それから の 出来事。 第二部 それからの出来事

銀行最後の日とそれから最悪の出来事・・・(その1)|まつえゆう|note

それから の 出来事

放送作家・海老原靖芳さん聞き書き連載(10) 前回は11歳の時の出来事でした。 それから15年後、私は大学を出て結婚し、1児の父。 横浜で暮らし、フリーのコピーライターとして働いていました。 「父ちゃんが倒れた。 八重子(叔母)も転んで入院した。 できれば佐世保に見舞いに帰ってきて」。 そのときの母からの連絡を拙著「還暦すぎて、陽(ひ)はまた昇る」(牧野出版)に書き残しています。 同居するように過ごしていた3人。 足の不自由な母の代わりに、私は入院している2人を見舞いました。 横浜に帰る前、団地の自宅で母に「話がある」と呼ばれました。 「あんたの本当のお母さんは八重子たい」 「…」 「分かったね」 「分かった」 そんなやりとりを記憶しています。 物心ついた頃から悩み、不思議だった3人の関係。 やっとはっきりしました。 両親と叔母が住んでいた大黒団地を出るとき、母が自宅の窓から手を振ってくれましたが、その姿はかすんでいました。 私は泣いていました。 母から聞いた事実を、私は父と叔母に確かめることはしませんでした。 話したところでどうなるでしょうか。 2人の反応を見たくなかったのです。 もし幼少時代に、あるいは中学や高校の多感な時期にそのことを聞いたら、私は生きていくことに苦しんだかもしれません。 子どもを持ち、大人になったときに告白してくれたのは、母の優しさでしょう。 3人とも他界した今、これで良かったと思います。 産みの母は分かりました。 では、父は本当の父だったのか。 母は不妊症だったのではないでしょうか。 どうしても子どもがほしかった。 3姉妹の次女で、姉から養子をもらう話もあったようです。 夫と妹の子でもいい。 妹に代理母を頼んだのではないかとも考えました。 もしそうなら、私が生まれた後、父、叔母に対する母の葛藤はいかばかりか。 憎しみも、修羅場もあったでしょう。 でも3人は終戦後、朝鮮半島から手を携えて命からがら帰国。 佐世保に居を構えた後も、私が生を受けた後も、佐世保競輪場にあった食堂「みよし乃」でも一緒に生きてきました。 そして私があるのです。 父は父であり、母は母であり、夫婦だった。 叔母も、両親とともに私の成長を見守ってくれました。 3人からたっぷりと注がれた愛情。 感謝しています。 (聞き手は西日本新聞・山上武雄) ……………… 海老原靖芳(えびはら・やすよし) 1953年1月生まれ。 「ドリフ大爆笑」や「風雲たけし城」「コメディーお江戸でござる」など人気お笑いテレビ番組のコント台本を書いてきた放送作家。 現在は故郷の長崎県佐世保市に戻り、子どもたちに落語を教える。

