トヨタ rise。 ダイハツロッキーとトヨタライズ どっちか悩むなら売る時高い方にしよう

トヨタ ライズの評判/口コミ/評価/レビュー/欠点などを元営業マンが調査しました!!

トヨタ rise

新型コンパクトSUV、唯一、市場が拡大するSUV向けの商品 トヨタ自動車、ダイハツ工業は11月5日、新型コンパクトSUVの「ライズ」「ロッキー」をそれぞれ同日から発売したと発表した。 ダイハツが開発、生産を担当し、トヨタへも供給する兄弟車だ。 新車市場が全般に伸び悩むなか、SUVは唯一、拡大が続いている分野であり、新型車はコンパクトサイズで新たな境地を拓く。 (佃モビリティ総研・松下 次男) ライズ、ロッキーはダイハツの新たな開発手法DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)よる第2弾商品。 軽自動車「タント」の次ぐもので、5ナンバーでは初となる。 ダイハツの滋賀(竜王)工場で生産し、月販目標はライズが4100台、ロッキーが2000台。 ダイハツにとってDNGAの第2弾であり、5ナンバーで初 トヨタのTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)とDNGAとの違いは、TNGAが高級車からBセグメントまで対応し、コンパクトサイズでは主に先進国向けをカバー。 これに対し、DNGAは軽自動車を含めたA、Bセグメントを担当し、海外市場では新興国向けをカバーする。 このため、ダイハツの松林淳取締役は新車発表会でロッキーベースのSUVの海外展開について「新興国に向けて、プラットフォームを作りつつある。 然る時期に公表したい」と述べ、近い将来にASEAN(東南アジア諸国連合)などへ投入する考えを示唆した。 新型SUVのロッキーは今年の東京モーターショーに参考出品し、注目を浴びた商品の一つ。 新車市場が低迷するなか、SUVは唯一、市場拡大が持続する分野であり、ライズ、ロッキーはコンパクトサイズで新たな市場開拓を目指す。 競合車としてはスズキの「ジムニー」などになるが、真っ向から対抗する車種は見当たらないとし、「全く新しいAセグメントのSUV」とした。 リーズナブルな価格体系で、求めやすさも訴求する。 ダイハツコネクトを初搭載。 近い将来、新興国向けに投入する可能性も ライズ、ロッキーは全長3995ミリメートル、全幅1695ミリメートル、全高1620ミリメートルの5ナンバーサイズで、コンパクトで取り回しがしやすいのが特徴。 パワートレインは1000㏄ターボエンジンにCVT(無段変速機)組み合わせ、1・5リットル以下の小型SUVで最も低燃費の1リットル当たり18・6キロメートル(2WD車、WLTCモード)を実現。 予防安全機能では、「次世代スマートアシスト」にブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックアラートの2機能を追加し、後方確認時の安全性を向上した。 ロッキーには、スマートフォンを活用したコネクト機能「ダイハツコネクト」を初めて搭載。 同コネクト対応のディスプレイオーディオやカーナビゲーション購入者を対象に車内で使用可能なWi-Fiサービスを提供し、所定の条件を満たした場合は利用開始から3年間、1Gの通信プランを無料で提供する。 車両価格(消費税込み)はライズが167万9千円から228万2200円。 ロッキーが170万5千円から242万2200円。 関連キーワード•

次の

まさかの事態に! ライズ売れ過ぎてオーダーストップ!? 納期は7月中旬!!?

