痛く ない ピアッサー。 耳たぶ用、軟骨用、チタン製、初心者でも使えるピアッサーのおすすめ11選!薬局で買える痛くないものはどれ?|@DIME アットダイム

痛くない!ピアッサーおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

痛く ない ピアッサー

ピアスホールのあけかたは? ひとくちにあけると言ってもその方法はいくつかあります。 こちらではもっとも一般的な2つの方法を紹介します。 病院であけてもらう方法 金額で考えると、病院であけてもらう場合 片耳で5000円などと、割高ですが あけた後のアフターケアなど軟膏を処方してもらえたりします。 自分自身であけるのが怖い方や、医療機関の方が安心という方は 病院であけることをオススメします。 自分であける方法 自分であける場合 使い捨てのピアッサーを買ってあけるのですが ピアッサーが1000円〜ととてもリーズナブルです。 私が過去にあけたホールは完全に閉じてしまっていましたが 触るとすこし空洞があるような感じでした。 同じところにあけようかどうか悩みましたが 昔と今では、あける場所にも流行りがあるということなので 耳たぶの中心より少し下に開けることにしました。 ピアッサーであける6つの方法 私は夫さんに立会いをお願いしたので、終始見てもらいました。 まずコットンに消毒液をスプレーして 耳たぶを優しくふきます。 アイライナーで、あけたい位置に印をつけます。 その時に、立会いの人に見てもらいましょう。 正面から見て両方がずれてないかも確認します。 あける位置が決まったら、ピアッサーの針を位置に合わせます。 その時、 耳たぶに平行になるようまっすぐに持ちます。 あせらずなんども立会いの人と微調整しましょう。 ピアッサーと耳たぶの裏側に隙間を作らないように ピアッサーを耳たぶの裏側 親指側 を気持ち前に押し出します。 そうする事で、痛みが軽減しやすいです。 軽くピアッサーを押します。 思い切ってやらなくても、今のピアッサーは 軽い力であきます。 大きな音がしますが、痛みはあまりないはずです。 自動的に耳たぶにファーストピアスが取り付けられます。 まだキャッチ部分がポストの先にあるので 片手でピアスヘッドを抑え、もう一方でキャッチを耳たぶ側に寄せます。 耳たぶとの間は少し隙間をあけます。 あせらずに行いましょう。 これで、片方の耳たぶにファーストピアスが取り付けられました。 同じように、もう片方もあけます。 その時、利き手とは逆の耳たぶをあける時が一番時間がかかると思います。 利き手側は利き手でできますが、 逆の場合は利き手ではとてもやりにくいです。 無理をせずに、利き手とは逆の手でやるほうがうまくできると思います。 ひとりであけるのが難しい時には ひとりであけるのも良いですが、 あける位置に客観的な意見が欲しかったこと、 ちゃんと耳たぶに平行にあけられるか心配だったので 私は、夫さんに立ち会ってもらいました。 立会いをお願いした時、夫さんは最初は「怖い」と言って嫌がっていましたが 立会いをお願いする理由を真面目に話したら わかってくれました笑 他人に直接あけてもらうのはダメ! ここで注意なのですが、あけるのはあくまでも「自分で」ということです。 ピアスをあけるという行為は医療行為にあたるので 病院以外では他人にあけてもらうことは犯罪なのです。 なので、立会いをお願いした人にあけてもらうのはやめましょう。 おわりに 私がピアッサーであけた方法をお伝えしました。 いかがでしたか? 痛いのは誰でも嫌ですね。 でもおしゃれのためなら一瞬のがまんも大切!? 正しい開け方でピアスデビューをして 素敵なアラフォー世代を過ごしましょう!.

