ウーバーイーツ 意味。 ウーバーイーツに登録する手順を丁寧に解説【+稼動前にすること】

ウーバーイーツに登録する手順を丁寧に解説【+稼動前にすること】

ウーバーイーツ 意味

会社員が土日にウーバーイーツで2万円は稼げる 先に結論から伝えると、土日だけウーバーイーツをやっても十分稼くことが可能です! 土日だけで2万円、1ヶ月で8万円も夢ではありません。 …といっても、 配達エリアや配達員の仕事スタイルで変わります。 稼げるエリアや仕事スタイル、土日にどれくらいやれば2万円稼げるのか解説しましょう。 稼げる配達エリアとは? 東京都の話ですと、稼げるエリアは都心の中でも以下の通り。 渋谷・六本木・新宿・池袋 など 飲食店は多いですし、注文する方も多いですね。 池袋〜新宿で僕は配達することが多く、細かく解説すると以下の場所も稼ぎやすいです。 大久保駅〜新大久保駅周辺、高田馬場駅周辺 都心以外で言えば、配達エリアの中で栄えている駅に近いほど稼ぎやすくなります。 例えば、練馬区で言えば、以下の駅周辺は稼ぎやすいです。 練馬駅・江古田駅・石神井公園駅・大泉学園駅 など もちろん、稼ぎやすいエリアに配達員は集まるため、競合も出やすいのが難点ですが…。 それでもあまり栄えてない駅周辺よりましです。 そもそも配達依頼が来ないため…。 稼げる仕事スタイルとは? ウーバーイーツの配達員の報酬は時給制ではなく、配達した回数で決まります。 配達距離などから1回の配達ごとに報酬が貰える仕組み。 配達を多くしたほうが稼げるんです。 配達員は専用アプリで通知された配達依頼を受けるか受けないか決められます。 「全て受け入れる!」というスタンスがあれば稼げますね。 ウーバーイーツは単純な世界です。 土日だけの配達で得られるウーバーイーツの収入目安 上記の解説を踏まえて、土日だけの配達で得られるウーバーイーツの収入を解説します。 ここでは新宿や池袋周辺で配達する仮定で話を進めます。 ガッツリ頑張れば、土日の2日で2万円・月8万円ほど稼げる 1日10時間稼働し配達依頼があったら断らない場合は、1日1万円・土日で2万円は稼げます。 「10時間稼働」と言ってますが、ずっとチャリを漕いで配達するワケではありません。 配達依頼が来ず、待機している時間も含まれています。 「9時〜19時まではウーバーイーツの配達依頼が来たらやろう」という意味です。 実際にチャリを漕いでる実働時間は短いですからね。 この場合だと、1日に20回ほど配達を行えると思うので、恐らく1万円は稼げます。 ただし、体力の消耗は避けられません。 「体力がある」「もともとサイクリングしている」という方以外は正直厳しいです。 ほどほどに稼働する場合は、土日で1万円・月4万円ほど稼げる 「1日5時間稼働」「疲れたら休む」という場合は土日の2日間で約1万円は稼げます。 と言っても以下のピークタイムをメインに稼働することが大前提です。 ランチタイム(11時〜13時)• ディナータイム(18時〜19時) 上記の時間帯で稼働すれば、10回前後の配達となり1日5000円は稼げます。 上記の通り、土日だけでのウーバーイーツ配達員でもけっこう稼げるんですよね。 もちろんこれは新宿や池袋など東京の中でも稼げるるエリアの稼働が前提です。 それ以外の配達エリア、先ほど例に上げた練馬周辺だった場合、稼げる金額は下がります。 土日だけでもウーバーイーツで稼げる2つのワケ ここまで読んだ人の中には「本当に土日は稼げるの?」という疑問を持つ方もいるでしょう。 でも本当に稼げるんです。 理由は以下の2つです。 それぞれ解説しましょう。 東京の場合はこの1000円からサービス料35%が引かれた650円が配達報酬になります。 しかし、ブーストが1. 5倍の場合、1000円の0. 5倍の500円がブースト分として増額。 650円にこの500円が追加され配達報酬が1050円になるんです。 上記は極端な例ですので、実際は通常より数百円多く得られるくらいです。 「しょぼい」と思う方もいるかも知れませんが、チリツモで稼ぎは大きく変わります。 クエスト:配達回数をこなすと報酬が得られるインセンティブ クエストとは、特定の期間内で指定の配達回数をこなすと貰えるインセンティブのこと。 例えば、「8月1日〜5日の間で20回配達したら2000円報酬」という具合に貰えるのです。 クエストは1回の配達ごとで得られる報酬とは別に得られるため、稼ぎやすくなります。 ブーストやクエストの発生頻度や内容は地域や配達員によって変わります 土日にやる場合は「ウーバーイーツのやりすぎ」に注意 土日だけでも十分稼げるウーバーイーツですが、注意点が1つだけあります。 ハイペースに配達を行わないという点です。 平日は会社員、土日に配達を行う副業組の方は気をつけましょう。 理由を解説します。 注意すべき理由(1)疲れ果てて土日を潰す&月曜に響く 平日の疲れや運動不足もあって、けっこう体力を消耗します。 「インセンティブがつくから!」「土日しかできないから!」 …といった理由で自分のペースを守らず配達を行うと後で体に響きます。 土曜で疲れ果てて、日曜は何もできない状態になりかねません。 最悪の場合、月曜からの仕事に支障が出てしまうこともありえます。 注意すべき理由(2)疲れから気力を失い稼働時間が減る もうひとつは稼働時間が減ってしまうという点です。 ハイペースでやってしまうとあとから襲ってくる筋肉痛でかなり苦しむんですよね。 僕自身、「インセンティブがあるから」とハイペースで配達したことがあります。 ただその後は疲れがひどく配達の仕事からしばらく距離を取ってしまいました…。 やり過ぎた反動で「もう疲れるしイヤ(汗)」となりやすいんですよね。 そうなると当初予定したウーバーイーツの稼働時間が少なくなります。 結果、稼働時間の低下とともに配達で得られる報酬も少なくなってしまうんです。 副業で土日だけ行なうなら予定以上にやらないことが大切。 ハイペースで配達を行なうと必要以上に疲れてしまい副業を続けるのが苦しくなります。 結果として、ウーバーイーツの仕事で考えていた副収入プランが崩れちゃいますよね。 そのため、自分のペースを守ってウーバーイーツの配達を行なうことが大切です。 まとめ 今回の記事の内容をカンタンにまとめてみました。 土日だけウーバーイーツの配達員をやりたいという方は以下のポイントを押さえましょう。 注文ニーズの増加やインセンティブの効果もあり土日で2万円を稼げる• 土日に2万円を得るには都内の人気エリア内でガツガツと稼働することが条件• 「ほどよく頑張る」というスタイルの方であれば、人気エリアなら土日で1万円稼げる• 土日のみやる副業組はやり過ぎると疲れで本業に響いたりするため注意 個人的な意見ですが、 僕みたいは副業組は土日にほどよくスタイルで良いと思っています。 スキマ時間に稼ぐギグワーカーだから、やり過ぎて土日が潰れる・本業に響くは本末転倒ですよ!.

