鬼殺隊 鬼滅隊。 「鬼滅の刃」鬼殺隊最高位”柱”の強さランキング‼最強の柱は誰だ!?

【鬼滅の刃】鬼殺隊キャラ設定(1):コミュニティ

鬼殺隊 鬼滅隊

鬼殺隊員のキャラ設定置き場です。 母と私以外の人は家にいないことが多かったが時々私も一緒に訓練をさせてもらったりしていた。 元柱である父や兄と姉の訓練はとても厳しくて泣きながらやっている事もあった。 でも、その訓練のおかげで私は今最終選抜まで来れた。 これも全て家族みんなのおかげ。 最終選抜に行く前に兄と姉から 「幸空、最終選抜で沢山鬼を倒して、私たちと同じ鬼殺隊に入りなさい。 私たちはいつ死んでもおかしくない、そんな人生ならせめて一緒に戦いたいじゃない。 幸空なら出来る。 信じて待ってる」 って。 私はその言葉を思い出し最終選抜に出た。 そして私は7日間生き残り見事鬼殺隊になった。 家に帰ると家族みんな泣きながら抱きしめてくれた。 それから数日たち初めての仕事が来た… 【性格】 少し人見知りだけど、仲良くなると人懐っこくなる。 周りの子のように甘えることが出来ない。 1人で歩く時によく歌を歌う。 家族が大好き。 いつかお姉ちゃんたちと一緒に戦えるよう日々努力。 猫が好きで、いつも猫のストラップを持っている。 優しくて、人の事をよく見ている。 性格かは、分からないけど戦う時は弓と剣を使って遠距離と近距離で使い分けながら戦う。 声はあまり高くはない…と思う。 嫌いなもの:可愛くないもの 鬼など 容姿: 服装は体に丁度いいくらいの隊服を着ている。 羽織は母親が着ていたものを身につけている。 色はクリームに下の方が赤のグラデーション 画像の服はあまり関係ないです。 性格:善逸ほどではないが、少し臆病。 でも仲良くなると超元気。 過去に鬼に家族を目の前で殺され、その場に助けに来た鬼殺隊士によって助けられたが行くあてがなくなり育手の元に紹介された。 理由は、気配を消すことが上手なこと、耳がいいことがわかったから。 髪の毛に入っている白髪は鬼に襲われた恐怖によるもの。 家族を殺した鬼を全滅させるべく、鬼殺隊に入った。 体重:158cm / 52kg ・誕生日:8/5 ・呼吸:祭の呼吸 ・好:煙管、酒 ・嫌:暗い雰囲気 ・イメージカラー:白or赤 「性格」 姉御肌。 しかし年齢に似合わずどこか子供っぽいところがある。 お祭り騒ぎが大好きでよく一人で突っ走ることが多い。 恐ろしく声が大きく立ち振る舞いや言葉遣いに品が無く女性らしさは皆無。 涙脆く、熱い友情や感動する場面に遭遇すると一人泣いていることが多い 入隊理由:幼少期時代に自身を可愛がってくれていた兄が 、 自分が友人の家へと遊びに出掛け家を空けている間に襲われ鬼化し両親を喰い殺している所に遭遇。 もう少しで自身も殺される という所で鬼殺隊員が駆け付け 宇髄天元だと泣く ? 鬼を退治。 穏やかにみえてそうでは無い どスパルタ。 「容姿」 ざかざか描いたものですが... お金がないながらに自分を愛してくれた母を 花街の鬼に喰われた。 自分も狙われたので必死に逃げた際にどんなに走っても疲れない足を手に入れた。 その後,また例の花街の鬼に狙われ,必死に逃げ惑った所を鬼殺隊の1人が助けた。 自分も鬼殺隊に入隊しようと決めた。 「容姿」 ・女なのに身長が高いため怖がられる が笑顔でその怖さを忘れさせる。 友人が少なく、必要最低限の会話しかしようとしない。 そして、口を開けば普段余り言葉を発さないためか、言葉選びに迷い最終的に言葉が足らず辛辣になる。 治したいと思っているも話し掛けるタイミングが分からず、友人も少ないが故に挫折。 初対面では良い印象持たれにくい。 しかし、その彼女の本質を知り仲良くなった者とは多少なり口数が増える。 言葉は相変わらず足りないながらも、どこか柔らかさ感じられる程度にはなる。 