オセロニア ヨシノ デッキ。 【PR】逆転オセロニア【攻略】: 初手X打ちはもう古い?竜属性デッキの定石とデッキ編成例を紹介

【オセロニア】ヨシノ高HP特殊ダメージデッキの戦い方・おすすめレシピ

オセロニア ヨシノ デッキ

リーダーにしたい駒とその戦い方をまとめて紹介! デッキのリーダーに設定したキャラクターは、対戦時に必ず最初の手駒に含まれている。 リーダー以外の駒はランダムで選ばれるため、初めから持っておきたいキャラクターや最初に出したいキャラクターはリーダーにしておくことが重要だ。 ここではリーダーにしておきたいキャラクターを属性別ごとにご紹介。 自分の使っているデッキのプレイスタイルに合わせたリーダーを選ぶようにしよう。 なお、ここで紹介しているのは、一般的によく使われるものを対象としてしている。 決戦でよく使うアンデッド駒や、コスト30の絶望決戦駒などは、選定から除外しているので留意してほしい。 神属性 通常攻撃にバフかけたい!• 通常攻撃で殴るデッキ• 4倍の全属性オーラバフ 超駒 1. 3倍の全属性オーラバフ プレミアム 1. 4倍の神駒オーラバフ ニューイヤー 1. 4倍の神駒オーラバフ バトルコイン 1. 3倍の全属性オーラバフ バトルコイン 1. 3倍の全属性オーラバフ 決戦 蘭陵王を筆頭に、神属性には通常攻撃にバフをかけられるリーダーが多い。 高いHPを生かしたい!• HP依存の特殊ダメージで序盤からガンガン攻めるデッキ• 代償スキルで攻めるデッキ• 最大HPに依存してダメージを与える駒を多めに編成するデッキにおすすめだ。 なお、代償を回復するリーダーに関しては、発動条件の関係で、デッキをすべて神属性で統一する必要があるので注意しておこう。 耐久したい!• 時限召喚デッキ• シーラーザードリーダーの回復耐久デッキは定番といえるだろう。 ヘルヴィナについては、7ターン時限という発動まで時間がかかる召喚スキルの影響で、早めに出しておきたい駒といえる。 性能的にリーダーである必要はないが、確実に発動させるためにリーダーにした方がおすすめだ。 魔属性 通常攻撃にバフかけたい!• 通常攻撃で殴るデッキ• 3倍の魔駒オーラバフ 呪いストラクチャー 1. 1倍の魔駒オーラバフ 決戦 最大1. 4倍の魔駒オーラバフ(HPが減少するほど上昇) ニューイヤービンゴ あまりイメージはないかもしれないが、魔駒にもATKバフを持ったリーダーは存在する。 最近はのような強力な通常攻撃ダメージを出せる駒も増えてきているので、魔の通常攻撃デッキを作ってみると面白いかもしれない。 ガンガン攻めて押し切りたい!• 先行逃げ切りデッキ 名称 性能 入手法 相手のHPの17%の特殊ダメージ 超駒 相手のHPの16%の特殊ダメージ プレミアム 自分のHPの11%の特殊ダメージ 魔コレ リーダーにすることで、強力な効果を確実に発動するようなデッキ。 進化ヨシノやフルカスのスキルは、相手のターン開始時のHPに依存する。 序盤に出すとダメージが大きいことがリーダーにする理由だ。 そのまま確実にダメージを稼いで逃げ切るデッキは多くの人が利用している定番デッキの1つとなっている。 また、A駒だが、闘化アルカードも似たようなスキルを持っている。 カップ戦など、進化ヨシノやフルカスが使えないときに起用してみよう。 呪いを使いたい!• 呪いデッキ• ベルゼブブデッキ 名称 性能 入手法 相手の手駒を2つ呪いを付与する 呪いストラクチャー 盤面に2つ、呪い駒を召喚する 超駒 2ターンの間、相手の手駒2つに呪いを付与する 超駒 呪いに特化したデッキにおすすめのリーダー駒。 リーダーに設定したときのみ呪いを2つ付与できるヴォルートは、呪いデッキのリーダー筆頭。 同じくよくリーダーとして使われるのが闘化ロスカ。 召喚駒のルーシーはコンボスキルで呪いを付与できる上、カウンター駒としても優秀。 最強呪い駒の闘化ベルゼブブの発動条件を満たしやすくするところも魅力の1つだ。 そのベルゼブブはリーダーにする必然性はないが、やはり早めに出した方が呪いの特性上効果が大きい。 「盤面に魔駒2枚以上」の条件を満たすのは意外に難しいので、出せるタイミングで確実に出すために、リーダーにすることも多い駒だ。 毒を使いたい!• 毒バフデッキ• 毒駒を多く編成したデッキでおすすめだ。 ターン経過とともに毒ダメージが上がるヘイラン、闘化スパルムは長くオセロニアで使われ続ける定番リーダー。 この種のリーダーの場合は、神駒をメインに編成して、耐久しながら確実にダメージを稼いでいくことができる。 多くのデッキと相性がよく、安定感が抜群だ。 その毒耐久デッキの最新といえるのが闘化納涼・メフィストをリーダーにしたデッキ。 オーラ駒であるため、盤面に出す必要すらないところが最大の強み。 1ターン目から700のダメージを与え続ける強力デッキとして、大流行している。 吸収を使いたい!• 吸収バフデッキ• 希少なだけに吸収効果を高めるバフは非常に強力。 進化モルモーは廻魏羅を超える吸収バフだが、発動条件が厳しく、対人戦で発動するのはかなり難しい。 神属性の決戦用の駒として利用していこう。 ひっくり返されると別の駒に移動できる回避持ちの進化夜行は、コンボスキルが吸収。 よほどのことがない限り盤面に居座り続けるため、何度も吸収を利用するデッキを編成することができる。 竜属性 通常攻撃にバフかけたい!• 速攻竜デッキ 名称 性能 入手法 1. 4倍の竜駒バフ プレミアム 1. 3倍の全属性バフ サマーガチャ 1. 3倍の竜駒バフ 超駒 闘化デネヴは最も多く使われているといっていい、竜デッキのリーダー筆頭。 レジェリーダーのデッキも少なくないが、進化ルキアに引っかかるリスクがあるところには注意したい。 闘化サマー・デネヴは、竜駒唯一といっていい全属性バフリーダー。 カップ戦で、ほかのリーダー駒がコスト増になっているときに、意外に使う機会が多い。 自分に呪いを付けたい!• 暗黒デッキ 名称 性能 入手法 1. 3倍の竜駒バフかつ毎ターン手駒を1つ呪いにする プレミアム 1. 3倍の竜駒バフかつ毎ターン手駒の呪いではない駒を1つ呪いにする サマーガチャ 自分の手駒が呪いであることが条件の、暗黒デッキで利用するリーダー。 ヴィグラスとアイトワラスは似ているが、「呪いではない駒を呪いにする」という点で、アイトワラスの方が優秀。 新たな暗黒デッキのリーダーとして使ってみよう。 C 2016 DeNA Co. ,Ltd. and Megahouse•

