生き てる だけ で 丸儲け。 【感動】生きてるだけで丸儲けの本当の意味!明石家さんまの壮絶過ぎる人生とは!?

さんまの壮絶すぎる人生…「生きてるだけで丸儲け」の本当の意味が話題に…

生き てる だけ で 丸儲け

「努力は不要である」ということを分かりやすい論理で解説してくれる脳科学者の中野信子氏。 明石家さんまさんの「生きてるだけで丸儲け」という言葉がありますが、その言葉についても非常に分かりやすい説明をしてくれてますよ。 長寿の秘訣です! 中野信子氏「生きてるだけで丸儲け」は生物学的にも正しい 長寿の秘訣は「戦わないこと」「無駄な努力をしないこと」 徳川家康というのは長生きしたことでご存知だと思うんですけど、戦国武将で彼より長生きした人は何人か知られていて。 徳川家康は75歳で亡くなったんですが、今川氏真(77歳)、島津義久(79歳)、武田信虎(81歳)、宇喜多秀家(84歳)。 長生きした人は共通して「決戦」よりも「自分の生活をどう楽しむか?」ということに後年ずいぶん心を砕いていくんですね。 歌の先生になってみたりとか、お茶の先生になってみたりとか。 そういう風にして余生を過ごすんですね。 ほとんどの生物の目的というのは「生き延びること」と「子孫を残すこと」なんですね。 ですが人間だけはそうではない。 「ひと花咲かせよう!」みたいなのがあって、これがすごい特異的なんですよ。 本当は生き延びて生殖するために脳ができたんですけど、でもその脳が発達しすぎてしまったがために「ひと花咲かせよう!」ができちゃうわけです。 脳科学を通して伝えたいことはシンプルで「生きている者が勝ち!」ということです。 私たちが生きているのは、それだけで実績なわけですよ。 「生き延びるため」と「生殖するため」ということを考えると、自分がここにいるということは結果なので、ここから先のことは「おまけ」です。 おまけの人生ですから、楽しんでいただきたい。 引用元:. 人生一度だから「ひと花咲かせたい!」「今よりももっと良くなりたい!」と考える人は多いんじゃないですかね。 ぼくもめちゃくちゃ思ってますね(笑) 中野信子氏は他にも「金、地位」などの表面的な結果だけを追い求めることで、脳は本来のエネルギーを失うということも説かれていますが、だからこそプロセスに着目した「成長したい」「学習したい」「今よりも向上したい」などの欲求は、優秀な子孫を残すためにも正しいモチベーションなのかもしれません。 欲があるのは良いこと。 でも成果を出す人は「欲」を向ける先が全く違う! ぼくの周囲にいるビジネスで成功している人が、欲の強さがハンパじゃ無いです。 でもね、欲を向ける先が人とはぜんぜん違うんですよ。 普通であれば「金、地位、モノ、異性にもてたい」とかに向くと思うのですが、一番最初に「人に喜んでもらいたい」「自分が成長したい」「働きやすい会社にしたい」とか、そのプロセス自体に意味のあることを設定し、その結果として成果がついてくるような順番です。 欲があることは良いことなんですけど、表面的な欲求は後から付いてくるものとして、自分でコントロールできる「プロセス」に全神経を集中させてるんですね。 参考:中村獅童氏「自分の気持ちを入れないと拍手はもらえない」 ビジネスにも共通する真理が刺さった!. 「おまけ」の人生は楽しむしか無い ぼくの知人でも、一度生死をさまよった人が何人かいますが、みんな「もうこの先の人生はおまけだ」的なことをよく言います。 「生きてるだけで丸儲け」は頭で理解していても、自分で実際に死に際を体験しないと、そこまで深く思える言葉ではないのかもしれません。 それでも生物学的に「生き延びる」「生殖する」が本来の機能なのであれば、ここまで生き延びた時点でそれは優秀な生物である証拠なので、ここからはいかにして人生を楽しむかを考える時期なのかも。 そうして自由に楽しんだ結果として、賛同してくれる人が付いてきたり、お金や実績などもついてくるんですよ。 今後に注目!フォローしよう! 公式サイト:. ブログ:.

