日本 女子 大学 倍率。 日本女子大学の偏差値&入試情報【2020最新版】

女性自認の学生受け入れへ 日本女子大、2024年度から :日本経済新聞

日本 女子 大学 倍率

〜女性のための再就職支援プログラム〜 日本女子大学リカレント教育課程は、大学卒業後に就職しても育児や進路変更などで離職した女性に1年間(2学期)のキャリア教育を通して、高い技能・知識と働く自信・責任感を養い、再就職を支援するプログラムです。 社会の変化に対応した新しいあなたの発見と、充実したキャリア (生き方)を応援します。 日本女子大学は、卒業生はもとより、すべての女性にとって人生航路の必要な時に立ち寄り、休息し、給油し、糧食を得て、次の航海に再出発できる港になりたいと願っています。 ・リカレント教育課程主催「第17・18回合同企業説明会」を開催します。 ご参加企業の募集を開始しました。 学び直しをした社会人女性の採用について、ご検討くださいますようお願い申し上げます。 企業様の参加申込についてはから。 ・2019年12月5日に、「女性のためのリカレント教育推進協議会」発足シンポジウムを終えました。 ご協力いただいた皆様に御礼申し上げます。 詳細はから。 ・ 2018年度日本女子大学 文部科学省委託事業 「女性の学びとキャリア形成・再就職支援を一体的に行う仕組みづくりに関するモデルを構築するための 実証事業の実施」を終えました。 ご協力いただいた皆様に御礼申し上げます。 事業概要については ・2016年4月より、文部科学省「職業実践力育成プログラム(BP)」女性活躍分野及び厚生労働省「専門実践教育訓練講座」に指定され、新たにスタートしました。 ・内閣府男女共同参画局「平成29年度女性のチャレンジ支援賞」を受賞しました。 詳しくはから。 2020年4月8日 【事務室閉室について】 キャンパスの入構制限に対応し、事務窓口について以下のとおりとします。 ・4月9日 木 から5月6日 水 の間、事務窓口を閉室いたします。 お問い合わせについては、以下の連絡先にメール又は電話にてご連絡ください。 入構制限期間は、電話をお受けできないことや、ご返事まで時間がかかる場合が あります。 ご理解くださいますようお願い申しあげます。 2020年4月3日 【日本女子大学キャンパス入構規制及びリカレント教育課程事務室窓口対応について】• 日本女子大学キャンパス入構規制及びリカレント教育課程事務室窓口対応について掲載しましたので、以下よりご確認ください。 また、授業開始日は未定ですが履修ガイダンス・授業は4月19日までは実施いたしません。 履修ガイダンス及びその他の新学期に関することの詳細は、今後お知らせする予定です。 また、状況が変わることもありますので、その場合には再度通知をします。 2020年3月23日 【新型コロナウイルス感染に関する日本女子大学リカレント教育課程の対応について】 新型コロナウイルスの感染に関する情報が日々更新されておりますが、 教育機関においても影響が出ており、深刻な状況と言わざるを得ません。 本学園においても感染拡大防止のため、教育機関としての社会的責任を考慮し、 学園が主催する各種行事等の対応について、政府、文部科学省からの通知に従うことを前提として、このとおり基本方針を定めることといたします。 この基本方針に沿って、リカレント教育課程の対応について以下の通りとしますので、ご確認の上、ご理解ご協力をお願いいたします。 履修ガイダンス及びその他の新学期に関することの詳細は、4月上旬にお知らせする予定です。 2020年3月12日 【事務室閉室について】 リカレント教育課程事務室は、次の日程を終日閉室いたします。 リカレント教育課程事務室は、次の日程を終日閉室いたします。 2019年11月11日 本日、リカレント教育課程の11月11日(月)午後の授業を休講とし、事務室は15時以降閉室します。 14時以降、終日、両キャンパスへの立ち入りを禁止します。 また、明日の実務家教員COEプロジェクト「教育実習」は延期します。 2019年10月31日 リカレント教育課程主催「第17・18回合同企業説明会」を開催します。 ご参加企業の募集を開始しました。 学び直しをした社会人女性の採用について、ご検討くださいますようお願い申し上げます。 企業様の参加申込についてはから。 2019年10月15日 【重要】11月3日(日・祝)法定停電による生涯学習センターホームページ停止について 目白大学地区の法定停電の為、下記(予定)の日時で生涯学習センターホームページ停止します。 皆様にはご迷惑おかけいたしますが、ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。 台風19号の接近により明日12日(土)入学・キャリア相談会の開催を中止します。 参加予定でいらした方は、今後の開催日にご参加くださいますよう、再度お申し込み 手続きをお願いいたします。 開催をご希望され、ご連絡をいただいておりましたが、 交通機関の運行計画も発表になりましたので、中止といたしました。 ご理解 くださいますようお願いいたします。 2019年8月6日 【2020年4月開講】 第22回生募集のためのリカレント教育課程 「入学・キャリア相談会」の開催日程が決定いたしました。 ぜひご参加ください。 詳しくはから。 2019年7月19日 【本課程修了生対象の皆様へ】 本課程では文京区が中小企業の人材の採用機会を拡充するために行う、 『文京区「中小企業人材確保・採用拡大支援事業」』に参画します。 この事業では本課程、文京区および明治大学スマートキャリアプログラムと連携をし、就職を支援するセミナーや文京区内中小企業とのマッチング支援を実施します。 前期3日間は明治大学で、後期3日間は日本女子大学で開催します。 修了生の皆様には詳細を登録済みのメールアドレスに送付しましたので、ご確認の上、ふるってご参加ください。 2019年7月11日 【夏季休暇期間中の閉室日のお知らせ】 リカレント教育課程の夏季休暇期間中、リカレント事務室は以下の日程で閉室します。 詳しくはから。 