ローソン ゆう パケット プラス。 ローソンでゆうパケットプラスの箱や梱包資材が買える【メルカリに便利】

ローソンでゆうパケットプラスの箱や梱包資材が買える【メルカリに便利】

ローソン ゆう パケット プラス

メルカリの ゆうゆうメルカリ便をローソンから発送する時のスマホ操作(メルカリ取引画面)手順とローソンでのLoppi端末操作手順、荷物を渡すまでの発送方法を画像ありで詳しく解説します。 ゆうゆうメルカリ便は、ローソン(コンビニ)・郵便局どちらからでも発送できるのですが、営業時間が長いローソンから発送するのが便利でおすすめです。 (メルカリが初めての方で、招待コードをお探しの方は「 KUPZDU」と入力するとくじを引くことができます。 くじに当選するとメルカリで買い物ができるポイントがもらえるので是非登録の時にチャレンジしてみてくださいね。 ゆうゆうメルカリ便のサイズ別料金表(送料一覧表) まず、発送したい荷物のサイズを測り送料を確認しておきます。 (別途専用箱を購入する必要があります。 専用箱の発売価格は税込65円です。 (100cmを超える荷物は「らくらくメルカリ便」での発送が便利です。 ) 「ゆうゆうメルカリ便」と「らくらくメルカリ便」の 違い・使い分け方についてはこちらの記事に詳しくまとめています。 超簡単!ローソンから「ゆうゆうメルカリ便」の荷物を発送する方法 ローソンから「ゆうゆうメルカリ便」を発送するやり方はとても簡単です。 画像に沿って手続きすればスムーズに発送手続きできますので、早速スタートしましょう。 メルカリで「ゆうゆうメルカリ便」に設定した商品が売れたら 「ゆうゆうメルカリ便で発送する」という文字が表示されます。 その下に、 「配送用2次元コードの生成」と表示されていますので、 「サイズ」欄をタップしてサイズを選びます。 小型サイズの 「ゆうパケット」か、箱型の 「ゆうパケットプラス」か、中型~大型の 「ゆうパック」いずれかを選択してタップします。 【発送場所を調べる場合】「ゆうゆうメルカリ便」を取り扱っている郵便局・ローソンを確認したい場合はこの時点で確認します。 (発送方法を変更したい場合は 「ゆうゆうメルカリ便を使わない」を選択します。 ) 今回は、 「コンビニから発送」を選択しました。 これで2次元コードの準備は完了です。 次にローソン店頭でこの2次元コードをLoppi(赤いタッチパネル式端末)で読み取ります。 Loppiを起動すると、画面真ん中に 「Loppi専用コードをお持ちの方」という表示がありますので、そのボタンをタップします。 次に、スマホで用意した2次元コード(QRコード)を読み取ります。 Loppiの右下にある 読取機にスマホの2次元コードをかざして読み取らせます。 すると、Loppi画面に 「e発送サービス(オークションゆうパック)」と表示され、中に「インターネットサイト名:メルカリ」と記載されています。 「ゆうゆうメルカリ便」の種類(「ゆうパケット」「ゆうパケットプラス」「ゆうパック」か)や、依頼主情報が表示されていますので 内容を確認確認します。 (匿名配送のため、購入者の届け先情報は県名や郵便番号の最初の5桁までしか見ることが出来ません。 ) 確認した内容が正しければ 「発行する」をタップします。 Loppiの左下から バーコードが印刷された申込書が出てきます。 (配送用2次元コードをLoppiで読み取りした時にエラーになって発送手続きできない場合は、以下の記事もご参照ください。 レジの担当者が、バーコードリーダーで申込書のバーコードを読み取り、送り状を印刷します。 レジの担当者から 送り状を入れる袋を受け取って、出品者(差出人)が荷物に貼り付けます。 印刷された送り状一式を受け取って、 出品者(差出人)が送り状を袋に入れます。 ( 送り状は3枚あります。 控えの伝票が領収書となります。 お問い合わせ番号や Loppi申し込み番号が記載されていますので、取引が完了するまで大切に保管しておきましょう。 万が一間違えてレジで請求された場合は、売上金から自動で差し引かれることを伝えるようにしましょう。 2次元コードの下に表示されている「商品の発送をしたので、発送通知をする」という赤いバナーをタップします。 これで、ローソンからの「ゆうゆうメルカリ便」での発送は完了です! 【郵便局から発送する場合】ゆうゆうメルカリ便をローソン以外で発送するなら郵便局。 取扱郵便局が限られているので検索してから利用するようにする 「ゆうゆうメルカリ便」はローソン以外では、 郵便局から発送することもできます。 郵便局は営業時間が限られているため、早朝や夕方~夜に発送したい場合はローソンからの発送がおすすめです。 (メルカリが初めての方で、招待コードをお探しの方は「 KUPZDU」と入力するとくじを引くことができます。 くじに当選するとメルカリで買い物ができるポイントがもらえるので是非登録の時にチャレンジしてみてくださいね。 ) 合わせて読みたい(おすすめ記事) sanpogarden.