トヨタ rise

スペックシートに驚く ダイハツがつくり、トヨタでも売るのが1リッターのコンパクトSUV、「ダイハツ・ロッキー」とトヨタ・ライズである。 フロントグリルなどの意匠は異なるが、いちばん違うのが月販目標台数だ。 ロッキーの2000台に対して、ライズは倍以上の4100台を掲げる。 トヨタがそれだけ売ってくれるからこそ、製造メーカーとしてはすっかり軽専門になっていたダイハツも安心してつくれたともいえる。 2019年の師走に入ってすぐ、トヨタの広報車デポに試乗車を取りに行く。 FFの最上級モデル「Z」(206万円)。 隣には「センチュリー」が黒い巨体を休めていた。 この日は朝から妙に暖かく湿気があり、激しい雨が降っていた。 かつてユーミンが歌った『12月の雨』とは違うゲリラ豪雨みたいな降りかただ。 白ナンバーの車としてはちょっと軽っぽいなと思った。 3気筒サウンドのせいもあるし、フロアまわりの剛性感を含む乗り心地も「RAV4」のようにはしっかりしていない。 しかし、あらためてスペックを見て驚いた。 このクルマ、980kgしかないのだ。 以前試乗した「ダイハツ・タントカスタムRS」より60kg重いだけ。 1t以下だから、重量税は白ナンバー最安。 押し出しのきくマスクと彫りの深いサイドパネルのおかげで、けっこう大きく見えるが、全長はぎり4m以下。 佐渡や桜島のフェリーなら軽自動車と同じ運賃ですむ。 軽快な加速が楽しい 走り進むうちに、ライズの印象は右肩上がりによくなった。 まずこのパワートレインがいい。 98PSのエンジンはトヨタ製996cc 3気筒ターボをブラッシュアップしたもの。 変速機はタント初出の「D-CVT」。 ベルト駆動のCVTにギア駆動を組み合わせたハイブリッド変速機で、ワイドレシオ化による高速域でのエンジン回転低減など、これまでのCVTにあった弱点をカバーしたとされる。 加速は軽快だ。 最初のひと踏みが気持ちよく速い。 ターボらしい伸びも味わえる。 7段のステップがきられているので、高回転にずっと張りつくラバーバンド現象もない。 そのため、回しても不当にうるさくなることはない。 ハンドル右スポークの「PWR(パワー)」ボタンを押すと、アクセル踏み込みに対する実入りが大きくなる。 使いやすいところにあるので、一定スロットルの巡航中に押すと、ツーッと余計に加速する。 ハンドスロットルとして使えておもしろい。 デジタルメーターの表示はデフォルトの円盤型を含めて4種類あるが、どれを選んでもタコメーターのアピール度が高い。 いまどきタコそんな見ますか? という気もするが、見てもらいたいというなら、パドルシフトを用意してもいいのではと思う。 ワインディングロードでも楽しめる ロッキー/ライズは、タントで初採用された、DNGAに基づく新世代プラットフォームの小型車用で構築されている。 前述したとおり、荒れ気味の舗装路や高速道路の継ぎ目などでときにタイヤのドタバタ感を伝えるなど、乗り心地はもうひとつだ。 だが、雨上がりのワインディングロードを走ってみると、そんなネガは帳消しになった。 そういうところでSUVに乗って珍しく楽しいと思った。 ノーズは軽いし、バカヂカラはないものの、パワートレインはレスポンシブで意のまま感にあふれる。 なんといってもライザップに行ったような軽量がきいているのだ。 完全無欠ではないけれど、走ると楽しいキャラクターはどこかコンパクトフィアットっぽいなあと思った。 よく見ると、リアドアとリアクオーターパネルのチリ(パネルギャップ)が合っていない、なんてところも含めて。 約270kmを走って、燃費は13. これは好感度カー・オブ・ザ・イヤーだ! 考えてみると、全長4mの1リッターSUVというコンセプトが新しい。 ただのハッチバックよりカロリーが高そうなSUVでも、軽いからキビキビ走るし、コンパクトな外寸は狭い町なかでの取り回しで実感する。 そのくせ室内、とくにリアシートはギャッと驚くほど広い。 1リッターだが4. 2mある「アウディQ2」なんかハダシで逃げ出す。 フルサイズのファミリーセダンとして使えるクルマだ。 この全長の、しかもノーズの長い2ボックスボディーでこれだけ広い後席がつくれたのは、やはり基礎から新しいプラットフォームのおかげかもしれない。 後席を畳んでフル荷室にすると、大きなMTBも意外と積みやすかった。 テールゲートの開口部や荷室側壁に出っ張りが少ないため、車体を寝かせたまま出し入れするときも苦労しない。 正味で広く使えるのだ。 FF車には全部で4グレードあるが、唯一17インチタイヤを履く「Z」以外は200万円をきるという価格設定も魅力だ。 0ユニット<ビルトイン、ボイスタイプ>(2万5300円)/カメラ別体型ドライブレコーダー(6万3250円)/ テスト車の年式:2019年型 テスト開始時の走行距離:1403km テスト形態:ロードインプレッション 走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1) テスト距離:270. 7km 使用燃料:20. 5リッター(レギュラーガソリン) 参考燃費:13.