次の

【シャニマス】「ふふっ、◯◯ないわ」の汎用性は異常

それから の 出来事

「さて、明日から高校生だ」 あの神社で変身して戦った後から8年。 蓮は15歳になっており、もう中学校の卒業式も1ヶ月ほど前に終わらせて明日から高校生と言うことで蓮も少なからずわくわくしていた。 「あの時からもう8年か…。 色々あったな…」 蓮はこれまであった出来事を振り返っていた。 一つ目が蓮が完全にオルフェノクになったことだ。 約6年前の蓮の誕生日の2日ほど前 俺がオルフェノクになった日 、蓮の運勢は最悪で、大雨の中冷蔵庫の中身が足りないため買い物に出掛けていたその時だ。 川辺を歩いていたらいきなり、雷が落ちてきた。 感電死 そこに追い討ちをかけるように電線が切れて、体が燃える。 焼死 そのまま全身を風で運ばれてきた丸太に直撃される。 全身骨折で死亡 その後、川に転がり落ちる。 溺死 なんとか陸に上がったと思ったら、近くの山から土砂崩れ。 それに運ばれてきた岩に当たる。 撲殺 とその日の内にきっかり5回死んでいた。 その結果オルフェノクに進化して、姿を変えられるようになっていた。 その後しっかりと修行し、5つのオルフェノクの姿にすぐに変えれるようにした。 それに伴い何の因果か蓮の神器【狂気なる科学者】が禁手化し【 無限の製作者 インフィニティクリエイター 】と言う神器になった。 この神器は頭の中で考えたものは永久機関でさえも設計図として出て来て、すぐに製作できると言うチート神器になった。 「よく生きていたよな俺。 絶対誰か仕組んだろ」 「にゃ?どうしたのにゃ、蓮」 そこに一人の着物姿の女性が来て、蓮に話しかける。 「ああ、黒歌か。 大丈夫、ただ昔の事を思い出していただけだ」 二つ目は黒歌が妖怪だった。 公園で黒歌を拾って家で治療してペットにして、1年後。 謎の女性が蓮のベッドに入って寝ていたことだ。 その事に蓮はビックリした後、冷静になりその女性を起こし名前を聞いたら、その女性が黒歌だった。 黒歌は自分が猫又と言う妖怪だったこと。 妹がいること。 無理矢理悪魔に転生させられたこと。 その転生させた元自分の主から妹を救うためにその主を殺した事。 そのせいで追われる身になったこと。 全てを話してくれた。 その事を話した後、黒歌は家を出ていこうとしていたので蓮が引き留めて、家族にした。 それ以来、彼女は家の中だけこの姿で暮らすようになった。 そとに出るときは気配を消す首輪をして その時黒歌が『雌奴隷見たいで恥ずかしいにゃ』とか言っていたが蓮はそれに拳で返した そとに出ている。 因みにこの首輪も神器で創ったものだ。 「あ~あ、蓮が明日から高校生だから寂しくなるにゃ~」 「中学の時と変わんねぇだろ」 「それを言ったらそうだけどさー」 「黒歌様。 あまり蓮様を困らせないように」 「そうですよ。 蓮さんは忙しいんですから」 そう二人の女性が黒歌を叱る。 一人はメイド服を来ており、もう一人は普通の私服を着ていた。 共通しているところは二人とも銀髪と言うところである。 「準備はもう出来てるから大丈夫だ。 だからそう気を張らなくても良いぞ、グレイフィア、ロスヴァイセ」 蓮は二人の女性にそう言う。 メイド服を着ているのがグレイフィア、私服なのがロスヴァイセである。 グレイフィアは昔、旧魔王派の悪魔に襲われていた彼女を父親が救い、それからメイドとしてこの家に度々来ては掃除をしていた。 蓮はグレイフィアにどこで暮らしていたのかを聞いたところ、近くの空き家に暮らしていたらしい。 理由は助けてもらった自分が英雄の家に居座る事が許せなかったらしい。 その事知った蓮はグレイフィアを家に居て良いと説得し、何とか居座らせる事に成功した。 ロスヴァイセは蓮が出張から帰って来た母親と一緒に北欧に旅行に行った際、オルフェノクに襲われて殺されそうな所を蓮が目の前でファイズに変身し助けたことで、蓮の事を勇者と感じ一緒についてきた元 戦乙女 ヴァルキリー。 今は、この街の小学校の教師として働いている。 彼女曰く、『一度子供達に勉強を教えてあげて見たかったんです!給料も 北欧 むこう より良いですし!』 らしい。 「それでも、黒歌さんは少しは節操をですね…」 「はいはい、分かりましたにゃ~」 ロスヴァイセが言った言葉にダルそうに返す黒歌。 しかしまだ蓮から離れようとしない。 そんな黒歌にグレイフィアがこの言葉を口にした。 「どうやら相当私のお仕置きがされたいようですね」 「すいませんでした!」 黒歌はその言葉に震え上がり、すぐに蓮から離れ、グレイフィアに向かって土下座した。 「蓮、準備終わった?我とゲーム、出来る?」 と言いながらゴスロリ服の少女が入ってくる。 「ああ、オーフィスか。 出来るぞ。 今からやるか?」 「我、蓮と一緒にゲーム出来る。 嬉しい」 そんな言葉を言いながら蓮に近づいて行くのは【無限の龍神】オーフィス。 この世界で二番目に強い龍神だ。 どうしてそんな存在がこの家にいるのかと言うと、 2年前、蓮の前に行きなりオーフィスは現れてこう言った。 『おまえ、我と同じ力、持ってる。 静寂を得るため、我とグレードレッド、倒す』 と言ってきた。 蓮は【無 限の製作 あれ 者】の事だなと思い何で静寂なんか欲しいのか聞いてみた所、静寂は我が何もない所でゆっくりと暮らしたいためと言ったので、そんな何もない様な所で暮らすより、こっちで暮らした方が楽しいぞと色々と蓮がいってみたところ、 『ん、わかった。 我、蓮の事が気になる。 我、こっちで暮らす』 そう言ったあとテロ組織、 禍の団 カオスブリケード の親玉の事をオーフィスは言ったので蓮が話を聞いた所、利用されていることが判明。 蓮がオーフィスに抜けろと言うとオーフィスはおとなしく言うことを聞いて出ていった。 数日後『我、禍の団抜けてきた』と言ってきたのでそのまま家族になった。 「あっ!オーフィスずるいにゃ!私もやりたいにゃ!」 そう言って黒歌もゲームに入ってくる。 因みに母親の真理は現在海外出張中で、いつ帰ってくるか分からない。 ついでにどんな仕事をしているのかも全くわからず、仕送りだけはきちんとされている状態である。 「ゲームと聞いてやって来ました!!」 そこに乱入してくるようにまた女性が入ってくる。 「エウリュアレ…もうちょっと静かに入ってこい」 彼女の名はエウリュアレ。 蓮を転生させた女神である。 蓮が特典の【女神を呼べる権利】を思い出し、使って見たところ本当に彼女が来た。 しかし彼女が帰ろうとしても帰れなかったので、この家に居候している。 蓮は女神の事と自分が転生者であることを身内に明かし驚かれた。 母親に言ったところ『オルフェノク何て言うのとか、三大勢力何てものもあるからあまり驚かないわよ』と言うことらしい。 これにはさすがの蓮も凄いとしか言えなくなった。 現在この女神様はゲームにハマってしまっている 「取り敢えず今日は明日から高校は始まるから、ゲームを一時間位したら寝るからな。 それでいいか?オーフィス」 「ん、我それで良い」 「私もそれでオッケーにゃ!!」 「それでは私も入ります」 「じゃあ、私もやって良いですか?」 「私もやるー!」 その後蓮は五人と一緒にゲームをしたあと布団に入った。

