シアン 化物 イオン。 最近話題のシアン化合物、毒性は?そもそも基準値とは何か、まで紹介!!

最近話題のシアン化合物、毒性は?そもそも基準値とは何か、まで紹介!!

シアン 化物 イオン

シアン化物イオンを測定するためのテストキットです。 シアン化物イオンは呼吸酵素の鉄をブロックし、酸素の置換を阻害するので、非常に毒性が高い物質です。 反応: シアン化物イオンは塩素と反応し、ピリジン環を切断し、glutaconedialdehydeを生成する塩化シアンを生成します。 バルビツール酸によるアルドール縮合により紫色のポリメチン染料が生じます。 このテストキットは遊離シアンと塩素で分解されるシアン化合物をカバーします。 もし、重金属、チオシアネート、亜硫酸、染料や芳香族アミンなどの阻害物質が存在するならば、DIN 38 405-D 13-2-2に基づいて測定前に蒸留する必要があります。 梅酒などに含まれるシアン化物を遊離・トータルシアン化物と同様に簡単に測定するためにはMACHEREY-NAGEL社にお問い合わせください。 シアン化合物は検出できないか、十分に検出できません。 還元試薬は塩素処理試薬と反応するため、干渉します。 チオシアネート、硫化物、臭化物及びヨウ化物は低濃度でも干渉します。 以下の量のイオンは干渉しません。

次の

シアン化物イオンCN(

シアン 化物 イオン

概要 シアン中毒とは、シアン化物を口から摂取したり、シアン化水素ガスを吸い込んだりすることで、細胞呼吸が妨げられ、生体のさまざまな機能が障害されることを指します。 シアン化物とは、シアン化物イオン(CN-)をアニオン(陰イオン)として持つ塩の総称で、シアン化カリウム(青酸カリウム、KCN)やシアン化ナトリム(青酸ナトリム、NaCN)などが知られています。 シアン化水素ガスとは、シアン化物と同様の毒性を持つ化学物質です。 シアン化物イオンは、細胞内ミトコンドリアのなかのチトクロームオキシダーゼという酵素と結合し、細胞呼吸を阻害します。 その結果、酸素に反応する性質を持つ中枢神経系や呼吸器系の症状が早い段階で現れます。 具体的な初期症状としては、や、呼吸数の増加(頻呼吸)などが挙げられます。 また、無酸素状態となった組織では乳酸が産生されるため、血液のpHが酸性に傾く代謝性アシドーシスが生じます。 シアン中毒の症状は進行速度が早く、死に至る可能性もあるため、速やかな治療が必要とされます。 症状 発症早期には、中枢神経系と循環器系の症状が現れるとされています。 初期症状• 頻呼吸:呼吸数が増加すること。 など 続いて現れる症状• 混迷:中等度の意識障害。 外から強い刺激を与えると反応を示すことがある。 昏睡:重度の意識障害。 外から刺激を与えても反応を示さない。 無呼吸• 全身性痙攣• 徐脈:脈が遅くなること• 血圧低下• はいすいしゅ :肺胞のなかに毛細血管から滲み出した液体成分が貯まり、酸素の取り込みが障害される病気。 呼吸困難などの症状を呈する。 など また、重症例の場合、以下の症状が認められることもあると報告されています。 固定散瞳:瞳孔が拡大すること。 呼吸機能や循環機能の悪化を伴う意識障害• 痙攣 皮膚を介してシアン化物が吸収された場合には、全身性の症状を起こすことや、熱傷を生じることがあります。

次の

ベンゾイン縮合

シアン 化物 イオン

代表的な芳香族アルデヒドであるから(2-ヒドロキシ-1,2-ジフェニルエタノン)が生成するため、この名で呼ばれている。 1832年にとによって報告された。 反応の機構は Arthur Lapworth によって1903年に提唱されている。 アルデヒドにシアン化物イオンが付加してが生成する。 生成したカルボアニオンがもう1分子のアルデヒドに求核付加して付加体を生成する。 シアノヒドリンからシアン化物イオンが脱離してカルボニル基が再生し、アシロインとなる。 しかし、生成したシアノヒドリンを単離してヒドロキシ基を保護した後、リチウムジイソプロピルアミドなどの強を用いればカルボアニオンを発生させることができるので同様の反応を起こすことが可能となる。 また、N-アルキルチアゾリウム塩を触媒として使用すると脂肪族アルデヒドでもベンゾイン縮合を起こすことができる。 この方法は1975年にヘルマン・ステッター Hermann Stetter らによって報告されたので ステッター反応 Stetter reaction と呼ばれている。 この反応はの生体内での触媒作用とも関連付けられている。 参考文献 [ ].

次の