大塚 芳忠。 大塚芳忠とは (オオツカホウチュウとは) [単語記事]

大塚明夫

大塚 芳忠

スポンサーリンク 『特捜刑事マイアミヴァイス』『フルハウス』では夫婦共演を果たしていました。 「キャリア的にも大先輩の妻」といいながら恐妻家らしい一面を見せていました。 大塚芳忠の現在の活躍 大塚芳忠さんの代表作といえば 『真相報道 バンキシャ! 』でのナレーション。 2006年春頃から冒頭で「どうも、福澤さん、菊川さんこんばんは」と挨拶するのが恒例となっています。 大塚芳忠さんは普段あまり台本を熟読しないのですが、 『仮面ライダー電王』についてはかなり読み込んでいたそうです。 自身が演じた 「デネブ」に深い愛着を持っているからこそでしょう。 ラジオパーソナリティとしても活躍しており、ポッドキャスト『ラモン・ガルベス・メナの「ガルラジ。 」』では現パーソナリティ・杉田智和さんとパーソナリティ争奪戦を3連戦で行っていました。 声優関係の交友関係も幅広く、田中真弓さん、三ツ矢雄二さん、青野武さんや玄田哲章さんと親交があります。 最近では2020年に開催される、海外ドラマファンのための新しいコンベンションイベント 「海外ドラマ スターコンベンション」へのゲスト出演が決まっています。 根強いファンが多いSF作品「スタートレック」で吹替を担当した大塚明夫さんは、ファンからの熱いリクエストによって急遽実現されました。 吹き替え番組に携わった最初の作品が『新スタートレック』で、大塚芳忠さんの声優としてのスキルはこの番組で鍛えられたそうです。 ファンからも愛され続ける大塚芳忠さん。 今後の活躍も楽しみですね!.

次の

声優・大塚芳忠さん、アニメキャラクター代表作まとめ

大塚 芳忠

鶴見中尉(CV:大塚芳忠) C 野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会 C 野田サトル/集英社 イメージを拡大 テレビアニメ「ゴールデンカムイ」のキャストが追加発表され、大塚芳忠、津田健次郎、細谷佳正の出演が判明した。 同作は野田サトル氏が「週刊ヤングジャンプ」(集英社刊)で連載し、「マンガ大賞2016」を受賞するなど高い評価を得ている和風ウェスタン活劇漫画のアニメ化。 戦死した親友との約束を果たすために北海道へと渡った元軍人の杉元佐一が、アイヌの少女アシリパ(「リ」は小さな「リ」)とともに、莫大な埋蔵金をめぐって陸軍第七師団や脱獄囚らと争奪戦を繰り広げる。 このほど出演が明らかになった声優陣は、いずれも杉元一行の前に立ちはだかる陸軍第七師団のキャラクターを演じる。 大塚は、師団を乗っ取り、埋蔵金を軍資金に自身を頂点とする軍事政権の樹立を画策する、狂気の情報将校・鶴見中尉役を担当。 津田は卓抜した狙撃の腕前をもつが、情勢によって身の振り方を変える狡猾さから「コウモリ野郎」と嘲られる上等兵の尾形百之助役、細谷は東北マタギの出身で、山岳部での生存能力に長けた一等卒の谷垣源次郎役に配されている。 出演決定について、大塚は「いつもいつも、新しいキャラクターに遭遇すると胸がときめきます。 どんなセリフをどんな表情でしゃべるんだろう、動きにはどんな特徴があるんだろう、性格はどうなんだろうと考えるだけで興奮してきます。 まだキャラクターの設定概要をいただいたばかりなので、想像でしかありませんが、奇矯・残忍・謀略・策謀などなど興味が尽きません。 演ずる者としては震い付きたくなるほどの魅力あるキャラクターだと思えます。 日露戦争という時代設定も逆に新しく、これは楽しめそうだと期待でいっぱいです」と喜びを語った。 なお、3月24日に東京ビッグサイトで開催される「AnimeJapan 2018」内「ゴールデンカムイ」ステージに、津田が追加登壇することもわかった。 同ステージでは、杉元役の小林親弘、アシリパ役の白石晴香、白石由竹役の伊藤健太郎らの出演も決定している。 「ゴールデンカムイ」は4月からTOKYO MXほかで放送開始。

次の

lg.ripley.cl: Ergo Proxy エルゴプラクシー: 遊佐浩二, 斉藤梨絵, 矢島晶子, 花田光, 小林沙苗, 水内清光, 桑島法子, 柴田秀勝, 島香裕, 田中敦子, 沢海陽子, 大塚芳忠, 村瀬修功: generic

大塚 芳忠

5月19日は大塚芳忠さんのお誕生日です。 大塚芳忠さんは1980年代から現在まで、さまざまなキャラクターを演じてきました。 2019年は『鬼滅の刃』や『劇場版 幼女戦記』などで印象的な役柄を担当しています。 洋画や海外ドラマの吹き替えも多数手がけており、NHK教育で放送された『フルハウス』などを担当。 ニュース番組のナレーションでもお馴染みです。 そこでアニメ!アニメ!では、大塚芳忠さんのお誕生日をお祝いする気持ちを込めて「演じた中で一番好きなアニメ作品キャラクターは?」と題した読者アンケートを実施しました。 5月1日から5月8日までのアンケート期間中に113人から回答を得ました。 年齢層は19歳以下が約20パーセント、20代が約30パーセント、30代が25パーセントと若年層が中心でした。 支持率は約8パーセントでした。 ナルトの師匠である自来也は「あれほどカッコイイ生き様、死に様を見せられたら好きにならないはずがありません」、「全師匠キャラの一番。 長い年月を師匠として演じてきたので印象が強すぎる」と目標となる大人として憧れているファンが多いようです。 支持率は約7パーセントでした。 トップの自来也から一転、こちらは主人公の敵として現われるキャラクターです。 「ニュータイプではないのに強い! 海外ドラマや洋画にも登場するかのような、悪役キャラなので大好きです」や「キャラクターと声のイメージがピッタリ合っているし、それを活かす演技も素晴らしい」とトップクラスの実力を持つパイロットであることも人気の秘密です。 3位は 『仮面ライダー電王 イマジンあにめ』のデネブ。 「声は渋いのにお茶目な感じとのギャップがいい」や「心優しいイマジンでした」など、心優しくてお世話好き、さらには料理上手なところが支持されています。 特撮ドラマが原作で、スピンオフアニメにも登場したキャラクターが3位に入りました。 『重戦機エルガイム』ミラウー・キャオは「多くのアニメファンに大塚さんの名と実力を知らしめたキャラだと思う。 次回予告の名調子もわすれ難い見事さでした」と次回予告のナレーションも好評です。 『宇宙戦艦ヤマト2199』真田志郎は「主人公を支える優秀な技術者という役にぴったり合っていたから」や、最新作『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』での「最終回での演説など、さまざまなシーンを力強く演じていただいたのがとても印象的だったからです」というコメントが寄せられています。 鶴見信者になってしまったから」。 『亜人』佐藤は「大塚芳忠さんの声によって、佐藤のえげつなさがより一層深まった」や「飄々とした演技がとても素晴らしかった!」。 『亜人 -衝戟-』キービジュアル(C)桜井画門・講談社/亜人管理委員会 『幼女戦記』ゼートゥーアは「ターニャの良き理解者と見せかけて、実は一番酷使する腹黒さ」とブラック上司っぷりが人気でした。 「劇場版 幼女戦記」(C)カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/劇場版幼女戦記製作委員会 次ページには現在放送中の最新作から、忘れられない名作まで、幅広いキャラクターがランクインしています。

次の