キャンプ 新作。 テントファクトリー2019年春夏展示会で見つけた新作&アップデートアイテム

【展示会速報】ソロキャンプアイテムが充実!2020年ユニフレーム新作がアツい!|BE

キャンプ 新作

こんにちは。 毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー()です。 昨日の記事では、ワークマンの2019年新作、アノラックパーカーをご紹介しました。 今日はライトスリッポンです。 なんとこれ、1,500円ですよ・・・!キャンプやアウトドアスタイルにぴったりなデザイン、3色展開で全部買ってみました。 では詳しいレポをどうぞ。 ワークマンの靴はいいぞ! この冬はひたすらワークマンの靴にお世話になりました。 関連記事:ワークマンの防寒ブーツがコスパよすぎる件 この防寒ブーツなんて毎日毎日履いて、ついに壊れるまで履きましたからね。 軽くて暖かくて最高。 1,900円でこれだけ履ければ本望です。 あと、テントへの出入りがしやすい、防寒モックシューズもすごくよかったです。 ブーツだと出入りしずらいからね。 これは常に車に積んでました。 関連記事:ワークマンのモックシューズもいいYO! この春夏はどんな靴が出るのかなぁとわくわくしていました。 とはいえ、冬のように「防寒」というキーワードがいらなくなる春夏は、正直よほどデザインがよくないと買わないかもなぁと思っていました。 こう言ってはなんだけど、機能性とコスパがよくても、やっぱりデザインも大事ですから。 スポンサーリンク 2019年春物、ライトスリッポン キターーーーー!! で、2019年3月。 ついに春物登場とのことなので、ワークマンに行ってきましたよ。 見つけたとたん、「ふぉぉぉ!かわええ。。。 !」とあっさり全色買ってきたのがこちらです。 なんと正式名称がわからない。 タグに記載がないんです。 ワークマンの店舗さんが発信しているインスタによると「Lightスリッポン」と記載されておりましたので、とりあえずライトスリッポンと呼ばせていただきます。 (lightって、スペルミスしやすいw) カラーはベージュ、ライトグレー、ダークグレーの3色。 サイズ展開はメンズS、M、L、LL、3L、4Lです。 ベルトは飾りではなく、甲の調節ができます。 シューズが入る、バッグも付属されています。 これ、いいですね~。 持ち運びもできちゃいます。 学校行事の時にもしかしたらいいかもと思ったりして。 いつもスリッパ持ち込んでるんですが、脱げやすいし、階段でも怖いんですよね。 私はアウトドアウェアで参観に行くこともあるので、靴だけスリッパってのも変だったので、もう学校用にしちゃおうかなぁ。 外履きっぽいから、ちょっと変な目で見られる可能性もあるけど。 靴底はこんな感じ。 それなりに厚みはあります。 靴底も刻みがたくさんあって、滑りにくそう。 ちなみに中敷きは裏返しにすると、こんなに通気性がよさそう。 どちらかというと、素足で履くサンダルのような位置づけなのかもしれません。 かかとはつぶして履くこともできます。 キャンプでテントに出入りする時に楽そう。 スポンサーリンク ワークマン ライトスリッポンを実際に履いてみた はい、実は昨日公開した、パーカーの全身写真で履いていたのがこれだったんです。 つぶすとこう。 片足160gと本当に軽い。 まさにライト。 ただその一方で、軽い分靴底もちょっと頼りなさを感じるのも確か。 表面の生地もやや薄めです。 これでがっつりハイキングするぞ!歩くぞ!っていうシューズではないかと。 アウトドアな見た目だけど、そこまでタフには感じません。 そういう人は、アウトドアブランドの1万円くらいするシューズを買う方が結果的にお得かと思います。 じゃどんな人にいいかというと、アウトドアファッションがすきだけど、安い値段で取り入れたい人。 軽く公園散歩するとか、街歩きするとか、車でキャンプに行って使うという用途では問題ないです。 1,500円ですから、そこはくみ取る必要がありますね。 あとサイズがメンズSを購入したけど、素足ではちょっと大きいです。 私は普段パンプスは23. 5、スニーカーは24cmと女性では少し大きめですが、それでもちょっと大きいかな。 とはいえ、キャンプではブヨ対策で必ず靴下を履くので、靴下で調節しようと思います。 このライトグレーはダンナさんが購入。 普段27cmなので、3Lでちょうどいいサイズでした。 私はベージュだけ買おうとしたんだけど、ダークグレーも気になる。。。 そういえば、グラミチのイエローのハーフパンツに合いそう!ということで、やっぱり買っちゃいました。 タイツと合わせれば、かわいいキャンプファッションになりそう。 スポンサーリンク アウトドアファッションがすきなら、買いです! というわけで、ワークマン2019年新作、ライトスリッポンをご紹介しました。 1,500円で一気にキャンプで大活躍なアウトドアファッションができあがりになるこのシューズ、かなりコスパいいかと。 ただ女性は靴下で調節するにしても、最低でも23. 5cm以上ないとカパカパします。 Sサイズ以下で、XSとかあるといいんですけどねぇ。 あと、デザインはアウトドアですが、これでトレッキングなどはおすすめできません。 長時間、未舗装の道を歩くようなときは、アウトドアブランドのしっかりとしたトレッキングシューズがおすすめです。 結論:1,500円だし、試しに買ってみ! 追記:twitterのフォロワーさんから「まだ店舗に入荷していませんでした」というリプを何件か頂いております。 店舗や地域により、入荷時期が違うようですので、まずはお電話で店舗に在庫確認してからお出かけした方が確実かもしれません。 わざわざ足を運んで頂きましたのに、申し訳ございません。 応援のクリックお願いします。 twitter始めました。 フォローうれしいです。

