小池都知事無能。 「対応が遅すぎた」とテレビで小池知事への批判コメント相次ぐ(水島宏明)

【都知事選】小池氏大きくリード 情勢調査、コロナ対策評価6割(日経)

小池都知事無能

5月末に発売された石井妙子さんの著書「女帝 」が評判を呼ぶ中、6月12日に小池百合子・東京都知事は18日告示予定の挙に立候補を表明した。 「東京大改革2. 0」を掲げ、来月の都知事選への立候補を表明しました。 この4年間、皆様のご協力もをいただきながら、情報公開、待機児童や女性活躍、受動喫煙対策など、人に焦点を当てた政策を実現してまいりました。 政策の詳細は後日発表。。 — 小池百合子 ecoyuri 小池都知事の他、日弁連の元会長・宇都宮健児氏、熊本県の元副知事・小野泰輔氏、NHKから国民を守る党の立花孝志党首なども立候補する意向を表明しているようだ。 同日、作家のさんはTwitterにて 東京都の知事をまた小池百合子がやるの? 東京都民てバカの集まり? 小池さんというのは、政治家としては無能な上に、人間としてはそれ以下やと思うよ。 とツイートを行った。 なんとも辛辣なツイート、反響を呼び14日の時点でおよそ2万の「いいね」を集めていた。 「公約達成ゼロでよく選挙に出れますよね」 「誰ならいいの?」 「百田さんやってください」 といったような返信が寄せられていたようである。

次の

アングル:際立つ小池都知事の存在感、コロナ対応で安倍首相と差

小池都知事無能

この動画では、小池百合子東京都知事の学歴詐称についてのみ語られている。 カイロ大学主席卒業というのは、間違いなく嘘だろう。 しかし、彼女の罪はこんなものではない。 墨東病院ではクラスター感染が発生した。 その後、ご存知のように、多くの都民が感染し、多数の死亡者が発生。 今も収束していない。 その直後には、感染者数が急増した。 (感染者数の隠蔽工作を図ったとみられる) また、コロナ関連を抜きにしても、小池都知事の無能ぶりは計り知れない。 単なる、票集めのための、舌先三寸だったのだ。 その他にも、小池都知事は、連合東京という労働組合系の極左組織に、選挙支援を申し出ている。 自民党に推薦されているから保守、と思っていた方にすれば、裏切られた感があるのではないだろうか? つまり、小池百合子という人物は、なんの政治的主張もない根無し草のような詐欺師ということになる。 以上のように、都民の生活は改善されるどころか、嘘を吐きまくり、挙句は無暗に武漢肺炎をまき散らして、都民を殺しまくり、いまだに苦しんでいる人がいるというのが現状だ。 このような人間を、本当に次の都知事に選んでいいのだろうか? この4年で、その無能ぶりは明らかではないか。 しかも、学歴詐称という、まともな人間なら絶対にしないようなことを、小池百合子という人物はしていた。 東京都民は、今一度考えてみて欲しい。 次の都知事選挙には誰に一票を投じるのが自分達のためになるのかを! 私なら、日本第一党の桜井誠一択である。 彼は、先日の6月4日。 シナ中共に損害賠償請求訴訟を提起する記者会見をした。 保守で訴えると言っていた人間は、結局誰もこれに賛同しなかった。 彼は、個人として、シナ中共を訴える決断をしたのだ。 今回の武漢肺炎で、シナ中共の情報隠蔽工作によって殺された多くの日本人のため、そして、日本人の誇りのために、彼は立ち上がった。 親中政策を敷く、政府与党や小池都知事は、シナ中共に対して何もしないどころか、再びすり寄ろうとしている。 しかし、米英を始めとした世界主要8か国が、シナに対決姿勢を示し、総額1京円以上もの天文学的な損害賠償請求訴訟を提起している。 このままでは、日本がアカだと世界にアピールしていることになる。 敵認定されかねない事態に直面しているのだ。 この恐ろしさを、日本人はもっと真剣に考えるべきだ。 第二次大戦において踏んだ徹を、再び踏もうというのか??! 従って、桜井誠がシナ中共を訴えようと行動を起こした事実は、世界に日本の姿勢を示す上で、非常に意義のあることなのだ。 因みに、桜井誠党首が、都知事選で打ち出している公約は以下の3つだ。 しかし、パチンコは、日本の闇であり、日本にとって最強にして最悪の遺物と言って良い。 その理由を以下に挙げよう。 以上のように、パチンコは日本人にとって百害あって一利なしの無価値産業であり、害悪以外の何ものでもないのだ。 そのことに多くの日本人は無頓着すぎる。 だからこそ、桜井誠は、長年、このパチンコに反対し続けて来たのだ。 彼のこうした姿勢は、4年前の都知事選の時と全くブレがない。 都民の為、日本人の為、この姿勢は、実は彼が昔起ち上げた在特会(在日特権をゆるさない市民の会)当時から何も変わっていない。 彼の政治姿勢は、15年間変わらず、それはあたかも日本という家屋に根差す大黒柱のように強固で頑丈だ。 そうだからこそ、この混乱期。 日本の中枢である東京都の都知事には、彼こそが相応しいと私は考えるのだ。 このままだと、30年後の2050年。 日本はアジアの最貧国になるという予測が既に出ている。 事実、日本の民度をみるに、その傾向が如実に表れていることは否めない。 まずは、都知事選。 ここでこれまでの堕落した日本の政治を変えるキッカケにしなけらばならない。 そして、この後の衆院選、来年の都議会選への弾みにするのだ。 ここで変わらなければ、本当に日本は終わる。

