ロック ンロール ウィドウ 歌詞。 ロックンロール・ウィドウ(山口百恵) / コード譜 / ギター

山口百恵 ロックンロール・ウィドウ 歌詞

ロック ンロール ウィドウ 歌詞

ロックがロール=岩が転がる。 その内、角が取れて丸くなります。 人間的に成熟するための試行錯誤の過程です。 だから「ロックンロールしよう」とは、実は人生勉強することなのです。 音楽の「ロック」はブルースから発生した新音楽ということで、アメリカかどこかのラジオDJが付けた命名です。 個人的にはグルーヴが無いのはロックとは認めません。 「ロック」で、しかも「バンド」なら、セックスと同等の快感をかもし出すのが正当です。 「人生考察」のような意味で「ロック」と定義してもいいかな? という音楽はたくさんありますが、正当ロックバンドは少数です。 転がってばかりで、定住しない人のことも指します。 定職に付かない人を指すこともあります。 ロックバンドは常にツアーで旅の途中・・・というところから来ています。 若い頃はカッコよく、歳とるとミジメです。 歳とってもパワーがあり、人間的に成熟していると、 「あいつ、カッコいいなぁ」となります。 Rock'n Rollとは音楽の一ジャンルの名称です。 50年代にアラン・フリードというDJが名付けました。 エルヴィス・プレスリーやチャック・ベリー、ボ・ディドリー、リトル・リチャードのような人達がRock'n Rollをプレイしていた人達です。 辞書では『1950年代にアメリカから世界中に流行したポピュラー音楽。 黒人のリズムアンドブルースをもとに白人のカントリーミュージックの要素を加味したもの。 』とあります。 50年代のRock'n Rollerを聴いて育ったのが、ビートルズやローリング・ストーンズで、彼らの影響を受けた人達が今のロック・シーンを築いている、と言っても過言ではないでしょうね。 あんまり答えになっていないですかね?.

