一番安い光回線。 長野県の光回線はコレがおすすめ!【2020年版・プロバイダ】

【2020年最安】料金の安い光回線を戸建て・マンション別に紹介!

一番安い光回線

【2020年2月版】 「大阪府でインターネット回線を契約するならこの光回線がおすすめ!」という内容の記事を書きました。 おすすめ光回線のなかでも大阪府ならこの光回線が「特に」おすすめというものを紹介していきます。 また、おすすめ光回線を紹介するだけでなく、一戸建て・マンション・新規開通・乗り換え・他社転用ならこのおすすめ光回線がいいとか あとはおすすめ光回線のおすすめプロバイダや、 光回線を申し込むと「現金キャッシュバック」等が貰えるお得なおすすめ代理店の情報など網羅的に説明していきます。 光回線などは調査した限り65種類もある 光回線などは調査した限り 65種類もあります。 NURO光• auひかり• コミュファ光• So-net光• BIGLOBE光• ぷらら光• Kブロードインターネット• J:COM NET(ケーブルテレビ回線)• iTSCOMかっとび光• クイック光• 光ライン• ちゃんぷる光• SPEEDIA光• hi-hoひかり• o'zzio光• Gigaパルフェ光• ひかりJ• バリューネットひかり• TNCヒカリ• Ene(イーネ)光• TSUTAYA光• AsahiNet光• U-NEXT光01• swift光• 光BOCCO• ドコモ光ミニ• NURO光 for マンション• NURO光10Gs• NURO光6Gs• NURO光10G• auひかり10G• auひかり5G• コミュファ光10G• コミュファ光5G• ひかりdeネット10G• NCT 光10G• ネクスト光• nifty光• U-NEXT光• T COMヒカリ• iSmartひかり• ONLY光• BBIQ• ノーバス光• CLOUD LINE• IIJmioひかり• broad光• ドコモ光• excite光• Marubeni光• DTI光• Drive光• DMM光• OCN光• MEGA EGG• スターキャット光• ピカラ光• eo光• SoftBank光• まとめて光• BEST光• 89ERS光• enひかり• Baycom光• BBIQ ぜんぶ表示すると結構なボリュームになりますね。 J:COM NETはケーブルテレビの回線なので、 65種類のネット回線の内訳は、光回線が64種類、ケーブル回線が1種類ということになりますね。 65種類の光回線などから大阪府でおすすめの光回線を紹介していきます。 ちょっとずつ追加してるよ 大阪府のおすすめ光回線はこの4つ 大阪府のおすすめ光回線 NURO光 下り最大速度2Gbpsの高速光回線です。 eo光 月額料金が少し安いです。 ドコモ光 docomoのスマホ・携帯・タブレットの割引にゆいいつ対応しています。 SoftBank光 乗り換え時の違約金等を最大10万円まで還元できます。 大阪府でおすすめ光回線はNURO光、eo光、ドコモ光、SoftBank光の4つです。 一番重視している点はユーザーの通信品質評価(回線速度や安定性に関するユーザーの評価)が高いことです。 ユーザーの通信品質評価が高いということは「速度が出る」とか「回線が安定する」というユーザーの声が多いということです。 光回線の大半は最大速度1Gbpsですが、実際に利用してみたら1Mbps(最大速度の1000分の1)しかでなかったなんてことも少なくありません。 ユーザーの通信品質評価が低い光回線に特にありがちなので、ユーザーの通信品質評価がある程度高く 安定して速度が出る可能性が高い光回線のみピックアップしています。 ic-net• tigers-net. com• BIGLOBE• andline• SYNAPSE• excite• エディオンネット• SPEEDIA INTERNET SERVICE• Rakutenブロードバンド• TiKiTiKi• hi-ho• ネスク• 01光コアラ• U-Pa! OCN• TCOM• TNC• AsahiNet• WAKWAK• ちゃんぷるネット SoftBank光 Yahoo! BB 大阪府でおすすめの光回線に対応したプロバイダはNURO光は1社、eo光は1社、ドコモ光は26社、SoftBank光は1社です。 ADSLが主流だった頃は、インターネット回線といえばNTTのフレッツADSLだったので、インターネットを始めるならプロバイダだけ選べばいいというイメージが強かったかもしれませんが、光回線が主流になってからは光回線とプロバイダの両方を選ぶというのが一般的になりました。 ですので、 光回線と一緒に利用するプロバイダを選ぶ必要があります。 プロバイダが一つしかない光回線もありますので、その場合はプロバイダを選択しなくても大丈夫です。 NURO光はNURO光のみ対応しています。 eo光はeo光のみ対応しています。 ドコモ光の一番おすすめのプロバイダはGMOトクトクBBです。 SoftBank光はYahoo! BBのみ対応しています。 大阪府のおすすめ光回線のおすすめ代理店 キャッシュバック額 おすすめ代理店 NURO光 最大45,000円 eo光 最大10,000円分 商品券 ドコモ光 最大20,000円 SoftBank光 最大33,000円 キャッシュバック額 おすすめ代理店 NURO光 最大45,000円 eo光 最大10,000円分 商品券 ドコモ光 最大20,000円 SoftBank光 最大33,000円 光回線を申し込むならおすすめ代理店から申し込むことをおすすめします。 