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?【わかりやすく解説します】

ウーバーイーツ 意味

雨の日など、天気の悪い日は 配達パートナーが不足しやすく、注文を一時停止することがあります。 雨の中配達をして事故やけがをしたくない、濡れてまで配達をしたくないと考える人が増えると、そのエリアでは 距離制限がかかったり、 配送手数料が高くなったりします。 そんな状況を改善するために、雨の日には配達パートナーに 特別インセンティブが発生します。 しかしこのインセンティブ、なんと 抽選で 全員がもらえるわけではないとのこと…。 また、人数が少なくなったことにより配送手数料が値上げされますが、こちらも 配達パートナーには還元されないようです。 雨の日などの天気が悪い日は、まだまだ配達パートナー不足が続くかもしれませんね…。 Uber Eats(ウーバーイーツ)が注文できない原因 Uber Eats(ウーバーイーツ)が注文できない原因は、他にもありますのでみていきましょう。 そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)の営業時間内であっても、すべての店舗が営業中であるとは限りません。 その場合、お店に設置してある Uber Eats端末の加盟店アプリをオフラインにしている可能性が高いです。 お店は、店舗の状況に合わせて 注文を受け付けたい時はオンライン、 受け付けない時はオフラインにして切り替えることができます。 例えば、材料が切れてしまう、ピークの時間帯でデリバリーの分の余裕がない、トラブルが起きたなどといった場合にオフラインにするようですね。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは副業として行っている人も多いので、怪我をする危険性が高い悪天候の日は 配達をオフラインにする人が増えます。 また、悪天候の日以外にも、 お正月やゴールデンウィークといったイベントや長期休み、猛暑など気温が極端に高い・低い場合も配達パートナーの数が減り、注文ができなくなります。 配達パートナー不足で注文ができない場合、 そのお店だけでなくほかの多くのお店で注文ができなくなることが特徴です。 もしすぐに注文したいという場合は、他の注文を受け付けているお店にするか、他の出前アプリを使うことをおすすめします。 その他の出前アプリで注文したほうが賢明でしょう。 まとめ Uber Eats(ウーバーイーツ)が雨の日に注文できない理由は様々ですが、「お店が営業時間外 or 休業日」「配達パートナーが不足している」「お店がUber Eats(ウーバーイーツ)をオフラインにしている」などがメインです。 注文者側でできることは無いため、静かに待つ事しかできません。 もしどうしてもフードデリバリーを利用する必要がある場合には、出前館や楽天デリバリーなどの、他のサービスの利用も検討してください。

