パー クロロ エチレン。 ドライクリーニング

ハ〜は

パー クロロ エチレン

この項目では、の方法について説明しています。 については「」をご覧ください。 ドライクリーニング(: dry cleaning)とは、 乾燥洗濯(かんそうせんたく)の意味で、を溶かしたの代わりになどのを使ってすることをいう。 なお、ドライクリーニングを専門に行っている業者はクリーニング業法の「」とされ、都道府県知事への届出や確認など法的な規制を受ける。 ドライクリーニングの歴史は大まかに1800年代に始まり、現在の石油系溶剤のドライクリーニングは1855年ごろ、フランス人の(Jean-Baptiste Jolly)が、こぼしたランプの油()がテーブルクロスの模様を消すことを偶然発見したことが始まりとされる。 日本ではが初めて行ったとされる。 その後、石油系溶剤の可燃性により第一次世界大戦後、一時的な政府規制が発令されたころ、塩素系溶剤のドライクリーニングが考案された。 概要 [ ] 油脂は水に溶けにくく、通常の水を使った洗濯では落とすことが難しい。 そこで水の代わりにあぶらを良く溶かす有機溶剤を用いて洗濯する方法があり、これを ドライクリーニングという。 ドライクリーニングではオイルの染みやなど、普通の洗濯では落ちにくい油脂系汚れもよく落とすことができる。 またドライクリーニングではなどでできた衣料品でも、縮みや型くずれがしにくいという特徴がある。 これらのは水によって膨潤したりまたは繊維の表面が変性したりしてしまうが、有機溶剤ではこのような変化が生じないためである。 一方、ドライクリーニングでは水溶性の汚れ(汗、食べ物のはねなど)は普通の洗濯に比べ落ちにくい。 このためずっとドライクリーニングのみを行っていると、水溶性汚れが蓄積されるために衣料が黄ばんでくることがある。 また、ドライクリーニングで用いる有機溶媒は非常に溶解性が強いため、合成なども溶かすことができる。 したがって、物によっては色が落ちたりボタンが溶けたりすることがある。 近年多用されている複合素材の中にもドライクリーニングが適さないものがある。 このため、全ての衣料品にはドライクリーニングができるかどうかが 絵表示されている。 ドライクリーニング対応表示 [ ] JIS [ ] ドライクリーニングができるかどうかについてはJIS L0001(2016年11月まではJIS L0217)「繊維製品の取扱いに関する表示記号及びその表示方法」によって下記の3種類に分類され、それぞれの製品に記号で示されている(記載義務がある)。 ドライクリーニングができる。 ドライクリーニングができる。 溶剤は、石油系のものを使用する(1の記号の下部に「セキユ系」と書いた記号)。 2016年11月までのJIS L0217• 方法 [ ] 装置 [ ] ドライクリーニングは、通常は普通の洗濯と同じようにを用いて行う(家庭で行う洗濯を水ではなく有機溶媒で行うと考えてよい)。 洗濯したいものを有機溶媒に浸し、場合によっては洗剤や少量の水(汗など、水溶性の汚れを落とすため)を加えたのち、洗濯機内で回転させる。 すすぎ・脱溶媒を行った後、乾燥機で乾燥させる。 ただし有機溶媒は可燃性であったり、またを溶かしたりするためどの過程でも専用の特別な機械を使用する。 また使用した溶媒をに流すことはできないため、回収・再利用できる仕組みになっている。 洗濯・乾燥の終了後はを使って衣類の型を整えたりプレスしたりした後、折りたたんで袋に入れて完成となる。 薬品 [ ] ドライクリーニングに使用される有機溶剤はクリーニング業者によって様々であるが、大きく 塩素系と 石油系に分類することができる。 また、は 陰イオン界面活性剤、 陽イオン界面活性剤、あるいは 非イオン界面活性剤に分類できる。 