代理店から申し込むと公式ページや、家電量販店等では貰えないような額のキャッシュバックが貰えて大変お得です。 よくわからない代理店から申し込むのは不安を感じるという方もいるかもしれませんが、当サイトで掲載している代理店は正規代理店で、中には公式から感謝状をいただいているような代理店もあります。 このサイトでおすすめしている代理店は全て優良な代理店なので、光回線を申し込みの際はおすすめしている代理店から申し込むことをおすすめします。 大阪府のおすすめ光回線の費用の面を比較 NURO光 eo光 ドコモ光 SoftBank光 光回線の月額料金(一戸建て) 4,743円 4,667円~ 5,200円 5,667円 光回線の月額料金(マンション) 4,743円 3,524円~ 4,000円~ 4,267円~ キャッシュバック(一戸建て) 45,000円 10,000円 商品券 20,000円 33,000円 キャッシュバック(マンション) 45,000円 5,000円 商品券 15,000円 30,000円 無線LANの月額料金 無料 96円 無料 990円 契約事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 工事費実質無料 無し 無し 不可 乗り換え 最大工事費(一戸建て) 40,000円 27,000円 18,000円 24,000円 最大工事費(マンション) 40,000円 27,000円 15,000円 24,000円 NURO光 eo光 ドコモ光 SoftBank光 光回線の月額料金(一戸建て) 4,743円 4,667円~ 5,200円 5,667円 光回線の月額料金(マンション) 4,743円 3,524円~ 4,000円~ 4,267円~ キャッシュバック(一戸建て) 45,000円 10,000円 商品券 20,000円 33,000円 キャッシュバック(マンション) 45,000円 5,000円 商品券 20,000円 33,000円 無線LANの月額料金 無料 96円 無料 990円 契約事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 工事費実質無料 無し 無し 不可 乗り換え 最大工事費(一戸建て) 40,000円 27,000円 18,000円 24,000円 最大工事費(マンション) 40,000円 27,000円 15,000円 24,000円 大阪府のおすすめ光回線の費用の面についてまとめると上記の通りになります。 一戸建てはNURO光がいちばん安く、マンションはeo光がいちばん安いです。 NURO光は一戸建ての月額料金が安く、キャンペーンも全体的に優れています。 キャッシュバック額は最大45,000円でそこそこ高く、工事費実質無料も条件なしで可能です。 マンションの月額料金は、一戸建てと変わらないため他の光回線と比べると高いです。 eo光は月額料金が少し安く、工事費実質無料も条件なしで可能です。 現金のキャッシュバックキャンペーンがないのがネックですが、費用の面は優れているほうです。 無線LANのレンタル料金も安いほうです。 ドコモ光はキャッシュバック額がそれほど高くなく、工事費実質無料が出来ないため ドコモ光は費用の面はイマイチです。 ドコモ光の月額料金は普通ていどで、SoftBank光の月額料金より安いです。 また、無線LANを無料でレンタル可能な点がポイントです。 最大キャッシュバック額は20,000円ですが、最大キャッシュバックの条件は非常に厳しいです。 SoftBank光は光BBユニットというブロードバンドルーターの利用がほぼ必須で、新規開通時に工事費実質無料にできないため、 SoftBank光は費用の面はイマイチです。 光BBユニットを利用することでSoftBank光の速度や安定性が増すため、SoftBank光は光BBユニットのレンタルがほぼ必須です。 ちなみに上記のSoftBank光の月額料金は光BBユニットのレンタル料金が加算されています。 大阪府のおすすめ光回線の推奨な利用期間を比較 NURO光 eo光 ドコモ光 SoftBank光 契約期間(一戸建て) 2年単位 3年単位 2年単位 2年単位 契約期間(マンション) 2年単位 3年単位 2年単位 2年単位 最大契約解除料(一戸建て) 9,500円 28,704円 13,000円 9,500円 最大契約解除料(マンション) 9,500円 28,704円 8,000円 9,500円 工事費割引期間(一戸建て) 30ヵ月 30ヵ月 - 12ヵ月 工事費割引期間(マンション) 30ヵ月 30ヵ月 - 12ヵ月 最大工事費(一戸建て) 40,000円 27,000円 18,000円 24,000円 最大工事費(マンション) 40,000円 27,000円 15,000円 24,000円 推奨な利用期間(一戸建て) 4年以上 3年単位 2年単位 2年単位 推奨な利用期間(マンション) 4年以上 3年単位 2年単位 2年単位 大阪府のおすすめ光回線の推奨な利用期間をまとめると上記の通りになります。 大阪府の光回線は、ドコモ光とSoftBank光の推奨な利用期間がいちばん短いです。 NURO光は推奨な利用期間がやや長いです。 NURO光の契約期間自体は2年単位ですが、工事費実質無料期間が2年以上かかるため、最低でも4年以上は利用する必要があります。 ですが、NURO光は一戸建ての利用者が殆んどだと思うのでそれほど問題にはならないと思います。 eo光の推奨な契約期間は普通です。 eo光は一戸建てもマンションも契約期間が3年単位で、工事費実質無料の割引期間が30ヵ月で終わるので、 eo光の推奨な利用期間は一戸建てもマンションも3年単位です。 