ニトリ 高 さ が 10 ヵ所 調整 できる 枕。 ニトリ 高さが10ヵ所調整できる枕の口コミレビュー!コスパ最高のおすすめまくら

ありがとうニトリ!高さが10ヶ所調整できる枕で、理想の寝心地を実現できたよ|マイ定番スタイル(2020年6月24日)|BIGLOBEニュース

ニトリ 高 さ が 10 ヵ所 調整 できる 枕

こんにちは、ロブ子です。 枕を新調しました。 約8年ぶり?です。 ずっと低反発の枕(恐らくのセットの枕)を使用していましたが、もはやただのスポンジと化していました。。 オーダー枕や少しお高い良い枕も気になってはいたのですが、枕をどうやって選べばいいのか分からなかった私は、こちらのサイトを参考にしました。 購入した枕はこちら。 「高さが10ヵ所調整できる枕(パイプ)」 最大の特徴は、名前にもある通り、10か所で高さ調整をすることが出来る点です。 実際このように分解することが出来て、10か所で調整が可能です。 私の高さ調整方法 購入したままの枕は私には高過ぎました。 何度か調整を重ねてたどり着いた私の調整はこちらです。 調整後に抜き取ったパイプとウレタンシートだけで、クッションが出来るくらい抜き取りました。 それでもまだ改良の余地があるような気もするので、少しずつ自分の枕に仕上げていきたいです。 ・横向きが凄くになった サイドの高さがしっかりあるので、横を向いたときの姿勢がとてもで、寝返りがしやすくなりました。 ・パイプの音は全く気にならない 就寝時は音に敏感な方なので少し心配していましたが、全く問題ありませんでした。 ・夏場の蒸れにくさが楽しみ 通気性の良さが特徴の1つなのですが、まだ寒い時期なのでそこまで実感できていません。 夏の熱帯夜を楽しみにしています。 オーダー枕よりもお安く手に入り、プロも太鼓判を押す枕。 なかなかおすすめです。

次の

ニトリの『高さが10ヵ所調整できる枕』を1ヶ月使ってみた感想

ニトリ 高 さ が 10 ヵ所 調整 できる 枕

今まで5年以上使ってきた枕がへたっていたので、新しい枕に買い替えました。 (もう1月前の話ですが・・・) 私は毎日7時間くらいと、時間的には十分寝ています。 それなのに、すっきり目覚めなかったり、仕事中に眠くて仕方がないことも。 眠りの質を上げて、一日を元気に過ごせれば、生活の質も上がるはず。 今月重点的に取り組みたいこととして、「睡眠の質を上げる」をやることリストにも書いたほどの重要課題です笑 眠りの質を上げるため、寝具も見直したいと思い、いろいろ考えて枕を選んでみました。 この枕を選んだ理由 ・高さを細かく調節できる 正直、どんな枕が合うのか、いまいちよくわかっていないところがあるので、買ってから高さを細かく調節できる方が、失敗なく合う枕を手に入れられると思いました。 ・首が当たる部分にある程度の高さがある 今まで使ってきた枕は、詰め物(ビーズ)が流れないようにする内部の仕切りが少なかったので、寝ているうちに首の部分に高さがなくなってしまっていました。 結果、自然と首が下向きの寝姿勢になってしまうので、熟睡するにはあまりよくないんだろうなと思っていました。 実際、頭的には居心地がよくないのか、朝起きると枕の上に頭がないことが多々ありました・・・。 ・やっぱりお値段! 安眠・快眠にこだわった枕は1万円を超えるものも多くあります。 しかしそこは、5000円するかしないかの値段で、高さ調節できる枕が購入できてしまいます。 購入初日、高さを調節してみた 開けてすぐの、何も調節していない状態だと、かなり分厚いです。 本体裏側のファスナーを開けると、中身が3層に分かれます。 パイプの部分は、各ポケットの中に直接パイプが入っているので、かなり細かく高さ調整ができます。 首が圧迫されないような頭の位置をつくりたいので、真ん中の部分のパイプを半分くらい抜いてみました。 パイプがこぼれないように注意しながら、家にあったジップ付きの袋に、使わないパイプを移しました。 袋に保存したパイプは、今後枕を使っていくうちに、パイプがへたってきたら、交換するのに使おうと思います。 しばらく使ってみて ・パイプのじゃりじゃり感は気にならなかった 子供の頃、パイプの枕で寝ていたことがあったのですが、その時はじゃりじゃりする感触や、パイプが動く音が気になって、正直あまり寝心地がいいとは思えませんでした。 (でも、それ以前は家に枕がなくて、枕に頭を乗せて寝るのに憧れがあったので、枕をもらって嬉しかったのは幸せな思い出です) の枕は、感触や音が邪魔になることはありません。 (個人の感想です) その分少し硬めなので、柔らかい枕が好きな人にとっては満足できないかも。 ・ちょうどいい高さをつくるのは難しい。 ある程度は慣れも必要 高さは細かく調整できますが、ぴったりを実現するのはなかなか難しいです。 高さを調節して寝転んでみて、「うん、いいな」と思ったのに、一晩寝ると肩が凝ってしまうなんてことが、何度かありました。 調節してみて、仰向けのときにちょうどいい高さと横向きの時にちょうどいい高さはかなり違うということも発見できました。 結局買って2,3週間で、「ベストではないけどバランスの良い高さ」が定着してきて、さらに2週間ほどその高さで寝たら、慣れてきて起きてすぐの肩こりも減ったという感じです。 まあ、新しい枕に変えてから、枕がベッドの上のほうにずれて、頭が枕から離れているような事態はほぼなくなったので、それだけでも十分な成果です。 枕を変えて使い心地は向上。 ただし質のいい睡眠への道のりはまだ遠い? の枕は自分の好みの高さに調節できるので、買って合わなかったという可能性は、他の高さが変わらない枕よりも低いと思います。 いろいろな高さで寝心地を試すのは面白いです。 数週間もすれば飽きますが。 実際、今までは朝起きると枕の外にあった頭が、一晩中枕の上居続けられるようになり、使い心地はよくなったんだなと実感します。 しかし、質のいい睡眠は、枕を変えればすぐに実現できるほど簡単なものではありません。 その日の気候や体調にも大きく左右されてしまいます。 よく眠れたかどうかで、翌日の体力や気力の充実度は非常に変わってきてしまうので、質のいい睡眠は大事です。 いろいろ試しながら、よく眠れてすっきり目覚める日を多くできるようにしていきたいなと思っています。 lifeisanadventure.