次の

【ウーバーイーツ】マック前で待機してても自分に配達依頼が来ない理由を分かりやすく解説する。

ウーバーイーツ 意味

もくじ• Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐ上で知っておきたい知識:「クエスト」と「ブースト」 「ブースト」とは? まずは、クエストより身近な 「ブースト」から解説していきます。 ブーストとは、 配達エリアごとに与えられた配達の報酬基本料金にかかるインセンティブのこと。 3倍」といった形で、報酬が増えていきます。 このブーストは、 同日内でもずっと同じ倍率であり続けると言うわけではなく、時間帯によって倍率が変動しています。 もちろん、この倍率は注文が多い時間、つまり 「お昼のランチタイム」や 「ディナータイム」など注文が多く殺到する時間に高倍率がつくようになっています。 さらに、時間帯とは別に、 「注文が多いエリア」も高倍率になるように設定されていますし、逆にあまり注文がないエリアは低い倍率になっていますね。 なので、逆に低倍率のエリアに待機した方が稼げるパターンもあります。 そこらへんは、都市ごとにも違うので、自分で体験して、工夫していくと良いですよ! ちなみに、東京のクエストが低いのは、基本料金が高く設定されているためです。 Uber Eats(ウーバーイーツ)が東京で始まった当初は、今よりももっと高いブースト率だったみたいですが、配達パートナーの増加とともに徐々にブーストの倍率も落ちていき、今は大体 「x1. 1」や「 x1. 2」くらいであることが多いようです。 僕が主に働いている京都だと、「x1. 6〜x2. 3」くらいのブースト率であることがほとんです。 (追記:徐々に下がってきています... ) これも、ピーク時間や曜日、エリアによって変わってきます。 6、中京区:x2. 3、下京区:x2. 1 なので、それぞれの都市でも同じように、注文の多いエリアは高倍率であり、注文があまりないエリアは低倍率になると思いますので、自分の都市の状況に合わせて考えてみてください。 ブーストがつく条件・期間は? ブーストは、登録した都市ではなくても、その都市で一回でも配達すれば、一週間以内にブーストがつきます。 なので、僕(京都登録)が隣の都市(大阪など)に行って、配達する場合は、一度でも大阪に行っておくと、ブーストが一週間以内につくようになるというわけです。 ちなみに、登録都市以外で一度配達してついたブーストは、 2週間くらい配達をしていないと消えます。 なので、以前、に、登録都市を「東京」に変更していたので、京都に帰ってきたあとは、京都の分のブーストは消えていました...。 京都は、ブーストありきの配達料なので、一回運んで250円みたいな感じだったときがありますね。 苦笑 いい思い出です。 新しく始めたときにブーストが無い?いつから付くの? 新しく配達を始めた際に「ブーストがついていない」ということがあります。 新しくウーバーイーツが始まった都市でも、開始何週間か前から登録していればサービス開始時のタイミングで、すでにブーストが付いていることもあります。 (僕が実際そうでした。 ) ですが、一旦サービスが始まった後、開始した人は登録してからバックをもらっていても、ブーストがついていないと言うことがあるようです。 なので、そういう場合は一度だけブーストなしで配達をしておいて、 「ブーストつくまで待つ」のが1番いいと思います。 もちろん、ブーストなしの状態でやってもいいですが、なかなかブーストなしの状態で稼げる都市と言うのは、おそらく「東京」以外にはないと思うので、あまり無理してやってしまっても稼げないので、無理しないことをオススメします。 メモ ちなみに、 パートナーセンターで質問した時に、「ブースト付くまで1週間以内」みたいな言われ方をしたのですが、「1週間以内は、具体的にどの日なのか」と言うのは、全部システムが決めているらしいのでパートナーセンターの人にもわからない、とのこと。 「クエスト」とは? クエストとは、 不定期で付与されるインセンティブのことです。 大抵は、 「雨の日」や 「雨が予想される時間帯」、そして、 「休日」にクエストが発生することが多いです。 このクエストを達成するかどうかで、その日の収入は格段に違ってきます。 クエストが達成できると、時給換算したり、その日の獲得金額を見たときに「結構稼いだな!」