次の

「ゆうパケットプラス」とは?配送料やサイズ、専用箱の買い方を解説!

ローソン ゆう パケット プラス

ローソンで取り扱いがある配送サービスは 日本郵政が行なっているゆうパックやその他のサービスになります。 宅急便はヤマト運輸のサービス 宅急便はヤマト運輸が提供するサービス名なのでローソンで宅急便を出すことはできません。 ローソンで宅急便コンパクトを出すこともできない ヤマト運輸が提供しているサービス「宅急便コンパクト」もローソンでは出すことができません。 ご注意ください。 ローソンではゆうパックの利用が可能 日本郵政が取り扱っているゆうパックのみローソンでご利用いただくことが可能です。 仮になのですが、ゆうパック以外の伝票、例えばヤマト運輸の伝票に必要事項を記入して荷物と一緒にローソンに持ち込んでも受付することができません。 そういった場合、せっかく伝票に必要事項を記入したのに再度ゆうパックの伝票に同じ内容を記入しなくてはいけません。 面倒なことですし、手間にもなるのでローソンでの配送サービスのご利用はゆうパックやその他日本郵政の扱っているサービスのみと覚えておくと良いです。 荷物を用意してローソンに持ち込む• ゆうパックの利用の旨を店員さんに伝え必要な伝票をもらう• 必要事項を記入した伝票と荷物をレジに持っていきゆうパックの受付をしてもらう• お届けの日時やこわれもの指定、料金を確認する• お会計をする というような流れになります。 伝票は事前に書いてローソンに持ち込むと手続きがスムーズです。 伝票を記入していない場合でも、必要な伝票と一緒に ボールペンなど書くものも貸してくれますので、 実質荷物だけローソンに持ち込んでもゆうパックの利用が可能になります。 品名は必ずわかりやすく記載する このゆうパックの受付の際に注意事項があってそれが 品名の記入です。 ゆうパックの伝票に単純に品名 荷物の中身 を書き忘れてしまう方もいますが、品名の書き方もゆうパックの受付の際に非常に重要になります。 すると局員の方に 「もう少し詳しく記載してください」と言われたことがあります。 筆者の経験は郵便局でしたがローソンでも受け付けた荷物を郵便局の方が集荷に来ますので、その際に、「この品名では集荷することができない」となることもあるようです。 そうなると品名をざっくり書いてしまったがために郵便局やローソンから電話が入ったり、最悪、予定のお届け日時より荷物の到着が遅れてしまうことがあるかもしれません。 なので品名の記載は必ずわかりやすく、具体的に詳しく記入しましょう。 日時指定やこわれもの指定の仕方はかんたんで記入した伝票にチェックをつければその内容でローソンの店員さんが受付してくれます。 日時指定の選択方法 日時指定は日にちが配達予定日から10日以内の日を選択することができて、時間は 午前中 12時頃~14時頃 14時頃~16時頃 16時頃~18時頃 18時頃~20時頃 19時頃~21時頃 20時頃~21時頃 7つの時間帯から選択することができます。 こわれもの指定について 発送する荷物が電子機器やガラス類であると運送中に荷物が破損してしまわないか心配になることもありますよね。 ローソンでゆうパックを送る際もこわれものや天地無用などの指定をすることができます。 なお、 荷物の破損に関してゆうパックは最高30万円までの実損額を賠償します。 ゆうパックで送れないもの ゆうパックで送ることができないものもあります。 ゆうパックは通常信書以外のものを内容物とするものに限ります。 ただし、内容物に関する簡単なあいさつ状、請求書等の無封の添え状や送り状は同封することができます。 そして荷物の郵送に航空機が使われることもあり火薬類や引火性のあるものはゆうパックで送ることができません。 以下がゆうパックで送れないものになります。 出典: 各種クレジットカード、各種交通系電子マネー、楽天Edy、iD、WAON、QUICPay、支付宝(Alipay)、LINE Pay、楽天ペイ、d払い、Origami Pay、PayPay、QUOカードPay、WeChatPay、メルペイ、auPAY 他商品とまとめて会計することも可能 ローソンではゆうパックの受付の際に小腹がすいているからついでにLチキも買いたいなーというときでも会計をまとめて行えます。 