次の

【2020年春夏】今年注目の新作アウトドアチェア&テーブルはこの5点!|BE

キャンプ 新作

縦と横の方向さえ間違えなければなんとかなるのは楽! パネルは8面 アルニカにはパネルと呼ばれる出入口が前後に2か所、左右に6か所の計8か所存在します。 これらのパネルは全て網戸にすることもできるので、夏は蚊帳として使うことができます。 開放的な気分を味わいたいときは内側からでも巻いて留めることができます。 留め具はこんな感じ。 全て開けて通気性を良くしたり、全て閉じてプライベートな空間にすることもでき、状況に応じた使い方ができます。 前後の大きいパネルは下側を少しだけ開けることもできます。 パネルは跳ね上げてキャノピーにすることができます。 日よけのためのキャノピーは天気が良い日には役立ちますが、跳ね上げる為のポール・ロープ・ペグは自分で用意する必要があります。 取扱説明書に記載しているように、すべてのパネルを跳ね上げるには約160センチのポール4本と2. 5Mのロープ8本、それにロープを張るためのペグ8本が必要になります。 (片面だけなら半分の数) 耐水圧3000mmで防水性良し アルニカの生地は210Dポリエステルオックスというもので耐水圧は3000㎜です。 雨が降ろうがテント内に浸水してくることはほぼないので安心して過ごすことができます。 4か所にベンチレーション(通気口)がある アルニカには4つの角部分にベンチレーションがあります。 開け方はとても簡単で、ベンチレーションをめくるとマジックテープが付いたバーがあります。 このバーをつっかえ棒のようにしてベンチレーションを広げれば完了です。 ベンチレーションがあるのはいいのですが、 外側からしか開閉できないのは少し不便です。

