに喉を潰された上に、それぞれの武器でやられます。 ナルトのことを思い出し気力で心停止を回復させ、ナルトへあてた暗号をフカクサに託して深海へと沈んでいったのです。 しかし、沈んだ後どうなったのか最後まで描写されていないことから以前から実は生きているのでは?という説がありました。 そして、ナルトの続編であるボルトの16話で登場した果心居士の特徴があまりに自来也に似ていると話題になっています。 穢土転生されなかった自来也 「穢土転生(えどてんせい)」は、ナルトに登場する禁術の一つで生贄を使って現世に蘇生させ、術者の思い通りに操ることができる。 DNAやある程度の装備からでも口寄せ出来る一方、口寄せされる 魂が浄土(あの世)にない者は穢土転生することができない。 とされています。 体が深海にあったためDNAが取れなかったのでは?とも思えますが、このことから穢土転生されなかった自来也は実は生きていたのではないかと言われています。 殻という名前にも意味が 殻という漢字を調べたところ 、内部がなくなって残った外側、貝や草木の実などの、表面をおおっている堅い皮というように中身がなくなっているという意味だということがわかりました。 ナルトでは人間が体を使われ生き返ったりすることはもはや十八番となっています。 「殻」メンバーである青は、当初消えたと認識されていましたがサイボーグ化して生きています。 遺体不明の奴らの集まりが「殻」であり自来也も器化したのではないかといわれています。 「殻」から「器」と呼ばれているカワキも「器」に誰かの人格を入れるのが目的なのかもしれません。 居士の意味 果心居士(かしんこじ、生没年不詳)とは …室町時代末期に登場した幻術師。 七宝行者とも呼ばれる。 織田信長、豊臣秀吉、明智光秀、松永久秀らの前で幻術を披露したと記録されているが、実在を疑問視する向きもある。 Wikipediaより引用 Wikipediaで調べてみたところ果心居士はなんと実在する人物だったんです。 更に 果心居士(かしんこじ)の名前にも使われている 居土ですが辞書によれば戒名の最後の位号と呼ばれる部分につける敬称とされています。 この 居士ですが江戸時代には上級武士などが対象になっていて、庶民に使用されることは稀だったと言われています。 蝦蟇の口寄せ 自らガマ仙人を名乗ることからも分かりますが、自来也といえば蝦蟇の口寄せが有名です。 ナルトも自来也から蝦蟇の口寄せを教わっていますが 今回、自来也ではないかと言われている果心居士も蝦蟇を口寄せしています。 以下が果心居士が口寄せした蝦蟇です。 火遁系の技を使う 自来也が得意とした火遁系の技を果心居士も使います。 「殻」メンバーであろうご老人を葬る際に「三昧の真火」という技を使います。 再生術を持つ老人をいとも簡単に葬ることからかなりの実力者ということがわかります。 火の国と縁がある 木ノ葉の里は山中家が率いる感知部隊によって、登録のあるチャクラか否かを識別していますが、果心居士は感知に引っ掛かることなく木の葉の里に潜入しています。 このことから果心居士は木の葉の里に属していた忍者ということになります。 大蛇丸を知っている 伝説の三忍といえば綱手、大蛇丸、自来也の三人ですが、果心居士は大蛇丸を知っていました。 4巻15話にてボルトがカードショップでカードを引いている際、サラダが1パック買います。 このときサラダはSSRの大蛇丸のカードを当てていますがボルトとサラダは大蛇丸のことを知らず、ミツキの親であることを知らされ驚きます。 ちょくちょく顔を変えており、国家反逆の罪を過去に犯している大蛇丸は伝説の三忍とはいえ若い世代には伝わっていないようです。 そしてボルト、サラダすら知らなかったミツキと日陰の存在である大蛇丸の関係を知っているということは木の葉の里に関してかなりの情報通であると言えます。 自来也と同じ個所に模様が 画像の左の目元に注目すると自来也にもあった顔のラインが写っているのがわかります。 果心居士は螺旋丸の使い手 更に果心居士と自来也の関係を確信に近づけるシーンがあります。 木ノ葉丸VS果心居土の戦いで、螺旋丸を木ノ葉丸が使ったシーンがあります。 この螺旋丸に対して果心居土も螺旋丸で応戦 木ノ葉丸もこの螺旋丸が科学忍具によるものではないと断言しています。 螺旋丸は四代目系譜だからナルトの関係者しか使えない というのも術の仕組みや習得方法を知らないから安々と習得出来ないようで、ミナトが螺旋丸を開発してから30年以上経つのに、螺旋丸を使える忍がナルトの身内にしか存在してないんです。 これまで螺旋丸を習得している人は以下の通り ミナト 開発者 自来也 ミナトの師 カカシ ミナトの教え子 ナルト 自来也の弟子 木の葉丸 ナルトの弟子 ボルト ナルトの息子 つまり螺旋丸は代々、身内から直伝で教わってる カカシはコピーだから例外 この事実から果心居土は行方が分からなくなっている自来也ではないかと言われているんです。 以上のように果心居士と自来也は同一ではないかという疑惑はたくさんありますが、ナルト誕生時に自来也は37歳という年齢であり、現在は70歳ぐらいとされています。 70歳にしては見た目が若すぎるということで自来也ではなく自来也に関連の強い人物で数々の技は自来也直伝なのかもしれません。 もしくわ、自来也の体が保存されており「器」に別の人格が入ったのかもしれません。 今後、果心居士の正体が分かる日が来るのか期待したいと思います。

