和文英訳サイト。 瞬間英作文 練習ツール

和文英訳を勉強するならこの参考書だけは絶対知っとけ!っていう1冊

和文英訳サイト

学校で何年も英語を習ってきたのに、思うように上達しないという声をよく聞きます。 特に英文和訳以上に難しいといわれるのが、和文英訳です。 しかし仕事上、日本語を英語に翻訳しなければならないときもあることでしょう。 特に最近では、企業のホームページやオウンドメディアの多元語化の必要性が叫ばれています。 担当を任された社員の方は、そこそこ英語経験があったとしても重荷に感じるでしょう。 実は和文英訳にはちょっとした落とし穴があり、それを知ったうえでコツを覚えれば、ある程度自然な英語に翻訳することができるのです。 そしてそれ以上の高いレベルの和文英訳を求めるのであれば、プロの翻訳者や翻訳会社に任せるのが賢明です。 今回は自分で和文英訳などの翻訳作業をするときに役立つ、知っておくべき落とし穴や覚えておくべきコツを紹介します。 そしてプロの翻訳者に頼むとどう違うかということもあわせて解説します。 FUKUDAIの翻訳サービス• 和文英訳が難しい理由 そもそも英語と日本語は、全く異なる言語であるという点を認識しなければなりません。 そこを認識すれば自分が苦手な部分が浮き上がってきて、効果的な学習方法が見えてくることがあります。 英語と日本語のいわば構造的な違いを、少し詳しく解説していきます。 文法=言語の構造の違い どんな言語であれ、必ずその国あるいは民族の文化が反映されます。 ですから、文化が違う他国の言葉を習得するのが大変なのはうなずけます。 近隣の国なら文化の共通点があるので、言語もまだ理解しやすいといえるでしょう。 しかし遠く離れた国では文化が違いすぎて、言語の構造もまったく別物です。 日本人は「和」を重んじるため、自己主張に関しては極めて控えめであるという風土があります。 他にも、以心伝心とばかりに、あれもこれも口に出す必要なない、大事なことは黙っていても伝わるものだというような傾向もあります。 しかし、英語圏の人たちは個を尊重する個人主義から、気持ちを言葉にして表明しがちな面があります。 他人を認め、自己を主張する価値観や文化は、言語にも大きく影響をします。 文化の違いによる言語間の違いは、文法=言語の構造の違いとなって表れます。 主語が文頭に来るところは同じですがその先が違います。 わかりやすくいうと英語は結論が先に来て、後からそれを補足する内容を意味の重要度順に付け足します。 反対に、日本語はひと通りの内容を述べてから最後に結論として言葉を結びます。 例えば「私は父が兄に奨めていた本を買った」という日本語の内容を英語ではどう表現するでしょうか? I bought the book that my father recommended to my brother. この文章は日本語においては、最後まで聞かないと何が言いたいのかわかりません。 英語の場合は「私は買った」という事実がまずわかり、この段階で切っても、文章は成立します。 そして、「何を買ったか」「どんな本か」というように詳しい情報が明かされていきます。 この文法の違い、つまり 文章の構築方法の違いこそが「落とし穴」なのです。 英語を学ぶ者の多くをつまずかせてしまう最初の難関だといえるでしょう。 また、日本語の場合は語順を入れ替えても、最後まで聞けば意味は通りますが、英語はそうはいきません。 語順が違うと意味がまったく変わることが多いのも、英語学習の困難な点です。 言語の表現方法の違い 日本語と英語の表現の違いはいろいろとありますが、 多くの日本人を混乱させる最たるものは、否定疑問文です。 