次の

【デレマス】白菊ほたる(13) 身長156㎝の成長性

それから の 出来事

放送作家・海老原靖芳さん聞き書き連載(10) 前回は11歳の時の出来事でした。 それから15年後、私は大学を出て結婚し、1児の父。 横浜で暮らし、フリーのコピーライターとして働いていました。 「父ちゃんが倒れた。 八重子(叔母)も転んで入院した。 できれば佐世保に見舞いに帰ってきて」。 そのときの母からの連絡を拙著「還暦すぎて、陽(ひ)はまた昇る」(牧野出版)に書き残しています。 同居するように過ごしていた3人。 足の不自由な母の代わりに、私は入院している2人を見舞いました。 横浜に帰る前、団地の自宅で母に「話がある」と呼ばれました。 「あんたの本当のお母さんは八重子たい」 「…」 「分かったね」 「分かった」 そんなやりとりを記憶しています。 物心ついた頃から悩み、不思議だった3人の関係。 やっとはっきりしました。 両親と叔母が住んでいた大黒団地を出るとき、母が自宅の窓から手を振ってくれましたが、その姿はかすんでいました。 私は泣いていました。 母から聞いた事実を、私は父と叔母に確かめることはしませんでした。 話したところでどうなるでしょうか。 2人の反応を見たくなかったのです。 もし幼少時代に、あるいは中学や高校の多感な時期にそのことを聞いたら、私は生きていくことに苦しんだかもしれません。 子どもを持ち、大人になったときに告白してくれたのは、母の優しさでしょう。 3人とも他界した今、これで良かったと思います。 産みの母は分かりました。 では、父は本当の父だったのか。 母は不妊症だったのではないでしょうか。 どうしても子どもがほしかった。 3姉妹の次女で、姉から養子をもらう話もあったようです。 夫と妹の子でもいい。 妹に代理母を頼んだのではないかとも考えました。 もしそうなら、私が生まれた後、父、叔母に対する母の葛藤はいかばかりか。 憎しみも、修羅場もあったでしょう。 でも3人は終戦後、朝鮮半島から手を携えて命からがら帰国。 佐世保に居を構えた後も、私が生を受けた後も、佐世保競輪場にあった食堂「みよし乃」でも一緒に生きてきました。 そして私があるのです。 父は父であり、母は母であり、夫婦だった。 叔母も、両親とともに私の成長を見守ってくれました。 3人からたっぷりと注がれた愛情。 感謝しています。 (聞き手は西日本新聞・山上武雄) ……………… 海老原靖芳(えびはら・やすよし) 1953年1月生まれ。 「ドリフ大爆笑」や「風雲たけし城」「コメディーお江戸でござる」など人気お笑いテレビ番組のコント台本を書いてきた放送作家。 現在は故郷の長崎県佐世保市に戻り、子どもたちに落語を教える。

次の