ドコモ光の推奨な契約期間は普通です。 ドコモ光は一戸建てもマンションも契約期間が2年単位で、工事費実質無料がないため ドコモ光の推奨な利用期間は一戸建てもマンションも2年単位です。 SoftBank光の推奨な契約期間は普通です。 SoftBank光は一戸建てもマンションも契約期間が2年単位で、工事費実質無料の割引期間が1年間で終わるので、 SoftBank光の推奨な利用期間は一戸建てもマンションも2年単位です。 正確な数値をグラフにしたものではありません。 大阪府のおすすめ光回線の最大速度とユーザーの通信品質評価についてまとめました。 速度に関してはNURO光が一番速いです。 NURO光は独自の光回線で、高速な光回線として有名です。 NURO光は下り最大速度が速いだけでなく、ユーザーの通信品質評価も高く、速度に関しては悪いところがないです。 eo光はユーザー通信品質評価が割と高いので速度や安定性は割と優れています。 NURO光と同様に独自の光回線なため、利用者の多いNTT東西線を利用したフレッツ光や光コラボレーションに比べて回線が混雑しないため、速度や安定性が割と優れているのだと思われます。 ドコモ光はユーザー通信品質評価が高いので速度や安定性は優れています。 特にGMOトクトクBBというプロバイダでv6プラスによる接続をした場合の速度や安定性に定評があります。 SoftBank光はユーザー通信品質評価が割と高いので速度や安定性は割と優れています。 光BBユニットによるIPv6接続をした場合の速度や安定性に定評があります。 NURO光のユーザーの声のまとめ(速度・安定性関連)• 一番速い人で下り1200Mbps出てる• 800Mbpsくらい出てるという声が多い• 速度は普通という声• ときどき遅くなるという声も• 関西で利用してるが遅いという声 eo光のユーザーの声のまとめ(速度・安定性関連)• 一番速い人で最大900Mbps出てる• 速度や安定性に不満を感じないと言う声• 速度は普通という声• 少し遅い気がするという声• 一番速い人で上りも下りも300Mbpsくらい速度が出てる• 上り・下り100~200Mbps程度という声が多い• 最初の頃は速かったが、最近になって遅くなったという声• 時間帯によって遅くなるという声 SoftBank光のユーザーの声のまとめ(速度・安定性関連)• 一番速い人は700Mbps程度出てる• 光BBユニットを利用した場合は非常に安定しているという声も• 100Mbps程度出てると言う声が多い• たまに遅くなるけど問題ないという声もある• 1Mbpsも出ないという声も NURO光やeo光、ドコモ光、SoftBank光の回線速度や安定性に関するユーザーの声をまとめました。 NURO光はユーザー通信品質評価が一番良かったです。 NURO光は回線速度に関しては非常に速く、安定性も割と良いという声が多かったです。 eo光はユーザー通信品質評価が割と良いです。 eo光は速度がかなり出てるユーザーもいますが、基本的には普通とか少し遅いという声が多いです。 eo光は安定性についてもNURO光に比べると劣るもののまあまあというところで、基本的には安定しているという声が多いですが、たまに遅くなるという声が少しだけありました。 ドコモ光はユーザーの通信品質評価が良かったです。 GMOトクトクBBが速度を売りにしてるプロバイダだけのことはあります。 SoftBank光も回線速度や安定性に関するユーザーの声はまあまあ良かったです。 SoftBank光は速度が100Mbpsくらいという声が多かったです。 光BBユニットによるIPv6高速ハイブリッド接続ができるためやはり速度や安定性は割と優れているようです。 大阪府のおすすめ光回線の乗り換えキャンペーンを比較 NURO光 eo光 ドコモ光 SoftBank光 最大還元額(一戸建て) - 50,000円 商品券 - 100,000円 最大還元額(マンション) - 15,000円 商品券 - 100,000円 還元対象 - 違約金・ 撤去費用 - 違約金・ 撤去工事費 大阪府のおすすめ光回線の乗り換えキャンペーンをまとめると上記の通りになります。 乗り換えキャンペーンはSoftBank光が一番優れています。 NURO光は乗り換えキャンペーンがありません。 NURO光のように乗り換えキャンペーンがない光回線というのはけっこうあるので、 とくべつ乗り換えに向いていないというわけではありません。 eo光は乗り換えキャンペーンがあるため、乗り換えには適しているほうです。 しかし、eo光の乗り換えキャンペーンは現金による違約金・撤去費用の還元がないのが微妙です。 ドコモ光もNURO光と同様に乗り換えキャンペーンがありません。 SoftBank光は乗り換えキャンペーンが非常に優れています。 SoftBank光は違約金や撤去工事費を最大100,000円まで還元できます。 大阪府のおすすめ光回線のスマホ・携帯・タブレット割引を比較 NURO光 eo光 ドコモ光 SoftBank光 キャンペーン名 おうち割 光セット auスマート バリュー ドコモ光 セット割 おうち割 光セット 対応キャリア SoftBank au docomo SoftBank 対象端末 スマホ・携帯・タブレット 条件 光電話 光電話 光電話 光電話 大阪府のおすすめ光回線のスマホ・携帯・タブレット割引もチェックしましょう。 NURO光、eo光、ドコモ光、SoftBank光でスマホ・携帯・タブレット割引に対応しているキャリアが違います。 