足 の 薬指 の 付け根 が 痛い。 足の指、付け根が痛むモートン病 原因や治療法は:朝日新聞デジタル

足裏の痛みです。右足中指と薬指の付け根辺りが痛くて、ペタリと足を着...

足 の 薬指 の 付け根 が 痛い

菊池恭太(きくち・きょうた)さん。 下北沢病院医師(整形外科)=東京都世田谷区 Q どんな病気ですか。 A 足の中指と薬指の付け根部分の神経が刺激され、神経がこぶ状に膨らみ、歩くと周囲にひりひりとした感覚やしびれなどが生じます。 特に痛みを感じるのは足を踏み出すときで、女性に多く見られます。 Q 原因は。 A 普段の生活で足に繰り返し生じる負担が原因です。 例えば、ハイヒールなど足の前側への負担が大きい靴や、先細りの靴などをはいていると、足が圧迫されて神経が刺激されます。 中腰の作業やつま先立ちの姿勢が長く続く人もなりやすいです。 中高年の方が多いですが、20代や30代の患者もいます。 Q 治療法は。 A まずは保存療法が基本です。 医療機関で診断を受けて、自分に合ったインソールを作り、足にかかる負担を減らします。 炎症を抑えるためにステロイド注射もします。 量によりますが、1、2カ月に1回の注射を2、3回して様子を見て下さい。 保存療法によって半年以内に多くの人は改善が見られます。 Q 他には。 A 患部の負荷を減らすことが大切です。 ハイヒールは避け、かかとが低い靴や足底の衝撃吸収性が高いスニーカーなどを選ぶのがいいでしょう。 アキレス腱(けん)のストレッチもしてみて下さい。 Q 改善しない場合は。 A 手術する方法もあります。 痛みのある神経の近くの靱帯(じんたい)を切り、神経にかかる圧力を減らすものです。 また、神経にできたこぶが大きい場合は、取り除くという方法もあります。 もわっとした感覚が1、2年続きますが、取ってしまえば再発のおそれはありません。 回答は紙面に限ります。 【メール】 【郵便】 〒104・8011 朝日新聞科学医療部 【ファクス】 (東京)03・3542・3217 (大阪)06・6201・0249 <アピタル:どうしました・その他>.