ゆうパックの料金と他に購入したい商品を一緒にお会計してもらい、上記のキャッシュレス決済で支払いをすることも可能です。 ローソンで送れるゆうパックのサイズ規定 ローソンで利用可能なゆうパックにはサイズの規定があります。 ローソンで送れる荷物のサイズは 170サイズまでとなります。 それ以上はローソンで受付できませんので郵便局からの発送になります。 ゆうパックのサイズ規定 170サイズまでと聞いてどれくらいの大きさか想像がつかないので、ゆうパックのサイズ規定についてご紹介いたします。 ゆうパックは60サイズ~170サイズまでサイズが7段階に分けられています。 そのゆうパックの特徴として挙げられるのが 荷物のサイズに関係なく重さが25kgまでということです。 ヤマト運輸の宅急便では荷物のサイズ 大きさ or 荷物の重さで荷物サイズを判定しますがゆうパックの場合は重さが25kg未満であれば荷物のサイズ 大きさ でしかサイズ判定を行いません。 少しわかりにくいかもしれないので、さらに詳しく説明すると 例えば… 荷物の大きさが60サイズでも重さが10kgあった場合その荷物のサイズ判定は ヤマトの宅急便を利用した場合 100サイズとなってしまいます。 しかし ゆうパックの場合同じ条件の荷物を送る場合でも25kg未満なので荷物の大きさで判定した 60サイズがそのまま荷物サイズとなります。 この説明でご理解いただけたら幸いなのですが極端な話、荷物の重さが25kg未満であればゆうパックのサイズは荷物の大きさで判定されるということです。 なので 小さくて少し重たいもの を送る場合ゆうパックのほうが適していると考えられます。 ゆうパックの荷物サイズ規定概要 ゆうパックのサイズ規定概要は以下のようになります。 荷物の大きさをその荷物の縦・横・高さの合計とします。 やっぱり買い物の際もそうですが、荷物を送る際も少しでも料金が安いほうがいいですよね 笑 小さくて少し重たいくらいの荷物であればゆうパックのほうがお得に荷物の発送が可能ということがお解りいただけたと思うのですが、ここからローソンでゆうパックの手続きをした場合の料金についてみてみましょう。 料金は荷物のサイズとお届け先地域で異なる ローソンでのゆうパックの料金をご紹介するにあたってご理解いただきたいことがありまして、ゆうパックの料金は 荷物のサイズとお届け先地域で異なる ということです。 当たり前の話にも感じますが、この点はご認識ください。 東京から千葉に荷物を送るのと東京から沖縄に荷物を送るのには料金が変わります。 現在ゆうパックでは60サイズの荷物を810円から発送することができます。 ローソンで利用可能なゆうパックの割引サービス ローソンでゆうパックご利用になる際の割引サービスですが、 郵便局の窓口でゆうパックを利用するのと同様に割引サービスを受けることができます。 ローソンでも持込割引が適応される 複数口割引とは同じあて先に同時に2個以上のお荷物を送付するときに荷物1個につき60円割引が適応されます。 これらの割引サービスもローソンでゆうパックの発送手続きを行う際に適応されます。 ゆうパックスマホ割はローソンでは適応されない ゆうパックにはスマートフォンのアプリを使った「スマホ割」という割引サービスもありますが、ローソンではこのアプリを使ってのゆうパックの発送ができないため、スマホ割は適応されません。 一部非対応の店舗もあるようですが、郵便局のサイトにもローソンストア100でのゆうパックの受付を行っていると記載されていました。 ナチュラルローソンではゆうパックの利用が不可 ローソンにはもう一つナチュラルローソンという店舗があります。 このナチュラルローソンではローソンストア100と逆で、基本はゆうパックの取り扱いはおこなっておらず、一部の店舗では対応しているとのことでした。 ここに記載されている内容をご理解いただければローソンでゆうパックを出すのはご安心していただけると感じます。 重い荷物だったり、荷物が多かったりするとなかなか遠くまで運びたくないですよね。

