ピコスルファートナトリウム。 ピコスルファートナトリウムの便秘への効果と飲み方!

ピコスルファートナトリウム内用液0.75%「JG」10ml 1本 便秘薬 医療用医薬品

ピコスルファートナトリウム

ピコスルファートナトリウム(ピコスルファートナトリウム水和物として薬になっていることが多いです)は、妊娠後期、臨月にも処方されることのある薬です。 ピコスルファートナトリウムの効果や作用、気になる副作用や注意点についてまとめました。 ピコスルファートナトリウムはなぜ便秘を解消するか? ピコスルファートナトリウムは、大腸を刺激することによって便秘を解消する薬です。 大腸を刺激することにより、腸は蠕動運動を起こします。 蠕動運動とは便を出すために腸が伸び縮みする運動のことです。 腸の運動が低下しているために起こる便秘症状に効果があります。 大腸の検査前の排便を促すために使われることもあり、 子どもや高齢者など広く使われます。 妊娠中の便秘の特徴 今まで便秘になったことがない人も、妊娠中は便秘になることが多いのです。 原因は、妊娠の状態をキープしようとする 黄体ホルモンの活性化です。 お腹の赤ちゃんを守るため、子宮の周りで活発に動く腸の活動を低下させます。 このため、蠕動運動が起こりにくくなり、便を排出することができなくなって便秘になります。 妊娠中の便秘は、腸の運動が低下するために起きる症状が主ですが、ときどき、ストレスが主な原因となる 痙攣性便秘、ガスがお腹にたまって苦しくなる ガス型便秘になる人もいます。 この2タイプの便秘については、ピコスルファートナトリウムはかえって刺激を与えてしまい、腹痛などを起こすことがありますので、自分の便秘のパターンがわからない人は医師に相談することをおすすめします。 ピコスルファートナトリウムは妊婦さんに安全? 安全といわれています。 理由は2つあります。 刺激が弱いため、子宮に影響を与えにくい 特に妊娠後期になると、腸管は子宮に押しつぶされたような形になります。 お腹の皮膚はゴムのように自在に伸びてはくれませんので、おなかの中はかなり窮屈なことになっています。 そこで蠕動運動がおこると、子宮をダイレクトに刺激します。 強い下剤などをかけたりすると、蠕動運動が痙攣に近い形で起こることもあります。 すると、刺激が強すぎるために流産や早産の危険が起こりかねません。 実際、ピコスルファートナトリウムではない薬の説明書を見てみると、「流・早産の恐れがあるため、妊娠中の方は使用前に必ず医師に相談して下さい」という一文が書いてあるものもあります。 刺激が強くないので、強力な下剤のように、すぐに効くものではありません。 飲んでから7〜12時間後に効果が感じられるのが一般的です。 効果も弱めなのが玉にキズですが、妊婦さんに関してはメリットの方が大きいのでそのへんは我慢しましょう。 ピコスルファートナトリウムの使用上の注意点は? 使用量は医師に相談 妊娠上の使用は問題ないといわれているピコスルファートナトリウムですが、必要最小限の量を摂ることが勧められています。 医師に相談すると適正量がわかります。 連用禁止 いくら依存性が低いとはいえ、刺激性下剤であることに変わりはありません。 刺激性下剤の連用は依存症へまっしぐらです。 どうしても使いたい時だけ使うようにしましょう。 他の投薬を受けている人は絶対に医師に相談 便秘薬は、他の薬を飲んでいる人に、薬の成分(また、持病)によって悪影響を及ぼすことがあります。 他の薬を飲んでいる人は、必ず医師に相談してください。 ピコスルファートナトリウムの副作用 ピコスルファートナトリウムの副作用はほとんどありません。 ただ、ごくまれに起こるという症状を書いておきます。

