パッチラゴン 育成論。 【ポケモン剣盾】パッチラゴンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【ソードシールド】パッチラゴンの育成論!単体で抜き体制を整える高火力ダイマックスアタッカー!【ポケモン剣盾】

パッチラゴン 育成論

はじめに 初投稿です。 よろしくお願いします。 この育成論ではHABCDSなどの略称を使用します。 ダメージ計算などは全て理想個体前提で話させていただきます。 パッチラゴンについて パッチラゴンは剣盾で登場した化石ポケモンでガラル地方ではドラゴン電気の固有タイプです。 ぱっと見はあまり特徴の無い種族値をしていますが、専用技であるでんきくちばしやダイマックスと相性の良いはりきりの特性によってぶっ飛んだ火力を見せてくれる優れたポケモンです。 性格 少しでも火力を上げる いじっぱりを採用しています。 しいて言うなら準速スカーフ を抜けますがメタでスカーフ持たせるなら最速なのかなという判断でどうせ抜けないのでいじっぱり推奨です。 特性 ダイマ前提の育成論でもあるので はりきりで確定です。 努力値振り H:余り A:252 S:252 火力にぶっぱ、でんげきくちばしの効果をなるべく発揮させたいのでSにもぶっぱです。 ダイマックスすればある程度の耐久は補えます。 後は他のポケモンで全力でこいつをサポートしてやってください。 持ち物 いのちのたま推奨です。 玉はが持ってんだよ!っていう方はこだわり鉢巻などの火力アップアイテムなども無しではないですが、基本的には通常時、ダイマ時でも相性の良いいのちのたまが良いかと思います。 技構成 でんげきくちばし ダイジェット用。 素で撃つことはほぼ無いが、必中なので何かしら殴れば勝ちという時にも使えるかも。 わざわざ命中不安のついばむにする理由も特にない。 基本的にはこの4つがメインですが、他にも候補だけ載せておきます。 じしん がんせきふうじ アイアンテール なお、はりきり採用なので特殊技の採用は無いです。 相性の良い味方 アーマーガア タイプ補完が完璧です。 苦手な地面タイプを透かせて、パッチラゴンより速いドラゴンやフェアリーを全部受けてくれます。 とんぼがえりがあるとサイクルで有利に立ち回れます。 壁張りオーロンゲ 壁張ってからのダイマックスでパッチラゴンが止まらなくなる。 でんじは持ちナットレイ 隙見てパッチラゴンより速いポケモンにでんじはを撒ければパッチラゴンでの全抜きが見える。 その他においかぜ、でんじは、ねばねばネットなどのS操作ができるポケモンや壁を張れるポケモンにサポートしてもらいましょう。 運用方法 壁張りやS操作ポケモンを投げます。 おすすめは脱出ボタンオーロンゲ。 それからパッチラゴンに繋いで相手を轢き殺します。 相手のパーティを見てパッチラゴンでは相手しにくいポケモン、特に地面タイプが居るかどうかを確認し、電気の通りやすさを見ておくと良いです。 通りやすい相手ならばでんきくちばし撃ってダイマしてれば勝てます。 並みの耐久ではパッチラゴンの攻撃を受けることはできません。 有利対面したらしっかり相手の交代先に負担をかけるようにしましょう。 後続が出てきて不利になってもアーマーガア後出しで何とでもなります。 現環境でパッチラゴンで相手するのが厳しいポケモンはとにかくです。 有利対面で相手にドリュウズが居る場合は必ず投げてくるのでほのおのキバを撃つなどの読みが必要です。 対面してしまった場合は素直に裏のアーマーガアに引きましょう。 ドリルは避けてください。 終わりに パッチラゴンは使ってみると本当に見れる範囲が広く、抜き性能の高いポケモンです。 特にほのおのキバ ダイバーン の役割破壊性能がすごく高く、こいつで3タテできる試合が3試合に1回ぐらいあります。 でんきくちばしを2、3回連続で外される時もありますが、それでもこいつの火力に惚れる人も多いかと思います。 ぜひみなさんも使ってみてはどうでしょうか。 つたない文章でしたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。 ダイマックス相手に体重技(ヘビボン、ヒートスタンプ、くさむすび等)は無効です。 けたぐりも例外なく無効なのでそれは机上論にしかなりません。 申し訳ないです。 基本的にロトム、アーマーガア、ドヒドイデ、リザードン辺りに強い印象です。 ダイマックスすればタスキドリュ、トゲキッス、ニンフィアなどにも勝てるほど対面性能が高く使いやすいです。 反対に重いポケモンは蓄えるヌオー、カバルドン、ヒヒダルマ辺りに弱いのでここら辺の対策が裏のポケモンに必要に感じました.