次の

「ゆうパケットプラス」とは?配送料やサイズ、専用箱の買い方を解説!

ローソン ゆう パケット プラス

メルカリのから「ゆうパケットプラス」という配送サービスが新しくスタートしました! ゆうパケットプラスは「厚みがあってゆうパケットでは送れないけど、ゆうパックで送るほど大きくない商品」を送るのに適した配送方法となります。 送料も全国一律375円と格安のため、サービスがスタートしてからすぐに多くのメルカリ出品者が利用している発送方法です。 ですが、 「ローソンで専用ボックスが売っていると書いてあるのに売っていないよ!」という声が上がっています。 ゆうパケットプラスの専用ボックスはどこで買えるのか?本当にローソンでは取り扱いしていないのか?について詳しくご紹介します。 ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットプラスとは? まず、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットプラスについてご紹介します。 メルカリには、・・の3種類のメルカリ独自の配送サービスがあります。 その中のゆうゆうメルカリ便には、今まで小型サイズの「ゆうパケット」と宅配便サイズの「ゆうパック」の2種類しかなく、その中間サイズありませんでした。 そのため、少し厚みのある小型の商品を発送する場合「ゆうパケットだと厚みがオーバーしてしまうけど、ゆうパックで送るほどサイズが大きくないんだよなぁ。 それにゆうパックは送料が高いし・・・」と困ってしまう出品者は多かったのです。 そんなこともありゆうゆうメルカリ便では、中間サイズとして「ゆうパケットプラス」のサービスを開始したのです。 ゆうパケットプラスの送料やサイズ ゆうパケットプラスで送ることのできる荷物のサイズや送料は、下記となっています。 ゆうパケットは厚さ3cmまでと薄い商品しか送れませんでしたが、ゆうパケットプラスは厚さ7cmまで送れるのでとても助かります。 送料 配送料: 375円 税込 専用資材: 65円 税込 ゆうパケットプラスは専用の箱に商品を入れるため、送料とは別に箱を購入しなければいけません。 そのため、配送料は375円と一見格安ですがプラス箱代65円が必要になるため、つまり送料は全国一律で 440円ということになります。 ゆうパケットプラスの詳細については下記でご紹介していますので、こちらも参考に! ゆうパケットプラスの専用箱がローソンで売っていない? ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットプラスが2019年10月16日からスタートしましたが、「ローソンに箱が売っていない」とネット上で話題になっています。 ゆうパケットプラスの箱、ローソン2軒回ったけど売ってないー!店員も存在自体知らない様子。 — ゆずりは。 vMAFUYUv このように「え!?わざわざローソンに行ったのに売ってないって言われたよ!」という人が続出しているのです。 ですが、ゆうゆうメルカリ便の荷物の持ち込み場所(発送場所)は、ローソンか郵便局となっています。 発送場所にゆうパケットプラスの専用ボックスが売られていないのは、出品者としては困ってしまいます。 しかもローソンの店員さんまでゆうパケットプラスの存在を知らないというのは、これはまた別問題ですよね。 メルカリとローソン(店舗)での情報の共有ができていないのでしょうか・・・ ゆうパケットプラスの箱は一部のローソンでは売っていない そこで調べてみたところ、ゆうパケットプラスの専用箱は 一部のローソンでは売っていないことがわかりました。 これは郵便局のHPとメルカリガイドに記載がありました。 簡易郵便局や、郵便窓口、ゆうゆう窓口のない一部の郵便局を除きます。 一部ローソン店舗においては、ゆうパケットプラス専用箱の販売を行っておりません。 引用: メルカリガイド Q, ゆうパケットプラスの専用資材はどこで買えますか? A, ゆうパケットプラスのご利用は、専用の包装資材 箱 が必要です。 