沢尻 エリカ の 代役。 沢尻エリカの大河ドラマ(麒麟がくる)帰蝶(濃姫)役の代役は誰?代わりの女優を予想!

沢尻エリカ容疑者の代役絞られた…帰蝶役に貫地谷しほり、水川あさみ、満島ひかりら5人前後に (1/2ページ)

沢尻 エリカ の 代役

(33)の降板で混乱が囁かれていた「麒麟がくる」の近況が少しずつ漏れてきた。 沢尻の代役を務める(24)が演じるのは、主人公・明智光秀()の主君・斎藤道三()の娘・帰蝶役(のちの濃姫)。 急ピッチで時代劇の所作を身に付け、12月上旬に撮影に合流したそうだ。 しかし、美濃地方の方言はなかなか難しく、あの沢尻でも慣れるまでに数カ月を要したといわれる。 ところが、川口は専門のトレーナーにマンツーマン指導を受けて何とか収録に間に合わせた。 「川口さんは大変センスのいい女優さんで、短時間のレッスンで美濃弁のコツを体得したようです。 本番でも言葉のミスはほとんどありません」(テレビ関係者) 主演と同格扱いの女優の突然の降板によって、撮影現場は半ばパニック状態に陥ったといわれるが、最終的に「脚本の本筋は基本的に変更せず、帰蝶の出演シーンを大幅に減らす」ことで軌道修正を施す方針が決まったという。 そうすることで、NHKは他の役者への負担はもちろん、時代劇初挑戦となる川口のプレッシャーも最低限に抑えることができると踏んだのだろう。 そのおかげで、当初は硬い表情でスタジオに入ってきていた川口も今では笑顔を見せることがあるそうだ。 また、帰蝶が出演せず編集段階でカットしたシーンを大幅に蘇らせることで「尺合わせ」も行っているという。

次の

沢尻エリカ大河の代役キャストは?蒼井優、満島、剛力、貫地谷も候補?

沢尻 エリカ の 代役

もくじ• 沢尻エリカ演じる濃姫 帰蝶 はどんな役? 代役に求められそうな条件とは? NHK大河ドラマ『麒麟がくる』は、織田信長を「本能寺の変」で自害に追いこんだ明智光秀にスポットを当てた物語となっており、濃姫(帰蝶)は織田信長の正妻ということもあって主役級の役柄となります。 また帰蝶に沢尻エリカさんを採用した理由として、落合将チーフプロデューサーが以下のように語っています。 「帰蝶は気高くて気が強いキャラクター。 今まで描かれた濃姫よりもさらに気が強いキャラクターになっている。 自分の意思を大切にするので、信長に嫁入りする時もひと悶着ある」と今回の帰蝶像を説明。 「意思が強い、かつ、美しい帰蝶像」を求めたとし、「信長役が染谷さんなので、若さもないといけない。 そういう意味で、美しい沢尻さんにお願いした」と起用理由を明かした。 <引用:> ということは必然的に代役に求められるものも同じということになります。 気高くて気が強いキャラクターを表現できる人• 意志が強く、美しい人• 若い人(沢尻エリカさんは現在33歳)• 時代劇経験が豊富で、所作が身についている人• 凛とした雰囲気と、奥ゆかしさを併せ持つ人• 乗馬ができる人 濃姫を務めるための必須条件がこれだけ厳しいと、代役を演じられる女優はかなり絞られますね。 いったい誰が代役を務めることになるのでしょうか。 個人的な予想ですが、代役となる可能性が高いと思われる女優を順番に挙げていきたいと思います! それではどうぞ。 菜々緒 引用: 2010年3月にCNNの「世界的に名前は知られていないが演技力のある日本の俳優7人」に選ばれるほどの実力の持ち主である 吉高由里子さん。 ドラマやテレビでも度々主演を務め、CM出演も多くい吉高由里子さんは、年齢も31歳と若さも申し分ありません。 スポンサーリンク まとめ 以上、完全に個人的な予想ではありますが、帰蝶役の代役候補を5名挙げさせていただきました! 正直、この中で誰が来ても納得しますし、大きな話題になること間違い無いと思います。 私自身の趣味趣向が入っていることも否定はしませんが。 笑 NHKはピエール瀧さん逮捕のときにも苦汁を嘗めましたが、今回またしてもドラマ公開前に主役級が逮捕と、受難続きですね…。 『麒麟がくる』の公開も1月に迫っていますから、早く代役を決めたいところですね。 スポンサーリンク.