2019年4月5日 【重要】4月29日(月・祝)インターネット回線メンテナンス工事によるリカレント教育課程ホームページ停止について> 学内のインターネット回線メンテナンス工事を行う為、下記の日時(予定)でリカレント教育課程ホームページが停止します。 皆様にはご迷惑おかけいたしますが、 ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。 降雪予報により16日(土)第3回に振替を希望する方はリカレント教育課程事務室までご連絡ください。 また、当日の交通遅延による遅刻につきましては対応いたしますので、リカレント教育課程事務室にお電話、または以下のメールアドレスにご連絡ください。 当日は足元にお気を付けて慌てずにお越しください。 jwu. 参加申込についてをご確認ください。 一年間の学び直しを終え、再就職活動をする前向きな受講生が多数参加します。 2019年1月15日 【事務室閉室について】 2019年度大学センター試験及び大学一般入試実施につき、入構、入館規制いたします。 リカレント教育課程事務室は、次の日程を終日閉室いたします。 2018年10月22日 【重要】11月4日(日)法定停電による生涯学習センターホームページ停止について 目白大学地区の法定停電の為、下記(予定)の日時で生涯学習センターが停止します。 皆様にはご迷惑おかけいたしますが、ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。 2018年9月28日 【2019年4月開講「入学・キャリア相談会 12・1月分」】 第21回生募集のためのリカレント教育課程 「入学・キャリア相談会」の12月・1月開催日程が決定いたしました。 ぜひご参加ください。 詳しくはから。 2018年9月28日 【第21回生用「受講申込書」および「出願用封筒表書」について】 第21回生用受講申込書および出願用封筒表書が完成しました。 2018年9月21日 第21回生の募集要項が完成しました。 詳しくはから。 2018年8月6日 【2019年4月開講】 第21回生募集のためのリカレント教育課程 「入学・キャリア相談会」の開催日程が決定いたしました。 ぜひご参加ください。 詳しくはから。 2018年7月24日 【夏季休暇期間中の閉室日のお知らせ】 大学の夏季休暇期間中、リカレント事務室は以下の日程で閉室します。 ご参加企業受付中です。 学び直しをした社会人女性の採用について是非、ご検討いただきたくお願いします。 申込についてはから。 2017年10月23日 【重要】11月5日(日)法定停電による生涯学習センターホームページ停止について 目白大学地区の法定停電の為、下記(予定)の日時で生涯学習センターが停止します。 皆様にはご迷惑おかけいたしますが、ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。 ぜひご参加ください。 詳しくはから。 2017年7月31日 【夏季休暇期間中の閉室日のお知らせ】 大学の夏季休暇期間中、リカレント事務室は以下の日程で閉室します。 ぜひご参加ください。 詳しくはから。 2017年7月4日 【セルフリーダーシップ・プログラム講演会】 本学にて、セルフリーダーシップ・プログラム講演会「女性と仕事:西友/ウォルマートを事例として」が開講されます。 jwu. 詳しくはから。 2017年6月21日 2017年6月21日 日本女子大学リカレント教育課程は、6月21日(水)内閣総理大臣官邸にて 内閣府男女共同参画局「平成29年度女性のチャレンジ支援賞」を受賞しました。 2007年に開設以来、離職した社会人女性のエンプロイアビリティを再開発し、 再就職支援のための「学び直し」のみならず「就職」まで確実につなげる 取組みについて評価されました。 詳しくはから。 2017年6月20日 2017年6月21日 内閣府主催「男女共同参画社会づくりに向けての全国会議」が東京国際フォーラムで開催され、 坂本清恵生涯学習センター所長がリカレント教育課程のパネラーとして出席いたします。 詳しくはから。 詳しくはから。 2017年5月9日 株式会社キャリア・マムのご寄付により、2017年度前期に 「女性のライフスタイルと、起業という働き方」が開講されることになりました。 科目内容はから。 また、生涯学習センター公開講座【リカレント教育課程連携講座】として、 一般の受講生も募集します。 開催日のご確認、お申し込みはから。 2017年4月21日 【事務室閉室について】 リカレント教育課程事務室は、次の日程が終日閉室となります。 2017年3月16日 2017年2月27日掲載 【朝日新聞】2月27日(月)29ページ「ウチの働き方改革 退社・育休後の復職 支援の働き ブランク後も戦力として 大学で学び直し 就職率8割」において、リカレント教育課程に関する記事が掲載されました。 2017年3月16日 2017年1月27日掲載 【公明新聞】1月27日(金)3ページ「女性の再就職へ 大学で学び直し」において、リカレント教育課程に関する記事が掲載されました。 2017年1月19日 【事務室閉室について】 2017年度大学一般入試実施につき、入構、入館規制いたします。 リカレント教育課程事務室は、次の日程を終日閉室いたします。 詳しくはから。 2016年12月16日 樋口尚也文部科学大臣政務官が、 本学リカレント教育課程を視察されました。 詳しくはから。 2016年12月8日 内閣官房働き方改革実現推進室が主催する「働き方改革に関する総理と現場との意見交換会(第4回)」に リカレント教育課程修了生、受講生、本学リカレント教育課程担当職員が出席し、 安倍晋三首相や加藤勝信内閣府特命担当大臣、塩崎恭久厚生労働大臣を囲み 「社会人の学び直しと女性の再就職」について、意見を交換しました。 ・本学ホームページ から。 ・12月8日懇談会(首相官邸ホームページより) から。 2016年11月16日 内閣官房働き方改革実現推進室主催「第2回 内閣官房働き方改革実現会議」が 開催され、 会議の中で、10月に開催された「総理を囲む多様な働き方実践者との懇談会」に出席しました リカレント教育課程修了生の氏名と発言内容について、 総理がご発言されました。 ・総理が本学リカレント教育課程修了生についてコメント(政府インターネットテレビ動画) から。 ・産経新聞-働き方改革実現会議有識者、生稲晃子氏の当課程についてのコメント から。 2016年11月7日 「働き方改革実現会議」有識者委員の生稲晃子氏が、 リカレント教育課程を視察されました。 詳しくはから。 2016年10月21日 内閣官房働き方改革実現推進室が主催する 「働き方改革に関する総理と現場との意見交換会(第1回)」に リカレント教育課程修了生が出席し、安倍晋三首相や加藤勝信働き方改革担当大臣、塩崎恭久厚生労働大臣を囲み 「社会人の学び直しと女性の再就職」について、 これまでの経験などを話しました。 ・本学ホームページ から。 ・10月13日懇談会(首相官邸ホームページより) から。 2016年10月21日 2016年10月7日発行 【プレジデント社】プレジデントWOMAN2016年11月号「ブランクからの復帰」にて リカレント教育課程の紹介されました。 ・本学メディア掲載内容 から。 2016年10月21日 【重要】11月6日(日)法定停電による生涯学習センターホームページ停止について 目白大学地区の法定停電の為、下記(予定)の日時で生涯学習センターが停止します。 皆様にはご迷惑おかけいたしますが、ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。 ぜひご参加ください。 詳しくはから。 メールの確認にお時間をいただくことがありますので、予めご了承ください。 2016年7月28日 【セルフリーダーシップ・プログラム講演会】 8月2日(火)、本学にて、セルフリーダーシップ・プログラム講演会「女性と仕事:西友/ウォルマートを事例として」が開講されます。 参加対象者は、本学学生、本学卒業生、本学リカレント教育課程受講生、本学リカレント教育課程修了生となります。 お申し込みはメールにて以下を明記 recurrent fc. jwu. 詳しくはから。 2016年7月13日 【事務室閉室について】 リカレント教育課程事務室は、次の日程が終日閉室となります。 2016年4月28日 【事務室閉室について】 リカレント教育課程事務室は、次の日程が終日閉室となります。 2016年3月2日 【日本テレビ】2016年2月9日(火)放送の報道番組news every「求人急増・国は無償支援…いま主婦に熱視線」にて、リカレント教育課程の入学・キャリア相談会の様子が放送されました。 詳しくはから。 2016年2月12日 2015年2月2日掲載 【時事通信社】WEB記事「時事ドットコム」にて、リカレント教育課程に関する記事が掲載されました。 詳しくはから。 東奥日報、中部経済新聞、神戸新聞、日本海新聞、愛媛新聞、徳島新聞、佐賀新聞、熊本日日新聞、大阪日日新聞 2016年2月6日 2016年4月開講、第18回生募集について、多数お申し込みいただき有り難うございました。 第2回の募集予定はございませんのでお知らせします。 なお、3月までに欠員が生じた際には、ホームページ上で募集いたします。 2016年1月27日 【再掲】2016年4月開講 受講生募集のためのリカレント教育課程 「入学・キャリア相談会」の日程について• 会場:日本女子大学 目白キャンパス 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談 、施設見学• メールでお申し込みください。 メールでのお問い合わせ e-mail : 2015年12月17日 このたび、リカレント教育課程が文部科学省「職業実践力育成プログラム(BP)」に認定されました。 女性が自信を持って再出発できるよう、受講生一人ひとりの資質に即した学び直しプログラムをさらに充実させ、実践的かつ親身な再就職を支援 してまいります。 2015年12月16日 【再掲】2016年4月開講 受講生募集のためのリカレント教育課程 「入学・キャリア相談会」の日程について• 会場:日本女子大学 目白キャンパス 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談 、施設見学• メールでお申し込みください。 メールでのお問い合わせ e-mail : 2015年12月14日 【NHK】2015年12月5日(月)放送のNHK総合テレビ首都圏NEWS&NHKラジオにて、リカレント教育課程について紹介されました。 詳しくはから。 詳しくはから。 2015年11月16日 2016年4月開講 受講生募集のためのリカレント教育課程 「入学・キャリア相談会」の日程について• 会場:日本女子大学 目白キャンパス 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談 、施設見学• メールでお申し込みください。 なお当日参加も可能です。 メールでのお問い合わせ e-mail : 2015年11月9日 2016年4月開講 受講生募集のためのリカレント教育課程 「入学・キャリア相談会」の開催日程を追加致しました。 ぜひご参加ください。 会場:日本女子大学 目白キャンパス 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談 、施設見学• メールでお申し込みください。 なお当日参加も可能です。 メールでのお問い合わせ e-mail : 2015年11月2日 2015年11月2日掲載 【東洋経済ON LINE】「WORK AGAIN」にて、リカレント教育課程が紹介されました。 「日本女子大の「主婦再就職教育」がスゴかった」• 詳しくはから。 2015 10月31日 【重要】11月1日(日)法定停電による生涯学習センターホームページ停止について 目白大学地区の法定停電の為、下記(予定)の日時で生涯学習センターが停止します。 皆様にはご迷惑おかけいたしますが、ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。 