ドライクリーニングついての基準となる L0860(「ドライクリーニングに対する染色堅ろう度試験方法」)では、溶剤・洗剤として以下のものを使用している。 塩素系 - パークロロエチレン()。 石油系 - 5号工業、通称: クリーニングソルベント。 一般的に使用されているよりも、やや炭素数の多いが主成分である。 高級な礼服、のセーターなど素材を傷めない処理が要求される工程に多く使われる。 陰イオン界面活性剤 - スルホコハク酸ジ-2-エチルヘキシルナトリウム• 非イオン界面活性剤 - で付加モル数7 - 8、12 - 13のもの。 安全性 [ ] ドライクリーニングでは、物によっては色落ちしたり、ボタンなどの部分が溶けてしまったりすることがある。 ドライクリーニングの適否はそれぞれの製品に明記されているので、この表示に従う必要がある。 また、ドライクリーニングは有機溶媒を用いており、十分乾燥していない場合は肌の敏感な人ではをする場合がある。 しかし、有機溶媒は水よりもはるかに乾きやすいため、普通に乾燥を行えば洗濯後に有機溶媒が残ることはまずない。 とはいえ、まれにクリーニング後にかけられているビニールを取らないでおくなどのある一定の条件下において、わずかに残留した有機溶媒が服を傷めることがある。 ドライクリーニングでは、利用者よりも作業者のリスクが高い。 溶剤として用いるパークロロエチレン()は手足のしびれや肝機能障害を起こすなどのがあり、一定の閾値はあると考えられるものの、発がん性の恐れがあるとされる。 また、外部に漏れるとの原因ともなるため、極めて厳格な排出規制がある。 石油系溶剤はが高く、取り扱いを誤るとの原因となる。 以上のことから、有機溶剤の取扱いには極めて注意が必要である。 クリーニング業 [ ] クリーニング業については、第2条で この法律で「クリーニング業」とは、溶剤又は洗剤を使用して、衣類その他の繊維製品又は皮革製品を原型のまま洗たくすること(繊維製品を使用させるために貸与し、その使用済み後はこれを回収して洗たくし、さらにこれを貸与することを繰り返して行なうことを含む。 )を営業とすることをいう。 と定義される。 さらに、洗濯物のクリーニング処理を行う「クリーニング所」や営業である「」が規定されている。 かつてはなどの店舗に機械を設置して、ここで洗濯物の受け渡しと処理を行う個人経営に近い業者が多かった。 しかし、2005年現在、実際に多く見受けられるクリーニング店は単なる洗濯物の受付・引渡し窓口となる取次ぎ所であり、ここから専門の処理工場である「クリーニング所」へ洗濯物が運ばれて洗濯・プレスなどの作業が行われ、処理の終了後に再び取次ぎ所に運ばれることが多い。 しかし、マーケットの拡大とともに増加させてきた取次店が今度は競争激化の要因となり、単価の下落などをもたらす結果となった。 2010年現在、ふとん・カーテン・じゅうたんなどを客の家まで引き取りに来て、クリーニングの後に返しにくるというサービスも登場している。 ベッドのマットを客の家でクリーニングをするというサービスもある。 更に2019年現在は店舗を持たず、集配を宅配業者に委託することでクリーニング品質を保ちながら格安でクリーニングを行う宅配クリーニングの人気も目立っている。 直接店舗で衣類を受け渡しはなく、インターネット上にて完結するため忙しい現代人にマッチしたと言える。 脚注 [ ] []• 日経トレンディネット. 日経BP 2016年11月28日. 2016年12月2日閲覧。 国民生活センター(編)『くらしの豆知識 2011年版』国民生活センター、2010年、246頁。 参考文献 [ ]• 日本規格協会(編)『JISハンドブック 繊維』日本規格協会、2003年。 外部リンク [ ]• - JSA Webdesk• - 日本規格協会 JSA Webdesk (2016年11月までの規格)• - ワイシャツの百科事典.