次の

沢尻エリカの大河ドラマ代役は?本命4人をNHKドラマウオッチャーがズバリ

沢尻 エリカ の 代役

沢尻エリカ逮捕で大河ドラマの代役は誰 2019年11月16日、沢尻エリカ容疑者は合成麻薬(MDMA)を所持していた疑いで麻薬取締法違反で逮捕されましたが、沢尻エリカ容疑者は2020年1月からスタートするNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の出演することが決まっていて、すでにある程度の収録も終わっているそうです。 沢尻エリカ容疑者の逮捕によって、来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送開始が遅れる可能性も出てきました。 沢尻エリカ容疑者は斎藤道三の娘役で、後に織田信長の正妻となる重要な役どころで、長谷川博己さんが演じる主人公の明智光秀とからむシーンも多く、収録は6月からすでに始まっていました。 沢尻エリカ容疑者は2019年3月に行われた会見で、大河ドラマ初出演について「12歳で芸能界に入ってから多くのことを経験させていただいて、たくさん失敗もして、挫折もしてここまでやって来ることができました」と目を潤ませ、「自分がもっているもの全てをこの作品に捧げたい。 沢尻エリカの集大成をここで見せたい」と意気込みを語っていました。 【以下引用】 「芸能生活20周年にしてやっとようやく大河に出演させていただくことができました。 本当にうれしく思います」と喜びを語った。 さらに「12歳で芸能界に入って、がむしゃらに生きてきました。 この世界で多くのことを経験させていただいて、たくさん失敗もしたし、挫折もして、学んで、ここまで成長してやってくることができました。 この20年間で培ってきたものや築き上げてきたものを、この作品にささげたいと思っています。 沢尻エリカの集大成をここで。 自分の集大成だと思っています」と目に涙を浮かべながら思いを語った。 【引用元:】 そんな沢尻エリカ容疑者のコメントは、今になっては虚しく感じます。 そして、気になる沢尻エリカ容疑者の代役ですが、ネットでの予想は剛力彩芽という説が有力のようです。 【以下引用】 そんな沢尻の代役として、ネット上では前澤友作・ZOZO前社長との破局が明らかになったばかりの剛力彩芽の名があがっている。 交際発覚後はドラマや映画だけでなく、長くイメージキャラクターを務めていたCMも降板。 その剛力が女優として再出発するのであれば、代役といえども大河ドラマの出演は大きなチャンスであり、話題性の面からもNHK側にとってメリットがあるのではないかという声が多い。 「代役今さら探せるのかと思ったけど、あ、剛力彩芽がいた!」「1年近くスケジュール空いてる女優… 剛力彩芽しかないな」「大河のエリカの代役に剛力を持ってくれば、話題性抜群だと思う」「密かな剛力ファンとしては、スケジュールが空いてそうなので来年の大河の代役どうでしょう」と大いに盛り上がっている。 【引用元:】 他には、広瀬アリス、北川景子、仲間由紀恵、蒼井優、満島ひかりらの名前があがっていますが、それらは、時代劇の和装が似合うことや、これまでの実績などからあがっている名前だといえます。 そんな中で剛力彩芽さんが有力だとした理由には、ゾゾの前園社長との破局でこれまでのマイナスのイメージを一掃するためにも、事務所側でゴリ押しする可能性があると見られていることもあります。 大河ドラマ『麒麟がくる』は本当に撮り直せる? NHK大河ドラマ「麒麟がくる」ですが、沢尻エリカ容疑者の麻薬取締法違反容疑の逮捕によって代役を立てるのか再編集をするのか様々な方法を幹部陣で議論がされたと報じられています。 【以下引用】 初回放送から登場する重要な役どころだけに撮り直しや編集が事実上不可能な状態。 16日に幹部が緊急で集まって対応を協議したが、先行きが見えない状況で関係者は「最悪中の最悪」と頭を抱えている。 【引用元:】 そして、11月17日に、代役を立てて取り直すことが明らかになりました。 【以下引用】 沢尻容疑者の逮捕を受け、NHKが苦渋の決断を下した。 複数の関係者によると、来年の大河ドラマ「麒麟がくる」は、代役を立てて撮り直す方向で調整中。 この日、制作側がキャストにその旨を連絡し、謝罪した。 【引用元:】 しかし、沢尻エリカ容疑者が演じた織田信長の正妻・濃姫役は重要なキャストであり10話まで収録済みとあって、2020年1月5日スタートには間に合わず、今から取り掛かるには時間が足りず、放送を延期しなければならない可能性があるといわれています。 大河ドラマ「麒麟がくる」の放送について、作品には罪はないのだからそのまま流してほしいとい声もあります。 