ねんきんネットの「各月の年金記録」の印刷画面。 永住許可申請:格段に難しくなった「永住者」を申請する

各月の年金記録照会 | 日本年金機構

ねんきんネットの「各月の年金記録」の印刷画面

ねんきんネットの概要 最初に、ねんきんネットとはどういうものなのか確認していきましょう。 「ねんきんネット」とは? ねんきんネットとは、文字のとおりですが、 インターネットを通じて自分の年金の情報の確認ができるサービスです。 平成23年2月末にサービスが開始され、平成29年12月末までには500万人の利用者(ID登録者)となっています。 参考: 「ねんきんネット」で確認できること ねんきんネットにはさまざまな機能がありますが、いくつか代表的な機能を説明します。 年金記録 年金記録の一覧表示では、公的年金制度(国民年金・厚生年金保険・船員保険)の加入履歴(加入していた年金制度・加入月数・勤め先の名称)を確認でき、他にも1年間の保険料納付額、これまでの保険料納付額、年金見込み額などもあわせて確認できます。 また、 年金記録照会では、各月の公的年金制度の加入状況、各月の国民年金保険料と国民年金付加保険料納付状況、各月の厚生年金保険または船員保険の標準報酬月額と標準賞与額なども見ることができます。 年金見込み額の試算 「かんたん試算」「質問形式で試算」「詳細な条件で試算」の3つの方法が用意されています。 「かんたん試算」とはボタンクリックだけで、60歳未満の方は 「60歳まで同じ働き方(収入が継続)をしたとして計算した場合の見込み額」、60歳以上の方は「現在の年金記録をもとに計算した年金見込み額」が表示されます。 「質問形式で試算」とは、今後の働き方などを試算条件に関連するいくつかの質問に答えることにより、その内容をもとに算出された 年金見込み額が表示されます。 「詳細な条件で試算」とは、自分自身で詳細な試算条件を設定して 年金見込み額を試算することができます。 追納等可能月数と金額 国民年金保険料や国民年金付加保険料が未納となっている期間について 「国民年金保険料の免除」、学生納付特例制度や納付猶予制度の適用を受けている期間について 「今後納付する月数や金額」を確認するこができます。 電子版ねんきん定期便 日本年金機構が送っている 「ねんきん定期便」は電子版でも確認することができます。 内容は送られてくるものと同じです。 日本年金機構から郵送された各種通知書 年金受給者に送られている、年金振込通知書、年金支払通知書、年金額改定通知書、年金決定通知書・支給額変更通知書、公的年金等の源泉徴収票については、 パソコンなどでも確認・ダウンロードが可能です。 利用対象者 ねんきんネットは基礎年金番号を持っていれば利用できますが、昭和61年4月1日以前に年金受給権が発生し老齢年金を受けている方は対象外となります。 [年金証書に記載の年金コードがゼロから始めるもの(0XXX)を受けている方が対象外です] ねんきんネットの登録に必要なものと登録方法 ねんきんネットを利用する際に必要なものや実際の登録方法を確認していきましょう。 必要なもの 登録時に必要なものは下記となります。 もし、メールアドレスをお持ちない場合は別途取得しておく必要があります。 アクセスキー有り・無しと記載しているのは、アクセスキーが有る場合と無い場合で登録方法が異なるためです。 ねんきんネットの登録ページより登録 日本年金機構のホームページ( )からねんきんネットのページにアクセス、もしくは、ねんきんネットのページ( )に直接アクセスしてください。 画面に「新規登録」ボタンがあるので、クリックすれば登録画面に移動します。 登録方法は、アクセスキーが有る場合と無い場合で異なるので、別々に説明していきます。 アクセスキーを持っている場合の登録方法 アクセスキーがある場合は、ご利用登録(有効なアクセスキーあり)のほうをクリックします。 メールに表記されているURLをクリックし、登録時に入力したパスワードを入力します。 パスワードが認証されるとユーザIDが画面に表示され手続きが完了します。 アクセスキーを持っていない場合の登録方法 アクセスキーがある場合は、ご利用登録(アクセスキーなし)のほうをクリックします。 手順としては、 ・画面に利用規約が表示されるので、内容を確認し問題がなければ 「利用規約に同意する」にチェックして、 「ご利用登録を続ける」をクリック ・ユーザID発行申込の画面で、基礎年金番号、氏名、生年月日、パスワード、メールアドレスなどを入力し 「次に進む(入力内容を確認する)」ボタンをクリック ・内容確認が表示されるので、問題がなければ 「ユーザIDの発行を申し込む」をクリック ・完了画面が表示され手続きが完了です。 ねんきんネットのユーザIDは、5日程度で登録の住所宛てに送付されます。 