次の

ピコスルファート:ラキソベロン

ピコスルファートナトリウム

各種便秘症の場合、1日1回10~15滴 0. 67~1. 0mL を経口投与する。 小児に対しては、1日1回、次の基準で経口投与する。 6カ月以下:2滴 0. 13mL。 7~12カ月:3滴 0. 20mL。 1~3歳:6滴 0. 40mL。 4~6歳:7滴 0. 46mL。 7~15歳:10滴 0. 67mL。 術後排便補助の場合、1日1回10~15滴 0. 67~1. 0mL を経口投与する。 造影剤 硫酸バリウム 投与後の排便促進の場合、6~15滴 0. 40~1. 0mL を経口投与する。 手術前における腸管内容物の排除の場合、14滴 0. 93mL を経口投与する。 大腸検査 X線・内視鏡 前処置における腸管内容物の排除の場合、検査予定時間の10~15時間前に20mLを経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 重大な副作用 頻度不明• 腸閉塞、腸管穿孔:大腸検査前処置に用いた場合、腸管に狭窄のある患者において腸閉塞を生じ、腸管穿孔に至る恐れがあるので、観察を十分に行い、腹痛等の異常が認められた場合には適切な処置を行う。 虚血性大腸炎:大腸検査前処置に用いた場合、虚血性大腸炎が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行う。 その他の副作用:次のような副作用が現れた場合には投与を中止する等、適切な処置を行う。 消化器: 頻度不明 腹部不快感、腹痛、悪心、嘔吐、腹鳴、腹部膨満感、下痢等。 皮膚: 頻度不明 蕁麻疹、発疹等。 肝臓: 頻度不明 AST上昇 GOT上昇 、ALT上昇 GPT上昇 等。 精神神経系: 頻度不明 眩暈、一過性意識消失[大腸検査前処置に用いた場合、排便や腹痛による血管迷走神経反射に伴い症状が現れることがある]。 使用上の注意 禁忌• 急性腹症が疑われる患者[腸管蠕動運動の亢進により、症状が増悪する恐れがある]。 本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者。 腸管に閉塞のある患者又はその疑いのある患者 大腸検査前処置に用いる場合 [腸管蠕動運動の亢進により腸管の閉塞による症状が増悪し、腸管穿孔に至る恐れがある]。 慎重投与 大腸検査前処置に用いる場合• 大腸検査前処置に用いる場合、腸管狭窄及び重度便秘の患者[腸管蠕動運動の亢進により虚血性大腸炎又は腸閉塞を生じることがあり、また、腸閉塞を生じた場合には腸管穿孔に至る恐れがある]。 大腸検査前処置に用いる場合、腸管憩室のある患者[腸管蠕動運動の亢進により病態が増悪する恐れがある]。 高齢者の大腸検査前処置。 重要な基本的注意• 本剤を大腸検査前処置に用いた場合、腸管蠕動運動の亢進により腸管内圧の上昇を来し、虚血性大腸炎を生じることがある。 また、大腸検査前処置に用いた場合、腸管に狭窄のある患者では、腸閉塞を生じて腸管穿孔に至る恐れがあるので、投与に際しては次の点を留意する。 大腸検査前処置に用いた場合、患者の日常の排便状況を確認し、本剤投与前日あるいは投与前に通常程度の排便があったことを確認してから投与する。 大腸検査前処置に用いた場合、本剤投与後に腹痛等の異常が認められた場合には、腹部の診察や画像検査 単純X線、超音波、CT等 を行い、適切な処置を行う。 自宅で本剤を用いて大腸検査前処置を行う際には、副作用が現れた場合に対応が困難なことがあるので、ひとりでの服用は避けるよう指導する。 本剤を大腸検査前処置に用いる場合は、水を十分に摂取させる。 本剤を手術前における腸管内容物の排除に用いる場合は、必要に応じて浣腸を併用する。 高齢者への投与 一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。 妊婦・産婦・授乳婦等への投与 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 適用上の注意 投与経路:眼科用 点眼 として使用しない。 容器の使用方法 定量滴下型容器の使用方法:あらかじめ適量の水等を入れた容器に、添付文書の図の様に容器の胴部分をゆっくりと押し、1滴ずつ滴下させる 1mLは約15滴に相当する。 保管上の注意 気密容器、遮光。

次の

ラキソベロン錠/内用液(ピコスルファート)の効果時間と副作用(下痢・腹痛)