次の

ハ〜は

パー クロロ エチレン

テトラクロロエチレン tetrachloroethylene はや、金属の洗浄などの目的で工業的に生産されている化合物である。 他の化合物の原料としても用いられ、一般商品にも使われている。 別名として パークロロエチレン、 パーク perc 、 PCE、 テトラクロロエテンがある。 室温で不燃性の液体である。 空気中にしやすく、鋭く甘い悪臭を持つ。 ほとんどの人は空気中に 1 ppm 存在するだけで臭いを感じ、さらに低い濃度であっても感じる人もいる。 が1821年に、ヘキサクロロエタンを加熱してテトラクロロエチレンとに分解する方法で、最初に合成した。 生産 [ ] 大部分がから を経て生産されている。 はこの反応の主な副生成物であるが、これらは共に有用な化合物なので、典型的な生産過程では両方の生成物を回収し、によって分離するのが一般的である。 テトラクロロエチレンは、他の化学合成過程から危険な廃棄物として得られてくる、部分的にクロロ化された軽からも作ることができる。 それらの化合物と過剰量の塩素を加熱すると、テトラクロロエチレン、、の混合物が得られる。 用途 [ ] 大部分が溶媒として使われる。 ほとんどのはテトラクロロエテンに溶解する。 ドライクリーニングにも使われる溶媒である。 自動車の部品などの金属製工業製品から油を洗い落とすのにも使われる。 などのを製造する際の中間体としても広く用いられている。 映画フィルムの洗浄のほか、フィルムと屈折率が近い性質を利用して、大型のプリンターやスキャナーにフィルムを浸す容器を設けて液体を満たし、傷を軽減する「ウェットゲート」にも用いられて来た。 管理が厳しく制限が多い21世紀に入ってもデジタル修復の前段階で利用される事がある。 身体への影響と安全性 [ ] 多くのと同じくをさせ、(特に密閉された換気の悪い場所で)を吸い込むと、、、、、、、、などのにおちいることがあり、時にはする。 高濃度にさらされる職場で、繰り返し、あるいは広範囲にわたって肌に触れさせると、が洗い流されてしまうことによってが激しいを起こす場合がある。 の原因物質として報道されることが多い。 これは使用している工場(ドライクリーニング店)の数が多く、最近まで廃棄の規制がなかったため、地下へ浸透させてしまったことが直接的な原因である。 また、物性(1. が低いため土粒子間にとどまりにくい、2. との反応があまりなくしにくい、3. が水よりも重いため深部へと拡散しやすい、4. 原液が少量でもが厳しいため膨大な汚染となる)と、地盤中に染み込んでいる(・など汚染を体感しにくい)などの特性により、地下水へ汚染が移動し、広域にを拡散させてしまうことも、原因としてあげられる。 工場においては、大部分の作業者は明らかなへの影響が現れるよりは低い濃度にさらされている。 典型的な職場環境で見られる被曝濃度におけるテトラクロロエチレンの健康への影響は、完全には定まっていない。 いくつかの研究結果 [ ]は、テトラクロロエチレンへのがより多くなるドライクリーニング店で働く女性は、やの割合がそうでない女性に比べて多いことを示唆している。 しかしながら、他の可能性が考慮されていないため、これらの問題がテトラクロロエチレンによるものかは明らかでない。 [ ]により、人間が普通さらされるよりも高い濃度下におかれた場合、やに損傷を受ける可能性があることが示されている。 また非常に高濃度のテトラクロロエチレンはやのに対しである。 胎児である間に高濃度のテトラクロロエチレンを吸入したラットの子供は行動に変化が起こることが観察されている。 また、ラットによる試験では発がん性が確認されており、国際がん研究機関によるで、Group2A(ヒトに対する発癌性がおそらくある)に指定されている。 そのため、のに指定されている。 また、排出は厳格に規制される。 化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律 化審法 昭和四十八年 法律百十七号 第二条 3により第二種特定化学物質として指定されている。 PCEの検査 [ ] 人体 [ ] テトラクロロエチレンへのをテストする1つの方法は、のでを測定するのと同様に、呼気中の量を測定することである。 体内で中に貯蔵され中に少しずつ出て行くので、重度の被曝の後は数週間呼気から検出される。 テトラクロロエチレンとその分解生成物である trichloroacetic acid, TCA はから検出できる。 これらの試験は比較的簡単である。 大部分の病院ではできないが、必要な装置がある試験所で行える。 他の化合物への被曝によっても、テトラクロロエチレンの場合と同じ分解生成物がや血液中で生成することがあるので、この試験では両者のうちどちらに被曝したかを決定することは出来ない。 脚注 [ ].