2015年9月10日 2015年9月9日掲載 【日本経済新聞】夕刊9頁「女性活躍 ネクストステージ」にて、リカレント教育課程が紹介されました。 2015年8月7日 【閉室について】 リカレント教育課程事務室は以下の日程で閉室します。 ぜひご参加ください。 日時: 8月31日(月)13:30〜15:30 (13:00受付開始)• 会場:日本女子大学 目白キャンパス 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談 、施設見学• メールでお申し込みください。 なお当日参加も可能です。 出願要件等は募集要項をご覧ください。 募集要項はから メールでのお問い合わせ e-mail : 2015年6月11日 『2015年度日本女子大学現代女性キャリア研究所・リカレント教育課程・合同会社西友による女性の再就職支援プログラム実施について』• ぜひご参加ください。 会場:日本女子大学 目白キャンパス 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談 、施設見学• メールでお申し込みください。 なお当日参加も可能です。 出願要件等は募集要項をご覧ください。 募集要項はから メールでのお問い合わせ e-mail : 2015年5月2日 2015年4月30日掲載 【日経電子版】「日経DUALプレミアム」にて、リカレント教育課程が紹介されました。 「主婦が40歳で正社員に、後押しした「学び」• 詳しくはから。 2015年5月2日 2015年4月28日掲載 【読売新聞】朝刊19頁「再就職 大学講座で備え」にて、リカレント教育課程が紹介されました。 2015年5月2日 2015年4月23日掲載 【日経電子版】「日経DUALプレミアム」にて、リカレント教育課程が紹介されました。 「ほぼ全員内定、再就職支援プログラムの本気度」• 詳しくはから。 2015年5月2日 2015年3月5日掲載 【日経DUAL】「仕事の記事一覧」にて、リカレント教育課程が紹介されました。 「主婦向け教育講座の合同会社説明会に潜入してみたら」• 詳しくはから。 2015年2月19日 【日経DUAL】「仕事の記事一覧」にて、リカレント教育課程が紹介されました。 「内定率98%!再就職支援プログラム本気度のすごさ」• 詳しくはから。 2015年2月5日 【週刊東洋経済 臨時増刊 WORK AGAIN】「仕事に必要なスキルをきちんと身に付ける!」にて、リカレント教育課程が紹介されました。 詳しくはから。 2015年2月5日 2015年4月開講 受講生募集のためのリカレント教育課程 ご希望により、 「入学・キャリア相談会」の2月開催が決定致しました。 ぜひご参加ください。 日時: 2月 17日(火)10:30〜12:00 (10:00受付開始)• 会場:日本女子大学 目白キャンパス 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談 、施設見学• メールでお申し込みください。 なお当日参加も可能です。 出願要件等は募集要項をご覧ください。 募集要項はから メールでのお問い合わせ e-mail : 2015年1月27日 【日経DUAL】「仕事の記事一覧」にて、リカレント教育課程修了生の記事が 掲載されました。 詳しくはから。 2015年1月7日 生涯学習センターとの連携講座を開講いたします。 ・講師:吉国三千子• ・受講料:一般2,100円(本学学生1,000円)• 2014年11月27日 2015年4月開講 受講生募集のためのリカレント教育課程 「入学・キャリア相談会」の12月、1月開催が決定致しました。 ぜひご参加ください。 会場:日本女子大学 目白キャンパス 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談 、施設見学• メールでお申し込みください。 なお当日参加も可能です。 出願要件等は募集要項をご覧ください。 募集要項はから メールでのお問い合わせ e-mail : 2014年11月15日 2014年11月5日(水) 日本経済新聞 夕刊 9面 「主婦 自信回復で再就職」にて、リカレント教育課程が9月に実施した企業体験型の女性再就職支援プログラムについて掲載されました。 2014年11月5日 2015年4月開講 受講生募集のためのリカレント教育課程 「入学・キャリア相談会」の11月開催が決定致しました。 ぜひご参加ください。 会場:日本女子大学 目白キャンパス 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談 、施設見学• メールでお申し込みください。 なお当日参加も可能です。 出願要件等は募集要項をご覧ください。 募集要項はから メールでのお問い合わせ e-mail : 2014年10月28日 【重要】11月2日(日)法定停電による生涯学習センターホームページ停止について 目白大学地区の法定停電の為、下記(予定)の日時で生涯学習センターが停止します。 皆様にはご迷惑おかけいたしますが、ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。 詳しくはから。 2014年8月8日 リカレント教育課程事務室は8月11日(月)〜8月15日(金)、および9月19日(金)までの土曜日は閉室いたします。 なお、入学・キャリア相談会へ参加希望の方はメールにてご応募ください。 リカレント教育課程事務室より18日(月)以降にご連絡いたします。 2014年7月17日 2014年9月開講 受講生募集のためのリカレント教育課程 「入学・キャリア相談会」の8月開催のご希望がありましたため、 8月開催決定しました。 ぜひご参加ください。 会場:日本女子大学 目白キャンパス 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談 、施設見学• メールでお申し込みください。 なお当日参加も可能です。 出願要件等は募集要項をご覧ください。 