次の

【ポケモン剣盾】火力ヤバすぎ!パッチラゴンの育成論まとめ【カセキメラ】

パッチラゴン 育成論

画像の解像度が低すぎました。 剣盾の画像素材がなかなか集まりません…… ウオノラゴンと対になるカセキメラポケモンで、こちらは電気ドラゴン。 《エラがみ》に相当する《でんげきくちばし》により、先制して技を当てれば威力が倍になる火力技持ちです。 ウオノラゴンがタイプ耐性で水タイプに役割を持つ点に対して、パッチラゴンは電気タイプに対して特性で有利を取るため、電気の一貫切りという個性を発揮します。 電気の一貫切りというのは、広義に《ボルトチェンジ》によるサイクル回しを防ぐことを指します。 半減と無効とでは意味合いが大きく変わってくるので、しっかり使い分けたいところです。 構築単位でニッチな相性補完が効く各種ロトムは非常にサイクル介入が得意で、ボルチェンで有利対面を作りながらちまちま蓄積を入れてきます。 そこをパッチラゴンによって対抗して補完していくのが主な役割となってくるわけです。 何気にアーマーガアとの相性補完に最適なので、結構注目を集めてますね。 サンダースとの差別化はロトムのフォルム技に耐性があること。 ランターンとの差別化は、総合的に種族値が高く、スカーフによって自身が抜きに入ることができるという点でしょうか。 A100という値は低くはないけど高くもない絶妙なラインなので、電撃嘴以外の技はあまり火力が出ません。 ウオノラゴンと違って、蓄電では頑丈顎に相当する火力補正が乗ってこないので気を付けましょう。 技考察 でんげきくちばし S勝ちしてる前提ですが、パッチラゴンの技で最も火力を期待できる技です。 電気の一貫性を作れればたぶん勝てます げきりん 技を撃ち変えられないデメリットはスカーフとの相性でカバーできますが、交代もできなくなるのでミミッキュの起点にされる危険性があります。 命中不安でも撃ち分けが効く《ドラゴンダイブ》も選択肢に入れたほうが良さそうですね ストーンエッジ 電気技が等倍なのであれば、タイプ不一致のサブウェポンは概ねダイマックス時の追加効果で選びましょう。 電気を無効にしてくる地面タイプにすこぶる通りが悪いですが、天候の上書きができる点に注目です じしん 同族嫌悪。 同じように蓄電で電気を無効にしてくるサンダースやランターンへの役割破壊です。 ダイアースの特防を下げる効果はパッチラゴンと噛み合いませんが、相性補完という意味では必須になってきます ほのおのキバ 電気ドラゴンを両半減するナットレイへの役割破壊技です。 最速でもドラパルトは抜けないので、S調整はアリだと思ってます。

次の

パッチラゴン育成論 : 【ダイマエース】パッチラゴン基本型|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