という風に思うことができますよ! クエストには、今のところ2パターンあります。 一つ目は、 1日のうちの決まった時間内(ランチタイム: 10:30〜15:00、ディナータイム: 17:30〜21:00)に 配達した件数に応じて追加でボーナスがもらえるというのもの。 例えば、京都の場合だと、上記の時間内に、 4件配達をすると400円 8件配達をすると800円 12件配達をすると1200円 のようにボーナスがもらえます。 もちろん、この数字は一例なので、これより多い時もありました。 (これより少ないのはみたことない) 二つ目は、 日をまたいで数日間での配達件数に応じて追加で報酬がもらえるというのも。 この場合は、3日間で何回配達件数をこなすとoo円もらえるという感じです。 このパターンのクエストでは、配達パートナーの実績によってもらえるインセンティブの金額が違うことがあります。 なので、より評価の良い・より実績のあるパートナーだと、かなり稼ぎやすくなると思いますね。 さらに、 都市によってもかなり金額が違ってきます。 やはり、東京・大阪あたりだと日またぎクエストの金額も多い傾向にありますね。 東京も、以前よりかはインセンティブの金額が下がったみたいですけどが、それでも京都より全然多い... といった状況です。 苦笑 クエストがつくための条件・期間は? クエストのインセンティブがつくのは、 登録都市のみです。 逆に言うと、 登録の都市を変更すればどこの都市でも大丈夫です。 なので、毎週末東京に用事があるなんて人は、東京に登録変更しておいてクエストの恩恵を受けるというのもアリだと思います。 メモ クエストは、全配達員に与えられるわけではなく、評価が低いなどの場合は、クエストが発生しないこともあるようです。 ただ、僕自身、今まで忙しく稼働が全然できなかった時でも、クエストは発生し続けたので、よっぽど評価が悪くなければ大丈夫なのではないか、と思っています。 クエストは、都市を一度変更してから、 「最大2週間」で発生します。 これもパートナーセンターで、「最大2週間というのは具体的にどういうことか」というのを聞いたのですが、こちらもブースト同様、『システムが判断している決めているので最大2週間としか言えない』そうです。 なので、早い人は次の日からクエストが発生するし、 遅い人だと2週間後に着くといった形ですね。 そこら辺は、まぁ運次第かもしれません。 まとめ 今回は、 「ブースト」と「クエスト」の二種類のインセンティブについて解説してきました。 まぁ、この2つのインセンティブに関しては、登録の際にパートナーセンターでも説明を受けると思いますが、 個人的には都市を越えて配達しようと思ったときに、「インセンティブはどうなるのだろう?」と思い、いろいろ質問した時に、今まで特別気にしてなかったことも知れることができたので、一応シェアしておこうと思ったのです! Uber Eatsは、バイトなどの雇用関係ではなく個人事業主なので、もし何かわからないことがあっても自分で解決しなければいけません(サポートセンターもありますが基本的には自分で対処する)。 その際に、今回紹介したような知識があると役立つ時が来るかもしれませんし、お金のことですから、しっかり覚えておいて損はありませんよ! \自由な働き方をいち早く体験しよう/ コメントありがとうございます。 配達お疲れさまです。 一応、この記事に書いてあるのは私がサポセンで聞いた内容を元にしていますので、私が質問した当時は「ブーストは1週間くらい、クエストは最大2週間」という言い方だっと思われます。 もしかしたら、今は少しシステム変更があったのかもしれませんが。 私は、大阪・東京に登録変更したことがありますが、どちらもブーストは一週間以内についたと思います。 ちなみに、東京だとブーストなしでも単価が他の都市より高いので、普通くらいには稼げますよ。 あと、付け加えると、もし東京稼働が単発で1日から数日だけなら、登録変更はしないほうがいいです。 (これはサポセンでも言われました) 理由は、クエストがつくまで「最大2週間」かかってしまうから。 ちょこちょこ登録都市を変更していると、ずっとクエストなしで稼働することになってしまうので、ご自身の東京での稼働のスケジュールとの兼ね合いで変更することをオススメします。 個人的には、まずは都市登録変更はせずに試しに東京で稼働されるのがいいのでは?と思います。 参考になれば幸いです。

次の