例えば「あなたはその歌手を好きではないのですか?」という日本語の否定疑問文に関して、答え方は「いいえ、好きですよ」あるいは「はい、好きじゃないんです」などとなります。 英語では真逆です。 =「はい、好きじゃないんです」の意味 Yes, I do. =「いいえ、好きですよ」の意味 このように、英語の場合は尋ね方よりも、答える側の意思が優先されます。 これは理屈で理解できても、実際の会話では日本人ならややこしくなるものです。 自然に身についた母国語の表現法が邪魔をします。 表音文字と表意文字の違い 次に、書かれた文字にフォーカスしましょう。 英語に使われる文字はアルファベット26文字が全てです。 日本語はひらがな(カタカナ)46文字以外に膨大な数の漢字があります。 当用漢字とされるものだけでも1800以上あるのです。 そしてひらがなは表音文字で漢字は基本的に表意文字です。 英語の場合は全て表音文字となります。 文字の面でもこれほどの違いがあるのですから、英語習得は難しくてあたりまえなのです。 和文英訳の基本的なコツ 文化の違いから難しいものだという前提で、和文英訳の基本的なコツをご紹介しておきましょう。 これにはふたつのアプローチがあります。 ひとつめは、 個々の単語はさておき文全体の意味から訳すアプローチです。 ふたつめは、 訳す前に英訳しやすいような日本語に置き換えるアプローチです。 このどちらか、もしくは両方を使うと、翻訳がしやすくなります。 それぞれをもう少し詳しく見ていきましょう。 単語単位ではなく文章全体の意味を訳す どうしても和文英訳の初心者のうちは、それぞれの単語の意味に忠実に翻訳しようとしがちです。 しかし単語にこだわると、間違いではないにせよ自然ではない文章になっていきます。 たとえば「私は家を出てしまった。 あまりにも腹が立ったから」を和文英訳してみましょう。 単語にこだわって訳すと以下のようになりがちです。 I have left home. Because I was so angry. 意味は充分に通りますが、英語として自然かというとやや回りくどい感じになります。 このような場合は、単語の意味や使い方から一旦離れて、伝えたいことは何かを考えてみましましょう。 この文のポイントは彼が立腹したことであり、その結果として家を出たのです。 英語らしく表現すると、例えば以下のようなシンプルな言い方ができます。 I got angry and left home. 前者では「出てしまった」ので教科書通り現在完了形にしていますが、ちょっと堅苦しく響きます。 この場合は「get+形容詞」で心の動きを表現する方が英語らしいといえるでしょう。 また、 理由に関してはbecauseを使うものと考えがちですが、このようにbecauseを使わないことも多いのです。 いずれにしても文の意味を汲み取った上で、すっきりとした英語表現に置き換えればよいのです。 英訳しやすい日本語に置き換える もうひとつのアプローチは、意識して英語に翻訳しやすい日本語に置き換えるというものです。 それを先にやっておけば、英語としてより自然な和文英訳ができます。 先の例で行くと 「私は家を出しまった。 あまりにも腹が立ったから」を「私はあんまり腹が立ったので、家を出ていったのです」に置き換えます。 これであれば、以下のように和文英訳しやすくなります。 I was so angry that I left home. こちらも、自然な英語表現です。 そもそもこの文の最も言いたい部分は「腹が立った」ことです。 先にそれを示して、どれくらい腹が立ったかを後から補足するのが英語らしい構造になります。 