犬山 モノレール。 名鉄モノレール

犬山モノレール乗車記

犬山 モノレール

また、無料で車内に入ることも可能。 詳しくは、で。 この部分だけが将来的に残るためか、保存車両付近の軌道が綺麗に見える。 整備場 奥には、台車らしきものが放置されている。 タイヤが見える。 保存される101-201号車 廃止後の様子 駅 旧動物園駅 なんだか寂しい気がする。 旧成田山駅入口 軌道は残っている 旧成田山駅の様子 犬山遊園駅。 モノレール乗り場の案内が撤去されている。 モノレール乗り場への階段は閉鎖されている。 1編成が解かれていた。 車庫に留置されるモノレールを写真に残そうと動物園駅を訪れたが入口は閉鎖されていた。

次の

上野動物園モノレール、黒字なのになぜ存続危機なのか? 「日本最古」ゆえの事情

犬山 モノレール

犬山モノレール、その他気になったこと。 までは車窓からの眺望を紹介してきましたが、今回は車両等の特徴を挙げてゆきます。 車両全景。 3両編成のモノレール車両。 ボギーや連接台車ではなく、2軸車とのこと。 東京モノレールの初代車両100形等に似ています。 車内です。 連結部分が広く、編成が前から後ろまで見渡せます。 座席はクロスシートがメイン、一部がロングシート。 ロングシートは車両外側向きに設置されている。 これは東京モノレールの車両にも過去に例がありました。 車輪部分が室内中央に出っ張っているので、そこにシートを設置した形です。 連結部分には床に大きな箱がありますが。 この部分が走行装置と思われます。 連結部分の通路はこの大きな箱を避けるように車体の端側を通ります。 このため、連結部分が広くなっているようです。 この大きな箱の部分は、東京モノレールなら荷物置き場にしてしまうスペースですが、この犬山モノレールではそのような設備は必要ないようで、何もないデッドスペースがゆったりとした空間を演出しています。 連結の幌部分です。 走行装置の箱も幌でつながれています。 車両形式はMRM100形(先頭車)とMRM200形(中間車)。 銘板が貼付けてあります。 車両は非冷房車で、名鉄では唯一とのこと。 このモノレールが廃止されると名鉄は冷房化率100%になるはず。 天井にはファンデリアが付いています。 以上、犬山モノレールでした。