eo光はauのスマホ・携帯・タブレットの割引に対応していて、 ドコモ光はdocomoのスマホ・携帯・タブレットの割引に対応していて、 NURO光とSoftBank光はSoftBankのスマホ・携帯・タブレットの割引に対応しています。 11a/b/g/n/ac 伝送速度 最大1. 3Gbps IEEE802. 11a/b/g/n/ac 伝送速度 最大1. 3Gbps IEEE802. NURO光はホームゲートウェイに搭載された無線LAN機能を無料で利用できます。 性能的にも充分です。 大阪府のおすすめ光回線のオプション NURO光 eo光 ドコモ光 SoftBank光 光電話の月額料金 300円~ 286円 500円 467円 セキュリティの月額料金 無料 250円~ 500円 320円~ セキュリティの無料期間 無期限 無し 最大12ヵ月 無し セキュリティのメーカー カスペルスキー マカフィー マカフィー マカフィー シマンテック リモートサポートの月額料金 500円 200円 - 500円 リモートサポートの無料期間 無し 最大1ヵ月 - 無し NURO光 eo光 ドコモ光 SoftBank光 光電話の月額料金 300円~ 286円 500円 467円 セキュリティの月額料金 無料 250円~ 500円 320円~ セキュリティの無料期間 無期限 無し 最大12ヵ月 無し セキュリティのメーカー カスペルスキー マカフィー マカフィー マカフィー シマンテック リモートサポートの月額料金 500円 200円 - 500円 リモートサポートの無料期間 無し 最大1ヵ月 - 無し 大阪府のおすすめ光回線のオプションをまとめると上記の通りになります。 NURO光は総合セキュリティの無料期間が無期限でお得です。 eo光は全体的にオプション料金が安めです。 ドコモ光も総合セキュリティの無料期間がけっこう長いです。 セキュリティはけっこう種類があり、ぜんぶ挙げるとキリがないので比較的おすすめ度の高いものを中心に紹介していきます。 NURO光はカスペルスキーセキュリティという総合セキュリティソフトを無料で利用することが可能です。 一見あらゆる全ての機能が使えるように見えるかもしれませんが、OSによって利用できない機能もあるので注意が必要です。 メールウィルスチェックサービスと、メールアドレスの追加、リモートサポートもセットになっています。 eo光はeoセキュリティーパックという総合セキュリティーソフトと、その他3つオプションサービスがセットになったオプションサービスがあります。 一見あらゆる全ての機能が使えるように見えるかもしれませんが、OSによって利用できない機能もあるので注意が必要です。 ドコモ光はインターネット安心セキュリティーという総合セキュリティソフトを利用することが可能です。 一見あらゆる全ての機能が使えるように見えるかもしれませんが、OSによって利用できない機能もあるので注意が必要です。 正確な数値をグラフにしたものではありません。 大阪府のおすすめ光回線であるNURO光、eo光、ドコモ光、SoftBank光の一戸建てについてまとめると上記の通りになります。 大阪府の一戸建てはNURO光が一番おすすめです。 NURO光は速度が非常に速いのはもちろんのこと、一戸建ての場合は月額料金が安いです。 乗り換えキャンペーンがないことを除けば、キャンペーンも優れています。 乗り換えキャンペーンがないですが、それ以外は全体的に優れているので、 NURO光は大阪府の一戸建てに関しては、新規開通や乗り換え問わず一番おすすめです。 eo光は月額料金が少し安いです。 eo光は速さも安さもまあまあな光回線です。 ドコモ光はdocomoのスマホ・携帯・タブレットの割引にゆいいつ対応しています。 ドコモ光は速度は速いですが、 工事費実質無料ができないため工事費が最大18,000円発生してしまうため割と費用がかかってしまうことと、 乗り換えキャンペーンがないのがネックです。 他社転用はNURO光やeo光が利用できないため、他社転用は消去法でドコモ光が一番おすすめです。 SoftBank光は乗り換えキャンペーンが非常に優れています。 SoftBank光は速度はそこそこですが、月額料金が少し高いため、 基本的にはNURO光のほうがおすすめです。 ですが、乗り換えキャンペーンはSoftBank光がいちばん優れているため 違約金や撤去工事費が高額になる乗り換えの場合は、NURO光のかわりにSoftBank光を利用してもよいと思います。 NURO光やeo光、ドコモ光、SoftBank光でスマホ・携帯・タブレットの割引対象のキャリアが違います。 家族で利用しているau、docomo、SoftBankのスマホ・携帯・タブレットの回線数によっては割引額が高額になることもあります。 なるべく費用を抑えたいならスマホ・携帯・タブレット割引も考慮して光回線を選ぶといいと思います。 正確な数値をグラフにしたものではありません。 大阪府のおすすめ光回線であるNURO光、eo光、ドコモ光、SoftBank光のマンションについてまとめると上記の通りになります。 大阪府のマンションはeo光が一番おすすめです。 NURO光は速度は非常に速いですが、マンションの場合は月額料金が高いです。 NURO光は一戸建てとは違い、マンションではあまりおすすめしません。 速度に関してはeo光や、ドコモ光、SoftBank光より速いので、速度重視なら利用してもいいかもしれません。 eo光は月額料金が少し安いです。 eo光は一戸建てはNURO光より見劣りしますが、 eo光は全体的にまあまあ優れているため、マンションならeo光のほうが適しています。 ドコモ光はdocomoのスマホ・携帯・タブレットの割引にゆいいつ対応しています。 