次の

指の付け根 痛みの原因

足 の 薬指 の 付け根 が 痛い

足の中指や薬指が痛いのはモートン病 モートン病とは、足の薬指や中指の周辺に痛みやしびれを伴う神経の病気です。 原因の多くは「足に合わない靴を履いていること」「中腰の姿勢を長時間していること」などが神経を圧迫して起きると考えられていて、中年以降の女性に多いとされています。 神経の圧迫を緩和するために、靴からの圧迫を専用のインソールなどで和らげたり、靴をオーダーメイドするなどして対策をする場合が多いですが、神経障害が悪化しているとそれだけでは治らない場合もあります。 しびれや疼痛がひどい場合、下半身全体にも影響があるという場合は一度整形外科などを受診し、神経の状態を診察してもらうようにしましょう。 引用元- 外反母趾の痛みとの違い モートン病の原因は神経が圧迫されることでしびれや痛みが起こると言う物です。 ですので神経が圧迫されるような足の変形が起こらないようにすることが一番の予防になります。 足の変形と言うとどなたもが「外反母趾」を連想されるでしょう。 外反母趾にも痛みが伴う場合がありますが、モートン病は神経を直接圧迫するため、外反母趾に比べて痛みの症状が強く表れます。 また、足の指に関する痛みと言うと尿酸値が高いと発症する痛風が有名ですが、痛風は「風が吹いても痛い」と言う状態で、発作が起こっている間はずっと鋭い痛みが続きますから、モートン病とはまったく症状が異なります。 また、痛風が第1趾の付け根の関節に起こることが多いのに対して、モートン病は関節ではなく骨と骨の間が痛みますし、趾も第3趾と第4趾の間が多く、第1趾付近には起こりません。 引用元- 症状は足の中指と薬指が痛い モートン病の特徴は 2本の足の指にまたがって症状がでる点です。 主に薬指と中指の間に痛みが生じる場合が多いが 神経の圧迫によって起こる病気なので、他の指の間でも起こる病気です。 モートン病は、あまり知られていない病気のため 自覚していない場合も多いようです。 次のような症状がある方は 一度病院を受診することをおすすめします。 引用元- モートン病の改善法と治療法 まず最初にできることは、ハイヒールなどの窮屈な靴を履かないということです。 ただ、仕事の関係上そうもいかない方もいらっしゃると思いますので、その場合は「足底板」などを靴に敷いてから履くということもできます。 足底板は、市販の薬局でも購入できますし、また専門医から処方してもらえることもできます。 靴に関しては、痛みの出ないものを選んで履いていただいて、それで痛みが引いてくるようであれば、その靴が「合っている」ことになりますので、回復に向かうと思います。 それとマッサージで周辺の筋肉をほぐしたり、温熱療法といって温めるというの有効な手段です。 ですが、ただやみくもにやっても症状を悪化されるおそれもありますので、最寄りの整形外科や接骨院などで正しいやり方を教わった方がいいかと思います。 モートン病は早めの対応ができれば、上記に記したやり方で回復の方向に向かいますが、それでも痛みが引かない場合は、ブロック注射や手術の必要性も出てきます。 10秒間キープしましょう。 10秒間キープしましょう。 反対の足も同様に行います。 引用元- 足の中指と薬指が痛い体験談 今日整形外科を受診したところ、やはりモートン病と診断されました。 私の場合は右足薬指や中指が、歩いていると痺れてきて、痛みもピリピリ辛いです。 医師曰く… 老若男女、年齢、運動量、体型に問わずなる病気である。 痛みがある時は鎮痛剤を飲んだり、歩くのを控える。 外科的な治療は無い。 こまめにマッサージをしたり、インソールをオーダーメイドするなどして、様子を見ていくしかない。 とのことでした。 暮らしに支障がないから ホッタラカシてるが多分軽い モートン病だと予想している。 作業靴も替えて足の指も動かせるほど ゆったりした足先の上 ビタミンBまで飲んでるから もしかしたら足の痺れは 改善されるかもと、ちょっとだけ期待 — 相澤梅安 baian0320 脚が痛い…。 もともとモートン病で、痛み止めと足指を開くことでごまかしていたが…。 如何せん薬指とその両隣りの指は麻痺しかかってるからうまく動かない。 きっと庇って歩いてるから余計な所に負担がかかってるんだろうなぁ〜…ヨガをして寝ます。 前回とは反対の足の薬指をソファの角に思いっきりぶつけた模様。 漫画を刺繍する人 Achannel00 5本指ソックスを初めて履いたんさ 両足とも薬指が短い足でさ、薬指のところだけすかすかで、より短いのが強調されちょる — 新垢のこたま hnnnnnk7 指全部に塗るか薬指だけ塗るか足だけ塗るとかバリエーションは豊富だよなぁ — えれも crmt0045 -.

