初恋 カタルシス。 初恋、カタルシス。【電子限定かきおろし付】

初恋、カタルシス。【電子限定かきおろし付】

初恋 カタルシス

タイトル:「初恋、カタルシス。 性的欲求を持たず恋なんてできないと思ってた一騎が、自分で区切りをつけた初恋の人。 フラれたにもかかわらず優しく看病する唐木田は、寝込む一騎にキス。 そして……「いつか、あの手に、触れられてしまう。 」 「恋なんて、できないと思ってた。 」pixiv120万PV超え!感動を巻き起こした臆病な初恋が、連載開始&大量加筆修正・描き下ろし20P で待望の書籍化も決定!• 編集部からの熱いコメント! 圧倒的画力で描かれるどこか郷愁を感じる作品。 致死量ぎりぎりの初恋がラストでもたらすカタルシスと多幸感がたまらない。 (ビーボーイP!編集部 編集担当I) BLの枠にとらわれず、綺麗ごとも誤魔化しもなしに綴られた「人と人との物語」が心を抉る。 恋愛の形はひとりひとり違って良いし、セックスだけを恋のハッピーエンドにしなくてもいい。 「好き」に悩むすべての人に読んでほしい珠玉の作品。 (ビーボーイP!編集部 編集長F) 「人の中身を好きになったのなら器の一部である性別は関係ない」と人よりセクシャリティーに理解があると思いこんでいた自分の中に「性欲があるのは当然」という偏見があったと気付かされた。 自身の観念を変えてくれた新しい恋愛の形を描く一冊。 (ビーボーイ編集部I)•

次の

pixiv120万PV超え!漫画『初恋、カタルシス。』がpixivコミックスで連載スタート|乙女アニメ

初恋 カタルシス

2017年にPixivで読んで衝撃を受けたハチャメチャにすごいやつ。 まず絵がとても良いんですよ。 生々しさと繊細さの両方を兼ね備えた画風、心の動きを見事に描写する美しいコマ割り、そして2人のコミカルな部分を表現するのにピッタリな独特のデフォルメ。 最高すぎます。 そしてなにより 2人の人物像がすごく解像度が高いのが、良い。 主人公の月島一騎 いっき と先輩の唐木田透真はともに美術講師を努めるクリエイター。 いっきは「誰かを好きになるけど性欲は一切ない人」。 唐木田は「自分を好きになってくれた人の気持ちに応える人」。 どんなファッションが好きとか、お互いのいないところでどんな風に振る舞っているのかとか。 読み進めていくうちに2人のことが実写映画のようにハッキリ見えてきて、存在感が本当にすごい。 『』鳩川ぬこ 出会い、破局、交際…1年にわたりいろいろな場面での2人のやりとりを追っていくことで、大長編を読んだような充実感があります。 この作品は起承転結のストーリーがある物語ではありません。 2人が壁を乗り越えたり、何かを手に入れたりという大きなゴールがない。 そしてそれが、この物語の最大の魅力だなと思います。 2人のをただ切り取って、絵と文章で丁寧に心の動きを追っていく。 あまりにも良すぎる…最高です。 そして 「まず恋愛をすることに焦点があって、それを語るうえでいっきのノンセクシャルの部分について言及が必要不可欠」…という話の構図が作品を洗練されたものにしていると思います。 』鳩川ぬこ 「この部屋物が多くてバカみたいだ」っていうセリフは悲しみの底にいる人にしか出てこない素晴らしいセリフだと思います 「本屋でどの本棚に置くか」と言われればBLなんだろうけど、一つの恋愛漫画としていろんな人に読んでみてほしい作品です。

次の

初恋、カタルシス。を完全無料で読める?zip・rar・漫画村の代役発見!?

初恋 カタルシス

タイトル:「初恋、カタルシス。 性的欲求を持たず恋なんてできないと思ってた一騎が、自分で区切りをつけた初恋の人。 フラれたにもかかわらず優しく看病する唐木田は、寝込む一騎にキス。 そして……「いつか、あの手に、触れられてしまう。 」 「恋なんて、できないと思ってた。 」pixiv120万PV超え!感動を巻き起こした臆病な初恋が、連載開始&大量加筆修正・描き下ろし20P で待望の書籍化も決定!• 編集部からの熱いコメント! 圧倒的画力で描かれるどこか郷愁を感じる作品。 致死量ぎりぎりの初恋がラストでもたらすカタルシスと多幸感がたまらない。 (ビーボーイP!編集部 編集担当I) BLの枠にとらわれず、綺麗ごとも誤魔化しもなしに綴られた「人と人との物語」が心を抉る。 恋愛の形はひとりひとり違って良いし、セックスだけを恋のハッピーエンドにしなくてもいい。 「好き」に悩むすべての人に読んでほしい珠玉の作品。 (ビーボーイP!編集部 編集長F) 「人の中身を好きになったのなら器の一部である性別は関係ない」と人よりセクシャリティーに理解があると思いこんでいた自分の中に「性欲があるのは当然」という偏見があったと気付かされた。 自身の観念を変えてくれた新しい恋愛の形を描く一冊。 (ビーボーイ編集部I)•

次の