パッチラゴン 育成論

個体値は理想個体を前提としてます。 ダメージ計算は【ダメージ計算SS】を使用しています。 各ステータスの表記を以下の内容で使用します。 H:HP A:こうげき B:ぼうぎょ C:とくこう D:とくぼう S:すばやさ はじめに 初めて育成記事を書きます。 もし、おかしな書き方や間違った書き方、意味のわかりにくい所などございましたらご指摘いただけると助かります。 今回紹介するパッチラゴンは、特性がはりきりで火力が出せる構成ではなく、ちくでんの受け性能も攻撃面も両立した器用 悪く言えば中途半端な構成です。 しかし、実戦で使用してみて現環境(この記事を書いたのは令和2年1月11日シーズン2)にハマってる型だと感じ、紹介したく記事を書きました。 このパッチラゴンをパーティに入れた、現時点での私の成績はマスターランク級の1000位代です。 読者の方への説得力に繋がるようもっと上の成績を目指していきます汗。 このパッチラゴンが有利にたてるポケモンは? 2. 性格・特性・持ち物・技構成(長いです) 3. ダメージ計算 この3つに分けて話を進めさせてもらいます。 このパッチラゴンが有利にたてるポケモンは?• 想定したのは、ヒートロトムウォッシュロトムカットロトムスピンロトム、(フロストロトム以外)・ドヒドイデ・ナットレイ・アーマーガアの有利なポケモンに交代して倒されないような立ち回りを戦術とするサイクル戦が得意なポケモン。 主に意識したのはこのあたりですが、他にもサイクル戦が得意なポケモンとして、カバルドン・ヌオー・トリトドン等もいるが苦手な地面タイプは諦めて、勝てるポケモンを絞って育成しようとしたため、勝てないポケモンには全く勝てません。 しかし想定したポケモンが来た時、そのサイクルをパッチラゴンの特性と技構成で確実に崩したいと考えこの型を育成しました。 性格・特性・持ち物・技構成 性 格 いじっぱり 特 性 ちくでん 他はりきり すなかき 持ち物 たべのこし 技構成 でんげきくちばし ほのおのきば じならし ちょうはつ• まず性格は、Aが高く育ち今回は使わないCが低く育ついじっぱりです。 理由は、いじっぱりのAの上昇補正と、Aの努力値を最大の252にするとでんげきくちばしで物理受けのドヒドイデを、ダイバーンで物理受けのナットレイを一撃で倒せる確率が高いからです。 ダメージ計算は後ほど。 続いて特性をちくでんにした理由ですが、受け出し性能をあげるためです。 元々ロトムに対して、でんき・ドラゴンタイプのパッチラゴンはタイプ上は強いです。 しかしボルトチェンジという攻撃と同時に控えのポケモンに交代できる技に対して、 はりきりとすなかきではそれを無効にすることが出来ません。 しかし、ちくでんは無効にしてHPを回復することができます。 サイクル戦術の対策として育成したため、はりきりの火力上昇より、すなかきの素早さ上昇より、ちくでんによってでんきタイプの技を確実に無効にし、 有利なポケモンを逃がさないようにすることを選びました。 持ち物については、受け出す回数が多くなることを想定してたべのこしにしました。 HPを回復できるきのみの採用も考えましたが、HPが半分以下にならないと発動できず、このパッチラゴンは有利な相手に繰り出す前提なのでHPは大きくは削られないという判断で発動タイミングに縛られないたべのこしにしました。 技構成については、タイプ一致の電気技で相手より先に出した場合又は相手が交代した場合威力が2倍で出せる でんげきくちばし、ナットレイに何も出来ないと困るので ほのおのきば、でんげきくちばしを先制で出すためにすばやさを調整する方法の1つである じならし、最後はロトムのおにびやナットレイのやどりぎのたね、アーマーガアのてっぺき・はねやすめを無効化するための ちょうはつ、この4つの技で固まりました。 みがわりではなくちょうはつなのは、アーマーガアのてっぺきやはねやすめに強くするためです。 【努力値について】 A252 D140 S116 50レベル時の実数値では A167 D108 S110です。 