次の

足の指が腫れて痛い!! 親指 人差し指 薬指が腫れる原因

足 の 薬指 の 付け根 が 痛い

足指の付け根の痛みといっても、その症状はさまざまです。 代表的な症状とその原因、あわせて、痛みが起こりやすくなる環境をご紹介します。 親指の付け根の痛み 靴との接触による痛み、関節痛の痛み、腱が引っ張られる痛み・・・外反母趾 がいはんぼし 外反母趾は親指の付け根の部分が外側に突出する症状です。 靴の壁と指の出っ張りが当たることによる痛みや、指の骨どうしの関節が噛み合わなくなることによる関節痛の痛み、筋腱の痛みなど、様々な痛みが発生する可能性があります。 でくわしく解説しています。 体重がかかることによる痛み…種子骨炎 しゅしこつえん 種子骨(しゅしこつ)とは親指付け根にある母趾球 ぼしきゅう に付いている、二つの豆粒のような軟骨のことです。 歩いているときなど、この種子骨の周りに負荷がかかり続けた場合にまわりの組織が炎症を起こし痛みを発症します。 種子骨炎になりやすい環境• 親指の付け根に反復的に負荷がかかる、長時間の立ち仕事をしている 例:ハイヒールを履いた立ち仕事など• スポーツやランニングにおいて、つま先で接地する機会が多い• 硬い路面の上での、激しい運動を繰り返す 上記のような環境において発症しやすいといわれています。 特に、踵(かかと)周りの骨格が崩れる(オーバープロネーション)足は、歩くたびに親指の付け根の骨が過剰に横に広がってしまいます。 その骨の先端である母趾球が床に強くこすりつけられることで種子骨周りに集中的に負荷がかります。 この現象が一歩ごと、一日に何千回と繰り返し起こることで、やがて種子骨周りが傷ついて炎症を起こし、痛みだします。 人差し指・中指の付け根の痛み 蹴り出しのときに起こる突き上げるような痛み・・・中足骨頭痛(ちゅうそくこっとうつう) 歩いているときの蹴りだしの際、特に足の人差し指・中指の付け根に突き上げるような痛みを感じます。 中足骨頭痛になりやすい足のタイプ• 踵(かかと)周りの骨格が崩れている足(オーバープロネーション) 歩行などで足に負荷がかかったとき、体重を支える役割の親指の付け根と小指の付け根が左右に広がってしまうため(開帳足)、真ん中にある人差し指・中指の付け根は床に押し付けられてしまいます。 支えなくてもいい重さを歩くたびに繰り返し、繰り返し受け止めなくてはいけません。 何度も床に打ち付けられることで痛みがおきます。 足が硬く、土踏まずが高い足 このような足は指のそりかえりがおきやすく、体重がかかると、柔軟性がないことに合わせて指の付け根が突き出すような状態となり、日常生活の反復的な負荷がかかることで痛みを発症するともいわれています。 中指と薬指の付け根の痛み モートン神経腫(もーとんしんけいしゅ) 主に足の中指と薬指の付け根の間におきる症状でピリピリするような痛みが特徴です。 踵(かかと)周りの骨格が崩れる(オーバープロネーション)足に起こることが多く、つま先が潰れてしまっていることで指の付け根の骨の間にある神経にストレスがかかっていることが原因といわれています。 小指の付け根の痛み 内反小趾(ないはんしょうし) 内反小趾は小指の付け根が腫れて痛くなる症状です。 外反母趾同様「踵(かかと)周り の骨格が崩れる」ことで引き起こされます。 症状の詳細と原因は で詳しく解説します。 その他・・・加齢や病気による痛み 親指の付け根も含め、指の付け根部分にはもともと衝撃を吸収する為の脂肪体があります。 (土踏まずを除いたかかと~足裏の外側~指の付け根にかけてつまむように触ってみるとふわふわと弾力がありますね。 それが脂肪体です。 )しかし、加齢や糖尿病などで脂肪体自体が薄くなってしまい、骨が直接皮膚に圧迫を加えることで痛みが出る場合もあります。 その他、痛風やリュウマチなどが原因の場合もありますので、心当たりのある方はまずは専門医に相談してみましょう。 まとめ 足指の付け根の痛み、症状はさまざまです。 代表的なものを以下にまとめます。 親指の付け根 外反母趾 がいはんぼし ・・・靴ずれ・関節痛・筋腱など、さまざまな痛みが生じる• 親指の付け根 種子骨炎 しゅしこつえん ・・・ 母趾球に体重がかかることで痛みが生じる• 人差し指・中指の付け根 中足骨頭痛(ちゅうそくこっとうつう)・・・蹴りだしたときに痛みが生じる• 中指と薬指の間の付け根 モートン神経腫・・・指と指の間(付け根)がピリピリと痛む。 小指の付け根 内反小趾(ないはんしょうし)・・・出っ張った小指の付け根と靴が当たることで痛みが生じる• 加齢や病気による痛み・・・足の付け根の脂肪体が薄くなり、骨が直接皮膚に圧迫を加えることで痛みが生じる.

次の