次の

ロックンロール・ウィドウ 山口百恵 歌詞情報

ロック ンロール ウィドウ 歌詞

「 ロックンロール」のその他の用法については「」をご覧ください。 については、古くからの黒人で「性交」及び「交合」の意味もあり 、1950年代はじめには「バカ騒ぎ」や「ダンス」という意味もあった。 これを一般的に広め定着させたのは、のであった。 半ば以降には「」という呼び方が一般化し、「ロックンロール」と呼ぶことは少なくなった。 一方で、「ロックンロール」と「ロック」は別の物として使われることがある。 1960年代半ばには、ロックンロールが進化して抽象的、芸術的なものも生まれ、新たなサウンドが登場し、それらの総称として「ロック」という言葉が使われるようになった。 ロックンロール第1号がどの曲かということは、しばしば議論の対象となってきた。 また、それ以前のいずれも1949年の曲であるファッツ・ドミノやシスター・ロゼッタ・サープ、Goree Carter、ジミー・プレストンの曲をあげる者もいるが、少数意見である。 ロックンロールの楽器編成は、、、という構成が代表的である。 ジェリー・リー・ルイスらのようにを主体にする例 、プレスリーやエディ・コクランがときおり見せたようなエレクトリックギターの代わりにを使う例 、ロカビリーの一部のように、エレクトリックベースの代わりに(ウッド・ベース、ライトアップ・ベース)を使う例など多彩である。 尚、主に白人ミュージシャンによるロックンロールの中で、特にカントリー・アンド・ウェスタンの要素が強くビートを強調したものをと呼ぶ。 ロックンロールがいつ頃から始まったかについては諸説がある。 一説として「ロックンロール」という語は1951年前後にディスクジョッキーのアラン・フリードが「マイ・ベイビー・ロックス・ミー・ウィズ・ワン・ステディ・ロール」(トリキシー・スミス)という曲の歌詞から思いつき、「ムーンドッグロックンロール・パーティ」というラジオ番組をはじめた、というものもある。 エルヴィス・プレスリーなど、カントリーをルーツに持つ南部・中西部の白人が中心だったロカビリーは白人労働者のファンが多く、チャック・ベリーに代表されるロックンロールのファンにはティーンエイジャーが多かった。 その後、白人である、、らの成功によってロックンロールは「白人の音楽」と見られるようになった。 腰を振り、挑発的にパフォーマンスするエルヴィスの登場は保守的な50年代には衝撃的であり、ジョン・レノンは「エルヴィス以前には何もなかった」と証言している。 初期のロックンロールの楽曲はオーティス・ブラックウェルらのプロの作曲家か、、、のカヴァー、シンガー自身による自作自演のいずれかだった。 ブリル・ビルディング・サウンドはポップスの歌手・作曲家分業システムであり、ロックンロールの歴史で重要なチームは、「ハウンドドッグ」「カンサスシティ」「ヤケティ・ヤック」「ラヴ・ポーションNO. 9」を作曲したぐらいだった。 一般的には、半ばに発表された、の『』、エルヴィス・プレスリーの『』などが、ロックンロールの初期の例として挙げられることが多い。 通常、白人のロカビリーに、黒人のロックンロールを加えたジャンル全体をロックンロールとしており、の『』や『』などが含まれる。 ロックンロールからロックへ [ ] 1950年代末から早くも、黒人音楽をルーツに持つロックンロールがラジオ、テレビで演奏される事を嫌悪した白人の日曜説教師や保守派政治家の講演会、新興宗教的キリスト教のビル・グレアムによるロックンロール批判が巻き起こった。 同時にエルヴィス・プレスリーとトム・パーカー大佐の関係に見られるような「ロックンロールの商業化」とあわせ、主要ミュージシャンが徴兵・事故死・懲役などで次々とシーンを去ったことから、ロックンロールは次第にその勢いを失っていった。 この時期に起きた出来事を記す。 1957年末 - でのツアーに向かっていたは、移動中の太平洋上で、乗っていた飛行機のエンジンが火を噴くのを窓から目撃し、「 願いがかなったら神職につきます」と、搭乗機の無事を祈った。 無事シドニーに到着したリチャードは突如引退し、神学校に入学して牧師となった (後に復帰)。 1958年3月 - 陸軍に召集 (1960年3月満期除隊)• 1958年5月 - イギリスツアーを予定していたの妻が13歳だった事が現地で問題化してツアーはキャンセル、当時の米国では合法であったものの、問題を掘り起こすうちに前妻との離婚が未成立だった事が発覚し重婚罪として本国でも問題化、事実上追放 (後に復帰)。 1958年末 - それまで合法的な慣例とされていた「 宣伝料を支払ってオン・エアしてもらう」が、突如不道徳・反倫理的として糾弾され翌年には非合法化、遡及的にら人気DJが追放される。 1959年2月 - 、、ビッグ・ボッパーが飛行機事故で死亡()。 1959年12月 - 14歳の少女を不法に州境を越えて連れ回したとしてが逮捕される(後に、から2年間服役)。 1960年4月 - イギリスツアー中だったが移動中の自動車事故で死亡、同乗のも重傷を負い後遺症が残る。 で大物DJが大量にマイクの前から消える中、駆出しのDJとして関与していたらは当局やレコード会社との取引によって追放を免れ、これを機に大人からも容認される比較的健全な曲を掛ける方向に転向した。 日本でロックンロールと勘違いされることが多い、、デル・シャノンや、ジーン・ピットニー、ボビー・ヴイーらも含め、毒気の少ない歌手の音楽、白人・黒人のガール・グループ等、毒気が抜かれた音楽が紹介され、襲来までの期間を埋めた。 主なアーティスト [ ]• Jeffrey Peter Hart "When the Going Was Good: American Life in the Fifties"p. 130, Crown Publishers, Incorporated, 1982. Francesco Bonami, Raf Simons, Maria Luisa Frisa "The fourth sex: adolescent extremes"p. 434, Charta, 2003. 『キャロル・キング自伝』p. 北中,1985,p. 13.• 北中,1985,p. 47f.• 113-115.• Evans, "The development of the Blues" in A. Moore, ed. , Cambridge: Cambridge University Press, 2002 , pp. 40—42. Shsu. edu. 2018年6月19日閲覧。 Craig Morrison 2013年11月21日. Britannica. com. 2018年6月19日閲覧。 『ロックの歴史』、中山康樹、講談社、2014年6月(P5)。 北中,1985,pp. 9-32.• 64.• 62.• 北中,1985,p. 62f.• 北中,1985,p. 64f.• Bogdanov, C. Woodstra, S. Erlewine, eds, All Music Guide to the Blues: The Definitive Guide to the Blues Backbeat, 3rd edn. , 2003 , p. 700. 2018年6月19日閲覧。 Ira A. Robbins 1964年2月7日. Britannica. com. 2018年6月19日閲覧。 1996. San Francisco:. 378. 参考文献 [ ]• 『ロック』、、1985年 関連項目 [ ]• - 1959年2月3日、バディ・ホリー、リッチー・ヴァレンス、J. "ビッグ・ボッパー" リチャードソンの三人のロックンローラーが死んだ航空機事故の日を指す。