ねんきんネットを利用するメリット ねんきんネットを利用するメリットには具体的にどのようなものがあるのか確認していきましょう。 いつでもどこでも最新の年金記録の確認ができる インターネット環境があれば場所を問わず確認できるため、 気になったときにいつでも利用でき、最新の情報を取得できます。 日中忙しくても年金窓口に並ぶ必要がない 働いている時間帯はさまざまなため、役所など開いている時間帯に足を運ぶ機会が作れない方も多いでしょう。 24時間いつでも年金記録を確認できるのがとても便利です。 自分の目で年金記録の確認ができるので漏れや誤りが確認できる 年金制度に加入していない時期があったのか、国民年金保険料を納めていない期間があったのかなど、自分の認識があっているのか自分の目で確認することができます。 また、ねんきんネットでは、年金に加入していない時期や年金保険料を納めていない時期について分かりやすく色付けされていて確認がしやすくなっています。 マイナポータルからもねんきんネットにアクセスできる 政府が中心となって運営しているオンラインサービス 「マイナポータル」からでもねんきんネットに接続できます。 マイナポータルの 「もっとつながる」の機能から接続ができ、マイナポータルから接続する場合は、ねんきんネットのユーザIDを取得してなくても(取得していても)接続することができます。 参考: ライフプランに合わせた年金見込み額の試算ができる 年金見込み額の試算機能では、 自分のライフプラン(人生設計)に合わせた働き方などを条件に設定することができ、年金の見込み額を確認 できます。 いろいろな条件設定の結果を比較することができるので、今後のライフプランを考えたりするのにも利用できます。 届出書を作成できる パソコンから届書の作成や印刷ができる機能があります。 ねんきんネットに登録している情報があらかじめ表示されることにより入力や書く手間を省き、入力ミスも減ります。 ただし、電子申請ではないため、申請の手続き自体は、郵送または近くの年金事務所に持参する必要があります。 作成できる届書は下記となります。 〇国民年金保険料免除・納付猶予申請書 〇国民年金保険料学生納付特例申請書 〇国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書 〇国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書兼国民年金保険料口座振替依頼書 〇国民年金保険料追納申込書 〇年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付) 〇年金受給権者住所・支払機関変更届 〇年金証書・改定通知書・振込通知書再交付申請書 〇国民年金・厚生年金・船員保険・共済年金 未支給【年金・保険給付】請求書・年金受給権者死亡届(報告書) 〇源泉徴収票・準確定申告用源泉徴収票交付(再交付)申請書 〇年金加入期間確認請求書 スマートフォンに対応している インターネット環境があればパソコンだけでなくスマートフォンでも利用が可能なため、気になったときなどすぐに確認できます。 ただし、下記機能はパソコンでしか確認することができないので注意しましょう。 〇持ち主不明記録検索 〇私の履歴整理表 〇追納・後納等可能月数と金額の確認 〇電子版「ねんきん定期便」の確認 〇「ねんきん定期便」の郵送意向登録 〇年金の支払に関する通知書の確認 〇届書の作成 持ち主不明の年金記録を検索できる 確認した年金記録自体に 「漏れ」があるのではと心配の場合は、 自分自身で持ち主不明の記録を検索することができます。 具体的には 〇平成8年以前に退職した旧三公社共済組合(JR・JT・NTT)の記録 〇基礎年金番号に統合していない国民年金・厚生年金保険・船員保険の記録 〇国民年金死亡者記録 〇厚生年金基金記録 〇共済過去記録 〇農林過去記録 〇旧陸軍・海軍共済制度の記録 があります。 自己管理することで納付意識を高め、老後資金の計画が立てやすくなる 年金記録や年金見込み額の試算により、将来自分が受け取る年金の受給額が確認できます。 老後資金として必要としている金額と年金受給額の差額が老後に形成しなくてはいけない資金ということがわかるので、必要な金額に向けていまからでも資産形成に取り掛かれば、思い描いた老後生活を迎えることが近づいてくることになります。 参考 まとめ ねんきんネットの概要から登録方法まで説明してきましたがいかがでしたでしょうか。 登録することによるメリットは十分にあることがわかると思います。 登録から手続きをするのではなく、今回の記事を機に登録をしておけば、いざというときにバタバタしなくてすみます。 この後さっそく、登録手続きをしてみましょう。