ピコスルファートナトリウム

各種便秘症の場合、1日1回10~15滴 0. 67~1. 0mL を経口投与する。 小児に対しては、1日1回、次の基準で経口投与する。 6カ月以下:2滴 0. 13mL。 7~12カ月:3滴 0. 20mL。 1~3歳:6滴 0. 40mL。 4~6歳:7滴 0. 46mL。 7~15歳:10滴 0. 67mL。 術後排便補助の場合、1日1回10~15滴 0. 67~1. 0mL を経口投与する。 造影剤 硫酸バリウム 投与後の排便促進の場合、6~15滴 0. 40~1. 0mL を経口投与する。 手術前における腸管内容物の排除の場合、14滴 0. 93mL を経口投与する。 大腸検査 X線・内視鏡 前処置における腸管内容物の排除の場合、検査予定時間の10~15時間前に20mLを経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 重大な副作用 頻度不明• 腸閉塞、腸管穿孔:大腸検査前処置に用いた場合、腸管に狭窄のある患者において腸閉塞を生じ、腸管穿孔に至る恐れがあるので、観察を十分に行い、腹痛等の異常が認められた場合には適切な処置を行う。 虚血性大腸炎:大腸検査前処置に用いた場合、虚血性大腸炎が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には適切な処置を行う。 その他の副作用:次のような副作用が現れた場合には投与を中止する等、適切な処置を行う。 消化器: 頻度不明 腹部不快感、腹痛、悪心、嘔吐、腹鳴、腹部膨満感、下痢等。 皮膚: 頻度不明 蕁麻疹、発疹等。 肝臓: 頻度不明 AST上昇 GOT上昇 、ALT上昇 GPT上昇 等。 精神神経系: 頻度不明 眩暈、一過性意識消失[大腸検査前処置に用いた場合、排便や腹痛による血管迷走神経反射に伴い症状が現れることがある]。 使用上の注意 禁忌• 急性腹症が疑われる患者[腸管蠕動運動の亢進により、症状が増悪する恐れがある]。 本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者。 腸管に閉塞のある患者又はその疑いのある患者 大腸検査前処置に用いる場合 [腸管蠕動運動の亢進により腸管の閉塞による症状が増悪し、腸管穿孔に至る恐れがある]。 慎重投与 大腸検査前処置に用いる場合• 大腸検査前処置に用いる場合、腸管狭窄及び重度便秘の患者[腸管蠕動運動の亢進により虚血性大腸炎又は腸閉塞を生じることがあり、また、腸閉塞を生じた場合には腸管穿孔に至る恐れがある]。 大腸検査前処置に用いる場合、腸管憩室のある患者[腸管蠕動運動の亢進により病態が増悪する恐れがある]。 高齢者の大腸検査前処置。 重要な基本的注意• 本剤を大腸検査前処置に用いた場合、腸管蠕動運動の亢進により腸管内圧の上昇を来し、虚血性大腸炎を生じることがある。 また、大腸検査前処置に用いた場合、腸管に狭窄のある患者では、腸閉塞を生じて腸管穿孔に至る恐れがあるので、投与に際しては次の点を留意する。 大腸検査前処置に用いた場合、患者の日常の排便状況を確認し、本剤投与前日あるいは投与前に通常程度の排便があったことを確認してから投与する。 大腸検査前処置に用いた場合、本剤投与後に腹痛等の異常が認められた場合には、腹部の診察や画像検査 単純X線、超音波、CT等 を行い、適切な処置を行う。 自宅で本剤を用いて大腸検査前処置を行う際には、副作用が現れた場合に対応が困難なことがあるので、ひとりでの服用は避けるよう指導する。 本剤を大腸検査前処置に用いる場合は、水を十分に摂取させる。 本剤を手術前における腸管内容物の排除に用いる場合は、必要に応じて浣腸を併用する。 高齢者への投与 一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。 妊婦・産婦・授乳婦等への投与 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 適用上の注意 投与経路:眼科用 点眼 として使用しない。 容器の使用方法 定量滴下型容器の使用方法:あらかじめ適量の水等を入れた容器に、添付文書の図の様に容器の胴部分をゆっくりと押し、1滴ずつ滴下させる 1mLは約15滴に相当する。 保管上の注意 気密容器、遮光。

次の