シリコン バレー 時差。 シリコンバレーで働いてわかった、日本人とアメリカ人の違い

地球の歩き方シリコンバレー

シリコン バレー 時差

GoogleMAPで「シリコンバレー」と検索した時にでてくる場所です。 シリコンバレーの由来は、主原料をケイ素とするシリコンを材料とする半導体メーカーやそれに関連するコンピュータメーカー・ソフトメーカーなどのIT企業が集まっていること、そしてその地形が渓谷であったことから来ています。 シリコンバレーの概要 シリコンバレーは、この地域の中心に位置するスタンフォード大学出身の技術者がヒューレットパッカードなどのエレクトロニクス企業を設立し、さらにインテルなど半導体メーカー誕生の素地を作ったショックレー半導体研究所が設立されたことが始まりとされています。 その後半導体メーカーが集積すると共にベンチャー企業への融資が盛んになり、起業家も集まる地域になっていきました。 そして1980年代のPCの隆盛と共にアップルやサンマイクロシステムズなどのコンピュータメーカーが設立。 1990年代には、ソフトウェアやインターネットの発展を契機にヤフーやグーグルが設立されています。 このような歴史的な経緯により、シリコンバレーは世界で名だたるIT企業が集積する地域となりましたが、現在においても先端産業の集積地、研究開発の拠点、若手起業家やベンチャーキャピタルが集まる地として発展が続いています。 シリコンバレーに拠点を置く有名企業 2019年現在においても、多くの先端的なIT企業がシリコンバレーに本社を置いています。 半導体メーカーとしてはインテル・NVIDIA・AMD、コンピュータメーカーとしてはアップル・ヒューレットパッカード(HP)、ソフトウェアメーカーとしてはアドビシステムズ・オラクル・シマンテックなどが挙げられます。 検索エンジンやYouTubeを運営しているGoogle(アルファベット)や、世界最大のSNSであるフェイスブックもまたシリコンバレーに本社を置いています。 このような企業の集積に伴い、商機や人材の獲得、オープンイノベーションやスタートアップを目指し、世界中の企業が研究所などといった形でシリコンバレーに拠点を設置しています。 ホンダ・トヨタ・日産といった日本企業もシリコンバレーに拠点を置いており、シリコンバレーとその周辺地域を合わせると日系企業数は913社にも及ぶそうです。 MEMO 海外の企業へ転職を考えている方はコチラの記事をチェック! 参考 \ 無料で診断 / 日本にある(あった)シリコンバレーようなところ シリコンバレーの成功により、世界中のIT産業集積地に「〜のシリコンバレー」といった通称が付けられるようになりましたが、特に近年の日本では渋谷と六本木が挙げられることが多いようです。 渋谷(ビットバレー) 東京の渋谷はインターネット関連のベンチャー企業の集積地となっており、渋谷の地名における「渋い(Bitter)」と「谷(Valley)」、また報量の単位の「ビット」をかけて「ビットバレー」と呼ばれています。 サイバーエージェント、DNA(ディー・エヌ・エー)、GMOインターネット、ミクシィといった日本のIT大手企業が本社を置いており、グーグル日本法人も2019年後半に渋谷への本社移転を予定しているそうです。