募集要項はから メールでのお問い合わせ e-mail : 2014年6月28日 2014年9月開講 受講生募集のためのリカレント教育課程 「入学・キャリア相談会」7月開催日程をお知らせします。 会場:日本女子大学 目白キャンパス 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談 、施設見学• メールでお申し込みください。 なお当日参加も可能です。 出願要件等は募集要項をご覧ください。 募集要項はから メールでのお問い合わせ e-mail : 2014年6月28日 生涯学習センターとの連携講座を開講いたします。 ・講師:葛西光子• 2014年6月4日 安倍内閣の重要施策課題である再チャレンジ支援として、5月8日に日本女子大学リカレント教育課程が、稲田再チャレンジ担当大臣にご説明しました。 「第4回再チャレンジ懇談会」の様子は、議事次第と議事概要はをご覧下さい。 2014年6月1日 2014年5月13日 2014年9月開講 受講生募集のためのリカレント教育課程 「入学・キャリア相談会」5月〜7月開催日程をお知らせします。 会場:日本女子大学 目白キャンパス 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談 、施設見学• メールでお申し込みください。 なお当日参加も可能です。 出願要件等は募集要項をご覧ください。 募集要項はから メールでのお問い合わせ e-mail : 2014年4月16日 『日本女子大学現代女性キャリア研究所・リカレント教育課程・合同会社西友による女性の再就職支援プログラム実施について』• ・講師:樋野昌法• 2014年3月25日 2014年2月28(金)、3月7日(金)、12日(水)の3日間にかけて、 リカレント教育課程・現代女性キャリア研究所共催春季特別講座を開催いたしました。 詳しくはから。 2014年3月25日 2014年2月27日(木)、リカレント教育課程主催の合同会社説明会を 開催いたしました。 詳しくはから。 2014年3月17日 2014年3月14日(金)、日経DUALの「『仕事』への復帰目指す 主婦たちが挑む会社説明会」と題した記事の中で、リカレント教育課程主催の合同会社説明会について掲載されました。 詳しくはから。 2014年2月28日 3月4日(火)は、創立者成瀬仁蔵先生命日のためリカレント教育課程事務室は閉室いたします。 2014年2月21日 2014年4月開講予定の14回生追加募集についてお知らせします。 募集人数は若干名を予定しています。 当日参加も可能です。 日程が合わない方はご連絡ください。 応募を希望される方は、を以下の期日までにご送付ください。 ・願書締切: 3月10日(月)消印有効• ・学力試験: 3月12日(水)10:00〜12:00 2014年2月5日 2014年2月3日(月)、日本経済新聞夕刊生活面および日本経済新聞電子版に「"元キャリ"主婦は中小企業の「軍師」 スキル生かせ」と題した記事でリカレント教育課程と修了生について掲載されました。 2014年1月20日 を掲載いたしました。 2014年1月14日 2014年4月開講 受講生募集のためのリカレント教育課程 「入学・キャリア相談会」1月〜2月開催日程をお知らせします。 会場:日本女子大学 目白キャンパス 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談 、施設見学• メールでお申し込みください。 なお当日参加も可能です。 メールでのお問い合わせ e-mail : 2013年12月19日 2013年12月19日(木)、日経BP社のWEBサイト「日経DUAL」で「就職率8割以上 大学が磨き直す主婦の底力」と題したリカレント教育課程についての記事が掲載されました。 詳しくはから。 2013年12月13日 2013年12月6日(金)、内閣府主催シンポジウム 「再チャレンジを目指す女性のための『学びなおし教育』」に 当課程修了生が登壇しました。 詳しくはから。 2013年12月10日 2013年11月28日(木) 北海道 十勝毎日新聞 朝刊(1・2面)と、 十勝毎日新聞 電子版にて、「壁を越えて 女性たちと就業環境(5) 1年間学んで再就職へ」として、リカレント教育課程について掲載されました。 詳細は、以下のサイトでご覧いただけます。 「十勝毎日新聞情報サイト:WEB TOKACHI」掲載ページから。 2013年11月20日 2014年4月開講 受講生募集のためのリカレント教育課程 「入学・キャリア相談会」12月〜2月開催日程をお知らせします。 会場:日本女子大学 目白キャンパス 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談 、施設見学• メールでお申し込みください。 なお当日参加も可能です。 メールでのお問い合わせ e-mail : 2013年10月18日 リカレント教育課程 「入学・キャリア相談会」を12月募集開始前に 特別に開催します。 会場:日本女子大学 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談• メールでお申し込みください。 なお当日参加も可能です。 なお、休講になりました授業の取り扱いについては後日お知らせいたします。 2013年10月12日 2013年10月11日(金)、日本経済新聞電子版「再就職へ大学で学び直し 女性の人生 新たな一歩」、日本経済新聞朝刊(5面)「Wの未来」でリカレント教育課程に関する記事が掲載されました。 2013年10月9日 生涯学習センターとの連携講座を開講いたします。 ・講師:末益弘幸• 2013年10月4日 10月4日付け産経ビズ、フジサンケイビジネスアイに当課程についての記事が掲載されました。 2013年9月2日 生涯学習センターとの連携講座を開講いたします。 ・講師:樋野昌法• 2013年8月5日 シラバス(2013年度後期)を一部掲載いたしました。 2013年8月5日 リカレント教育課程事務室は8月12日(月)〜8月16日(金)、および9月20日(金)までの土曜日は閉室いたします。 