次の

永住権を申請する時の所得及び納税状況を証明する資料とは?

ねんきんネットの「各月の年金記録」の印刷画面

「ねんきんネット」は、日本年金機構が運営するインターネット上のサービスで、自分の年金記録や将来の年金見込額、電子版「ねんきん定期便」の閲覧等がパソコンやスマートフォンから行えます。 毎月納付書で国民年金保険料を納めている場合、うっかり納付を忘れてしまう場合があるかもしれませんが、ねんきんネットにログインすれば何月分を納付しているか確認することができ、納付漏れを防ぐことができます。 また、企業に勤めている場合は厚生年金に加入することが多いですが、厚生年金の納付状況も確認できるようになっています。 スポンサーリンク ねんきんネットの登録方法 年金の記録を見るには、ねんきんネットの公式サイトから新規登録を行いIDを取得する必要があります。 登録に必要な情報は、基礎年金番号やメールアドレスです。 基礎年金番号は年金手帳や年金証書等に記載されていますので、手元に用意してから登録手続きを行うようにしてください。 申込後、5営業日程度で郵送で「ユーザーIDのお知らせ」が届きますので、記載されたユーザーIDと自身で決めたパスワードでログインすると、ねんきんネットが利用できるようになります。 アクセスキーで簡単登録 ねんきんネットへの登録時には、「アクセスキーをお持ちの方」と「アクセスキーをお持ちでない方」という2種類の手続き方法を選ぶことができるようになっています。 アクセスキーを使わずに登録すると、ユーザーIDは郵送で送付されるため日数がかかりますが、「アクセスキー」を使用するとユーザーIDを即日発行することができます。 アクセスキーは定期的に日本年金機構からハガキで郵送される「ねんきん定期便」に記載されています。 アクセスキーを利用する際も基礎年金番号やメールアドレスは必要になりますので、こちらも手元に用意しておきましょう。 入力完了後、登録したメールアドレス宛に「「ねんきんネット」ユーザID確認用URLのお知らせ」という件名のメールが届きます。 このメール内に記載されたURLにアクセスし、IDとパスワードを入力して「ユーザーID確認」ボタンをクリックすると、ユーザIDの手続きは完了です。 スポンサーリンク 年金見込額試算について ねんきんネットのサービスの一つである「年金見込額試算」では、将来老齢年金を受け取る際にどれくらいの金額をもらえるのか、見込額を試算することができます。 利用条件は国民年金、厚生年金保険、船員保険のいずれかに加入している、または過去に加入していたこと、および70歳未満であることです。 試算の方法は3種類から選べます。 「かんたん試算」は現在の職業で60歳まで年金制度への加入を続けることを前提としてすぐに算出できます。 60歳になる前に転職や退職を予定している場合は、「質問形式で試算」または「詳細な条件で試算」から算出することにより、より実際の受給金額に近い金額を算出できるようになります。 設定した試算条件は90日間保存されますので、この間はいつでも試算結果を確認することができます。 条件を変えて複数の試算を行った場合、各試算結果の違いをグラフで確認することも可能です。 ねんきんネットのその他のサービス 他にも、以下のようなサービスを利用することができます。 ・追納等可能月数と金額の確認 ・電子版「ねんきん定期便」の閲覧 ・年金振込通知書等の通知書の確認・再交付申請 ・各種届書の作成 ・ねんきんネットについての説明動画 再交付可能な各種通知書 再交付手続きはねんきんネットの画面上で完結します。 ・社会保険料(国民年金保険料)控除証明書 ・公的年金等の源泉徴収票 ・年金額改定通知書 ・年金振込通知書 ・支給額変更通知書 作成可能な各種届書 これらは画面上で各情報を入力できますが、入力後は印刷して署名・捺印の上、郵送または年金事務所へ直接提出する必要があります。 ・国民年金保険料 学生納付特例申請書 ・国民年金保険料 免除・納付猶予申請書 ・国民年金保険料 追納申込書 ・国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書 兼国民年金保険料 口座振替依頼書 ・国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書 ・年金請求書(国民年金・厚生年金保険老齢給付) ・年金加入期間確認請求書 ・年金証書・改定通知書・振込通知書再交付申請書 ・源泉徴収票・準確定申告用源泉徴収票交付(再交付)申請書 ・源泉徴収票・準確定申告用源泉徴収票交付(再交付)申請書 ・国民年金・厚生年金保険・船員保険・共済年金未支給【年金・保険給付】請求書・年金受給権者死亡届(報告書) まとめ 厚生年金の場合は勤務先の企業が給与から天引きし納付してもらえるので自分では特に何もする必要はありませんが、退職して国民年金へ加入する場合は加入手続きが必要だったり自分自身で納付を行ったりしないといけないため、納付漏れが発生することがよくあります。 また、通知書等が溜まってくるとどれがいつの何の通知書だったのか、管理が難しくなってくることがあります。 そんな時ねんきんネットに登録しておけば、いつの分を納め忘れているのかを確認でき、郵送された通知書も画面上で確認できるようになり、管理がスマートに行えます。 スポンサーリンク.