次の

地球の歩き方シリコンバレー

シリコン バレー 時差

この地域で普通の生活をしている分には危険を感じることはありません。 夜の戸締まりを徹底する(一軒家の場合にはビデオカメラなど防犯器具を取り付ける)• 夜遅くに一人で人通りの少ない場所に出歩かない• 大金を持ち歩かない(クレジットカードがあれば100ドル以上は不要) 上記を守れば特に気をつけることもありません。 ただしベイエリア周辺にも、危険な場所は存在します。 危険なところと言われているのは次の3つです。 シリコンバレーの中では高級住宅地に住む人が多いです(最近の家賃高騰で分散される傾向にあります)。 昔からのお金持ちが住んでいる Saratoga 高嶺の花の地域。 高級住宅街 Cupertino 治安がよい。 日本人が多い。 学区がよい。 中上流家庭が多く居住している Mountain View, Sunnyvale, Santa Clara 治安も良く、日本スーパーなども充実 Campbell, Los Gatos 割安な地域。 日本人も住んでいるが多くない Milpitas 中国人が多く住んでいる。 治安はまあまあ San Jose North San Joseは家賃も安いので日本人が増えてきた。 治安は場所による East San Jose 住んではいけない。 夜歩いてはいけない East Palo Alto 住んではいけない。 車でも行ってはいけない。 住宅を探す場合には次の点を見落とさないようにしましょう。 人口、人口密度• 男女比• 収入(平均じゃなくて中央値)• 年齢、結婚、独身比率• 学校の良し悪し• 先生の数• 高卒の割合• 大卒の割合• 暴力事件(レイプ、殺人など)の危険度• 盗難系のリスク(空き巣、窃盗、車泥棒など)• 生活コスト• 空気の質• 水の質• 紫外線の強さ• 失業率• 成長率• 家の値段• アパートなどの空き率 Cupertino クパチーノ シリコンバレーの中心に位置する住宅街。 就学のお子様がいる場合には大抵はこの地域を選択します。 アップルやヒューレットパッカードなどのハイテク企業のオフィス地区としても有名な街。 小、中、高校と公立学校の教育水準が高い地域で授業後に日本語や日本の教育を教える機関(アフタースクールプログラム)や日本語補習校へのアクセスも良いです。 日本食レストラン、日本食スーパーも多く質も高い為日本人駐在員の方が最も多く住む街となっています。 Los Altos ロスアルトス カリフォルニア州で犯罪率が最も低い町のひとつに数えられる超高級住宅地です。 所得水準も教育水準も高く、大きな木々が通りを埋める緑の多い街並みです。 特に山側へ行くと百万ドル級の家々が建ち並ぶロスアルトスヒルズがあり、西側は有名なスタンフォード大学のあるパロアルトに隣接しています。 ただし、East Palo Alto は日本人が決して足を踏み入れてはいけない地域です。 シリコンバレーでの犯罪はイーストサンノゼと並んでほとんどこの地域で発生しています。 Mountain View マウンテンビュー 大手ショッピングセンターがあり、ダウンタウンにはレストラン街、日系スーパーがあります。 北はサンフランシスコ、南はサンノゼまで走るカルトレインの駅があり、公共の乗り物で移動ができて便利です。 Google本社のある地域です。 Palo Alto パロアルト 有名なスタンフォード大学がある街です。 ベイエリア屈指の高級住宅地のひとつでもあり、賃料は高めです。 アップル創始者のスティーブ・ジョブズが住んでいた地域です。 街の雰囲気は大変良く、ユニバーシティアベニュー沿いに建ち並ぶレストランやブティックは高級感があり洗練されています。 Santa Clara サンタクララ サニーベール、サンホゼにはさまれている、ハイテク企業の多い地域です。 サンタクララ大学や、グレートアメリカ(遊園地)があり、商業地域と住宅街が分かれている街です。 Saratoga サラトガ 超高級住宅地のひとつ、教育水準が高く犯罪率は低いです。 一軒一軒が大きめの端整な住宅街があり、隣街のロスガトスダウンタウンはレストラン、ブティック、美容院、カフェなど古い街並みが素敵な雰囲気を演出しています。 Sunnyvale サニーベール サンタクララ郡で2番目に人口が多く、地理的にはシリコンバレーの中心に位置し日本企業が点在している地域です。 各国のレストラン、日本食レストランが充実している。 大変住みやすい街です。 Milpitas ミルピタス ハイテク企業の増進とともに急成長している町です。 1994年にアウトレットショッピングセンターが開設されました。 ここはもともと産業の町で、コンピューター機器工場、ソフトウエア製作のコンピューター産業があり比較的不動産価格が安いなどの理由から、シリコンバレーの多くのキャリア志向の人たちがここへ移動しています。 880号線、680号線で北へ10マイルほど走るとアラメダ郡のフリーモントに到着します。 San Jose サンノゼ シリコンバレーの中心地、ハイテク関連企業の中には日本の企業も多く含まれています。 サンノゼ南側のジャパンタウンには、昔ながらの手作り豆腐屋、和菓子のお店、多数の日本食レストランがあります。 サンノゼ北側は昔は農村地帯だったのですがアパートが増えてきました。 日本人が多く住むアパートもあります。 サンノゼ西側には高級感あふれる洗練されたサンタナロウがある、住みやすい街です。