2013年7月16日 の出願締切は7月20日(土)消印まで有効です。 2013年7月13日 リカレント教育課程 「入学・キャリア相談会」を開催いたします。 日時:7月18日(木)13:00〜15:00 (12:30受付開始)• 会場:日本女子大学 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談• (当日希望者 先着12名)• 日時:7月12日(金)13:00〜15:00 (12:30受付開始)• 会場:日本女子大学 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談• (当日希望者 先着12名)• 〜「入学・キャリア相談会」は下記の日程にも開催いたします〜• リカレント教育課程では、当課程の教育を受けた受講生・修了生と、女性の採用に積極的な企業とのマッチングの機会として、合同会社説明会を開催いたします。 現在参加企業を募集中です。 参加希望、詳細のお問合せはリカレント教育課程までご連絡ください。 日時:2013年8月1日(木) 13:00〜16:30 (12:30受付開始)• 会場:日本女子大学 百年館高層棟4階• 内容:企業・求人説明、受講生と企業との面談・交流• 参加費:無料• 参加者:当課程受講生及び修了生20名〜30名• reemploy fc. jwu. 03-5981-3751 2013年7月5日 リカレント教育課程 「入学・キャリア相談会」を開催いたします。 日時:7月6日(土)10:00〜12:00 (9:30受付開始)• 会場:日本女子大学 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談• (当日希望者 先着12名)• 〜「入学・キャリア相談会」は下記の日程にも開催いたします〜• 日時:6月24日(月)13:00〜15:00 (12:30受付開始)• 会場:日本女子大学 百年館高層棟4階• 内容:リカレント教育課程概要説明、 個別相談• (当日希望者 先着12名)• 〜「入学・キャリア相談会」は下記の日程にも開催いたします〜• 2013年6月1日 生涯学習センターとの連携講座を開講いたします。 ・講師:樋野昌法• 2013年6月1日 2012年5月9日 第13回生(9月開講)の募集は 6月1日からご案内いたします。 2013年4月25日 を更新しました。 2013年3月21日 4月20日(土)は創立記念日のため学部授業はお休みですが、リカレント教育科目は通常授業を行います。 2013年3月8日 (2013年度前期)を掲載いたしました。 2013年3月8日 第12回生(4月開講)の開講式は4月1日(月)です。 2013年2月19日 第12回生(4月開講)の出願は締め切りました。 第13回生(9月開講)の募集は6月1日開始予定です。 2013年2月9日 2月8日のフジテレビ「スーパーニュース」で、修了生の三宅さん、受講生の山崎さんのインタビュー等を中心に当課程が紹介されました。 2013年2月6日 2月7日発売の講談社「Grazia」3月号に当課程についての記事が掲載されます。 2013年2月5日 を掲載いたしました。 2013年1月23日 大田区男女共同参画のための情報誌「パステル」104号(2013年冬号)に当課程についての記事が掲載されました。 2013年1月7日 12月27日 日本経済新聞(35面)に当課程についての記事が掲載されました。 2012年11月6日 11月5日発売の アエラ'12. 12 に当課程についての記事が掲載されました。 2012年9月21日 9月15日 読売新聞(17面)に当課程についての記事が掲載されました。 2012年4月2日 リカレント教育課程ホームページをリニューアルしました。 2012年2月22日 2月20日 日経産業新聞(7面)に当課程についての記事が掲載されました。 2012年1月17日 1月16日 日本経済新聞(夕刊)生活面に当課程及び修了生についての記事が掲載されました。 2011年10月22日 国立女性教育会館「男女共同参画のための研究と実践の交流推進フォーラム」に参加しました。 2011年8月1日 BS朝日「鳥越俊太郎対談の時間」で当課程が紹介されました。

次の

女性自認の学生受け入れへ 日本女子大、2024年度から :日本経済新聞

日本 女子 大学 倍率

日本女子大学附属中学校の特色 日本女子大学附属中学校・高等学校では、「自ら考え、自ら学び、自ら行う」という「自念自動」の教育方針があり、教育の柱として「学習活動」と「自治活動」が掲げられています。 自治活動の実践として、生徒総会や代表委員会などの活動、自治会の一員として生徒が話し合うことなど、中高一貫の中で活発な取り組みが行われています。 一方で、他大学への進学実績も見られます。 学校の沿革 1901年、日本女子大学校の開校とともに附属高等女学校が開校されたことが、日本女子大学附属中学校の始まりとなります。 1947年に附属中学校が開校され、1948年には附属高等学校も開校されています。 施設 主な施設としては、体育館、グラウンド、室内プール、食堂、相談室、科学棟、図書室、コンピュータ教室などがあります。 各教室のほか、充実した施設が見られます。 進学先 2017年度では、日本女子大学への進学は281名、他大学への進学は70名となっています。 同年度の他大学の合格実績を見ると、慶應義塾大学18名、上智大学13名、早稲田大学13名など、難関私立大学への合格実績が見られます。 学校周辺の環境 日本女子大学附属中学校は、小田急線の読売ランド前駅から徒歩10分で通学できます。 バスを利用する場合は、次のようにアクセスできます。 京王線の京王稲田堤駅から小田急バス(読04 生田折返場行)で10分(「女子大前」下車)• 京王線の京王よみうりランド駅から小田急バス(読01 寺尾台団地行)で15分(「女子大前」下車) 小田急線と京王線は新宿駅が起点となる路線で、都心からのアクセスにも優れています。 