繰り返しますが、英語はまず結論となる最重要部分を述べ、そしてそれを補足する要素を重要な順に付け足すのが基本構造です。 Google翻訳でできることと限界 Google翻訳は精度が高いと評判です。 実際に日常会話レベルなら、充分なクオリティの和文英訳が得られます。 もう少し詳しく触れておきましょう。 Google翻訳でできること どういう日本語であれ、入力さえすればなにがしかの和文英訳の結果を出してくれるのがGoogle翻訳です。 しかし込み入った内容や、回りくどい表現の文章を入力すると、対応できずに本意とは違う文章になります。 つまり、 先ほどご紹介した和文英訳のふたつめのコツを使って英語にしやすい日本語に置き換えれば、そこそこの精度が得られるでしょう。 Google翻訳の限界とデメリット 現段階では、Google翻訳にはやはり限界があります。 日本人なら誰でも理解できる内容であっても、複雑な文章構造になっていると、そのまま入力しても多くは違う意味に和文英訳されてしまいます。 また、多言語サイトの翻訳に関してはGoogle翻訳を使わない方が安全です。 検索エンジンとしてのGoogleのガイドラインにおいては「自動翻訳したコンテンツを含む」自動生成したコンテンツはNGとされています。 多言語サイトの和文英訳は信頼できるプロに ここまでは和文英訳が難しい理由と、基本的なコツを解説しました。 和文英訳が難しい背景を認識し、コツを覚えればある程度の翻訳作業はできるようになります。 しかし商業的に使用するドキュメントであれば、やはりクオリティという意味でプロの翻訳にはなかなか及びません。 理由を詳しく説明しましょう。 ネイティブチェックも含めた高品質な翻訳 信頼できる翻訳会社には、ネイティブチェックというプロセスがあります。 その言語を母語とする人が翻訳文を読んでも違和感がないか、理解しやすい内容になっているかを確認するためです。 ネイティブチェック担当者は不自然な部分があれば、その段階でより自然な表現に修正します。 翻訳会社に和文英訳の翻訳作業を依頼した場合、まず翻訳者が日本語から英語に翻訳します。 次に、英語が母語である翻訳者がその原稿のネイティブチェックを行うのです。 そこで違和感がなくなるまで修正してはじめて完成となります。 だからこそ、信頼できるプロに依頼すれば確かな品質の翻訳が担保されるのです。 セキュリティ面の安全 翻訳会社に依頼する意味は、翻訳のクオリティだけではありません。 ビジネスで翻訳を行う際は、インターネット上での情報漏洩を防ぐセキュリティ対策が重要になります。 信頼できる翻訳会社であれば、SSL暗号化通信によってデータを安全に送受信できるようにしています。 機密保持の信頼性 信頼できる翻訳会社であれば、厳格な機密保持の規則に基づいて情報管理を行っています。 例えば、業務担当者である翻訳者や校正者、あるいはコーディネーターの全員と機密保持契約を結んで、依頼者の大切な情報が第三者に漏洩・流出することが決してないように対策を講じます。 こういった対応を行う翻訳会社こそ、信頼できるといえるでしょう。 和文英訳でお困りの際はぜひ翻訳会社FUKUDAIへご相談ください グローバル化が進む時代の中で、多言語サイト制作は海外ユーザーの獲得や競合との差別化、ブランディングなどのメリットがあります。 多言語サイトの翻訳なら、ぜひ「翻訳会社FUKUDAI」にお声掛けください。 英語・中国語・韓国語、東南アジアのベトナム語・タイ語や欧州言語の翻訳や、マニュアル・契約書等の翻訳にも精通しております。 納品時のファイル形式もMicrosoft OfficeやXMLとともに、便利なHTML形式も承っております。 ぜひお気軽にご相談ください。