次の

シリコンバレー

シリコン バレー 時差

GoogleMAPで「シリコンバレー」と検索した時にでてくる場所です。 シリコンバレーの由来は、主原料をケイ素とするシリコンを材料とする半導体メーカーやそれに関連するコンピュータメーカー・ソフトメーカーなどのIT企業が集まっていること、そしてその地形が渓谷であったことから来ています。 シリコンバレーの概要 シリコンバレーは、この地域の中心に位置するスタンフォード大学出身の技術者がヒューレットパッカードなどのエレクトロニクス企業を設立し、さらにインテルなど半導体メーカー誕生の素地を作ったショックレー半導体研究所が設立されたことが始まりとされています。 その後半導体メーカーが集積すると共にベンチャー企業への融資が盛んになり、起業家も集まる地域になっていきました。 そして1980年代のPCの隆盛と共にアップルやサンマイクロシステムズなどのコンピュータメーカーが設立。 1990年代には、ソフトウェアやインターネットの発展を契機にヤフーやグーグルが設立されています。 このような歴史的な経緯により、シリコンバレーは世界で名だたるIT企業が集積する地域となりましたが、現在においても先端産業の集積地、研究開発の拠点、若手起業家やベンチャーキャピタルが集まる地として発展が続いています。 シリコンバレーに拠点を置く有名企業 2019年現在においても、多くの先端的なIT企業がシリコンバレーに本社を置いています。 半導体メーカーとしてはインテル・NVIDIA・AMD、コンピュータメーカーとしてはアップル・ヒューレットパッカード(HP)、ソフトウェアメーカーとしてはアドビシステムズ・オラクル・シマンテックなどが挙げられます。 検索エンジンやYouTubeを運営しているGoogle(アルファベット)や、世界最大のSNSであるフェイスブックもまたシリコンバレーに本社を置いています。 このような企業の集積に伴い、商機や人材の獲得、オープンイノベーションやスタートアップを目指し、世界中の企業が研究所などといった形でシリコンバレーに拠点を設置しています。 ホンダ・トヨタ・日産といった日本企業もシリコンバレーに拠点を置いており、シリコンバレーとその周辺地域を合わせると日系企業数は913社にも及ぶそうです。 MEMO 海外の企業へ転職を考えている方はコチラの記事をチェック! 参考 \ 無料で診断 / 日本にある(あった)シリコンバレーようなところ シリコンバレーの成功により、世界中のIT産業集積地に「〜のシリコンバレー」といった通称が付けられるようになりましたが、特に近年の日本では渋谷と六本木が挙げられることが多いようです。 渋谷(ビットバレー) 東京の渋谷はインターネット関連のベンチャー企業の集積地となっており、渋谷の地名における「渋い(Bitter)」と「谷(Valley)」、また報量の単位の「ビット」をかけて「ビットバレー」と呼ばれています。 サイバーエージェント、DNA(ディー・エヌ・エー)、GMOインターネット、ミクシィといった日本のIT大手企業が本社を置いており、グーグル日本法人も2019年後半に渋谷への本社移転を予定しているそうです。

次の