日本女子大学附属中学校の受験情報 試験日• 第1回入試:2020年2月1日()• 第2回入試:2020年2月3日() 募集人員• 第1回入試:女子約90名、海外帰国生約10名• 第2回入試:女子約40名 入試科目 いずれの日程も国語・算数・理科・社会の筆記試験、生徒個人面接(4分)になります。 試験時間と配点は、いずれの日程でも国語と算数がそれぞれ50分で60点ずつ、理科と社会がそれぞれ30分で40点ずつとなります。 海外帰国生徒募集入試科目は国語、算数、生徒個人面接(8分)です。 また、国語と算数の試験時間はそれぞれ40分ずつとなり、第1回入試と第2回入試の国語と算数の試験時間(それぞれ50分)より少なくなっています。 偏差値と倍率 偏差値 日本女子大学附属中学校の偏差値(80偏差値)は、次の通りとなります。 第1回入試:54• 第2回入試:55 日程によって大きく差があるわけではありませんが、第2回入試の方が若干高くなります。 倍率 2019年の入試結果より、それぞれの日程の実質倍率は次の通りとなります。 第1回入試:1. 第2回入試:2. 海外帰国入試:1. 4倍 第2回入試の倍率は、第1回入試より高い数値となっています。 日本女子大学附属中学校の学費 入学手続時 入学料 250,000円 施設設備費 95,000円 合計 345,000円 入学後 施設設備費 188,000円 授業料(年額) 491,000円 上記以外の校納金 97,000円 合計 679,000円 これらを全て合計し、初年度にかかる学費の合計(入学料も含む)の目安とすると、112万1000円になります。 日本女子大学附属中学校の入試問題と対策 算数 試験時間は50分で、配点は60点満点となっています。 大問は4問から6問程度で、大問1が計算問題、大問2が小問集合、そして大問3からは応用問題の出題という傾向が見られます。 計算問題は時間のかかる問題も含まれますが、速く正確に解くことが必要になります。 きちんと点数を獲得しておくためにも、計算問題は普段から重点的に解いておきましょう。 また、応用問題では規則性や数の性質、グラフ、図形などの出題がしばしば見られます。 過去問で頻出分野を確認し、同じような傾向の問題は数多く解いておきましょう。 国語 算数と同様に、試験時間は50分で配点は60点満点となります。 年度によって大問数にばらつきがあり、読解問題も物語文や説明文など、さまざまな分野が出題されています。 一方で、設問形式としては記述問題が多いという特徴があります。 そのため、特に記述対策はきちんと取り組んでおきましょう。 自分の言葉で説明する形式の問題が多いので、本文からポイントをとらえ、自分の言葉で示す力が求められます。 また、大問数や出題傾向にばらつきがあっても、速く正確に読む力が必要なことに変わりはありません。 文章量や記述問題から考えると、時間的な余裕は少ないといえます。 どのような文章が出題されても速く正確に読むということを意識しましょう。 そのためには、日ごろから多くの読解問題に触れておく必要があります。 社会 試験時間は30分、配点は40点満点となります。 大問は6問前後で、3分野からバランスよく出題されます。 一方で、短い試験時間の中で設問数が多い傾向があるので、時間配分には十分に注意する必要があります。 出題形式としては、選択肢問題や記述問題などが見られます。 また、時間のかかる問題も見られ、他の問題との時間的なバランスに注意する必要があります。 過去問できちんと確認しておきましょう。 理科 社会と同様に、試験時間が30分で40点満点となっています。 大問は8問程度で、全体の設問数は多い傾向があります。 社会と同じく、時間配分には十分に注意しておきましょう。 選択肢問題が中心といえますが、出題形式としては記述問題や適語記入問題、計算問題も含まれているので、注意が必要です。 また、グラフや資料の読み取りの出題も見られます。 実験の問題など、きちんと慣れておきましょう。 過去問• 受験者平均点の特徴 受験者平均点 平均点 平均点割合 第1回入試 115. 合格者平均点と合格最低点 合格者平均点 合格者平均点割合 合格最低点 合格最低点割合 第1回入試 129. また、合格最低点を見ると合格のためには約6割程度の点数が必要と言えます。 第1回入試の合格最低点は、受験者平均点を下回っているという特徴があります。 一方で、第2回入試の合格最低点は、受験者平均点を数点上回っています。 日本女子大学附属中学校合格のために必要なこと 日本女子大学附属中学校の試験問題は、算数と社会と理科の傾向は比較的把握しやすくなっています。 このうち、社会と理科は試験時間が短いので、特に時間配分に注意する必要があります。 国語の出題傾向は年度によって違いが見られますが、あらゆる読解問題に対応できるように、普段から幅広く問題演習をしておく必要があります。 どのような出題でも正確に読みこなせるよう、日ごろから練習を重ねておきましょう。 合格最低点としては6割程度が目安となります。 算数の計算問題などの得点源を増やし、着実に点数を上げていくことが必要です。 ケアレスミスは避け、正答するべきところはきちんと正答できるようにしておきましょう。

次の

日本女子大学の情報満載|偏差値・口コミなど|みんなの大学情報

日本 女子 大学 倍率