イメージとしては時透無一郎と栗花落カナヲを足して二で割ったような感じ ・容姿 : 若干痩せ細っていて華奢 肋骨辺りまである濃い青紫色の髪を下の方で二つに結っている 目型は少々垂れ目で色は黒、瞳に光無し 右目には縦に傷が入っているため眼帯をつけ、左耳には育手から貰った紫色のピアスをつけている。 ・隊服 : 栗花落カナヲと同じ形の物 白い羽織を着用し、青紫色のリボンで留めてある。 膝上のミニスカートに黒い編み上げブーツ。 日輪刀 : 力が弱く普通の刀を持てない事があったため、通常よりもふた周りほど小さい刀を使用。 色は黒に近い灰色。 鍔が花の形をしており、外側に紫色のラインが入っている。 ・入隊理由 : 鬼に恨みがあった訳では無い。 ただ、何も出来なかった自分を此処まで強く育ててくれた沢山の人々に恩返しをすべく入隊した。 体が小さいのですばしっこい。 鬼にもバンバン突っ走っていくので、少々危なっかしく周りからは『危ないから目を離せない』と言われている。 甘えん坊。 鬼殺隊のみんなからは、『なんか、危なっかしい小動物』って言われている。 本人はそれに気づいてない。 任務の時は必ず誰かしらがそばに居る そうしないと何するか分からないから。 少し泣き虫で涙脆い。 夜になるとよく空を見上げては家族を思い出している。 強さは上々で腕は確か、幼い頃、家族を鬼に殺されてしまう。 家族に逃がされ、養子として今まで育てられてきた。 家族の復讐、仇を打つために鬼殺隊に入った。 「日輪刀」 色は薄い黄色と白。 持ち手の部分が黄色。 切ると毎回白の羽が舞い落ちる。 「服装」 我妻善逸の服装を女子ver. にしたもの。 上はシャツにピンクのリボンがついている 羽織りは黄色と白基調。 淡い灰色の膝上ミニスカート、 靴はピンクの草履 「容姿」 ゆるふわの白髪ツインテール。 パッチリとした大きめの瞳、色は黄色 髪飾りは家族の形見として付けている。 世話焼きで面倒みがいい。 ほっとけない性格。 正義感が強い。 「容姿」 青緑色のロングストレートヘア、甘露寺蜜璃と同じ隊服で、青緑色のオーバーニーソックスを履き膝下までのブーツを履いている。 白に白藍色の羽織を羽織っている。 左目に眼帯をしている。 左に母と父の肩身のリングピアスをしている。 普段の容姿 Picrewの「死にかけ少年」でつくったよ! Picrew 死にかけ少年 鬼の時の容姿 Picrewの「キミの世界メーカー」でつくったよ! Picrew キミの世界メーカー ・日輪刀 黒と青緑の日輪刀。 真ん中に銀の線が入ってる。 ・過去 5歳の時親を鬼に殺された。 が実は父が鬼で食に飢え母を襲ってしまった。 本人は記憶が混濁し、本当のことを覚えていない。 その時に左目を負傷し眼帯をしている。 眼帯は鬼としてでている瞳を隠すために物心ついてる時からつけており外しては行けないと教えられている。 ・声の特徴 大人びていて綺麗な声 ・入隊理由 両親が鬼に襲われ、自分一人になり鬼への復讐心 が芽生え鬼殺隊へ。 その頃は無力だったためそのまま自分も鬼に喰われる事を確信していたが、駆けつけていた鬼殺隊がその直前に鬼の頸を斬ったため助かることが出来た。 その後「誰かに守られる側の人間じゃなくて、誰かを守る側の人間になりたい」と、鬼殺隊の隊士になることを目指した結果、無事入隊することが出来た。 しかし、家族が喰われ自分だけが取り残された時の恐怖が未だに忘れられず、戦闘中も独りになるとその時の光景が脳裏に浮かび金縛りにあっているかのように体が動かなくなってしまう。 人と喋りたくない。 影が薄いため、人をよく驚かせてしまう。 やる時はやる。 ・声の特徴:中性的な声。 どこか心無いような声をしている。 太陽ノ呼吸の時は少し明るく、月ノ呼吸の時は少し暗い。 ・イメージカラー:煉瓦色 ・日輪刀:大きなカマのような形。 色は夜になると水色になり、昼になる紺色になる。 ・容姿: ・好きな物:太陽、月、幽霊、動物 ・嫌いな物:人間、自分 ・過去:産まれた時から親に嫌われていた。 姿が気持ち悪いと色んな人から言われていた…だから人が嫌いだ。 親はろくな食事も服もくれることは無かった。 代わりに森の動物を殺して食料調達をさせられていた。 寿奈が5歳の時に親に売られ、ある人に買い取られた。 その人は少し鬼殺隊に入って居たらしく、寿奈が鬼殺隊に向いているかもと思い買い取ったらしい。 毎日毎日厳しく鍛えていく。 出来なければ出来るまで家に帰らせなかったりした。 ある日、何故鬼殺隊に入れたいのか聞いたところ、「お前は人間が大っ嫌いだろ?そのイラつきを鬼に向けたらお前は強くなるからだ」と言われてはじめて感じた感情を胸に必死に取り組み、鬼殺隊に入った。 やはり入ってからも同じ鬼殺隊に目と髪がキモイと言われていた…1度顔を改造してやると言われて顔を切られてしまい、顔に傷がある。 誰とも喋りたがらないので誰にも声を聞かれたことはない。 何か話しかけられても少し頷くぐらい。 ひよこ ・年齢:14 ・身長:153 ・体重:45 ・誕生日:12月27日 ヒカリ ・呼吸:心の呼吸 ・好きな物:金平糖 ・嫌いな物:鬼 ・イメージカラー:ピンク ・性格 趣味は裁縫で好きな物は金平糖、嫌いなものは鬼。 地元で人気な美少女。 家族想いで優しいが、優しいだけでなく身を省みない。 いつも明るく元気でポジティブ。 兄がおり、兄は元鬼滅隊で兎惢音は兄が大好きだった。 これが鬼殺隊入った理由。 昔は短気で感情的な性格だったが姉を殺されてからは心にポッカリ穴が空いてしまって心から笑うことはなくなった。 両親はともに元柱だったため幼い頃から身を守るため鬼を退治する訓練は両親から受けていたので鬼には慣れているし人一倍強い。 ですが小柄な体型のため鬼の頸切れないので自分の母と同じくスピードと藤の花の毒を得意とし攻撃をする。 普段は優しいがたまに毒舌をはいたり思ったことをストレートに言ってしまう時がある。 人にちょっかいをすることが大好きで特にいじりがいがある人は特にいじる。 「容姿」 黒髪で髪の先にピンクのグラデーション。 いつもはひとつにまとめている。 たまにほどく 隊服は胡蝶しのぶと同じく服。 いつも髪に白いリボンをつけておりそれは最愛の姉の形見でもある。 羽織はお母さんの形見であり蝶柄 胡蝶しのぶと同じ羽織 になっている。 「日輪刀」 刀の色はピンクがかったグレー色。 刀には「悪鬼滅殺」と刻んである。 持ち手は白とピンク色。 レース柄になっている。 白色がレース柄になっている。 刀はほかの刀と違い細く先が少しのほかの刀と違い特殊な形をしている。 毒を使うため毒は鞘の中で強力さなどを調整している。 ・名前 西園寺 巫和 いちごみるくもどき ・年齢︰ 16歳 ・身長. 体重︰160cm. 45kg ・誕生日 ︰9月9日 ・呼吸︰歌 ・好きなもの ︰音楽 美しいもの ・嫌いなもの︰ 虫 お化け 鬼 ・呼吸︰ 歌 ・イメージカラー︰銀・白 性格 誰にでも優しく 品がある とても甘え上手 少し不思議ちゃんで見た目の美しさは 鬼殺隊の中では1番と言っても過言ではない歌がとても好きで暇があれば歌っているおっとりめの性格 声の特徴 美しく綺麗 容姿 色白で目はオッドアイ 左目は銀 右目は深い赤 血色感がありまつ毛が長い 顔はとても小さい 前髪はぱっつん 白いさらさらの長い髪の毛を緩くまいている黒いリボンがチャームポイント 足が長くスタイルがいい 戦闘時はツインテール 隊服 白い羽織を着ている スカートの丈は膝上で靴は白のロングブーツ 白い羽織には薔薇の花刺繍がされている よろしくお願いします• 母と私以外の人は家にいないことが多かったが時々私も一緒に訓練をさせてもらったりしていた。 元柱である父や兄と姉の訓練はとても厳しくて泣きながらやっている事もあった。 でも、その訓練のおかげで私は今最終選抜まで来れた。 これも全て家族みんなのおかげ。 