次の

Makki's 和文英訳 プロの翻訳

和文英訳サイト

オンライン翻訳サービスの料金を徹底調査 ビジネスの現場では、今や常識となった オンライン翻訳サービス。 手軽に使える料金設定により、身近な存在になっています。 では、具体的などれくらいの料金がかかるのでしょうか。 その一例を紹介しましょう。 オンライン翻訳サービスの料金例 クリックすると公式HPが開きます。 6円~ なし 4. オンライン翻訳サービス10選の中から、 5つをピックアップしてランキングにしました。 着目したのはビジネスの現場で求められる「 価格」「 納品スピード」「 発注の手軽さ」です。 厳選した5つの翻訳サービスを比べて、発注先を決める参考にしてみてください。 料金・納期・手軽さで選ぶ翻訳サービスBEST5 翻訳料金• 英訳1文字あたり 5. 5円~• 最低注文金額 なし 納品スピード• 短い文章なら1日で納品が可能• 日本人翻訳であれば500文字程度が数時間で完了 手軽さ• 見積もりのために問合せが必要 オススメのオンライン翻訳サービスは「Gengo」 10個の翻訳サービスをリサーチした結果、1位に挙げたのは Gengoでした。 その理由を紹介します。 業界最安値の英訳1文字2. 6円 Gengoが採用している翻訳料金は、日本語から英語の翻訳(和文英訳)が 1文字2. 6円(スタンダードプラン)。 さらに 最低料金(ミニマムチャージ)の設定がないため、数十~百字の短い文章の翻訳でも手軽に利用することができます。 スタンダード以外は、 ビジネスプランが5. 2円、 ウルトラプランが7. 7円というシンプルな料金体系。 明解な価格設定も魅力のひとつです。 納品スピード 発注した翻訳作業の 90%が、4時間以内に完了するというスピードの速さも特徴のひとつ。 Gengoは登録翻訳スタッフが 5,000人を超えるため、発注からすぐに作業に取り掛かることが可能なシステムを採用しているそうです。 調べたなかでは、400字弱の翻訳依頼をしたところ 15分で作業が完了したのだとか。 これだけのスピード感があれば、一刻一秒を争うビジネスの現場で大変心強いです。 クオリティの高さ Gengoの翻訳スタッフは、 2段階の採用テストに合格した人だけが登録されています。 その 合格率は約1割という超難関。 さらにシニア翻訳グループの定期的な審査により、適切な翻訳をしていないスタッフは業務から外れるそうです。 Gengoは、最新のITに関する情報を発信しているWEBサイト「 TechCrunch」の日本語翻訳を受け持っているそうです。 IT業界で求められる正確でスピード感のある翻訳が評価されている証でしょう。 見積もり・発注の手軽さ GengoのWEBサイトでは、見積もり・発注作業はわずか3ステップという手軽さを実現しています。 翻訳したいテキストをフォームに入力• 言語とプランを設定• 支払方法を確認 これだけ簡単に翻訳を発注することができれば、気軽に利用することができると思います。 もちろんクレジットカードによる決済もOK。 なお、原稿はフォーム入力のほかに ファイル送信でも可能。 ワードやエクセル、パワーポイントといった ビジネスで使われている形式そのままで翻訳依頼ができます。 他にも、サイト上で 納品物に対するコメントや修正依頼、専門用語集の登録など充実した機能が実装されています。 このように、Gengoは料金が安いだけはないことが分かっていただけたと思います。 ぜひ一度チェックしてみてください。