0 4. 6 368 3004 2935 725 100 家政学部 推薦入試合計 211 100 家政学部 セ試合計 4. 8 4. 9 67 1340 1326 277 100 家政学部|児童学科 一般入試 3. 1 3. 1 72 288 279 90 100 家政学部|児童学科 セ試前期 8. 1 2. 1 6 388 388 48 100 家政学部|食物学科〈食物学専攻〉 一般入試 3. 1 4. 8 22 165 163 52 100 家政学部|食物学科〈食物学専攻〉 セ試前期 4. 9 9. 6 3 74 74 15 100 家政学部|食物学科〈管理栄養士専攻〉 一般入試 4. 8 7. 3 36 313 307 64 100 家政学部|食物学科〈管理栄養士専攻〉 セ試前期 7. 4 11. 5 5 148 147 20 100 家政学部|住居学科〈居住環境デザイン専攻〉 一般入試 3. 6 4. 9 39 227 220 61 100 家政学部|住居学科〈居住環境デザイン専攻〉 セ試前期 7. 8 5. 5 3 197 196 25 100 家政学部|住居学科〈居住環境デザイン専攻〉 セ試後期 4. 5 8. 6 3 49 49 11 100 家政学部|住居学科〈建築デザイン専攻〉 一般入試 3. 4 5. 1 24 173 165 48 100 家政学部|住居学科〈建築デザイン専攻〉 セ試前期 5. 3 5. 6 3 131 128 24 100 家政学部|住居学科〈建築デザイン専攻〉 セ試後期 2. 6 1. 9 3 26 26 10 100 家政学部|被服学科 一般入試 3. 7 3. 6 52 219 208 56 100 家政学部|被服学科 セ試前期 2. 3 2. 7 22 88 80 35 100 家政学部|被服学科 セ試後期 1. 2 1. 4 4 17 16 13 100 家政学部|被服学科 自己推薦 1. 7 1. 0 29 29 17 100 家政学部|家政経済学科 一般入試 3. 5 3. 9 56 279 267 77 100 家政学部|家政経済学科 セ試前期 3. 1 5. 7 12 194 194 62 100 家政学部|家政経済学科 セ試後期 2. 0 6. 6 2. 3 314 3858 3760 1438 100 文学部 推薦入試合計 175 100 文学部 セ試合計 2. 9 2. 4 66 2056 2053 706 100 文学部|日本文学科 一般入試 2. 4 2. 3 92 723 689 285 100 文学部|日本文学科 セ試前期 2. 8 2. 4 15 524 523 184 100 文学部|日本文学科 セ試後期 4. 3 4. 5 3 43 43 10 100 文学部|日本文学科 自己推薦 3. 3 2. 8 49 49 15 100 文学部|英文学科 一般入試 2. 2 1. 8 96 653 617 281 100 文学部|英文学科 セ試前期 3. 9 1. 6 18 982 981 254 100 文学部|英文学科 セ試後期 1. 6 2. 8 8 75 75 47 100 文学部|英文学科 自己推薦 3. 5 1. 9 77 76 22 100 文学部|史学科 一般入試 2. 4 2. 5 60 426 401 166 100 文学部|史学科 セ試前期 1. 9 3. 0 14 365 364 187 100 文学部|史学科 セ試後期 2. 8 3. 2 8 67 67 24 100 文学部|史学科 自己推薦 2. 2 2. 0 2. 4 155 1150 1119 558 100 理学部 推薦入試合計 83 100 理学部 セ試合計 2. 0 2. 4 36 605 605 296 100 理学部|数物科学科 一般入試 2. 1 2. 0 57 252 235 111 100 理学部|数物科学科 セ試前期 2. 1 2. 0 15 335 335 163 100 理学部|数物科学科 セ試後期 2. 4 2. 1 5 24 24 10 100 理学部|数物科学科 自己推薦 1. 3 1. 7 25 25 20 100 理学部|物質生物科学科 一般入試 1. 8 2. 6 62 293 279 151 100 理学部|物質生物科学科 セ試前期 2. 1 3. 0 13 231 231 112 100 理学部|物質生物科学科 セ試後期 1. 4 2. 5 3 15 15 11 100 理学部|物質生物科学科 自己推薦 2. 0 1. 6 2. 4 402 5600 5425 1508 100 人間社会学部 推薦入試合計 183 100 人間社会学部 セ試合計 4. 8 3. 2 67 2543 2536 531 100 人間社会学部|現代社会学科 一般入試 3. 0 2. 6 64 769 728 239 100 人間社会学部|現代社会学科 英語外部試験利用型 5. 7 3 165 155 27 100 新規 人間社会学部|現代社会学科 セ試前期 4. 4 4. 5 10 436 435 100 100 人間社会学部|現代社会学科 セ試後期 2. 5 3. 0 3 60 60 24 100 人間社会学部|社会福祉学科 一般入試 2. 5 2. 3 63 322 311 124 100 人間社会学部|社会福祉学科 英語外部試験利用型 3. 4 3 100 98 29 100 新規 人間社会学部|社会福祉学科 セ試前期 5. 6 2. 7 11 489 489 88 100 人間社会学部|社会福祉学科 セ試後期 2. 0 6. 0 4 30 28 14 100 人間社会学部|社会福祉学科 自己推薦 3. 9 2. 5 82 82 21 100 人間社会学部|教育学科 一般入試 1. 9 1. 5 65 351 334 176 100 人間社会学部|教育学科 英語外部試験利用型 3. 0 2 70 68 23 100 新規 人間社会学部|教育学科 セ試前期 4. 7 2. 3 9 423 422 89 100 人間社会学部|教育学科 セ試後期 3. 2 2. 6 4 38 38 12 100 人間社会学部|心理学科 一般入試 2. 8 2. 3 48 437 412 145 100 人間社会学部|心理学科 英語外部試験利用型 9. 5 2 111 104 11 100 新規 人間社会学部|心理学科 セ試前期 7. 7 3. 8 8 301 300 39 100 人間社会学部|心理学科 セ試後期 2. 8 2. 8 3 61 61 22 100 人間社会学部|文化学科 一般入試 2. 9 1. 4 80 544 507 172 100 人間社会学部|文化学科 英語外部試験利用型 5. 5 5 188 172 31 100 新規 人間社会学部|文化学科 セ試前期 5. 1 2. 1 10 632 630 123 100 人間社会学部|文化学科 セ試後期 3. 7 2. 1 5 73 73 20 100 人間社会学部|文化学科 自己推薦 1. 7 2. 0 52 46 27 100.

次の