次の

永住ビザ申請の必要書類:高度人材ビザは持っていないが70or80点以上ある方

ねんきんネットの「各月の年金記録」の印刷画面

永住権を取得したい外国人の方からの相談を受けていると3つのことで悩んでいる方が多いように思われます。 1、自身が永住権の要件を満たしているのか? 2、永住権を申請するために必要な書類にはどのようなものがあるのか? 3、日本国籍を取得(帰化)するか、永住権を申請しようか迷っている。 大きく3つの相談を弊社では受けることが多いです。 そこで、今回は、2つ目の「永住権を申請するために必要な書類にはどのようなものがあるのか?」について、最近 変更されたポイントに絞って解説をしていきたいと思います。 今回の記事が皆様の参考になれば幸いです。 永住権については、以下の記事でも解説をしていますので、参考にしてください。 直近1年間のものと間違っている人も多くいらっしゃいますが、過去5年間のものが必要になりますので、永住権を申請する時には注意しておきたいポイントの一つです。 また、「源泉所得税及び復興特別所得税」、「申告所得税及び復興特別所得税」、「消費税及び地方消費税」、「相続税、贈与税に係る納税証明書(その3)」については、 令和元年7月1日から申請時に提出を求められるようになりますので、こちらも忘れないように注意しなければなりません。 以下で、所得及び納税状況を証明する資料で必要なものを記載していきます。 必要とされる資料 上記で記載した必要となる書類は以下のとおりです。 1、住民税の納付状況を証明する資料 (ア)直近5年分の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの)各1通 上記、住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書を取得する際に注意しておきたいポイントは以下のとおりです。 ・自身が住んでいる市区町村から発行されるもの。 ・年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば、いずれか一方での提出でも可能。 ・市区町村において、直近5年分の証明書が発行されない場合は、発行される最長期間分についての提出が必要。 ・上記の証明書が、入国後間もない場合や転居等により、市区町村から発行されない場合は、最寄りの地方出入国在留管理官署に確認すること。 (イ)直近5年間において住民税を適正な時期に納めていることを証明する資料(通帳の写し、領収証書等) 上記 イ の書類を取得する際のポイントは、以下のとおりです。 ・直近5年間において、住民税が特別徴収(給与から天引き)されていない期間がある場合は、当該期間分について提出が必要。 2、国税の納付状況を証明する資料 源泉所得税及び復興特別所得税、申告所得税及び復興特別所得税、消費税及び地方消費税、相続税、贈与税に係る納税証明書(その3) 上記書類を取得する際に注意しておきたいポイントは以下のとおりです。 ・住所地を管轄する税務署から発行されるもの。 税務署の所在地や請求方法など、詳しくは国税庁ホームページで確認することができます。 ・納税証明書(その3)は、証明を受けようとする税目について、証明日現在において未納がないことを証明するものになるので、対象期間の指定は不要になります。 ・上記の税目全てに係る納税証明書を提出が必要。 