ドコモ光は速度は速いですが、 工事費実質無料ができないため工事費が最大18,000円発生してしまうため割と費用がかかってしまうことと、 乗り換えキャンペーンがないのがネックです。 他社転用はNURO光やeo光が利用できないため、他社転用は消去法でドコモ光が一番おすすめです。 SoftBank光は乗り換えキャンペーンが非常に優れています。 eo光のほうが基本的にはおすすめですが、 乗り換え時の違約金や撤去工事費が高い場合はSoftBank光を利用してもいいと思います。 NURO光やeo光、ドコモ光、SoftBank光はスマホ・携帯・タブレットの割引対象のキャリアが違います。 家族で利用しているau、docomo、SoftBankのスマホ・携帯・タブレットの回線数によっては割引額が高額になることもあります。 なるべく費用を抑えたいならスマホ・携帯・タブレット割引も考慮して光回線を選ぶといいと思います。 正確な数値をグラフにしたものではありません。 auひかりの最大速度、ユーザー通信品質評価、月額料金、キャンペーン等は上記の通りです。 auひかりはマンションタイプの最大速度が遅いものの、全体のバランスが優れた光回線です。 しかし、先ほども言った通り大阪府では殆んど普及していません。 マンションタイプの最大速度が遅い場合もあります。 ですが、回線速度が要求されるようなオンラインゲームや生配信に必要な速度は充分あるので、 最大速度が遅くても困ることは殆んどないと思います。 費用の面は全体的に悪いところは見当たらず、特にキャッシュバック額は非常に高いのがポイントです。 住んでいるマンションでauひかりが利用できるのであれば、auひかりを選択肢に入れるのは全然ありです。 普及している地方ではおすすめ光回線の一つだよ auひかりのおすすめ代理店 auひかりは、 最大52,000円のキャッシュバックが貰える代理店NNコミュニケーションズから申し込みすることをおすすめします。 貰える特典は「キャッシュバックのみ」や「キャッシュバック+ハイグレード高速Wi-Fiルーター」、「キャッシュバック+タブレット」があります。 「キャッシュバック+タブレット」は特典総額が低いためあまりおすすめしません。 「キャッシュバック+ハイグレード高速Wi-Fiルーター」は「キャッシュバックのみ」に比べて特典総額が2,000円程度高いですが、 ハイグレード高速Wi-Fiルーターが要らないというのであれば別の特典を選んでも良いと思います。 特典は状況や好みに応じて「キャッシュバックのみ」か「キャッシュバック+ハイグレード高速Wi-Fiルーター」のどちらか片方を選ぶと良いと思います。 また、プロバイダはBIGLOBEが一番おすすめで、So-netが二番目におすすめです。 正確な数値をグラフにしたものではありません。 BIGLOBE光の最大速度、ユーザー通信品質評価、月額料金、キャンペーン等は上記の通りです。 BIGLOBE光は工事費実質無料を条件なしで可能で、さらにキャッシュバックも条件なしで貰えます。 ユーザーの通信品質評価は普通程度です。 大阪府でBIGLOBE光を使うなら、諸事情あって光コラボレーションの回線しか利用できないけど ドコモ光やSoftBank光より安く済む光回線が良いという場合がいいと思います。 BIGLOBE光はドコモ光やSoftBank光より月額料金や、工事費実質無料条件は優れていますが、 BIGLOBE光はドコモ光やSoftBank光よりユーザー通信品質評価や、乗り換えキャンペーンが劣っています。 BIGLOBE光より、ドコモ光やSoftBank光のほうが回線速度や安定性は優れていて、 乗り換え時はBIGLOBE光よりSoftBank光のほうが安く済む可能性もあります。 速度や安定性、乗り換えキャンペーンを重視するならドコモ光やSoftBank光、 速度や安定性はイマイチでも費用の安さ重視ならBIGLOBE光という使い分けすることをおすすめします。 BIGLOBE光よりはドコモ光やSoftBank光のほうが基本的におすすめだね BIGLOBE光はどこから申し込むべきか? BIGLOBE光の申し込みは、 35,000円のキャッシュバックが貰える代理店NNコミュニケーションズから申し込みすることをおすすめします。 代理店NEXTは、キャッシュバック手続きを電話口で完了でき、 キャッシュバックの還元時期も、最短2ヵ月で非常に早いです。 特典総額は「キャッシュバックのみ」のほうが1,000円程度高いです。 IPv6オプションに対応しているルーターを利用すると速度や安定性が増すため 「キャッシュバックのみ」を貰ったとしてもIPv6オプションに対応しているルーターをなんらかの形で入手して利用することをおすすめします。 状況や好みに応じて特典を選ぶと良いと思います。

次の

一番安い光回線プランは? インターネット最安プラン

一番安い光回線