次の

トヨタRAIZE(ライズ)乗り出し価格【総額いくら?】見積もり結果

トヨタ rise

近年は、アウトドアブームやスタイリングから「荷物がたっぷり積めて、アクティブに楽しめるSUVに乗りたい!」というユーザーが増えていますよね!実際にSUVの人気は年々高まっていて、各自動車メーカーもラインアップの強化を図っています。 トヨタモビリティ東京では、今年発売された をはじめ、本格SUVの & 、ピックアップスタイルの 、都市型SUVの 、コンパクトSUVとして人気を博している など豊富にラインアップ!そんなSUVラインアップに5ナンバーサイズSUVの新型車「 」が仲間入りしました。 全長4m以下のコンパクトなボディは、お子様の送り迎えやお買い物といった普段使いから週末のレジャーまで、シーンを問わず大活躍してくれるはずです!2019年11月5日にデビューしたばかり、トヨタの新型車RAIZE(ライズ)。 今回の「トヨタモビリティ東京のカーライフ情報局」コラムでは、デビューしたばかりのトヨタ・RAIZE(ライズ)の賢い買い方・選び方と題して、基本スペックや価格、装備やグレード、購入プランなどの情報をお届けします! キャンプや車中泊はもちろん、これから本格的にはじまるスキー・スノーボードシーズンに大活躍のクルマが「SUV」です。 ちなみにSUVとは、「Sport Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)」の略で、日本では「多目的スポーツ車」と訳されます。 簡単に言えば、普段の街乗りからアウトドアまで、どんなシーンでも楽しめるクルマというわけですね。 実際には、最低地上高(地面から車体最低部までの高さ)を高く設定し、悪路での走破性を高めたアウトドアレジャー向きの車種が多くなっています。 例えば、街乗りでの快適性を重視した都市型SUV「ハリアー」を筆頭に、よりアウトドア要素を強めた「RAV4」などが代表例ですね。 そのほかにもタフな走破性が魅力のランドクルーザー・ランドクルーザー・プラドなどもSUVに該当します。 SUVについて詳しくは、以下の関連記事もご覧ください。 「SUVって何?」「クロスカントリーやクロスオーバーとの違いは?」といった疑問にお答えしています。 【関連記事】 新型車のRAIZE(ライズ)は、さらにコンパクトで扱いやすく、さまざまなシーンで便利なクルマを目指して開発されました。 そんなRAIZE(ライズ)の開発コンセプトは、『アクティブ・ユースフル・コンパクト』です。 『アクティブ・ユースフル・コンパクト』には、以下のような想いが込められています。 全長4m以下とコンパクトな5ナンバーサイズ(*1)のボディに、SUVらしい力強いスタイル、クラス(*2)トップレベルの広々とした荷室と多彩なユーティリティ収納スペースを両立。 新プラットフォームにより優れた操縦安定性と快適な乗り心地も実現しています。 【関連記事】 *1 全長4,700mm以下、全幅1,700mm以下、全高2,000mm以下、排気量2,000cc以下のクルマ *2 コンパクトSUVクラスでの比較。 2019年11月現在、トヨタ自動車(株)調べ *3 停止保持機能なし。 また、角張ったバンパーコーナー形状や台形ロアグリルによって、力強さとワイド感を表現したフロントビューも特徴です。 薄型LEDヘッドランプや右左折時に車内内側から外側に流れるように点灯するLEDシーケンシャルターンランプなどで先進性も演出しています。 グレード名:Z。 メーカーオプション装着車。 視界の良さにこだわったインストルメントパネルに加え、運転席側に向けて配置した操作パネル類、左手を伸ばしたときに自然に操作できるシフトレバーなど、運転に集中できるドライバーズ空間を意識した内装デザインが特徴です。 フロントシートは、座面サイドサポート部の角度を高く設定し、背面部とサイドパットの硬度に差をつけることでホール性を高めています。 また、随所にメッキ加飾や赤のアクセントカラーを配置することで、上質感と遊び心を演出しているところもポイントのひとつ! 視界に入ることの多いメーターまわりは、LEDデジタルスピードメーターと7インチTFTカラー液晶ディスプレイをシームレスに表示し、フルスクリーンのような先進感を表現。 メーターの表示方法は、「先進」「ワクワク」「シンプル」「アナログ」の4つのパターンからお好みのグラフィックを選択可能です。 *4 Zにオプション Z(2WD)。 ボディカラーはターコイズブルーマイカメタリック〈B86〉。 内装色はブラック。 BSM(ブラインドスポットモニター)+RCTA(リヤクロストラフィックアラート)はメーカーオプション。 