次の

ニトリの枕の口コミ評判|種類の違い&おすすめ枕

ニトリ 高 さ が 10 ヵ所 調整 できる 枕

今まで5年以上使ってきた枕がへたっていたので、新しい枕に買い替えました。 (もう1月前の話ですが・・・) 私は毎日7時間くらいと、時間的には十分寝ています。 それなのに、すっきり目覚めなかったり、仕事中に眠くて仕方がないことも。 眠りの質を上げて、一日を元気に過ごせれば、生活の質も上がるはず。 今月重点的に取り組みたいこととして、「睡眠の質を上げる」をやることリストにも書いたほどの重要課題です笑 眠りの質を上げるため、寝具も見直したいと思い、いろいろ考えて枕を選んでみました。 この枕を選んだ理由 ・高さを細かく調節できる 正直、どんな枕が合うのか、いまいちよくわかっていないところがあるので、買ってから高さを細かく調節できる方が、失敗なく合う枕を手に入れられると思いました。 ・首が当たる部分にある程度の高さがある 今まで使ってきた枕は、詰め物(ビーズ)が流れないようにする内部の仕切りが少なかったので、寝ているうちに首の部分に高さがなくなってしまっていました。 結果、自然と首が下向きの寝姿勢になってしまうので、熟睡するにはあまりよくないんだろうなと思っていました。 実際、頭的には居心地がよくないのか、朝起きると枕の上に頭がないことが多々ありました・・・。 ・やっぱりお値段! 安眠・快眠にこだわった枕は1万円を超えるものも多くあります。 しかしそこは、5000円するかしないかの値段で、高さ調節できる枕が購入できてしまいます。 購入初日、高さを調節してみた 開けてすぐの、何も調節していない状態だと、かなり分厚いです。 本体裏側のファスナーを開けると、中身が3層に分かれます。 パイプの部分は、各ポケットの中に直接パイプが入っているので、かなり細かく高さ調整ができます。 首が圧迫されないような頭の位置をつくりたいので、真ん中の部分のパイプを半分くらい抜いてみました。 パイプがこぼれないように注意しながら、家にあったジップ付きの袋に、使わないパイプを移しました。 袋に保存したパイプは、今後枕を使っていくうちに、パイプがへたってきたら、交換するのに使おうと思います。 しばらく使ってみて ・パイプのじゃりじゃり感は気にならなかった 子供の頃、パイプの枕で寝ていたことがあったのですが、その時はじゃりじゃりする感触や、パイプが動く音が気になって、正直あまり寝心地がいいとは思えませんでした。 (でも、それ以前は家に枕がなくて、枕に頭を乗せて寝るのに憧れがあったので、枕をもらって嬉しかったのは幸せな思い出です) の枕は、感触や音が邪魔になることはありません。 (個人の感想です) その分少し硬めなので、柔らかい枕が好きな人にとっては満足できないかも。 ・ちょうどいい高さをつくるのは難しい。 ある程度は慣れも必要 高さは細かく調整できますが、ぴったりを実現するのはなかなか難しいです。 高さを調節して寝転んでみて、「うん、いいな」と思ったのに、一晩寝ると肩が凝ってしまうなんてことが、何度かありました。 調節してみて、仰向けのときにちょうどいい高さと横向きの時にちょうどいい高さはかなり違うということも発見できました。 結局買って2,3週間で、「ベストではないけどバランスの良い高さ」が定着してきて、さらに2週間ほどその高さで寝たら、慣れてきて起きてすぐの肩こりも減ったという感じです。 まあ、新しい枕に変えてから、枕がベッドの上のほうにずれて、頭が枕から離れているような事態はほぼなくなったので、それだけでも十分な成果です。 枕を変えて使い心地は向上。 ただし質のいい睡眠への道のりはまだ遠い? の枕は自分の好みの高さに調節できるので、買って合わなかったという可能性は、他の高さが変わらない枕よりも低いと思います。 いろいろな高さで寝心地を試すのは面白いです。 数週間もすれば飽きますが。 実際、今までは朝起きると枕の外にあった頭が、一晩中枕の上居続けられるようになり、使い心地はよくなったんだなと実感します。 しかし、質のいい睡眠は、枕を変えればすぐに実現できるほど簡単なものではありません。 その日の気候や体調にも大きく左右されてしまいます。 よく眠れたかどうかで、翌日の体力や気力の充実度は非常に変わってきてしまうので、質のいい睡眠は大事です。 いろいろ試しながら、よく眠れてすっきり目覚める日を多くできるようにしていきたいなと思っています。 lifeisanadventure.

次の