たいらや 古河。 1年

1年

たいらや 古河

本社所在地 〒196-0022 東京都昭島市中神町1160番地1 設立 代表者 代表取締役社長 平邦雄 資本金 33億1840万円 (2020年2月) 売上高 連結1266億円 (2020年2月期) 純資産 連結148億円 (2020年2月) 総資産 連結415億円 (2020年2月) 従業員数 3357人(2020年2月) 決算期 2月末 主要株主 株式会社琢磨 20. に加盟。 食品スーパー「エコス」「TAIRAYA」を、(東京都、、、、、、)とに展開。 傘下には、北関東地域に展開する「たいらや」、茨城地区に展開している「スーパーやまうち」「マスダ」がある。 としてNatuLive(ナチュライブ)を展開。 沿革 [ ]• (9年) - 「八百元」として、東京都で創業。 (昭和35年)3月 - 「八百元」を総合食品店「たいらや」に業態転換。 (昭和40年)12月 - (有)たいらや商店設立。 (昭和54年)12月 - 東京都にスーパーマーケット1号店として吉野店を開店。 (昭和59年)9月 - (有)たいらや商店をし、(株)スーパーたいらやを設立。 (2年)3月 - 共同仕入等を事業とする、セルコチェーンに加盟。 (平成3年)3月 - (株)トーワマートと合併。 (株)たいらやに商号変更。 (平成4年)3月 - (株)味好屋(本社・埼玉県、店舗数14店)と合併。 (平成8年)10月 - 日本証券業協会(現・)に株式を店頭登録。 (平成9年)7月 - (株)より食品スーパーマーケットチェーンの営業権を譲り受け、(株)たいらや北関東(現・(株)たいらや)の営業を開始。 (平成10年)7月 - (株)から3店舗を譲受。 (平成11年)9月 - (株)(本社・茨城県(現・))と合併。 商号を(株)エコスに変更。 (平成13年)11月 - エコスグループ茨城物流センター稼動開始。 (平成15年)2月 - 松菱商事(株)(現・(株)シーズンセレクト 本社・静岡県)を連結子会社化。 (平成16年)• 3月 - 東京証券取引所市場第二部に株式上場。 8月 - (株)マスダ(本社・茨城県)を連結子会社化。 11月 - (株)やまうち(本店・茨城県)を連結子会社化。 (平成17年)2月 - 東京証券取引所市場第一部に指定替え。 (平成18年)10月 - エコス川越惣菜工場(埼玉県)が完成し、稼動開始。 (平成19年)• 2月 - エコス所沢物流センター(埼玉県)稼動開始。 3月 - ニチリウグループ()に加盟。 (平成20年)• - 連結子会社(株)シーズンセレクトの全株式を(株)に売却。 10月 - (株)マスダが(株)やまうちを合併(存続会社は(株)マスダ)。 (平成21年)12月 - 全店でが利用可能に。 (平成22年)9月 - 狭山リサイクルセンター、茨城リサイクルセンターを設立。 (平成26年)9月 - 物流子会社・(株)TSロジテックを設立。 店舗 [ ] 現行店舗はを参照 かつて存在した店舗 [ ] 旧ハイマート [ ]• 真岡長田店 エコス [ ]• 中根店• 笠間店• 市川店 マスダ [ ] 茨城県• 岩井店• 古河店• 古河東店• 大岩田店• 伊奈店(農機具などの店)• 藤代店(建物解体済み) 千葉県• 野田店 松菱マート [ ]• 南浅田店(9月閉店)• 福田店(2008年9月閉店) たいらや [ ] 栃木県• 鶴田店(旧鶴田店) 電子マネーへの取り組み [ ] (株)たいらやの運営する店舗でのみとが利用可能。 クレジットカード、、も利用可能。 グループ会社 [ ]• 株式会社たいらや(本社・栃木県)• 株式会社マスダ(本社・茨城県)• 株式会社TSロジテック(本社・東京都)• 株式会社平成(本社・東京都昭島市)(非連結子会社) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