作品に罪はないよ。 来年の大河ドラマ「麒麟がくる」、延期や中止にするくらいなら、沢尻エリカの収録分は、そのまま編集して全部放映したら良いと思う。 民放はスポンサー配慮で致し方ないが、NHKが受信者ファーストで考えれば問題ないのでは? 異論はあるだろうが、私は彼女の迫真の演技を観たい。 — 上野ひでのり hidesixteen 沢尻エリカへの損害賠償はいくらになる 麻薬取締法違反容疑で沢尻エリカ容疑者が逮捕されたことで、来年からのNHK大河ドラマ「麒麟がくる」やCM、映画などへの損害賠償金が気になります。 広告業界関係者の話では、スター女優降板によってCMや映画などへの影響が拡大することは必至で、沢尻エリカ容疑者側が負う損害賠償額は、合わせて5億円を超えるのではないかと厳しい見方をしています。 【以下引用】 映画やCM業界も大混乱で影響が拡大することは必至だ。 広告業界関係者は「沢尻容疑者サイドの負う損害賠償は少なくとも5億円以上」と厳しい見方を示した。 【引用元:】 沢尻エリカ容疑者は大河ドラマ「麒麟がくる」の降板だけでなく、P&Gの柔軟剤「レノアハピネス」と求人検索エンジン「Indeed Japan」のCM2本や、マンダムのスキンケア「バリアリペア」のポスターなどにも出演して、P&Gと「Indeed Japan」では、すでの公式サイトで動画を削除しているようです。 広告業界関係者の話では、CMなど3本だけでも2億5000万円ほどの損害賠償金が発生するとみています。 大河ドラマは本当に呪われてるのか 今年だけでもNHKの大河ドラマのキャストで3人の不祥事事件が発生しています。 2018年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリンピック噺」で、10月27日放送の第41話からチューリアルの徳井義実が、女子バレーボール日本代表監督・大松博文役で出演する予定でした。 しかし、徳井義実は、2016年から2018年の3年間に、およそ1億1800万円の税金申告漏れ、2012年から2015年までの4年間に個人的に使用した旅行費用や洋服、時計の購入費などを会社の経費で計上していたことで、2000万円の所得隠しの疑いが10月23日に発覚し、その日の深夜から緊急会見が行われました。 徳井義実は、これらを認めていますが、悪意はなかったとし「本当にルーズだったというしかない、甘さと怠慢が全てだと思います」と釈明しました。 また、10月16日には「いだてん」の後半部の主役である田畑政治を演じる阿部サダヲさんが車の運転中に接触事故を起こしていたばかりでした。 この業界では大河ドラマやCM契約期間中は自身による車の運転は禁じられていたはずですが、もしこの事故で自身や相手にケガがあった場合は、ドラマの存続が危ぶまれていたでしょう。 このNHK大河ドラマ「いだてん」は2019年3月に足袋屋の店主である黒坂辛作を演じていたピエール瀧が、薬物所持で逮捕されています。 今年だけで3人の不祥事が起きていることで、ネット上では「ここまでくると呪われているのでは?」との声もあがっています。 【以下引用】 今年3月には足袋屋の店主・黒坂辛作を演じていたピエール瀧が薬物逮捕。 軽度ではあったものの自動車事故を起こした阿部。 そして今回の徳井の税金無申告問題と、出演者の不祥事が後を絶たない「いだてん」。 ネット上では「ここまで来ると呪われているのでは?」との声もあがっているが、そんな邪推もしたくなるというものだ。 【引用元:趣味女子を応援するメディア「めるも」】 また、過去にも大河ドラマのキャストで不祥事がありました。 2018年のNHK大河ドラマ「西郷どん」で島津斉彬役を演じた渡辺謙がキャスティング発表前に不倫スキャンダルによって、発表を延期せざるをえなくなりました。 その後6月に発表されましたが、記者会見は行われませでした。 【以下引用】 島津斉彬役にキャスティングされた渡辺謙(58)が、発表前に不倫スキャンダルが発覚し、発表を延期せざるをえなくなった。 ようやく6月になって発表されたが、記者会見は行われなかった。 【引用元:】 そして、篤姫の女中頭である幾島役に起用されていた女優、斉藤由貴の降板もありました。 斉藤由貴は、50代医師との不倫スキャンダルが発覚し、斉藤由貴が辞退することになりました。 【以下引用】 篤姫の女中頭の幾島に起用されていた女優、斉藤由貴(51)の降板騒動だ。 「50代医師との不倫スキャンダルが発覚し、斉藤が辞退することになりました。 【引用元:】 ここまで不祥事が続くと、呪いというより、NHKのキャスティングに問題があるように感じてしまいます。

次の