ひかりTV• フレッツTV• ケーブルテレビ それでは一つ一つ説明していきたいと思います。 基本サービスで地上デジタル放送・BSデジタル放送を見ることができるほか、10~50ほどの特別チャンネルも視聴可能。 さらにオプションを追加することで、地上波では楽しむことのできない映画やアニメ、音楽などの80以上の専門チャンネルや60,000本近いビデオの視聴もできます。 ひかりTVは基本料金内で色んなジャンルの番組を見たい人、ゲームや音楽、電子書籍など様々なコンテンツを楽しみたいという人に向いている視聴方法と言えるでしょう。 So-net光• docomo光• ソフトバンク光• Marubeni光• DMM光 このあたりの光コラボがひかりTVに対応しています。 光コラボに契約するのであればひかりTVでよいでしょう。 知名度があるNTTが提供しているという理由で、信頼度も高くなっています。 基本サービスでは月額660円という安さで地上デジタル放送とBSデジタル放送を見ることができ、さらにオプション料金を払うことで、CSや4K放送、155の専門チャンネルも視聴可能です。 このプランはひかりTVに比べて月額料金が安く、個別で自分の好きな番組だけを選ぶことができます。 ただし、ひかりTVが初期費用0円で済むのに対し、フレッツTVは10,000円~30,000円ほど 初期費用がかかってしまうのがデメリットとなっています。 初期費用は光回線の工事費を含まない• 月額料金は光回線利用料を含まない、チューナーは事前に準備が必要 ただ、私の意見としては、フレッツ光よりも現在は光コラボの方が主流になっていますので、申し込むのであればdocomo光やソフトバンク光、So-net光といった光コラボレーションに契約してひかりTVで地上波TVをみることをおすすめします。 視聴可能な番組や料金などは、先ほど挙げたひかりTVやフレッツTVと似ているのですが、この方法でテレビを見るのは、以下の理由からあまりおすすめできません。 変換機を別途買う必要がある• プロバイダが選べない• この変換機は1つ1万円以上もする上に、複数のテレビがある場合はその数に合わせて用意しなければいけません。 フレッツTVやひかりTVはこの機械を必要としないため、その分手間を省けますしお金も節約できます。 一方、ケーブルテレビは原則、地方の少ない企業のプロバイダから選ぶ必要があり、自分に合ったものがない可能性もあります。 そのため普段見ないような番組がプランに入っている、仮に気に入った番組があったとしてもピンポイントで契約できないなど、選択の幅が狭いというデメリットがあります。 またフレッツTVなどでは例えば、「スポーツ番組を契約しているが、オフシーズンの時には休止して料金を安くする」ということも可能ですが、パッケージになっているケーブルテレビのプランではそのようなこともできません。 しかし光回線のテレビは、毎月の月額料金が発生するという理由から、アンテナで受信する場合と比べると割高になってしまいがちです。 そのため専門チャンネル等は特に見ない、普通のテレビ番組が見られればいいという人は、 「光回線を使わずアンテナで視聴する」という選択肢もアリです。 アンテナはどのように取り付ければいいのか? ここで気になるのは、 「果たしてどのようにアンテナを付ければいいのか?」 ということです。 ズバリ答えは簡単で、 業者に依頼をすればよいのです。 下記の画像はUHFアンテナといって地上波に対応しているアンテナで、本体の価格は5000円程度です。 しかし 素人が取り付けるのは非常に困難です。 ですから業者に依頼するのが無難と言えます。 光コラボはひかりTVというオプションを利用することで地上波もしくはその他のチャンネルを見ることができますが、 光コラボではない独自回線であるauひかり、NURO光に関してはアンテナを設置するしかありません。 もしマンションであればすでに設置されている可能性もありますが、戸建ての場合は自分で設置する必要があります。 その場合は上記のみずほアンテナのようなアンテナ設置業者に依頼しましょう。 価格の方も業者に依頼するのと光コラボに契約してひかりTVを申し込むのとさほど価格のに差はありません。 アンテナを設置することで当サイトがオススメしているNURO光やauひかりでテレビが見れるようになりますので、当サイトではアンテナ設置をおすすめします。 つまり、まとめると• アンテナを使ってNURO光、auひかりでテレビを見る• エリア外の場合光コラボでひかりTVに加入 このどちらかををおすすめします。 NUROとauひかりは独自回線となっており、比較的安定して速い速度が出ます。 それに対して光コラボはフレッツ光の回線を利用しているためか、速度が遅くなる傾向があります。 NUROとauひかりがエリア外であれば光コラボを使うという方針をとるとよいです。 下記で具体的に光回線のランキングを作成いたしましたので是非参考にしてください。 当サイトオススメ光回線ランキング auひかり、NUROひかりの利用が不可能なエリアなら光コラボもアリ BIGLOBE光、docomoひかり、sonetひかりなど多種多様な光コラボレーションがあります。 光コラボはフレッツ光と比較してプロバイダが一緒になっているので一括で料金を支払えるのが特徴。 月額料金• Softbank光:5200円• ドコモ光:5200円 キャッシュバック• Softbank光:22000円• ドコモ光:0円 2年間の合計料金• Softbank光:126800円•

次の

【2020年版】戸建てで月額料金が安い光回線ランキング!最安値の光回線を徹底比較! 2020年7月

一番安い光回線