次の

廃線後の名鉄モンキーパークモノレール線。モンキーパーク側がどうなっているのか見てきました : ムーンライトゆかりん

犬山 モノレール

路線データ(廃止当時) [ ]• 路線距離():1. 方式:跨座式(日立式)• 駅数:3駅(起終点駅含む)• 複線区間:なし(全線単線)• 電化方式:1500• :スタフ閉塞式(1閉塞)• 可能駅:なし• 最急勾配:97• 最高速度:30 歴史 [ ] 愛知県犬山市にある日本モンキーパーク、およびへのアクセス鉄道で、ゴムタイヤでコンクリート製のレール上を走行する日立式による日本初のとして3月21日に開業した。 この路線で実績を得た技術は、のちに開業するなどに応用された。 名古屋鉄道は東京モノレールの経営にも参画し、運転士の教育もこの路線で行われた。 白カラー時代 開業当初は、動物園駅からやへの延伸や犬山遊園駅から関線(中濃新線)のルートでまで延伸する構想もあったが、化できず実現しなかった。 は観光輸送が主目的の路線であるため発売していなかった。 名鉄などが導入していた交通プリペイドカード「」の導入は計画されなかった。 廃止決定 [ ] 12月17日に名古屋鉄道は、利用者数がきわめて少なく開業以来使用している車両・施設の老朽化が進んでいることなどから、モノレール線を12月28日付けで廃止することを発表した。 (平成18年)度の輸送人員は1日645人だった。 廃止を前に、モノレール車両1編成を特別塗装し、さらに全編成を記念装飾して運行し、犬山遊園駅で本路線の歴史の展示を行った。 2008年11月29日から記念乗車券と記念入場券が、12月20日からポストカード型の記念乗車券2種が発売された。 最終運行日の12月27日には犬山遊園駅でさよなら発車式が行われた。 スパリゾート湯の華アイランドの保存車 廃止後は東口からによる路線バスが運行され、沿線施設へのアクセスは犬山遊園駅から犬山駅に移った。 車両・施設などは、先頭車の101号車と中間車の201号車が開業当時の塗装に戻されて動物園駅で3月19日より保存・展示されているが、外観のみの公開で駅舎・プラットホーム・車内に立ち入ることはできない。 先頭車の102号車は、製造元であるので一般に非公開ながら保存されており 、103号車は岐阜県のスパリゾート湯の華アイランドで展望台として4月29日より利用されている。 レールと橋脚は撤去された。 年表 [ ]• (37年)3月21日 ラインパークモノレール線として犬山遊園 - 動物園間が開業。 (昭和55年)1月 犬山ラインパークから日本モンキーパークへ名称変更し、路線名を変更。 (昭和61年)9月10日 運賃を区間制から均一制に改定する。 (20年)12月28日 廃止。 運行形態 [ ] 年中無休 で、営業時間は平日および土休日共9 - 16時、運行間隔は毎時2本程度であった。 ダイヤは名鉄他路線の改正と関係なく、多客期などに随時変更されていた。 犬山幹事駅職員によりを行っていた。 車両はが使用された。 先頭車MRM100形と中間車MRM200形の3両編成2本(101-201-102・103-202-104)が在籍し、通常は1本で、多客時は2本を連結した6両編成でそれぞれ運行していた。 上下列車が可能な駅はなく、同時に1列車しか運転できなかった。 2本の編成は動物園駅奥ので入れ替えていた。 MRM100形は名鉄唯一の製で、名鉄最大の車体幅があり、廃止された2008年時点で名鉄唯一の非冷房車であった。 本路線の廃止により名鉄の全車両冷房化が達成された。 駅一覧 [ ]• に基づく• 全駅に所在。 駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 - 0. 0 : 0. 5 0. 5 0. 7 1. 2 各駅にはやなどの駅務機器が設置されておらず、は窓口で販売していた。 犬山遊園駅には当時より犬山線用の自動券売機や自動改札機が設置されていたが、自動券売機でモノレール線の乗車券は購入できなかった。 改札は犬山線とモノレール線はそれぞれ別で、乗り換えは改札を一旦出る必要があった。 終点の動物園駅は日本モンキーセンターの敷地内にあり、出場は日本モンキーパークの入場券が必要だったが、屋外からの出入り口も存在していた。 脚注 [ ] []• 100。 101。 川島令三『 名古屋北部・岐阜編2』、1998年2月、158頁。 日本語 PDF プレスリリース , 名古屋鉄道, 2007年12月17日 , 2015年12月10日閲覧。 2015年12月10日閲覧。 ただし、犬山遊園駅から寂光院線の路線バスが運転日限定で存在する。 公共交通利用促進ネットワーク 2012年10月1日. 2015年12月10日閲覧。 2012年9月8日• Spa Resort 湯の華温泉. 2015年12月10日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - の用運転シミュレーションゲーム。 シリーズ唯一のモノレールとして登場(隠し路線・Windows版は最初から運転可)。 ゲームのシステム上、自動信号式である。 特定条件で走破すると現役時代の走行ムービーが視聴可能になる。 - 当線同様、が運営していたモノレール(廃止)。 参考文献 [ ]• 岸 義則、2009、「」、『』49巻(通巻574号(2009年2月号))、 pp. 100-101• 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』7 東海、、2008年。。 外部リンク [ ]• 日本語 プレスリリース , 名古屋鉄道, 2007年12月17日 , 2015年12月10日閲覧。 1962年8月. 2015年12月10日閲覧。 1962年8月. 2015年12月10日閲覧。

次の