次の

アングル:際立つ小池都知事の存在感、コロナ対応で安倍首相と差

小池都知事無能

(恵キャスター) 「田崎さん、どうご覧になっている?」 (田崎) 「だから1週間遅いんですよ」 (恵) 「もっと早く言えた?」 (田崎) 「言えた。 小池さんが昨日の会見でも言っておられましたが、『厚労省のクラスター班からデータが届いてました』と。 『でも大阪に比べたら、うんと(感染者数が)低いんで。 一桁違ったんで私は(外出の自粛要請などを)やりませんでした』という趣旨の発言だった。 データは届いていたけど データを軽視したということです。 あの段階で・・・」 CBC「ゴゴスマ~GOGO! Smile! ~」 名古屋のCBCテレビがTBS系で放送する情報番組「ゴゴスマ」でもこんなやりとりがあった。 (東国原英夫・元宮崎県知事) 「法律に基づく根拠がないですから国が特措法に基づいて『緊急事態』を宣言して都道府県知事に依頼する、 要請するということになるんですけれども、僕は北海道がやったように緊急事態宣言って自治体で、 法的根拠はなくても、警鐘として注意喚起として出せるんですよね。 僕はもっと早め早めにそれを出して状況に応じて徐々に強めていくという策の方がよかったんじゃないかと思いますね。 今まで東京都って非常にぬるくて、オリンピックがあったからでしょうね。 それが急にここに来て・・・。 これってどうなのかと思いますよ」 テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』 この番組でも小池知事の対応の遅れについてタレントの高木美保が指摘した。 (高木美保) 「小池さんのこのメッセージというのは、やはり(1日で)41人の感染者ということを受けて、その中で重みがあったと思うんですが、すごく残念なことはこの、(厚労省の推計値以下の水準を)達成すればよかったという意味ではなくてね、 この重みのある発言が 連休前にもし出されていたらなということはすごく感じる。 でも41人という数字が出てきたタイミングが皮肉にも連休の後だったということもあるんですが、そう考えると、偶然のせいだけにもしないで、たとえば渡航者の感染が増えている、とか、感染経路がわからない人が増えてきているんじゃないか、というのはその前から徐々に徐々にわかっていることなので、むしろ本当に早め早めにこういった強いメッセージを出すことはできたのではないか。 どうしても オリンピックのことを考慮してしまったのか、 あるいは、 政治の専門家の人からは 『小池さん、都知事選のこともちょっと考えたかもしれないね』とも・・・ でもちょっとしたきっかけや兆候があったら、この先はこういうふうに大変なことになりますよというメッセージを重みをもって発言するのは大事なことだなと、今回のバッドタイミングを含めて感じました」 もちろん小池都知事の対応が結果的に遅かったのかどうか現時点で答えを出すことは難しい。 対応の効果はしばらく後になってから検証してみないことには分からないだろう。 それでも、小池知事が「東京オリンピック」および「都知事としての再選」という2つの課題が念頭にあって、明確な宣言を出すのが遅れた可能性があるという指摘を複数の番組でコメンテーターたちがしていたことは記憶しておきたい。 こうやって見てみると、テレビの情報番組での「コメント」も庶民感覚を交えて様々なタレントなどがその時々にこれは大事だと思うことを発言していることがわかる。 専門的な知見に基づくものもある一方で母親としての視点など、生活者の感覚そのままに発言する人もいて、スタンスも人それぞれだ。 小池知事のこの強い問題意識は三連休の前に、人々が街に繰り出してあまり浮かれる状態になる前に出してほしかったという感覚はこのウィルスの怖さを知れば知るほど一般の人たちの間でも共有する感覚だったのではないだろうか。

次の