速度が速いほど快適にインターネット利用できます。 現在主流の回線速度は 上り下り1Gbpsとなっていますが、中には5Gbpsや10Gbpsなどのより高速なサービスも提供されています。 さらに IPv6でもIPoE接続にすると混雑を避け、より快適にインターネットを利用できるので近年注目されています。 セキュリティやサポート等、無料のプロバイダもあれば有料のプロバイダもあります。 基本的にインターネット回線によって違う点は以上の3点です。 お住まいの地域で最安のインターネットは違う インターネット回線はどの地域でも好きな回線を選べるというわけではありません。 特にメガエッグやeo光などの電力系のインターネット回線は地域の電力会社の系列会社が運営しているため、利用可能な地域が限定されてしまいます。 また、同じように auひかりやNURO光も全国で利用できるわけではありませんので、エリア外にお住まいの方はNTTの光ファイバーを使った光コラボレーションから選ぶ事になります。 サービス提供地域 NURO光 北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、福岡県、佐賀県 auひかり 北海道、青森県、岩手県、秋田県、山形県、宮城県、福島県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、新潟県、長野県、富山県、福井県、石川県、山口県、島根県、鳥取県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、徳島県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県 メガエッグ 広島県、山口県、島根県、鳥取県、岡山県 eo光 滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県 光コラボレーション 全国 安いインターネット回線があっても利用できる地域は違いますので注意が必要です。 また 利用可能なエリア内でも 建物の場所によっては利用できない場合があります。 光ファイバーが家の近くまで来ていても宅内に引き込むことが出来ない場合があるから、必ず光回線が利用できるということじゃないよ。 工事の内容については【】を参考にしてください。 新規・転用・事業者変更で安いインターネットは違う インターネットの契約は大きく分けて3種類に分かれます。 インターネットの契約方法は新規・転用・事業者変更と3種類ありますが、基本的に月額料金は変わりません。 違いがあるのは 工事費や契約事務手数料の他キャッシュバック額などの違いです。 契約事務手数料はすべての場合発生しますが、工事費は新規契約の場合のみ発生します。 事業者変更の場合、事務手数料の他に事業者変更承諾番号の発行手数料がかかります。 金額については2,000円~3,000円となっていますが、事業者により違いますので現在お使いのプロバイダに確認してください。 キャッシュバックや特典も重要! インターネット回線はどこで申し込むかによって、キャッシュバックの違いや特典の違いなどがあるため実質料金は大きく変わってきます。 一例として ソフトバンク光で比較してみます。 (代理店はキャッシュバックの高額な株式会社エヌズカンパニーとします) 公式サイト 代理店 新規契約 24,000円 33,000円 転用・事業者変更 0円 15,000円 新規契約の場合、公式サイトでもらえるキャッシュバックは 24,000円ですが、の場合 キャッシュバック額が33,000円と9,000円多く受け取ることが出来ます。 また、転用や事業者変更の場合、公式サイトからの申し込みだと キャッシュバックはありませんが、株式会社エヌズカンパニーの場合 15,000円と公式サイトより高額です。 ただし、代理店ならキャッシュバックが高いと言うわけではありませんし、キャッシュバックがいつでももらえると言うわけではありません。 キャッシュバック等の特典は、時期によりキャンペーンを行っている時と行っていないときがありますので、 インターネットを乗り換える場合しっかりと下調べをすることが重要です。 NURO光やauひかり・メガエッグなどの電力系のインターネット回線については、転用と事業者変更はありませんので【 転用・事業者変更】の格安比較の対象から除外しています。 ここからは、戸建てプラン・マンションプランと契約形態別に見ていきます。 上記の当てはまる箇所をクリックしてください。 戸建てプラン「新規契約」の格安比較 戸建てプラン(新規契約)を提供している人気のネット回線の料金を比較しました。 3年間利用した場合の実質月額料金は NURO光が最安ですが、 5年間で見た場合 メガエッグが最安となります。 NURO光やメガエッグなどの電力系のインターネット回線が利用できない場合 、So-net光プラスが3年間最安となります。 しかし、 So-net光プラスは3年目以降料金が高額なので 5年間だとOCN光が最安となります。 戸建てプラン(新規)をもっとお得に使うならスマホと合わせて選ぶのがベスト! 3年間で毎月の料金が実質一番安いのは「NURO光」 回線速度も上り下り2Gbpsと高速でSNS上でも早いインターネットならNURO光といわれるほど評判の良いインターネット回線ですが、NURO光は料金も安いです。 しかし2019年12月には北海道でサービスは開始されるなど、 利用可能なエリアが増えてきています。 今後の利用可能なエリアは増えていくようなので、公式サイトでエリア拡大情報はチェックしてください。 キャッシュバック45,000円!最大速度2Gbpsと超高速通信! NURO光が利用できないエリアにお住まいならSo-net光 新規契約の場合お得なのはNURO光、メガエッグ、auひかりですがこの3社は利用できる エリアが限られてしまいます。 エリア外の場合であればインターネット回線は光コラボレーションになりますが、その中で新規契約でおすすめのインターネット回線は So-net光プラスです。 So-net光プラスは初めの1年目と2年目が非常に安く 戸建てプランで月額2,980円と戸建てプラン最安です。 ただし So-net光プラスの料金が安いのは初めの2年間限定で、3年目からは他社よりも 高額な5,580円に上がってしまいます。 