次の

英訳するならコレがお勧め!無料英訳ツール

和文英訳サイト

目次 1. 難易度の高い和文英訳を出題する主な大学 まず、どのような大学がハイレベルな和文英訳を出題しているのかということを押さえておきましょう。 そもそも英作文全般が難易度の高い問題形式なので、自由英作文・和文英訳を問わず、英作文を出題する大学は「難関大学」であることが多いのですが、中でも 「和文英訳の最高峰」とも言える難問を出題するのが 京都大学 です。 分量、内容の難しさ、使用する語彙のレベルの高さ、どの点を取っても国内の大学で最難関の英作文問題と言えるでしょう。 時折、出題形式を変更するというのも京大の特徴で、 出題傾向が予測しにくいことが京大英作文を難問たらしめている要因の1つ です。 また、京大のような不確定要素はないものの、京大に匹敵するような高度な英作文を出題するのが 大阪大学 です。 70語程度の自由英作文と長めの和文英訳という組み合わせが、近年の出題パターンです。 東北大学 も例年、分量・難易度ともに大阪大学と同等のハイレベルな和文英訳を出題しています。 その他、 九州大学 や 岡山大学 、 大阪市立大学 、 大阪府立大学 、 青山学院大学(教育人間科学部・文学部) 、 中央大学(法学部) 、 神戸市立外国語大学 などが、同様もしくは類似した形式・難易度の和文英訳を出題しています。 ユニークなものとしては、 慶應義塾大学(経済学部) のダイアローグ(会話文)の和文英訳があります。 こなれた会話調の日本語を英訳しなければならない、独特の難問を例年出題しています。 ハイレベルな和文英訳問題の3つの攻略法 同じ「英作文」でも、和文英訳と自由英作文とでは難しさの性質がかなり異なります。 自由英作文は、限られた試験時間内で「何を書くか」を素早く考えなければならないという難しさがありますが、設問の条件に沿う範囲内であれば、自分の使いこなせる語彙を用いて作文することが可能です。 言い換えれば、ある程度自分の得意なフィールドで戦うことができるのです。 それに対して 和文英訳では、内容を自分で考え出す必要はないものの、 英訳すべき課題文からは逃れられない という難しさ があります。 しかも難関大学の和文英訳では、 あえて英訳しにくい日本語が出題される ので一層難しく感じられるのです。 では、「英訳しにくい日本語」とは具体的にどのようなものでしょうか。 その特徴と攻略法について解説します。 2-1. 日本語特有の表現を英訳するコツ 和文英訳を難しく感じさせる要素のひとつとして、 英訳する課題文に含まれる、日本語特有の言い回しや慣用句、ことわざ などが挙げられます。 例題を通じて確認してみましょう。 《例題1》 次の文を英訳しなさい。 この記事をフランス語に翻訳するなど、彼にとっては朝飯前だよ。 課題文に含まれる「朝飯前」というのは日本語特有の慣用句です。 入試本番にこのような問題に遭遇しても「『朝飯前』を意味する英単語なんて、自分の使っていた単語集には載っていなかった!」などと慌てる必要はありません。 こうした言葉は、 それが示す「内容・意味」を考え、シンプルで一般的な言葉に置き換える のがポイントです。 ここでの「朝飯前」は「いとも簡単なこと」という意味です。 英語にも似た意味の慣用句にa piece of cakeやa walk in the parkなどがありますが、 日本語の課題文で慣用句が使われているからといって、英訳する際にも慣用句を使わなければならないという決まりはありません。 very easyなどと簡潔に表現すれば十分 です。 《解答例》 If you give up such an easy training, you can never be a professional baseball player. このように、課題文に日本語特有の言い回しや慣用句が含まれている場合は、 その意味するところをよく考え、できるだけシンプルで一般的な言葉に置き換える ことで、はるかに取り組みやすくなるのです。 2-2. 課題文を「英訳しやすい日本語」に書き換える 「言葉単位」で訳しにくい場合はそれをより単純な言葉に置き換えることで対応できますが、 課題文全体が訳しにくいハイレベルな問題の場合は、このテクニックだけでは不十分 です。 長く複雑な日本語の文を英訳する際のポイントは、 《解答例》 Japanese people tend to hesitate to speak up even when free and open exchange of opinions is important, such as a brainstorming meeting for a new product. 「超難問」は満点を狙わなくていい ここまでは、課題文の日本語を易しい言葉に置き換えたり、主語・述語を整理したりして、できるだけ英訳しやすいように課題文を書き換えるテクニックを紹介しました。 しかし、こうしたテクニックを持っていても、やはり「これ、英語で何て言ったらいいんだろう・・・」と悩む箇所が出てくるのはある程度避けられません。 