エコス

たいらや 古河

本社所在地 〒196-0022 東京都昭島市中神町1160番地1 設立 代表者 代表取締役社長 平邦雄 資本金 33億1840万円 (2020年2月) 売上高 連結1266億円 (2020年2月期) 純資産 連結148億円 (2020年2月) 総資産 連結415億円 (2020年2月) 従業員数 3357人(2020年2月) 決算期 2月末 主要株主 株式会社琢磨 20. に加盟。 食品スーパー「エコス」「TAIRAYA」を、(東京都、、、、、、)とに展開。 傘下には、北関東地域に展開する「たいらや」、茨城地区に展開している「スーパーやまうち」「マスダ」がある。 としてNatuLive(ナチュライブ)を展開。 沿革 [ ]• (9年) - 「八百元」として、東京都で創業。 (昭和35年)3月 - 「八百元」を総合食品店「たいらや」に業態転換。 (昭和40年)12月 - (有)たいらや商店設立。 (昭和54年)12月 - 東京都にスーパーマーケット1号店として吉野店を開店。 (昭和59年)9月 - (有)たいらや商店をし、(株)スーパーたいらやを設立。 (2年)3月 - 共同仕入等を事業とする、セルコチェーンに加盟。 (平成3年)3月 - (株)トーワマートと合併。 (株)たいらやに商号変更。 (平成4年)3月 - (株)味好屋(本社・埼玉県、店舗数14店)と合併。 (平成8年)10月 - 日本証券業協会(現・)に株式を店頭登録。 (平成9年)7月 - (株)より食品スーパーマーケットチェーンの営業権を譲り受け、(株)たいらや北関東(現・(株)たいらや)の営業を開始。 (平成10年)7月 - (株)から3店舗を譲受。 (平成11年)9月 - (株)(本社・茨城県(現・))と合併。 商号を(株)エコスに変更。 (平成13年)11月 - エコスグループ茨城物流センター稼動開始。 (平成15年)2月 - 松菱商事(株)(現・(株)シーズンセレクト 本社・静岡県)を連結子会社化。 (平成16年)• 3月 - 東京証券取引所市場第二部に株式上場。 8月 - (株)マスダ(本社・茨城県)を連結子会社化。 11月 - (株)やまうち(本店・茨城県)を連結子会社化。 (平成17年)2月 - 東京証券取引所市場第一部に指定替え。 (平成18年)10月 - エコス川越惣菜工場(埼玉県)が完成し、稼動開始。 (平成19年)• 2月 - エコス所沢物流センター(埼玉県)稼動開始。 3月 - ニチリウグループ()に加盟。 (平成20年)• - 連結子会社(株)シーズンセレクトの全株式を(株)に売却。 10月 - (株)マスダが(株)やまうちを合併(存続会社は(株)マスダ)。 (平成21年)12月 - 全店でが利用可能に。 (平成22年)9月 - 狭山リサイクルセンター、茨城リサイクルセンターを設立。 (平成26年)9月 - 物流子会社・(株)TSロジテックを設立。 店舗 [ ] 現行店舗はを参照 かつて存在した店舗 [ ] 旧ハイマート [ ]• 真岡長田店 エコス [ ]• 中根店• 笠間店• 市川店 マスダ [ ] 茨城県• 岩井店• 古河店• 古河東店• 大岩田店• 伊奈店(農機具などの店)• 藤代店(建物解体済み) 千葉県• 野田店 松菱マート [ ]• 南浅田店(9月閉店)• 福田店(2008年9月閉店) たいらや [ ] 栃木県• 鶴田店(旧鶴田店) 電子マネーへの取り組み [ ] (株)たいらやの運営する店舗でのみとが利用可能。 クレジットカード、、も利用可能。 グループ会社 [ ]• 株式会社たいらや(本社・栃木県)• 株式会社マスダ(本社・茨城県)• 株式会社TSロジテック(本社・東京都)• 株式会社平成(本社・東京都昭島市)(非連結子会社) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

エコス

たいらや 古河

エコスグループの 株 たいらや(栃木県宇都市、平典子社長)は4月6日(金)に、食品スーパーマーケット「TAIRAYA古河店」を新規オープンする。 売場面積は507坪。 同店は、2017年8月13日に閉店したギガマート古河店跡への出店だ。 場所は、東北本線古河駅から徒歩20分の住宅街に位置する。 駐車場110台、駐輪場60台。 年間売上目標は12億円を見込んでいる。 これによりエコスグループの店舗数は、エコス72店舗、たいらや27店舗、マスダ14店舗の113店舗となる。 エコスは今日4月6日 金 に、2018年2月期の業績予想を上方修正した。 営業収益は当初予想から23億円増の1173億3100万円へ、営業利益は36億5500万円、経常利益38億1500万円、純利益20億8300万円へ上々の修正である。 売上総利率が改善し、販管費が当初予想を下回ったことが主な理由だ。 業績好調が続いているが、営業利益面ではたいらやの貢献も大きい。 62㎡) 駐車場台数/110台 駐輪場台数/60台 開店日/2018年4月6日(金) 年間売上目標/12億円 営業時間/9:00~21:45 レジ台数/7台(レーン6台・サービスカウンター1台) 従業員数/延べ人数80名 店長/船橋由信(ふなばしよしのぶ) 副店長/根本満(ねもとみつる).

次の