スマートパノラマパーキングパッケージはメーカーパッケージオプション。 実際の走行状態を示すものではありません。 4mを切るコンパクトなボディですが、荷室幅1,000mm、荷室高865mm(*5)、荷室長755mmというゆとりのあるラゲージスペースを確保。 可動式デッキボードの採用で、デッキボード下段時にはコンパクトSUVトップレベル(*6)の荷室容量369Lを実現!デッキボード上段時は、後席シートを倒すとフラットかつ奥行きのある空間が生まれるので、長尺物も余裕で載せられます。 さらにデッキボードを取り外せば、観葉植物のような背丈の高い荷物も収納できるので、大きなお買い物をしたときでも安心ですね! *5 デッキボード下段時の社内測定値。 デッキボード上段時の荷室高は740mm *6 コンパクトSUVクラスでの比較。 2019年11月現在、トヨタ自動車(株)調べ RAIZE(ライズ)は、プラットフォームからサスペンションまで新規に設計!新開発の軽量高剛性ボディとサスペンションによって優れた操縦安定性と快適な乗り心地を実現しています。 SUVというと車高が高くてふらつきやすいイメージですが、骨格形状の最適化や軽量かつ強度の高い高張力鋼板を適材適所に使用することでボディ剛性を確保し、車高の高さを感じさせない走りの良さもぜひ体感していただきたいポイントです! サスペンションは、フロントにマクファーソンストラット式サスペンション、リヤにトーションビーム式サスペンションを採用。 部品形状の最適化や軽量化、取り付け位置、角度などをゼロから見直した新設計。 路面の突き上げや振動に対する収まりの良さとフラットな乗り心地、ロールを抑えた安定の走りを実現しています。 パワートレーンは、1KR-VETターボエンジンと、トヨタ初採用(*7)のD-CVT(*8)の組み合わせで、走る楽しさと低燃費を両立。 5Lクラス相当のトルクを低速から幅広い回転域で発揮し、D-CVTによるスムーズな変速により、力強い加速を発揮してくれます。 燃費は、2WD車でWLTCモード(*9)18. さらに4WD車は、発進時やタイヤスリップしやすい路面で、車両の状態に合わせて最適なトルク配分を行う「ダイナミックトルクコントロール4WD」を採用。 SUVに求められる悪路走破性も兼ね備えています。 *7 2019年11月現在。 トヨタ自動車(株)調べ *8 ダイハツ工業(株)の商標。 (D-CVT Dual mode Continuously Variable Transmission) *9 国土交通省審査値。 WLTCモードは市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード 前方車両の追従走行を支援する「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」や、駐車時に音声案内&モニターガイド&ステアリング操作をサポートする「スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)」、歩行者や車両を検知対象とした「衝突警報機能および衝突回避支援ブレーキ機能」、駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違い時における衝突被害軽減に寄与する「ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)」など、進化したスマートアシストで安全運転をサポート。 そのほかにも多くの先進機能が備わった次世代のスマートアシストで安全なドライブをお約束します!RAIZE(ライズ)は、「セーフティ・サポートカーS」(*10)なので安心です。 セーフティ・サポートカーS(サポカーS)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。 自動(被害軽減)ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速制御装置など安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含む全てのドライバーをサポートします。 本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 スマートフォンと連携する9インチディスプレイオーディオ(*11)を採用し、SmartDeviceLink(*12)やCarPlay(*13)に対応したアプリをスマホと同様に、タッチ操作で操作できるので便利!普段使っているスマホのアプリがクルマの中でも利用できます!