問題の難易度が高くなればなるほど、そうした箇所は多くなるでしょう。 もし本番の試験で英訳するのにぴったりの表現が出てこなかった場合、どのように対処するのが賢い方法でしょうか。 例えば、先ほどの例題の「二の足を踏む」という部分をどうしても英語にできない、という場合を考えてみましょう。 分からないからといって空欄にしてみたり、そこだけ日本語で埋めてみたりしても、これでは 英文として完成していないため、部分点さえもらえない可能性が高くなります。 このような時には、 多少の減点は覚悟で、似た意味の言葉に置き換え、失点を最小限に抑える というのが現実的な対処法です。 もちろん、「躊躇する」と「得意でない」とでは、実際にはかなりニュアンスが異なります。 したがって、 減点対象となるリスクは高いものの、文全体が英語としてある程度正しく成立していれば部分点は確保できる でしょう。 他にも、「自由闊達」の「闊達」がよく分からなければfreeだけでもよいでしょう。 「意見交換」も要するに「話し合い」ということですから、簡単にdiscussionと表現してもよいでしょう。 このようにシンプルに解釈していけば、一見難解そうに見える課題文でも、以下の《別解》のように、中学校レベルの基本単語のみで、ひとまずは英訳できることが分かります。 この例題は文量としては少ない方で、京都大学、大阪大学、東北大学などが出題する、複数の文章を英訳しなければならない「超難問」では、満点を取ることはほぼ不可能と言っても過言ではありません。 本番の入試では時間の制限もあります。 分からない部分に何十分も時間をかけていては、本来得点できたはずの他の設問で失点することにも繋がりかねません。 そうした事態を避けるためには、和文英訳問題に必要以上に時間を費やすことなく、 初めから60~70%の得点を確保することを狙う方が理に適っているケースもある と言えるでしょう。 難関大学の和文英訳問題対策におすすめの参考書 ここまで、難易度の高い和文英訳問題に対応するためのテクニックを紹介してきましたが、入試本番の和文英訳問題で確実に高得点を狙うためには、さらに細かな技術の習得と十分な問題演習が必要です。 そのために役立つ英作文の対策本を2冊紹介します。 『』(桐原書店) 和文英訳のポイントを文法事項ごとにまとめた参考書です。 レベルも比較的易しめで、解説が非常に詳しいため、 和文英訳対策の初めの1冊 として使うのに適しています。 難易度の高い和文英訳を出題する大学を志望している人がこの参考書を見ると、「自分の志望大学の過去問と比べて易しすぎるのでは?」と思ってしまうかもしれませんが、英作文の実力を着実に高めていくためには、 基礎レベルの英文を正確かつスピーディーに書けるようになることが最も重要 です。 その力をつけるのにぴったりの1冊と言えるでしょう。 入試のポイントを押さえた「語法文例65」「テーマ別文例90」も大変有用です。 さらに、ぜひ「例題暗唱文例集」(切り離し可・音声CD付き)のフレーズを暗記しましょう。 これで覚えた文例を応用することで、多様な英文がすらすら書けるようになります。 『』(学研プラス) 実際に難易度の高い英作文問題の演習を始めると、 冠詞の使い分け、名詞の単数・複数、動詞の語法といった細かい文法事項を正しく運用することがいかに難しいか ということを痛感するでしょう。 また、 課題文の日本語に引きずられ、英語として不自然な文章ができあがってしまうというのも和文英訳特有の難しさ です。 このような、受験生が引っかかりがちなポイントに焦点を当て、高得点を狙うためのテクニックや知識を網羅したのがこの参考書です。 既にある程度英作文の練習を積み、その難しさを身に染みて分かっている人にとっては大いに役立つ参考書と言えるでしょう。 また、巻末の「入試頻出語い200」が、英作文で使える語彙力強化に役立ちます。 通常の単語集とは異なり、「自然とふれあう」「社会に出る」「昔から」など、一見シンプルなようで英訳しにくい重要語彙が200項目まとめられています。 ハイレベルな英作文を出題する大学を志望している人なら、隅々まで読む価値のある1冊です。 まとめ 最後に「ハイレベルな和文英訳問題」3つの攻略ポイントを振り返りましょう。 ・日本語の課題文で慣用句が使われていても、英訳する際に必ずしも慣用句を使う必要はない。 その際のポイントは、以下の通り。 ・その部分だけ空欄にする、あるいは日本語でごまかすのは絶対にやめること。 ・多少の減点は覚悟で、似た意味の言葉に置き換え、失点を最小限に抑える。 ・文全体が英語としてある程度正しく成立していれば、部分点は確保できるはず。 初めから60~70%の得点を確保することを目指し、貴重な試験時間を空費しないように注意。 ライティング対策の中でも、和文英訳は自由英作文よりも参考書を用いた独学がしやすいと言えます。 英訳のトレーニングを積むことで文法の知識も強化されますので、得点に繋がる解答方法を身につけながら、英語の総合力アップに繋げましょう。 なお、ハイレベルな問題演習に入るまでの和文英訳攻略の基本としては、以下の記事も参考にしてください。

次の