最終選抜に行く前に兄と姉から 「幸空、最終選抜で沢山鬼を倒して、私たちと同じ鬼殺隊に入りなさい。 私たちはいつ死んでもおかしくない、そんな人生ならせめて一緒に戦いたいじゃない。 幸空なら出来る。 信じて待ってる」 って。 私はその言葉を思い出し最終選抜に出た。 そして私は7日間生き残り見事鬼殺隊になった。 家に帰ると家族みんな泣きながら抱きしめてくれた。 それから数日たち初めての仕事が来た… 【性格】 少し人見知りだけど、仲良くなると人懐っこくなる。 周りの子のように甘えることが出来ない。 1人で歩く時によく歌を歌う。 家族が大好き。 いつかお姉ちゃんたちと一緒に戦えるよう日々努力。 猫が好きで、いつも猫のストラップを持っている。 優しくて、人の事をよく見ている。 性格かは、分からないけど戦う時は弓と剣を使って遠距離と近距離で使い分けながら戦う。 声はあまり高くはない…と思う。 という感じです。 もしかしたらちょこちょこ付け足す事があるかもしれないですが、とりあえずはこんな感じです• これが鬼殺隊入った理由。 昔は短気で感情的な性格だったが姉を殺されてからは心にポッカリ穴が空いてしまって心から笑うことはなくなった。 両親はともに元柱だったため幼い頃から身を守るため鬼を退治する訓練は両親から受けていたので鬼には慣れているし人一倍強い。 ですが小柄な体型のため鬼の頸切れないので自分の母と同じくスピードと藤の花の毒を得意とし攻撃をする。 普段は優しいがたまに毒舌をはいたり思ったことをストレートに言ってしまう時がある。 人にちょっかいをすることが大好きで特にいじりがいがある人は特にいじる。 「容姿」 黒髪で髪の先にピンクのグラデーション。 いつもはひとつにまとめている。 たまにほどく 隊服は胡蝶しのぶと同じく服。 いつも髪に白いリボンをつけておりそれは最愛の姉の形見でもある。 羽織はお母さんの形見であり蝶柄 胡蝶しのぶと同じ羽織 になっている。 「日輪刀」 刀の色はピンクがかったグレー色。 刀には「悪鬼滅殺」と刻んである。 持ち手は白とピンク色。 レース柄になっている。 白色がレース柄になっている。 刀はほかの刀と違い細く先が少しのほかの刀と違い特殊な形をしている。 毒を使うため毒は鞘の中で強力さなどを調整している。 胡蝶しのぶと同じような刀 「容姿」• 人と喋りたくない。 影が薄いため、人をよく驚かせてしまう。 やる時はやる。 ・声の特徴:中性的な声。 どこか心無いような声をしている。 太陽ノ呼吸の時は少し明るく、月ノ呼吸の時は少し暗い。 ・イメージカラー:煉瓦色 ・日輪刀:大きなカマのような形。 色は夜になると水色になり、昼になる紺色になる。 ・容姿: ・好きな物:太陽、月、幽霊、動物 ・嫌いな物:人間、自分 ・過去:産まれた時から親に嫌われていた。 姿が気持ち悪いと色んな人から言われていた…だから人が嫌いだ。 親はろくな食事も服もくれることは無かった。 代わりに森の動物を殺して食料調達をさせられていた。 寿奈が5歳の時に親に売られ、ある人に買い取られた。 その人は少し鬼殺隊に入って居たらしく、寿奈が鬼殺隊に向いているかもと思い買い取ったらしい。 毎日毎日厳しく鍛えていく。 出来なければ出来るまで家に帰らせなかったりした。 ある日、何故鬼殺隊に入れたいのか聞いたところ、「お前は人間が大っ嫌いだろ?そのイラつきを鬼に向けたらお前は強くなるからだ」と言われてはじめて感じた感情を胸に必死に取り組み、鬼殺隊に入った。 やはり入ってからも同じ鬼殺隊に目と髪がキモイと言われていた…1度顔を改造してやると言われて顔を切られてしまい、顔に傷がある。 誰とも喋りたがらないので誰にも声を聞かれたことはない。 何か話しかけられても少し頷くぐらい。 すみません。 訂正がありましたので、 貼り直させていただきます。 体が小さいのですばしっこい。 