次の

仮面ライダービルド37話のネタバレ感想「究極のフェーズ」エボルラビットの強さとは?ドラゴンエボルボトルで万丈が変身!?

ボルト ネタバレ 37

2019-03-30 00:21 実の父親から暴力を受けていたカワキは殻のリーダーであるジゲンが大金を父親に支払うことで身柄を引き受け、父親となった。 この時は普通の人間であり、ジゲンによって身体を改造され流だけではなく、カワキの心を満たすためにカーマを与えている。 カワキは他の子供たちと共に器になるためのカーマの実験を受けている。 カーマに適応しない場合には体から血が噴出して死亡してしまう。 実験の際にはジゲンにもカーマの様な模様が現れている。 カワキは他の子供たちとは違い、カーマを刻む実験に生き残り、左手にカーマを刻まれた。 カグヤの城に残されていた巻物の内容とは? カグヤの調査を行なっていたサスケが、カグヤの城で見つけた何かが書き残された巻き物。 サスケはカグヤの城を調査している際にカグヤと同じ大筒木一族の2人組、大筒木モモシキ、キンシキと遭遇している。 巻物の内容を解読すると大筒木カグヤが白ゼツの兵団を作っていたのは大筒木モモシキ、キンシキとの戦いを考えてのことだった。 関連記事 2018-06-30 18:32 モモシキ、キンシキ達の狙いはチャクラの実である尾獣のチャクラ。 モモシキ、キンシキは食べることで延命と自らを強化できる丹をチャクラの実から錬成することが目的であった。 丹は食べるだけで、即座に簡単に自身を強化でき、本物の力を手に入れることができる。 大筒木モモシキが見たボルトの運命とは? モモシキとの戦いの中で、モモシキはボルトの運命を面白いと発している。 これはモモシキのもつ白眼で見えたものなのか? ボルトの運命から、ナルトに対してボルトに力を伝えられないことを伝えるモモシキ、その運命の未来は? モモシキを倒したボルトの運命は? 五影と共にモモシキと戦い、ボルトが螺旋丸でモモシキを倒した後、ボルトだけ時を止められたような感覚となり、その世界で倒したモモシキと再び出会います。 モモシキはボルトに白眼をもっても己の未来は見えないこと教えるのでした。 関連記事 2018-08-30 23:11 しかし、ボルトの未来は見え、その青き眼はボルトから全てを奪い去ると伝えます。 モモシキから神を倒したものは人ではいられない伝えられ、モモシキは消えてしまいます。 この出来事はこの場でモモシキを倒したボルトと輪廻眼を持つサスケしか知らない事実となっています。 他のその場にいたナルト達には認識さえもされていない出来事となっています。 モモシキを倒してから残されたボルトの手の刻印は? モモシキと戦いの後にボルトの右手の手のひらに残された刻印。 戦闘の際には刻印が広がり、戦闘に影響が出ることも。 刻印が広がるとチャクラが練れないなど力を発揮できなくなってしまいます。 ボルトの右手の刻印はカーマと呼ばれて、カワキの左手にも存在しているが、自分のものではないと言う言葉を残している。 関連記事 2019-03-30 17:31 カワキの左手のカーマとボルトの右手のカーマは共鳴。 カーマの模様は手のひらから顔まで広がり、忍術を吸収することができる。 カーマを使用することでパワーやスピードなど身体能力も大幅に向上する。 身体能力だけではなく、カーマを使用した者の忍術の威力も上げることができる。 大筒木ウラシキは過去で死亡?今後の登場は? 劇場版と原作では登場していない大筒木ウラシキ。 アニメ版ではモモシキ、キンシキの襲来と共に登場。 アニメ版では月にいる大筒木トネリを時間凍結で封印して戦闘不能にするなど原作とは違うシーンでも登場している。 中忍試験会場でミツキのチャクラを奪い倒すが、我愛羅、長十郎と戦い劣勢になり、異空間へ逃亡。 