郵便局・メルカリストア・ローソンでお買い求めください。 メルカリストア 引用: 郵便局HPとメルカリガイドどちらにも「一部ローソン店舗においてはゆうパケットプラス専用はこの販売は行っていません」と書かれていました。 つまり、ローソンの店舗によってはゆうパケットプラスの箱の販売が行われていないため、 その店舗からゆうパケットプラスを発送する場合は事前に箱を調達しておく必要があります。 ゆうパケットプラスは専用の箱がないと発送ができないため、そこの店舗以外のローソンか郵便局で箱を購入するしかありません。 また、郵便局でもゆうパケットプラスの箱が売っていない郵便局もあります。 「簡易郵便局や、郵便窓口、ゆうゆう窓口のない一部の郵便局を除きます」と記載があるため、 最低限の郵便サービスしか取り扱っていない小さい郵便局だと箱が売っていない可能性があります。 ただし、同じゆうゆうメルカリ便の「ゆうパケット」と「ゆうパック」については、梱包資材に決まりはなく出品者が自由に梱包ができるため、ゆうパケットプラスの箱が売られていない店舗であってもすぐに発送は可能です。 「一部」としか書いていないため調べることができない このゆうパケットプラスの箱の販売については、メルカリガイドにも郵便局のHPにも「一部のローソンを除く」「一部の郵便局を除く」としか書かれていないため、具体的にどこの店舗で取り扱っていないかが書かれていません。 また、でも、ゆうプリタッチの取り扱いがあるかしか表示されないため、ネット上ではゆうパケットプラスの箱が買えるかどうかがわからないのが現状です。 これでは「ゆうパケットプラスの箱が売っていないから発送ができない!じゃあ高いけどゆうパックで発送しようかな・・・」と割高の送料を払って渋々ゆうパックで発送する人が出てしまうのも想像ができます。 最寄りのローソンや郵便局にゆうパケットプラスの箱が売っていない場合の対処法 メルカリで売れた商品をゆうゆうメルカリ便で発送する場合、自宅から一番近いローソンか郵便局で発送をする人が多いです。 ですが、「最寄りのローソン・郵便局にゆうパケットプラスの箱が売っていない!」となると他の方法を考えなければいけません。 その場合は、下記の対応になります。 電話は面倒ではありますが「実際に発送場所まで行ったのに箱がなかった!」となるよりかはマシです。 電話ならすぐに確認ができるので、近くのローソンと郵便局に聞いてみましょう。 メルカリストアは下記の操作で見ることができます。 メルカリアプリのトップページ>検索窓下のカテゴリーの中の「ストア」 ゆうパケットプラスの箱は、5枚セットで325円で販売されています。 箱が1枚65円なので、そのままの定価の価格で購入することができます。 (セット販売であっても安くはありません) メルカリストアで購入をすれば家まで箱を届けてもらえますし、メルカリのポイントやメルペイ残高(売上金)で購入することも可能です。 ただし、メルカリストアは2000円以上で送料無料となりますが、それ以下だと 送料350円がかかります。 他にも購入したい梱包資材があれば、まとめて購入することをおすすめします。 店舗によってゆうパケットプラスの箱が売っていない場合も!事前確認をするように! 以上が、ゆうゆうメルカリ便のゆうパケットプラスの箱がローソンに売っていないというお話でした。 ゆうパケットプラスの箱は、残念ながら一部の郵便局とローソンでは販売されていません。 ですが、私の自宅近くのかなり小さめの郵便局ではゆうパケットプラスの箱の取り扱いがあったため、ローソンよりも郵便局の方が取り扱っている可能性が高いです。 また、ローソンの場合は店員さんがゆうパケットプラスの存在自体を知らないというケースもあり、店員さんまで情報が行き届いていないことが考えられます。 ですが、郵便局であれば自社の配送サービスのため、確実にゆうパケットプラスについての詳しい情報を知っているはずです。 個人的にはローソンよりも郵便局で発送する方が安心だと思いますので、まずはローソンよりも最寄りの郵便局に確認してみることをおすすめします。

次の