使い慣れたカーナビを利用したいという人のために、カーナビキットも用意しているのでご安心ください。 ディスプレイオーディオについて詳しくは、以下の関連記事も参考にしてくださいね! 【関連記事】 *11 全車パッケージオプション *12 SmartDeviceLinkは、SmartDeviceLinkConsortiumの商標、または登録商標。 の商標)で接続することで、LINE株式会社と協業し提供する無料ナビアプリLINEカーナビ(LINE株式会社の登録商標)などのナビアプリのほか、今後、様々なアプリをディスプレイオーディオ上で使用できる(アプリによってはUSBケーブルの接続が必要) *13 Apple CarPlayは、米国その他の国で登録されたApple Ink. パワートレーンは、全グレード1. 0Lターボエンジン(1KR-VET)+CVT(D-CVT)で統一。 また、各グレードに2WD(FF)と4WDを用意しています。 グレードごとの価格は以下のようになります。 シンプルな3グレード構成で、エンジン&ミッションも共通なので、RAIZE(ライズ)を購入するときのポイントは価格と装備です。 一方で中間グレードの「G」は、メッキ仕様のアウトドアハンドルや艶あり黒塗装のバックドアガーニッシュ、最新のLEDデジタルスピードメーター+7インチTFTカラー液晶ディスプレイ(マルチインフォメーションディスプレイ付)など、上級グレード「Z」と同様です。 17インチタイヤ&アルミホイールやLEDフォグランプ+LEDイルミネーションランプ、LEDリヤフォグランプ(バンパー右側)などの装備はいらないけど、見た目にこだわりたいという人には、中間グレードの「G」が価格と装備のバランスもよくオススメです! また、注意したいのが2WD(FF)と4WDという駆動方式の違い。 キャンプやスキー・スノーボードなどのアウトドアも楽しみたいという人には、SUVらしい走破性が魅力の4WDがオススメ!街乗り中心で燃費が気になる人には、2WD(FF)が最適です。 ということでRAIZE(ライズ)を選ぶときは、まずはグレード、その後に利用シーンに合わせて駆動方式を選ぶというのがベスト!もしわからないことがあれば、お気軽にトヨタモビリティ東京までご相談ください。 試乗車や展示車も用意していますので、実車を見て、試乗していただいて決めていただくのが一番です! せっかくアクティブなスタイリングのRAIZE(ライズ)ですから「自分好みにカスタマイズしたい!」と考える人もいらっしゃいますよね!そこでトヨタモビリティ東京では、6つのエアロスタイルを用意しています。 トヨタ純正用品からは、アウトドアにピッタリの「POWERFUL STYLE」と個性際立つ「SPORTY STYLE」、メッキパーツが輝くワンランク上のSUVを表現した「PREMIUM STYLE」の3つ。 モデリスタからは磨き抜かれたデザインが個性的な「ADVANCE BLAST STYLE」と大人のエアロスタイル「ELEGANT ICE STYLE」の2つ。 TRDからはエアロダイナミクスを追求したアグレッシブな「Aggressive Style」。 RAIZE(ライズ)の個性に磨きをかけたい、自分色に染めたいという人は、カスタマイズという選択肢があります。 トヨタ純正用品・モデリスタ・TRDのエアロパーツについては、トヨタモビリティ東京で新車時に装着可能です。 また、これらのエアロを装着したカスタマイズ車両は、純正同様にアフターサポート&メンテナンスが可能ですので、「カスタマイズすると車検や入庫が不安」という人もご安心くださいね!詳しくは以下のバナーからカスタマイズカー特設ページをご覧ください。 トヨタ・RAIZE(ライズ)の購入をご検討中の人は、お気軽にトヨタモビリティ東京までご相談ください。 トヨタモビリティ東京は、都内全域200店舗を超える自動車販売店として世界最大規模(当社調べ)の店舗網でお客様のモビリティライフをサポートしています。 少ない予算で新車に乗れる残価設定型プランや残額据置き払い、サブスクリプションサービス「KINTO ONE」「KINTO ONE Toyota Mobility Tokyo」など、お客様に最適なモビリティサービスをご提供しています。 もちろんRAIZE(ライズ)も一括購入やローンのほか、残価設定型プラン・残額据置き払い・KINTO ONE・KINTO ONE Toyota Mobility Tokyoなどから最適な購入プランをお選びいただけます。 クルマの購入方法・利用方法ついては以下のページも合わせてご覧ください。 また、わからないことがあれば、お気軽にトヨタモビリティ東京までお問い合わせください。 【関連記事】.

次の