次の

【オセロニア】これぞ魔属性の集大成!闘化ヨシノ編成デッキ

オセロニア ヨシノ デッキ

回復耐久系デッキ 戦い方とデッキコンセプト このデッキの特徴は、大きなHP差を保ちながら対戦を有利に進めることができるところです。 回復や防御で自分のHPを高く保ちつつ、特殊ダメージや毒で序盤から相手のHPをどんどん削っていくことが基本的な戦術となります。 また、高HPを利用して自傷スキルで大ダメージを狙うのも手です。 まずは[進化]ヨシノを初手から出して大ダメージを与えましょう。 蘭陵王などのオーラバフリーダーと違って、初手に出す駒が決まっているのはいいですね。 初手の手駒運が悪くても大ダメージにはなりにくいです。 基本的に特殊ダメージで相手のHPを削っていくので、特殊ダメージ罠には注意しましょう。 おすすめデッキサンプル デッキテンプレ画像は「攻略アプリ~逆転の書~for逆転オセロニア」のデッキシミュレーターを使っています。 レアリティ キャラ S駒 【リーダー】[進化]ヨシノ/[闘化]ティターニア/[闘化]ヴィクトリア/[進化]アンドロメダ A駒 2周年・ザフキエル/ハロウィン・メーティス/風花/メルノガイス/エンデガ/[進化]ザフキエル/[進化]ヴァイセ/サマー・ピリキナータ/碧音/[闘化]ブランジェッタ/[闘化]リッチ/[進化]ルキア コスト200 一時代を築いた、HPをなるべく高くした守備力が強いデッキです。 レアリティ キャラ S駒 【リーダー】[進化]ヨシノ/[闘化]天照大神/[闘化]サマー・シュクレ/[進化]アンドロメダ A駒 サマー・ピリキナータ/碧音/黄金・リッチ/[闘化]ブランジェッタ/[闘化]リッチ/[進化]ルキア/2周年・ザフキエル/ハロウィン・メーティス/メルノガイス/エンデガ/[進化]ザフキエル/[進化]ヴァイセ コスト200 こちらも一時代を築いた、攻撃型のデッキです。 次点で魔S駒のフルカスですね。 神S駒だと[進化]ラニも初手で大ダメージを与えることができます。 しかし、デッキ編成やデッキコンセプトが大きく変わってきます。 [進化]ラニより優れている点は、[進化]ヨシノであれば、先攻後攻に関わらず大ダメージを与えることができることです。 ただし 相手が先行で初手に[闘化]ロスカや特殊ダメージ罠を打たれると厄介です。 [闘化]ロスカを打たれた場合は、ルーシーを返さないタイミングで[進化]ヨシノを出すか、X打ちもありです。 初手に罠を置かれた場合は、ヨシノを出すかどうかの判断に迫られますね。 素直にヨシノを出してもいいですが、特殊ダメージ罠だった時の覚悟が必要です。 【その2】リーダー以外にも序盤に大きな特殊ダメージを与えることができる駒を編成しよう [冥霊召喚]ブランジェッタ 特殊ダメージ防御や特殊ダメージ罠は、このデッキの天敵です。 せっかくの特殊ダメージも、カットされてしまっては火力不足になってしまいます。 罠で返されても痛いですよね…… 防御や罠に影響されない毒スキル搭載駒をデッキに入れましょう。 S駒では[進化]アズリエル、A駒では[闘化]ブランジェッタや[闘化]リッチがおすすめです。 [闘化]ブランジェッタはダイヤモンドクラスにならないと入手できないですが、アズリエルはぜひ手に入れましょう。 ただし、「自分の受ける毒ダメージと回復を反転させる」アンデッドスキルには注意が必要です。 