こうげきの努力値を最大の252にしているのは、先ほども述べたように、ドヒドイデやナットレイを少しでも有利な確率で倒しきるようにするためです。 次に、すばやさの実数値110というのは多くの耐久型ロトムのすばやさより早い数字です。 (根拠のない私の経験の中の話です)耐久型のロトムはロトム同士の対決になった場合すばやさで勝てるように、努力値をSに4振っている調整を抜けるように12降っていることがあります。 しかしそれを見越して更に多く20降っている調整のロトムより1早いため、この110のラインで止め残りは受け性能を少しでも上げるため、Dに分けました。 Sがパッチラゴンより高いロトムはその分、耐久が低いことが多いので、押し切って強くでることができます。 余った努力値をHやBではなくDに分けた理由は、各フォルムのロトムが採用しているオーバーヒート、ハイドロポンプ、リーフストームにエアスラッシュ、ドラパルト対策で入れていることのある、あくのはどうやシャドーボールといったとくしゅこうげき技に強くするためです。 パーティ内にミミッキュに強めなポケモンがいたので、相手は交代読みのゴースト技やつるぎのまいを使用してくることが何度かありました。 最後にダメージ計算と使用感を載せてこの記事を終わりにします。 長くなってしまいましたが、ここまでご覧いただきありがとうございました。 これからパッチラゴンを育成する方、また既に育成している方の 考え方の1つとして参考になるものがあれば幸いです。 使用感として、低速高耐久ポケモンへちょうはつがよく刺さるなという印象と、じならしによるS操作がかなり使い勝手が良いなと感じてます。 ダイマックスは場面と状況によって、することもありますがダイマックス前提ならやはり特性はりきりで、いのちのたまやラムのみを持たせたダイジェット型の方が強いと思います。 1月21日更新 予想以上の閲覧数、そしてコメントをいただきありがとうございます。 いただいたコメントに対しては意見交換として必ず返信をさせていただきます。 申し訳ございません。 ロトムのボルトチェンジは吸収できるが、ボルトチェンジを吸収したターン、鬼火などの補助技をちょうはつで無効にしたターンで2ターン消費しても、ヒートロトムには有効打がなく強くでれないとご指摘をいただきました。 うぃんさんのおっしゃる通り、この構成ではヒートロトムに対しては有効打がありませんので、殴りあってもトントンかもしれません。 ドラゴン技等の採用が有ればダメージ量も稼げますが、使用してみてじならしによるS操作がいろんな場面で生きて、他の技も外すことができずこの技構成になってしまいました。 いただいたご意見を参考に、また構成を考えていくヒントにさせていただきます。 ご意見ありがとうございました。 パッチラゴンの仮想敵として地震やげきりんを持たないギャラドスが挙げられると思います。 対ギャラドスについて殆ど触れられていないので、もう少し考察すると良さそうです。 はりきりは命中不安という強烈なデメリットがあり、でんげきくちばしが交代に対しても二倍で殴れるなど、ちくでんでキャッチする動きは弱くないと思うので、良い考察だと思います。 実は実際のパーティにはアーマーガアもパッチラゴンの相棒枠として採用しています! おっしゃる通り、ギャラドスへの考察が何もなかったですね。 少し計算してみたら仮にりゅうのまいやじしんかじょうでAが+1になった状態でのダイドラグーンや、ダイアースはこちらもダイマックスすれば耐えることができ、返しのダイサンダーで倒すことができるようです。 想定としてあげたロトムやナットレイ、ドヒドイデ、アーマーガア意外にも強く出れるポケモンを明確にし、より良い考察ができるよう努めます。 本論のD140振りであれば無振り水ロトムのハイドポンプを62. A特化ナットレイのジャイロボールや、無振りアーマーガアのブレイブバードも耐えます。 身代わりを残せた場合、引き先のドリュウズ等に岩石封じから倒せるのは強い気がします。 