鬼にもバンバン突っ走っていくので、少々危なっかしく周りからは『危ないから目を離せない』と言われている。 甘えん坊。 鬼殺隊のみんなからは、『なんか、危なっかしい小動物』って言われている。 本人はそれに気づいてない。 任務の時は必ず誰かしらがそばに居る そうしないと何するか分からないから。 少し泣き虫で涙脆い。 夜になるとよく空を見上げては家族を思い出している。 強さは上々で腕は確か、幼い頃、家族を鬼に殺されてしまう。 家族に逃がされ、養子として今まで育てられてきた。 家族の復讐、仇を打つために鬼殺隊に入った。 「日輪刀」 色は薄い黄色と白。 持ち手の部分が黄色。 切ると毎回白の羽が舞い落ちる。 「服装」 我妻善逸の服装を女子ver. にしたもの。 上はシャツにピンクのリボンがついている 羽織りは黄色と白基調。 淡い灰色の膝上ミニスカート、 靴はピンクの草履 「容姿」 ゆるふわの白髪ツインテール。 パッチリとした大きめの瞳、色は黄色 髪飾りは家族の形見として付けている。 色は不問毎日異なる色の飾りを付けている• イメージカラー:白もしくは黒 好きなもの:魚、鳥、睡眠、 嫌いなもの:甘いもの あんこ以外 、小さい子供、朝、 過去 普通に幸せな家庭に生まれた 近くの街で鬼が暴れ弟が巻き込まれ守れなかったことを後悔し鬼殺隊へ入隊することを決意 甘いものは元々苦手だったがあんこは定期的に食べていたのでこれだけは食べれる 容姿: あんまり綺麗ではないですが…• 嫌いなもの:可愛くないもの 鬼など 容姿: 服装は体に丁度いいくらいの隊服を着ている。 羽織は母親が着ていたものを身につけている。 色はクリームに下の方が赤のグラデーション 画像の服はあまり関係ないです。 性格:善逸ほどではないが、少し臆病。 でも仲良くなると超元気。 過去に鬼に家族を目の前で殺され、その場に助けに来た鬼殺隊士によって助けられたが行くあてがなくなり育手の元に紹介された。 理由は、気配を消すことが上手なこと、耳がいいことがわかったから。 髪の毛に入っている白髪は鬼に襲われた恐怖によるもの。 家族を殺した鬼を全滅させるべく、鬼殺隊に入った。 イメージカラー:黄色•

次の

『鬼滅の刃最終回確定』現代版鬼殺隊のその後をまとめてみた

鬼殺隊 鬼滅隊

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】当主は産屋敷耀哉 うぶやしきかがや 現在の鬼殺隊のリーダーは、 産屋敷耀哉という青年です。 若くしてその地位にいるのは、 代々鬼を追う「産屋敷家」の当主がその任についているため。 同時に、産屋敷家の人間は代々同じ病気に蝕まれており30歳までに死んでしまうことが多いためです。 たしかに産屋敷耀哉も、そんな猛者たちのトップとは到底思えない風貌… 彼の武器は腕っぷしではなく、 その声なのです。 が、現在は敵との相打ちを狙った 自爆により死亡しています…。 享年23歳でした。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】蟲柱 胡蝶しのぶ こちょうしのぶ) それではここから、「柱」のメンバーをひとりひとり紹介していきましょう! 「それ(容貌)だけでも食べていけそう」な美人であり、優し気な笑顔をいつもたたえています。 女性であるがゆえ非力で、「柱」メンバーであるにも関わらず、 彼女は鬼の頸を切ることができません。 では、鬼を倒せないかというと…? 胡蝶しのぶは医学に精通した「 毒使い」なんですね。 自ら精製した毒を刀に塗り、ほんのわずかな傷から鬼を毒で侵し殺します。 ある意味、一撃必殺の使い手ですね。 優しさと怒りの間に揺れる不思議かつ魅力的なキャラクターでしたが、姉の仇と狙っていた 「上弦の弐・童磨(どうま)」と交戦し、命を落とします。