次の

初めてのピアス穴を開けるのはどのくらい痛い?そんなに痛くない

痛く ない ピアッサー

ピアスの開け方病院いらず 痛みなくピアス穴を開けるのに必要なのは、 保冷剤と ピアッサーだけです。 今回は安全ピンなどではなく、もちろん画鋲でもなくピアッサーを使います。 まずピアス穴を開ける位置を決め、ハンカチなどで包んだ保冷剤を使い 5~10分冷やすだけ! 理屈は簡単、冷やす事で耳たぶ部分の感覚が鈍るのでピアッサーが刺さっても痛みを感じにくくなるのです。 ピアス穴を開ける方法は幾つかあります。 Sponsored Links ピアスを開けるピアッサーの使い方 こちらの動画をご参照ください。 ピアッサー、ニードル、病院、画鋲、安全ピンなど、尖った物は沢山ありますが、恐い方は病院がいいかもしれません。 病院でピアスを開ける費用は 3000~5000円位です。 でも、意外と痛いことなどを考慮すると自分でする方が多いかと思います。 保冷剤などはどこの家庭にもあると思いますので用意出来ますよね? あとは少しの度胸をご用意下さい。 さらに、 ピアス穴を開けた後が大事です!! ピアスを開けた後は? 穴からばい菌が入って化膿しないように、消毒は必須です。 ピアッサーを使う前と後で必ず消毒を行いましょう。 ピアス穴を開ける位置をしっかり消毒。 ピアッサーなどは当然消毒済みだと思いますが、確認だけしておきましょう。 後で大変な事になります。 ピアス穴に菌が入るの防ぎ化膿はもちろん感染症予防になります。 消毒しないでいるとピアス穴が化膿し、痛みが発生するだけでなく発熱なども起きてしますのです。 こうなってしまったらこちらをご覧ください。 当然ピアス穴も化膿している間は使えません。 これでは、せっかくの度胸が台無しです。 ピアスの穴をあけて痛みが無くてもしっかり消毒をしましょう。 やり方をご説明します。 ピアスの開け方消毒方法 消毒には消毒液のマキロン使う人もいるようですが、 ピアス穴には刺激がキツすぎるので使用は控えましょう。 耳たぶなどに塗りやすい、ジェルタイプの消毒液が刺激が少なく、垂れにくいのでお勧めです。 ピアス穴が安定するまで 通常1~2ヶ月は必要だと思いますのが、その間に好みのピアスを探す旅に出かけては如何でしょう? ピアスだけでなく、洋服と合わせて考えているとすぐにピアス穴が完成するかと思います。 ピアスは開けた後んケアが重要なのです。 冷やす しっかり冷す!5~10分と言いましたが、個人差もあるので 耳たぶを爪や指先でギュッと押したりしても感覚ない位は必要です。 ピアスの穴を開ける位置を定める これは大切です。 ピアッサーを使う直前にブレちゃうと折角準備した度胸もメゲていきます。 必ずピアス穴の位置に印をし、ピアッサーを耳たぶにに対して垂直に用意しましょう。 度胸 むしろ保冷剤よりこれを用意出来ない方もいるのでは!? 度胸が準備出来た方はピアッサーを押すだけです。 消毒も忘れずに! 個人的には秋から冬の季節にする方が汗など、化膿原因も少なくなると思いますよ。 でも新鮮な気分になる春が一番ピアスを開けたい方が多いようです。 というか、私も初めてピアスを開けたのは、 大学2年の春でした。 私が大学生の頃は、男子の間でピアスの穴を大きくするのが流行っていて、下手をすると耳たぶに 直径10cmくらいの穴があいてる同級生もいました。

次の

透明タイプも!軟骨や耳たぶ・舌・へそ用痛くないピアッサーおすすめ12選

痛く ない ピアッサー

ピアスを開けるときは、「 痛い」のではないかと、不安に感じている人も多いのではないでしょうか? 自分の耳に穴を開けるのですから、痛いんだろうなと想像してしまうのも無理はありません。 しかし、ピアスを開けた時に痛いと感じるのは開け方や場所などが 間違っている可能性があります。 本当にピアスを開けるのは痛いのでしょうか? 1:場所によってピアスの痛みは異なる どの場所にピアスを付けるかによって、痛みを感じる程度が変わってきます。 一番メジャーな耳たぶは、 専用ピアッサーの登場によって痛みをほとんど感じることなく、そして簡単に穴を開けることができるようになりました。 以前のように安全ピンや画鋲といったものを使わないで、衛生面でも安心して使えるのは良いことです。 ところが、耳たぶ以外の場所となれば話は別で、どこも耳たぶとはくらべものにならないほどの 痛みが生じます。 ピアスを付ける位置として人気が高いところから、穴を開けるときの痛さをランキングにすると以下の通りです。 耳軟骨• 耳たぶ もちろん個人差があるので一概には言えませんが、 舌や へそは、誰であれ激しい痛みを伴うのだとか。 開ける場合には市販されているタイプでも問題ありませんから、 ピアッサーを用いるようにしましょう。 ピアスを開けた人の口コミなどを確認すると、痛いと感じる前にピアッサーを発射したときの音にかなり 驚くようです。 その驚きが先行して痛みを感じるヒマがないんだとか。 スポンサーリンク 3:本当の痛みはピアスを開けた「後」 ピアスを開けたときに痛いと少し感じたとしても、その後に待ち受けている「 ジンジン」とした痛みのほうが強いという声も聞こえます。 開けた瞬間は大したことないのに、化膿してきたりするために生じるジンジンとした痛みのほうが残るようです。 洋服がスレてしまったり、物がぶつかったりと物理的な衝撃を受けることによる痛みなどの可能性もあります。 ピアスは開けた瞬間だけでなく、「 その後」の痛みに関しても注意を向ける必要はあるでしょう。 整形外科でピアスを開けよう ピアスを開ける位置を正しく、ピアッサーなどの専用の 道具を用いれば痛みはほとんど無いと言われています。 もちろん個人差などはありますから、一概には言えませんが、それでも多くの人が正しい方法で開けられているので痛みが少ないのは事実でしょう。 もし不安が残るのであれば、 整形外科で開けてもらうという方法もアリです。 保険は適用されず全て自腹になりますが、セルフで開けるよりも専門的な知識を持っている医者にお願いをするほうが安心できる部分はあるでしょう。 痛みが怖いのであれば、簡単な麻酔を用いることも可能です。

次の