次の

生きてるだけで丸儲け 明石家さんまの名言が嫌いな人に伝えたいこと

生き てる だけ で 丸儲け

「生きてるだけでまるもうけ」。 タレントの明石家さんまさんの座右の銘で、娘さんのIMALUさんの名前の由来としても有名になった言葉です。 この言葉の裏には、さんまさんの凄絶な生い立ちも関係しているとも言われています。 この「生きてるだけでまるもうけ」は、実はある禅僧の教えでもあります。 その僧侶とは、鎌倉の建長寺の開山、つまり初代住職となった蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)です。 建長寺の宗務総長を長くつとめられた高井正俊師によれば、蘭渓道隆のこんなエピソードが今に伝えられています。 今、現に生きていることこそ全て ある日のこと、一人の武士が蘭渓道隆のもとを訪れたそうです。 武士「昨日、ひどい戦いに巻き込まれてしまい、あわや死ぬところでした。 今も怖くて仕方がありません。 どうしたら良いのでしょうか?」 蘭渓道隆「あんた、屋敷からこの庵まで、どうやって来たのだ?」 武士「屋敷からお寺の山門までは馬に乗ってきました。 山門で馬を下りて、この庵までは歩いてまいりました」 蘭渓道隆「それで良いじゃないか……」 要するに蘭渓道隆は、武士に「今、現に生きていることこそ全てだ。 それ以外に何を求めるのだ」ということをさとしたのです。 つまり、この教えを現代流に言いかえれば「生きてるだけでまるもうけ」になるというわけです。 禅はシンプルで自由、そして現実的です。 スッと心に心に響く「生きてるだけでまるもうけ」は、まさに禅の極意とも言える言葉なのです。 (出典:『日本のリーダーはなぜ禅にはまるのか』(著者:正木晃)) (K).

次の

脳科学者・中野信子氏が教える「生きてるだけで丸儲け」の意味とは…?

生き てる だけ で 丸儲け

あっそうなの?君がこしらえたものだと思ってたけど。 と言ったが、さんまはそう断言し、師匠への敬意を払った。 ちなみに、さんまの娘である『IMALU(いまる)』という名前は、明石家さんまこの『 生きてるだけで 丸もうけ(い、まる、が含まれている)』から取って命名された。 実は、この『いまる』という名前、そのどちらの主張を考えてみても『禅の教え』に接触していることになる。 PRESIDENTにはこうもある。 『歳月不待人(さいげつひとをまたず)』 今日という一日は二度と帰ってきません。 やる気が起きず、ダラダラと過ごしてしまうのは、確実に明日があるという思い込み。 『今』を大事に生きることです。 さらなる詳細は上の記事に書いたが、禅の教えとは、『今を生きる』についても、『足るを知る』についても説いていて、卓越されているのである。 もこの禅の教えを学び、『自分は何をやりたいのか』を考え抜き、生きる道を見出した。 ちなみにさんまが生まれたというのは、このスティーブ・ジョブズ、、等の超ビッグスター揃いで、さんまが頭一つ抜けて実力を発揮し続けるのは、実力以外の何かの力が働いていると考えても、何らおかしなことではない。 さて、そんな『何かに恵まれている』という印象を浮かべることもできる明石家さんまの人生だが、それはただの結果論であり、後付け的に評価しているだけに過ぎない可能性がある。 ネット上の情報をどこまで信用するべきかは問題だが、それは紙でもテレビでもどんな媒体でも同じことだ。 もし私が得た情報が本当なら、明石家さんまの母は3歳の頃に亡くなり、弟は19歳の頃に火事で亡くなった。 また、一歩間違えれば 日本航空墜落事故に巻き込まれていた可能性があり、たまたま収録が早く終わってその便を変更したことで、九死に一生を得たという。 さんまが別れた妻、大竹しのぶのことを毎度の様にネタにするのは、自分の家族ネタをひた隠すための、ダミーだという話もある。 さんまを古くから知る、浅田美代子がそう言ったというのだ。 さんまはナインティナインの岡村に、.

次の