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】水柱 冨岡義勇 とみおかぎゆう) 水柱、水の呼吸の使い手。 水の呼吸(と炎の呼吸)はどの時代にも存在した、基本中の基本かつ最強の呼吸の柱です。 冨岡義勇の実力も非常に高く、冨岡義勇の間合いの中では、すべての術が無力化されます。 竈門兄妹とも深いかかわりがあり、 まだ明かされない部分も含めストーリー中の重要人物でしょう。 まだ若い10代で柱入りしたこともあり、今後も活躍が期待されるところです! …が、本人は鬼殺隊入隊のいきさつがどうも今でも引っかかっており、「 自分は鬼殺隊の柱である資格がない」と思い詰めているようで… 冷静沈着であまり感情を顔に出しませんが、次第にお茶目なところも見せてきているキャラクターです。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】炎柱 煉獄杏寿郎 れんごくきょうじゅろう) 炎柱・炎の呼吸の使い手です。 煉獄杏寿郎は 炎の呼吸を代々受け継いできた名門、煉獄家の子息です。 引き継がれた天賦の才に加え、誰にも言わず驕らずたゆまぬ修行を続ける努力家。 言うまでもありませんが、 剣の腕は超一流です。 その凄さは 「上弦の参・猗窩座(あかざ)」にも認められ驚かれたほど。 ひとことで言うと前向きで明るい性格なのですが、実は彼も重たい家族の問題に負けずに生きてきました。 生い立ちによって歪んでしまうキャラクターが多い中、本当に「強い」人間なんです。 よく配下の面倒を見る、アニキ的な性格でした。 残念なことに 猗窩座との戦いの後、死亡しています。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】音柱 宇髄天元 うずいてんげん) 音柱・音の呼吸の使い手です。 元は忍び(忍者)…というと、地味な隠密行動をとっているのでは?なんてことはなく、 じゃらじゃらとアクセサリーを付けた見た目はハデハデ、技も爆発音を伴う剣技で、忍びのイメージからはほど遠いのでした。 人間は長く「上弦」の鬼たちを倒せない時代が続いていましたが、宇髄天元が100年ぶりに「上弦の陸・妓夫太郎、堕妃兄妹」を倒す快挙を成し遂げました。 ここからいよいよ、人対鬼の死闘が本格化していくのです。 ただし、 宇髄天元自身も深手を負い、この傷が元で「柱」を引退しています。 そのため現在音柱は空位です。 「俺様」気質の男で、女好き、嫁が複数います(笑)。 それもうなずける、男気のあるいい男です。 柱を引退した現在は、 「くノ一」の嫁と後進の戦士を育て、鬼殺隊に貢献しています。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】恋柱 甘露寺蜜璃 かんろじみつり) 恋柱・恋の呼吸の使い手です。 恋の呼吸…?ってところなのですが、甘露寺蜜璃を見ているとなんだか理解できる気がします。 彼女の必殺技を見るとわかりやすいかもしれませんね、たとえば「 壱ノ型 初恋のわななき」。 初恋のわななきを全身に走らせるような…、「切り裂き技」です。 決して魔法的ではない超肉体派な戦い方をする彼女の得物は、鞭のようにしなる細身の剣。 その使用を可能にするのは、 常人の8倍もの筋密度を誇る彼女の「特異体質」です。 零れんばかりの巨乳、ファニーなピンク髪、バトルでは実力者。 そんな彼女のキャラクターは、とても明るくて素直、いつも泣いたり怒ったり非常に感情が豊かで見ていて飽きません。 実は意外にクールで物事の本質を見ているところも。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】岩柱 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめい) 「岩柱」と呼ばれています。 