次の

サンボマスター ロックンロール イズ ノットデッド 歌詞

ロック ンロール ウィドウ 歌詞

楽曲の世界観を表わすイラストは必見。 なんとこのイラストを描いているのは、チャックの大ファンを公言しているザ50回転ズのダニー! 「ベートーヴェンをぶっ飛ばせ」の邦題で知られるこの曲。 〈ロール・オーヴァー〉は、辞書的には〈転がる〉、〈転がす〉、〈寝返りを打つ〉。 しかし、ロック・ファンにとったら、もう〈ぶっ飛ばす〉以外の訳語は考えられない。 「ベートーヴェンを転がせ」ったって、あーた、ダイスじゃないんだから。 転がすは転がすでも、上手をつかんで豪快に土俵上に叩きつけて、背中に土をべったりつけるくらいの力技でなければなりません。 とにかく見事な訳だが、チャックの初めての日本盤LP『ロックの王者! チャック・ベリーのすべて』(ビクター=64年発売)では、普通に「ロール・オーバー・ベートーベン」という片仮名表記だった。 おそらくビートルズ・バージョンで広まった邦題と思われる。 ロックンロールに眉をひそめる良識派の大人のみなさんの神経を逆なでする題材で、それだけに快哉を叫んだティーネイジャーたちの顔が目に浮かぶ。 少年時代、ブギ・ウギ・ピアノを練習したくて仕方なかったチャックの前に立ちはだかっていたのが、姉のルーシー。 近所ではマリアン・アンダースン(黒人のクラシック歌手)と呼ばれるような才能の持ち主だった。 彼女のクラシック・ピアノの練習は無条件で認められていて、チャックがブギ・ウギを弾くには、彼女の練習のわずかな隙を見つけなければならなかった。 チャックの自伝によると、子供の頃、姉にピアノを独占されていた悔しさを歌ったとのことで、"巨匠ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェンではなくルーシーに文句を言いたかったのだ"と語っている。 無論、クラシック音楽をロックンロールとは対極の音楽として認識していたのは間違いなく、世の中の"権威"を代表する音楽として、ぶっ飛ばしてしまったのだが。 ちなみに、イントロは「ジョニー・B. グッド」に繋がるもので、同系統のものでは最初に登場した。 また、バック全体のビートは跳ねているが、チャックがイーヴンの8ビート・ボトム・リフを弾いた、最初の曲という点でも重要な1曲と言えるだろう。 著者による意訳(?)も掲載。 直訳ではなくチャック・ベリーのメロディ/テンポを意識して訳しているので、実際に楽曲を聴きながら読み進めるのがオススメです とにかく侮れないフレーズの連発である。 2番の〈My heart's beatin' rhythm and my soul keeps singin' the blues〉は、縮めれば見事に〈rhythm and blues〉に。 この曲から生まれた曲もあれば(別項参照)、 "俺のブルー・スウェード・シューズ踏むなよ"と、ヒットしたばかりのカール・パーキンスの曲を引用したりもする。 締めの、"彼女が〈dime〉を持っている間は音楽が止むことなし"とは、コインをジューク・ボックスに入れ続けるからですね。 わかるわあ。 さて、この曲でポイントなのが、〈Reel and rock〉という英語フレーズ。 〈リール〉は釣竿の糸巻きからくるくる回るイメージだろうか? スコットランドの伝統的ダンスの一種でも、リールというのがある。 ビッグ・ジョー・ターナーの曲からもヒントを得ているとのことだが、チャック自身もこのフレーズを発展させて、「リーリン・アンド・ロッキン」(のP37を参照)を録音している。 原詩にはコード譜を掲載しているので、歌本としても使えます。 さらに、歌詞に出てくる英語フレーズの意味もバッチリ紹介。 意外と難しい単語がたくさん出てくるので、とても勉強になります。 オリジナルが聴けるアルバム 『Rock, Rock, Rock』 (1956年作品) おそらく史上初の"ロック映画"と言うべき、『Rock, Rock, Rock』。 ドゥワップ・バラードなども多く使われていたが、その中で最も強烈にロックを体現していたのが、チャックだった。 映画では1曲のみ(「ユー・キャント・キャッチ・ミー」)だったが、このオムニバス・アルバムでは「ユー・キャント~」の他に「サーティ・デイズ」「メイビリーン」そしてこの「ロール・オーヴァー・ベートーベン」の計4曲を収録して、ロック時代のトレンドセッターとしての姿を強烈にアピールした。

次の