【その4】防御スキルや回復スキルでHP差を維持しよう [輝ける日輪]天照大神 手駒によっては相手のHPを大きく削る駒がなかなか引けない時があるかもしれません。 防御スキルや回復スキルを使ってHP差を保ったまま数ターン稼ぎましょう。 高HPヨシノデッキと、防御スキルや回復スキルはかなり相性がいいです。 それぞれの代表的な駒をピックアップしました。 どのスキルの駒を編成するかは個人の好みにもよります。 【その5】HPが高い駒を編成しよう [剣華の舞姫]モルジアナ 竜駒はHPを下げてしまうため、編成しません。 そのため序盤から特殊ダメージでガンガン攻めても、最後にフィニッシャーがいなくて押し負けてしまう可能性があります。 フィニッシャーとして、強力な特殊ダメージスキルを持つ駒を編成しましょう。 ライフバーストスキルに注目! ライフバーストとは、HPが減少しているほど大きな特殊ダメージを与えるスキルのことです。 スキルで強力なライフバーストを持つのは、魔S駒の[進化]ルクスリアや神A駒の[進化]ヴァイセがいます。 コンボスキルでは、神A駒の[進化]メーティスや[進化]ザフキエルなどです。 これらの駒を繋げて、特殊ダメージでフィニッシュしましょう。 また代償ダメージが諸刃の剣ですが、神S駒の[進化]モルジアナや[進化]バステト、[進化]ユルグなどもオススメです。 特にモルジアナの火力はピカイチ! ただしこれらの駒を使うときは、残りのHPに注意が必要です。 あとは[進化]アンドロメダもおすすめですね!。

次の

【オセロニア】最速ベルゼが勝利のカギ!ヨシノリーダーベルゼブブ入りデッキ(ヨシブブデッキ)

オセロニア ヨシノ デッキ

先攻がB5に置いて後攻のHPが残った場合は、後攻はE1に置いて相手のHPを削りきろう。 ただ、先攻がB5においてきた時点でこちらのHPが残っていない可能性も高いので、後攻は相手の手駒に強力なフィニッシャーがないことを祈るしかないだろう。 もちろん、相手が出してきた駒次第ではこの攻め方をしないほうがいいこともあるので、他の竜属性デッキの攻め方も覚えておこう。 現環境の定石に対応できる駒は? 竜属性デッキでは、リーダーバフの、だけでなく、を編成して、短期決戦に持ち込むプレイヤーが多くなっている。 しかし、リーダーバフと闘化ランドタイラントが手駒にそろっていると、残りの2枠の駒で対戦を進めていかなければいけなくなる。 この場合、発動条件の厳しい駒をデッキに編成していると手駒事故になりやすいので、なるべく無条件で発動できるものを優先していこう。 竜属性デッキでは、B駒でもしっかり倍率を出していくことが大切だ。 もちろん、スキルで大ダメージは出せないので、コンボスキルを使ってS・A駒のダメージを引き上げられる駒を選定していこう。 おすすめのB駒は以下のとおり。 どちらもコンボスキルは最大1. 5倍まで出せる。 金色ドラゴニュート・ルゥは、竜駒1枚あたり1. 1倍しか上がらないが、スキルのバフが強力なので、イヌンダシオンにも並ぶダメージが出せるはずだ。 これらを持っていないという人は、、などの駒を使うといいだろう。 竜属性デッキ編成例 ここでは相手がどんなデッキを使ってくるかを想定して、3パターンの竜属性デッキを挙げていく。 もちろん、マッチングはランダムなので、想定とはちがうデッキと当たることもあるので注意してほしい。 貫通を軸にする場合(通常時).

次の