岩の名に恥じない巨漢、どっしりとした構えの剣士が悲鳴嶼行冥です。 武器は両刃の斧のようなもので、恐らく日輪刀に類するものなのでしょうが、刀の形をしていません。 ただでさえ重い斧の柄からは鎖が伸び、棘付きの鉄球が付属しています。 これを取り扱えるだけでただものではありませんが、なんと悲鳴嶼行冥は 盲目の剣士でもあります。 失明していることは戦闘でも大きなハンデだと思いますが、それでも「鬼殺隊最強」がささやかれる強さを誇ります。 彼の光を失った双眸は何を見てどのような戦いをしているのでしょうか…。 大きな体を羽織りに包み、いつも念珠をたずさえ合掌し念仏を唱えています。 瞳孔のない白眼からは涙を流していることもあります。 その心は過去の悲劇により深い諦観に覆われており、いつも彼なりの「慈悲」の心で行動をしているようです。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】霞柱 時透無一郎 ときとうむいちろう) 霞柱・風の呼吸から派生した 「霞の呼吸」の使い手です。 同時に時透無一郎は「日の呼吸」の使い手の末裔であるようで、 額に「痣」を発現することがあります。 まだその実力のすべては明かされていませんが、 どうやら同じく「痣」を発現する炭治郎となんらかの関係が疑われます。 刀を握ってたった2か月で「柱」入りしたという天才、同時に努力家でもあります。 外見はいたってふつうの少年で、長く伸ばした髪やぼんやりした瞳からは、そのような凄みは感じられません。 記憶を失っていたことがあり、性格的にも非常に忘れっぽく、突発的に関係ないことを話し出してしまうような不思議な少年でした。 鬼を滅するということに関しては非常に真摯で、直接的な物言いをするために誤解を受けることも。 記憶を取り戻し「痣」を発現したことにより、茫洋とした部分は影をひそめ、剣士として急成長をした感があります。 「上弦」の鬼との戦いで見せた無敵ぶりは、今後の鬼との戦いで無一郎が大きな役割を果たすことを期待させます。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】蛇柱 伊黒小芭内 いぐろおばない) 「蛇柱」の二つ名を持つ剣士です。 「蛇の呼吸」の使い手ですがまだ戦闘時の実力が明かされておらず、謎の多い剣士です。 蛇の名の通りなんとなく陰湿でネチネチした雰囲気があるキャラクターです。 …がその実態はいまのところコミカルに描かれています。 口元を隠すように巻かれた包帯、片目を隠す長い前髪、もっさりしたおかっぱ頭… のくせに(失礼!) 「恋柱」甘露寺蜜璃(かんろじみつり)に惚れているらしく、ネチネチした行動・言動の中に嫉妬や恋心が描かれています。 なんだか相手にされていない感に、申し訳ありませんがニヤニヤしてしまいますよね。 性格的には非常にまっすぐで、強く鬼を憎悪している剣士です。 強くカッコイイ伊黒小芭内の活躍が、待ち遠しいですね。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】風柱 不死川実弥 しなずがわさねみ) 風柱・風の呼吸の剣士です。 風の呼吸は目にも止まらない素早さが身上で、「 全集中の呼吸」の基本の五呼吸のうちのひとつ。 不死川玄弥の実兄にあたり、 弟・玄弥と同じく鬼に家族を襲撃された事件がきっかけで、鬼殺隊を目指すことになります。 身体中傷だらけ、大きく開いた三白眼に逆立った髪、全身から殺気を漂わせる凶相です。 加えて、鬼に対して非常に容赦のない性格で、初登場時は鬼である禰豆子を殺そうとし、かばう炭治郎と悶着をおこしました。 というのも、 過去に鬼にされてしまった実母に襲われており、鬼というものはすべからく殺すものという考えを捨てきることができないのです。 下の兄弟たちを守るためやむなく母と戦い、その姿を玄弥に見られ「 人殺し」とののしられた過去を持ちます。 