野球 の 記録 で 話 したい。 【平岡洋二 連載コラム】貧弱な金本をホームランバッターにさせたい

【球界ここだけの話(2053)】ヤクルトD2位・吉田大喜、父と二人三脚でつかんだプロ初勝利

野球 の 記録 で 話 したい

在住の読者「の集載を読んだ方が良い」といただいた。 昨日、のや、宙に話を伺う機会があったので、その帰りにに寄って、部でをしてもらった。 は「あ、の連載ですね」とすぐに反応した。 相当があるのだろう。 たし、、には衝撃的な内容だ。 連載のは「激減!」。 といえば、全数の「県」だ。 ここでが激減しているという。 確の会見でも「のが減っているようですし」と言っていた。 会見場で話.

次の

最終打席、走者なしでバントのサイン ノンスタ石田さん

野球 の 記録 で 話 したい

「Full-Count」独占インタで明かす21歳右腕が抱く野球への情熱 今季、10年ぶりの日本シリーズ優勝を狙うロッテは、オフに大型戦力補強に努め、その本気度の強さを見せつけた。 同時に、投打にわたって若手選手が大きく成長。 その筆頭格とも言えるのが、プロ4年目右腕の種市篤暉だ。 1軍に定着した昨年は、先発ローテの一角としてチーム最多に並ぶ8勝をマーク。 今季も大いに期待される21歳が、このたび「Full-Count」の独占インタビューに応じ、オフの取り組みや三振へのこだわりなどについて語ってくれた。 2018年オフにオーストラリアで開催されるウインターリーグ、オーストラリアン・ベースボールに参加した種市は、そこで「ドライブライン・ベースボール」のトレーニング方法に出会った。 メジャーではレッズ右腕トレバー・バウアーらが導入するトレーニング方法に興味を持った種市は、昨年12月に米シアトル郊外にある「ドライブライン・ベースボール」の施設で1週間の集中セミナーを受講。 また、今年1月にはソフトバンク千賀滉大らと自主トレを行い、大いに刺激を受けたという。 速球のスピードにこだわり「常時150キロ以上出れば、もっと楽に投げられるんじゃないかと思っています」と話す種市。 実は、その速球の質は、昨年の奪三振王でもある千賀が「羨ましい」というほどの高さを誇る。 「リップサービスです」と照れ笑いするが、種市は種市で「意識が高い。 ご飯に行ってもずっと野球の話をします」と、千賀の野球に対する姿勢に敬服。 自身も「野球の話をするのが好き」という種市には、実は千賀と食事をした時に「持っていけばよかった」と後悔した物がある。 それは「ノート」だ。 これから常に携帯したいという理由とは……。

次の

[B! 教育] 野球の記録で話したい : 決勝の日に水を差すようだが、補欠の話

野球 の 記録 で 話 したい

7日のDeNA戦で6回2失点と好投し、プロ初勝利を挙げたヤクルト・吉田大喜投手 「なかなか勝てていなかったので、やっと勝ててうれしいです」 若きヒーローは、神宮球場のお立ち台で頬を緩めた。 ヤクルトのドラフト2位・吉田大喜投手(23)=日体大=が7日のDeNA戦で6回2失点と好投し、プロ初勝利。 大きな一歩を踏み出した。 アマチュア時代から、左手には特別な思いが込められたグラブがはめられていた。 実家が経営する野球用具店「すみれスポーツ」の逸品だ。 実家は仏壇や仏具を扱う仏事系統の会社を営んでいた。 だが、2010年6月。 野球が好きで、草野球にのめり込んでいた父・英樹さんが、「どうにか新しい事業をと思って。 考えないといかんなというタイミングがあって、どうせ新しいことするなら得意なことをしたほうがええかなと思って始めた」のが大阪・茨木市にある「すみれスポーツ」だった。 東京に1カ所、奈良に2カ所の工場があり、職人さんが良質な革を加工して至高の品に仕上げてくれる。 そんなグラブを愛用する大喜は、「革がいいのと、自分の手に合わせて作られているので使いやすいです」と太鼓判を押す。 親子にとって、野球一色の人生だった。 幼少期、大喜のキャッチボール相手は父だった。 家の前、近くの公園。 いろいろなところで投げ方を教わりながら、野球を覚えていった。 英樹さんはこう語る。 「あまり家族サービスできなかったので。 どこか旅行に連れて行ったということもないですし。 たまに草野球に連れていくぐらいですかね」。 思い出の至るところに野球があり、親子の会話の場だった。 大喜は父について「基本的には自分のやりたいようにやりなさいという育て方だったので。 野球をやめたければやめればいいと。 僕がどうやろうと常に応援してくれましたね。 ずっと優しいので怒られた記憶はないです。 野球では、ほめてくれましたね」。 いつも背中を押してくれた優しい父だった。 「すみれスポーツ」がオープンして10周年のメモリアルイヤーにプロの世界に飛び込んだ大喜。 感謝の気持ちを持ちながら、野球で恩返しを果たす。 (赤尾裕希).

次の