1のコメントはターン消費というよりも、電気技を読んで受け出し、耐久型ロトムでSに多く振っていないことを読み、おにびを使われることを読んでちょうはつ、と想定した運用に多くの読みが要求されるということを問題視したものでした。 そこまでしてようやくロトムを流すか殴り合いに持ち込む御膳立てです。 鬼火読みのターンにはりきりパッチラゴン対策ポケモン 論中で挙げられた地面タイプとか? に受け出されるだけで辛いし、対策ポケモンのいない相手ならそもそもはりきりダイマックス型で蹂躙した方が読みもいらないし楽です。 技構成もそうですが、「パッチラゴン対策が甘い、耐久ロトム入りサイクル」という論中で想定の状況が本当に多いのか、いたとしてASはりきり型ではダメなのか、という点にもう少し考察が欲しいです。 少し耐久を調整することより、対象としてるポケモンの技をみがわりが残ることが多いですね! 安定択であり読まれにくいみがわりは強そうです。 がんせきふうじはS操作とヒートロトムへの打点になるので、じならしのかわりに採用してみたいと思いました。 電気を吸収するタイミング補助技をちょうはつするタイミングと、確かに読んで行動する場面が少なくないです。 またヒートロトムへの打点がない点も、技構成を見直すなどして考察がもう少し必要だと思いました。 私もランクバトルで、はりきり型に倒されることがあるため、はりきり型の超火力は相手にとっても相当ケアが必要で相手にしたくないポケモンの1つだと思います。 今回のはサイクルよりで、相手をコントロールしながら立ち回る構成も強そうと思って育成しました。 しかしはりきり型が猛威を振るう中、ちくでん型の考察をもっとしっかりしないと差別化することが難しいですよね。 今回初めて育成記事を投稿して自分の考えを読んでいただき、改めて気づくそのポケモンの魅力を知ることができました。 いただいたご意見を参考にさせていただき、自分の固定概念を取り払い1人でも多くの方が参加にしたいという考察かできるように努めます。 ご意見ありがとうございました。 その通りで、炎技は主にナットレイを想定してます。 対面であれば、かえんほうしゃ2発で余裕なのですが、でんげきくちばしを受けにきた状況も踏まえ、HB特化のナットレイがでんげきくちばしに受け出してきた時のダメージ40〜48+ダイマックスをし、ほのおのきばをダイバーンに変えた時のダメージ152〜180は仮に2回の攻撃がダメージ量が低く、たべのこしが一回発動しても倒しきれるダメージです。 しかし、かえんほうしゃの場合は(今回はCに割く余裕がないのでCがVで下降補正をかけた実数値108の前提で話します)でんげきくちばしを受け出してきた時のダメージ40〜48+実数値108のダイバーンのダメージ(ナットレイがH振りのみ)132〜156は2回の攻撃のダメージ量が低かった場合は倒しきれませんので、育成した時点では、ほのおのきばの採用をしました。 気になった点がありますので参考までに伺わせてください。 ちょうはつを選択する仮想的に上記のポケモンをあげてしまったのは例えが悪くなってしまい反省しています。 実際その他のポケモンに対しても、ちょうはつじゃなきゃ絶対ダメという場面がなかったので、考察不足でした。 ダイマックス前提の努力値、技構成や立ち回りについては、明確な差別化や利点を考察していませんでした。 AS型を使ったことがありませんので、AS型との差別化をするなら自分自身でAS型も使用してみて本論の構成のメリット、デメリットを明確にあげられるようにすべきだったことにも反省しています。 回答にならず、申し訳ないです。 流鬼さん以外の方からのコメントもいただくことができ、自分では気付けなかった今回の考察の弱点が多くあり見直す箇所があったりと今回は育成論を投稿するための持論の根拠や考察が全然できてなかったと実感しました。 貴重なご意見をいただけたこと自体はとてもありがたく思っており、今後の反省とさせていただきます。 ありがとうございました。

次の