次の

ドライクリーニング

パー クロロ エチレン

テトラクロロエチレン tetrachloroethylene はや、金属の洗浄などの目的で工業的に生産されている化合物である。 他の化合物の原料としても用いられ、一般商品にも使われている。 別名として パークロロエチレン、 パーク perc 、 PCE、 テトラクロロエテンがある。 室温で不燃性の液体である。 空気中にしやすく、鋭く甘い悪臭を持つ。 ほとんどの人は空気中に 1 ppm 存在するだけで臭いを感じ、さらに低い濃度であっても感じる人もいる。 が1821年に、ヘキサクロロエタンを加熱してテトラクロロエチレンとに分解する方法で、最初に合成した。 生産 [ ] 大部分がから を経て生産されている。 はこの反応の主な副生成物であるが、これらは共に有用な化合物なので、典型的な生産過程では両方の生成物を回収し、によって分離するのが一般的である。 テトラクロロエチレンは、他の化学合成過程から危険な廃棄物として得られてくる、部分的にクロロ化された軽からも作ることができる。 それらの化合物と過剰量の塩素を加熱すると、テトラクロロエチレン、、の混合物が得られる。 用途 [ ] 大部分が溶媒として使われる。 ほとんどのはテトラクロロエテンに溶解する。 ドライクリーニングにも使われる溶媒である。 自動車の部品などの金属製工業製品から油を洗い落とすのにも使われる。 などのを製造する際の中間体としても広く用いられている。 映画フィルムの洗浄のほか、フィルムと屈折率が近い性質を利用して、大型のプリンターやスキャナーにフィルムを浸す容器を設けて液体を満たし、傷を軽減する「ウェットゲート」にも用いられて来た。 管理が厳しく制限が多い21世紀に入ってもデジタル修復の前段階で利用される事がある。 身体への影響と安全性 [ ] 多くのと同じくをさせ、(特に密閉された換気の悪い場所で)を吸い込むと、、、、、、、、などのにおちいることがあり、時にはする。 高濃度にさらされる職場で、繰り返し、あるいは広範囲にわたって肌に触れさせると、が洗い流されてしまうことによってが激しいを起こす場合がある。 の原因物質として報道されることが多い。 これは使用している工場(ドライクリーニング店)の数が多く、最近まで廃棄の規制がなかったため、地下へ浸透させてしまったことが直接的な原因である。 また、物性(1. が低いため土粒子間にとどまりにくい、2. との反応があまりなくしにくい、3. が水よりも重いため深部へと拡散しやすい、4. 原液が少量でもが厳しいため膨大な汚染となる)と、地盤中に染み込んでいる(・など汚染を体感しにくい)などの特性により、地下水へ汚染が移動し、広域にを拡散させてしまうことも、原因としてあげられる。 工場においては、大部分の作業者は明らかなへの影響が現れるよりは低い濃度にさらされている。 典型的な職場環境で見られる被曝濃度におけるテトラクロロエチレンの健康への影響は、完全には定まっていない。 いくつかの研究結果 [ ]は、テトラクロロエチレンへのがより多くなるドライクリーニング店で働く女性は、やの割合がそうでない女性に比べて多いことを示唆している。 しかしながら、他の可能性が考慮されていないため、これらの問題がテトラクロロエチレンによるものかは明らかでない。 [ ]により、人間が普通さらされるよりも高い濃度下におかれた場合、やに損傷を受ける可能性があることが示されている。 また非常に高濃度のテトラクロロエチレンはやのに対しである。 胎児である間に高濃度のテトラクロロエチレンを吸入したラットの子供は行動に変化が起こることが観察されている。 また、ラットによる試験では発がん性が確認されており、国際がん研究機関によるで、Group2A(ヒトに対する発癌性がおそらくある)に指定されている。 そのため、のに指定されている。 また、排出は厳格に規制される。 化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律 化審法 昭和四十八年 法律百十七号 第二条 3により第二種特定化学物質として指定されている。 PCEの検査 [ ] 人体 [ ] テトラクロロエチレンへのをテストする1つの方法は、のでを測定するのと同様に、呼気中の量を測定することである。 体内で中に貯蔵され中に少しずつ出て行くので、重度の被曝の後は数週間呼気から検出される。 テトラクロロエチレンとその分解生成物である trichloroacetic acid, TCA はから検出できる。 これらの試験は比較的簡単である。 大部分の病院ではできないが、必要な装置がある試験所で行える。 他の化合物への被曝によっても、テトラクロロエチレンの場合と同じ分解生成物がや血液中で生成することがあるので、この試験では両者のうちどちらに被曝したかを決定することは出来ない。 脚注 [ ].

次の