その後も兄弟の和解は無いようで、「 弟はいない」とまで発言しています。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】継子 つぐこ とは? 「継子」とは、 「柱」が直々に育成する後続の剣士のことです。 柱が自ら選び「継子」とすることを決め、育てます。 胡蝶しのぶ-栗花落カナヲは継子の関係であり、カナヲの鬼殺隊入隊の以前から、育成がはじまっていたことがわかっています。 そして 継子には「継」の字が入っていますが、「呼吸の能力を継ぐ」わけではないようです。 たとえば胡蝶しのぶは水の呼吸から遠く派生した「蟲」の呼吸の使い手ですが、継子の栗花落カナヲは「蟲」の呼吸を使っているのを見せていません。 また、悲鳴嶼行冥-不死川玄弥との関係のように、直接に修行を付けていても継子として育てているわけではない、という状態もあります。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】柱の中で一番強いのは誰? ここまで九人の柱をご紹介させていただきましたが、一番の実力者と言えるのは誰でしょうか? それぞれのキャラクターの性格や戦い方に一長一短があるので一概に言えるものではありませんが、現状であれば 岩柱・悲鳴嶼行冥は確実に強いと言えるのではないでしょうか。 事実、単行本に収録されている「腕相撲ランキング」では、1位は悲鳴嶼行冥、2位は宇髄天元、3位は煉獄杏寿郎とされています。 が、強さというのはもちろん腕っぷしだけでは決まりませんし、成長により変動するもの。 死亡・引退したキャラクターは除くとして、 今後の伸びしろで「買い」なのは、やはり痣が発現したキャラクター、特に時透無一郎というのはどうでしょう。 物語上非常に重要な地位を占めるであろう 「日の呼吸」の使い手の末裔ですし、主人公炭治郎とのゆかりも深い。 今後ますますの活躍を期待できるのは!?と思います。

次の

鬼殺隊 (きさつたい)とは【ピクシブ百科事典】

鬼殺隊 鬼滅隊

得意技は元忍の経験を生かしたスピードと音の呼吸を使った爆発の剣 吉原・遊郭にて十二鬼月の「上弦の陸」堕姫・妓夫太郎と戦い堕姫相手なら一瞬で頸を落とせるが、真の上弦である妓夫太郎には苦戦を強いられダメージを受けているなど戦闘における判断力などはしのぶより劣ると思われます。 残念ながら、毒を中和出来る鬼、上弦の弐童磨に敗れた。 非常に相性の悪い戦いだったとは思います。 蛇のようにクネクネ曲がった日輪刀を持っています。 無限城突入時に、甘露寺を守るため下弦程度の力を持たされた鬼数匹を簡単に倒しているなどそれなりの実力者であると思われます。 体も頑丈で上弦の鬼の攻撃をまともに受けてもまだ戦えるほどです。 リボンのようなしなやかな日輪刀を使いこなすのは甘露寺の常人を超えた筋力の賜物でしょう。 しかし炭治郎の言葉や 上弦伍 玉壺との戦いで本来の力を取り戻します。 鬼となった禰豆子が炭治郎を襲う現場に現れ、問答無用で禰豆子の首を刎ねようとしたが、 自分と刺し違えてでも妹を守ろうとする炭治郎の姿を見て刀を引いた。 そして炭治郎に元柱の鱗滝の家を教え、鬼殺隊士として生きる道を示した剣士です。 上弦の参以下程度の実力と思われる。 鬼が好む稀血の持ち主で、中でも希少価値の高い稀血を持っており、実美の血の匂いを嗅いだ鬼は泥酔状態に陥り立つことすら困難な状態となる。 剣技は義勇と互角レベルですが稀血補正で上に上がりました。 剣技においては、天舞の才を恵まれず修練と努力で最前線で戦い続けた経験で磨きぬいており、その技の威力は破壊的で凄まじい。 猗窩座と対等に戦えるほどの実力者ですが、痣は発現できませんでした。 黒死牟戦ではほとんど傷を負うこともなく戦っており、同じ柱である風柱はこの戦いで自らを「足手まとい」と評している。

次の