3、その他以下のいずれかで、所得を証明するもの a 預貯金通帳の写し 適宜 b 上記aに準ずるもの 適宜 などの書類が必要になります。 公的年金及び公的医療保険の保険料の納付状況を証明する資料 また、令和元年(2019年)7月1日からは、「 公的年金の保険料の納付状況を証明する資料」、「 公的医療保険の保険料の納付状況を証明する資料」についても、永住権の申請時に提出が求められていますので、注意が必要です。 この資料については、 過去2年間に加入した公的年金制度及び公的医療保険制度に応じ、以下に該当する資料を提出する必要があります。 (複数の公的年金制度及び公的医療保険制度に加入していた場合は、それぞれの制度に係る資料が必要になります。 ) 必要とされる資料 上記で記載した必要となる書類は以下のとおりです。 1、直近(過去2年間)の公的年金の保険料の納付状況を証明する資料 以下に記載する ア ~ ウ のうち、 ア 又は イ の資料及び ウ の資料を提出する必要があります。 ア 「ねんきん定期便」(全期間の年金記録情報が表示されているもの必要です。 ) また、上記 ア)の書類を取得する際に注意しておきたいポイントは以下のとおりです。 ・日本年金機構から封書でねんきん定期便が送付されている場合は、同封されている書類のうち〈目次〉において、『〇ねんきん定期便』欄の枠内に記載されている全ての書類を提出する必要があります。 ・ ハガキ形式のねんきん定期便の場合、全ての期間が確認できないため提出書類としては使用することはできません。 (イ)ねんきんネットの「各月の年金記録」の印刷画面 ねんきんネットは、日本年金機構のホームページ(以下のURLを参照)から、登録することができます。 ・ ・申請時の直近2年間において、国民年金の被保険者であった期間がある方は、「各月の年金記録」の中にある、「国民年金の年金記録(各月の納付状況)」の印刷画面も併せて提出することが求められます。 (ウ)国民年金保険料領収証書(写し) ・直近2年間において国民年金に加入していた期間がある場合は、当該期間分の領収証書(写し)を全て提出する必要がります。 提出が困難なケースは、その理由を記載した 理由書を提出することが求められます。 ・直近2年間の全ての期間において国民年金に加入していた方で、直近2年間(24月分)の国民年金保険料領収証書(写し)を提出できる場合は、上記(ア)又は(イ)の資料を提出する必要はありません。 上記の書類が必要になります。 ねんきん定期便の交付申請の方法について 上記で記載した、ねんきん定期便の交付申請方法は、以下のとおりです。 「ねんきん定期便」(全期間の年金記録情報が表示されているもの)は、 日本年金機構に連絡することで交付申請を行うことができます。 交付申請の際は、『 全期間分(封書)を交付希望』と伝えるとスムーズに交付してもらえます。 (申請から交付までに2か月程度必要になります。 ) 問合せ先電話番号 ねんきん定期便・ねんきんネット専用番号:0570-058-555(ナビダイヤル) 050で始まる電話でかける場合:03-6700-1144 となっています。 まとめ 今回は、永住権を申請するにあたって、書類を収集するにあたって注意しておきたいポイントについて解説してきました。 もちろん 身元保証人が必要であったり、永住権を取得したい「 理由書」なども必要になりますので、行政書士等の国際業務の専門家に相談、依頼する方法も有効な手段なので、一度検討してみてはいかがでしょうか。 今回の記事が皆様の参考になれば幸いです。

次の