モモシキ、キンシキがナルトを連れ去った後の五影とサスケとの戦いの際には行方は不明になっていた。 モモシキ、キンシキの戦いの後には切り倒された神樹の上でボルトに対して今のうちに手を打っていた方が良いかとそれとも、、、という謎の言葉を残している。 アニメ版では今後の大筒木ウラシキの登場が重要な出来事になりそう? その後は尾獣である守鶴のチャクラを奪うために砂の国に襲来したが、サスケによって撤退させられた。 その後、ナルトの九尾のチャクラを奪うために時間移動道具にて過去の木の葉隠れの里に移動するが、ボルト、サスケ、過去のナルト、自来也によって破れて消滅してしまっている。 殻とはどんな組織? 狢の頭領であるショジョシが偶然に遭遇した謎の組織の殻。 関連記事 2018-06-27 23:50 彼等にはボルトの掌にある刻印と似た刻印について何かを知っている模様。 殻の組織では科学忍具も扱っており、モモシキの存在やモモシキとボルト達の戦いも知っていた。 モモシキが再来した中忍試験で科学忍具の開発をしていたカタスケが精神操作を受けて科学忍具の技術を流出させたのは殻? 組織は黒いマントを被った内陣(インナー)と外陣(アウター)と呼ばれるエージェントがいる。 殻が紛失した器とは? 作中で殻のメンバーが急に集められるほど器の存在は大きい。 器は殻の悲願であり、それを成し得る唯一の鍵とされている。 器は移送中の事故で火の国の外れの森の中の僻地で消息が不明になっている。 器1つに国が1つ買えるほどのお金を費やしている。 器は飛行船で秘密裏に運ばれていたが、墜落してしまった。 飛行船の中には器が入っていたと思われる黒い箱しかなかった。 カタスケから器が入っていた箱を守る番人が自律型の傀儡である科学忍具であると推測されている。 殻の重要なものである器はどんなものであるのか? 殻の中でも大事であった器の正体はカワキのことであった! ミツキの親とは? ボルトとサラダとスリーマンセルを組むミツキ、ナルトやサスケを尊敬しているが、それ以上に自分の親を尊敬している。 ミツキの親は大蛇丸であり、大蛇丸により仙人化できる6番目に生み出された存在。 木の葉の里の上層部でもその事実を知っているのは一部となっている(アニメでは5代目火影であった綱手も知らなかったほど) 関連記事 2018-07-06 23:47 第四次忍界大戦後は新しく水影になった長十郎がいる霧隠れの里には戻っていない様子。 第四次忍界大戦で体の一部を失い、カタスケと共にリハビリを行なっていた。 過去には右目に白眼を持っていたが、それも失ってしまっている。 リハビリとしてカタスケと一緒にいたのではなく、実は殻と繋がっており、カタスケに幻術をかけて科学忍具の情報を流出させた原因を作っていた。 殻からも信頼のおける外陣として、失われた器の回収を依頼されるほどとなっている。 忍びとしての自分は既に死亡し、科学忍具によって生かされた殻の外陣として働く道具と同じと考えている。 ボルトによって科学忍具となった身体を壊されたところで蝦蟇を口寄せして現れた果心居士からボルトを庇って死亡した。 果心居士は木の葉隠れの里に関係する人物なのか? 青との戦いの終盤に口寄せの蝦蟇に乗って現れた果心居士。 木の葉丸との戦いではナルトや木の葉丸など木の葉隠れの里の一部の忍者しか使っていない螺旋丸を使う果心居士。 直接螺旋丸を受けた木の葉丸は科学忍具ではなく、果心居士の螺旋丸が本物の螺旋丸であると確認。 山中一族の結界によって木の葉隠れの里に出入りする者は、木の葉隠れの里に登録がないとチャクラにとって感知されてしまうが、果心居士は感知されずに木の葉隠れの里に侵入。 果心居士は木の葉隠れに過去に登録のある人物?その正体は? 今読まれている記事•

次の