次の

【展示会速報】ソロキャンプアイテムが充実!2020年ユニフレーム新作がアツい!|BE

キャンプ 新作

こんにちは。 毎週キャンプに出撃している、ママキャンププランナーのサリー()です。 昨日の記事では、ワークマンの2019年新作、アノラックパーカーをご紹介しました。 今日はライトスリッポンです。 なんとこれ、1,500円ですよ・・・!キャンプやアウトドアスタイルにぴったりなデザイン、3色展開で全部買ってみました。 では詳しいレポをどうぞ。 ワークマンの靴はいいぞ! この冬はひたすらワークマンの靴にお世話になりました。 関連記事:ワークマンの防寒ブーツがコスパよすぎる件 この防寒ブーツなんて毎日毎日履いて、ついに壊れるまで履きましたからね。 軽くて暖かくて最高。 1,900円でこれだけ履ければ本望です。 あと、テントへの出入りがしやすい、防寒モックシューズもすごくよかったです。 ブーツだと出入りしずらいからね。 これは常に車に積んでました。 関連記事:ワークマンのモックシューズもいいYO! この春夏はどんな靴が出るのかなぁとわくわくしていました。 とはいえ、冬のように「防寒」というキーワードがいらなくなる春夏は、正直よほどデザインがよくないと買わないかもなぁと思っていました。 こう言ってはなんだけど、機能性とコスパがよくても、やっぱりデザインも大事ですから。 スポンサーリンク 2019年春物、ライトスリッポン キターーーーー!! で、2019年3月。 ついに春物登場とのことなので、ワークマンに行ってきましたよ。 見つけたとたん、「ふぉぉぉ!かわええ。。。 !」とあっさり全色買ってきたのがこちらです。 なんと正式名称がわからない。 タグに記載がないんです。 ワークマンの店舗さんが発信しているインスタによると「Lightスリッポン」と記載されておりましたので、とりあえずライトスリッポンと呼ばせていただきます。 (lightって、スペルミスしやすいw) カラーはベージュ、ライトグレー、ダークグレーの3色。 サイズ展開はメンズS、M、L、LL、3L、4Lです。 ベルトは飾りではなく、甲の調節ができます。 シューズが入る、バッグも付属されています。 これ、いいですね~。 持ち運びもできちゃいます。 学校行事の時にもしかしたらいいかもと思ったりして。 いつもスリッパ持ち込んでるんですが、脱げやすいし、階段でも怖いんですよね。 私はアウトドアウェアで参観に行くこともあるので、靴だけスリッパってのも変だったので、もう学校用にしちゃおうかなぁ。 外履きっぽいから、ちょっと変な目で見られる可能性もあるけど。 靴底はこんな感じ。 それなりに厚みはあります。 靴底も刻みがたくさんあって、滑りにくそう。 ちなみに中敷きは裏返しにすると、こんなに通気性がよさそう。 どちらかというと、素足で履くサンダルのような位置づけなのかもしれません。 かかとはつぶして履くこともできます。 キャンプでテントに出入りする時に楽そう。 スポンサーリンク ワークマン ライトスリッポンを実際に履いてみた はい、実は昨日公開した、パーカーの全身写真で履いていたのがこれだったんです。 つぶすとこう。 片足160gと本当に軽い。 まさにライト。 ただその一方で、軽い分靴底もちょっと頼りなさを感じるのも確か。 表面の生地もやや薄めです。 これでがっつりハイキングするぞ!歩くぞ!っていうシューズではないかと。 アウトドアな見た目だけど、そこまでタフには感じません。 そういう人は、アウトドアブランドの1万円くらいするシューズを買う方が結果的にお得かと思います。 じゃどんな人にいいかというと、アウトドアファッションがすきだけど、安い値段で取り入れたい人。 軽く公園散歩するとか、街歩きするとか、車でキャンプに行って使うという用途では問題ないです。 1,500円ですから、そこはくみ取る必要がありますね。 あとサイズがメンズSを購入したけど、素足ではちょっと大きいです。 私は普段パンプスは23. 5、スニーカーは24cmと女性では少し大きめですが、それでもちょっと大きいかな。 とはいえ、キャンプではブヨ対策で必ず靴下を履くので、靴下で調節しようと思います。 このライトグレーはダンナさんが購入。 普段27cmなので、3Lでちょうどいいサイズでした。 私はベージュだけ買おうとしたんだけど、ダークグレーも気になる。。。 そういえば、グラミチのイエローのハーフパンツに合いそう!ということで、やっぱり買っちゃいました。 タイツと合わせれば、かわいいキャンプファッションになりそう。 スポンサーリンク アウトドアファッションがすきなら、買いです! というわけで、ワークマン2019年新作、ライトスリッポンをご紹介しました。 1,500円で一気にキャンプで大活躍なアウトドアファッションができあがりになるこのシューズ、かなりコスパいいかと。 ただ女性は靴下で調節するにしても、最低でも23. 5cm以上ないとカパカパします。 Sサイズ以下で、XSとかあるといいんですけどねぇ。 あと、デザインはアウトドアですが、これでトレッキングなどはおすすめできません。 長時間、未舗装の道を歩くようなときは、アウトドアブランドのしっかりとしたトレッキングシューズがおすすめです。 結論:1,500円だし、試しに買ってみ! 追記:twitterのフォロワーさんから「まだ店舗に入荷していませんでした」というリプを何件か頂いております。 店舗や地域により、入荷時期が違うようですので、まずはお電話で店舗に在庫確認してからお出かけした方が確実かもしれません。 わざわざ足を運んで頂きましたのに、申し訳ございません。 応援のクリックお願いします。 twitter始めました。 フォローうれしいです。

次の