3年間で他社に乗り換えるのであれば、光コラボレーションの中でもお得なインターネット回線ですが、3年以上の利用はあまりおすすめできません。 今後乗換をせずに長くインターネットを利用するのであれば、月額料金が安く工事費が無料の excite MEC光のほうがお得となるのでおすすめといえます。 結論!戸建て最安はNURO光 光コラボで3年契約ならSo-net光プラス、5年以上継続して使うならexcite MEC光がおすすめ! あとはお住まいの地域にメガエッグやeo光などの電力会社系のインターネットがあればそれもおすすめだよ 戸建てプラン「転用及び事業者変更」の格安比較 戸建てプラン(転用・事業者変更)を提供している人気のネット回線の料金を比較しました。 転用や事業者変更の場合基本的に工事が必要ないので、長期間利用する場合は「excite MEC光」や「enひかり」等が、料金が安くおすすめです。 なお、So-net光プラスでは、キャンペーン期間中(2年間)だけ月額料金が安いです。 そのため、 契約期間が終わる3年間で解約(他に乗り換え)した方がお得に使う事が出来ます。 So-net光プラスとexcite MEC光の3年と5年の総支払額比較 So-net光プラス excite MEC光 月額料金 1、2年目 2,980円 3年目以降 5,580円 1年目 3,700円 2年目以降 4,500円 事務手数料 3,000円 キャンペーンにつき0円 工事費 キャンペーンにつき0円 キャンペーンにつき0円 キャッシュバック 0円 0円 3年間合計 141,480円 156,600円 3年間 実質月額 3,930円 4,350円 5年間合計 275,400円 264,600円 5年間 実質月額 4,590円 4,410円 3年間の合計金額はSo-net光のほうが支払総額でみると So-net光プラスのほうがexcite MEC光よりも15,120円節約できます。 しかし5年間で見ると、So-net光プラスは3年目以降料金が跳ね上がりますので、5年間の総支払額でみると3年とは逆に 10,800円So-net光プラスのほうが多く支払わなければいけません。 光コラボレーションの中で、 3年間の限定であればSo-net光プラスが安いのですが 3年目から4,480円と高額なので3年で乗り換えを検討する必要があります。 長く利用するのであればおすすめはOCN光といえます。 マンションプランでインターネットが安いのは? マンションプランで毎月の料金が安いのも戸建て同様NURO光です。 NURO光は利用者の数で月額料金が変わるHands-up会員という制度を利用していて、利用者の数により月額料金が変わります。 今回比較で利用した 2,500円はNURO光の中でも一番高額な設定で比較しています。 NURO光forマンションが利用できる建物にお住まいの方で安いインターネットを利用していのであればNURO光forマンションがおすすめです。 NURO光forマンションかNURO光G2Vか? マンションでNURO光を利用する場合2種類の方法があります。 1つがここで紹介した月額2,500円のNURO光forマンションで、 建物に4世帯以上の利用者がいないと利用できないプランです。 もう一つが戸建てと同じNURO光GV2というプランです。 大丈夫! 以前は2階までだったんだけど、今は階数に制限がなくなったんだよ! G2Vプランはサービス開始当初利用できるのが、2階までの集合住宅となっていましたが物件のMDF盤から各階、各階のMDFから部屋まで配管を利用して光ファイバーを引き込むことが出来れば階数の制限なく戸建てプランと同じG2Vプランを利用することが出来ます。 1本の光ファイバーを複数のユーザーと分けて使う NURO光forマンションと比べ、1本の光ファイバーを占有できるG2Vのほうが速度が速くインターネットを快適に利用することが出来ます。 NURO光G2V ドコモ光マンション 月額料金(3年実質) 3,576円 3,667円 特徴 上り下り2Gbpsを占有のため高速通信が可能 戸建てプランより安いが、複数で共有するため速度が遅い 月額料金はNURO光forマンションと比較すると高額ですが、それでももともとNURO光は料金設定が安く戸建てプランのG2Vでも3年間の実質月額料金は3,576円とドコモ光やソフトバンク光と変わりありません。 回線速度が気になる方は月額料金でNURO光forマンションを選ぶよりも、少し高額でも快適にネットが利用できるG2Vのほうがおすすめです。 結論!マンション(新規)で一番安いのはNURO光forマンション マンションならNURO光が一番お得だけど、速度重視なら少し金額は上がるけどNURO光の戸建てプランもおすすめ! マンションプラン「転用及び事業者変更」の格安比較 マンションプラン(転用・事業者変更)を提供している人気のネット回線の料金を比較しました。 マンションプランも戸建てプラン同様、基本的に工事費はかかりません。 ただし、部屋内に光コンセントが無い場合やオプションの追加などがある場合、工事費がかかる事もあります。 3年間の利用で安いのは「So-net光プラス」、5年以上の利用で安いのは「OCN光」だよ! So-net光プラスとOCN光の3年と5年の総支払額比較 So-net光プラス OCN光 月額料金 1、2年目 1,980円 3年目以降 4,480円 1、2,3年目 3,400円 4年目以降 3,280円 事務手数料 3,000円 キャンペーンにつき0円 工事費 キャンペーンにつき0円 キャンペーンにつき0円 キャッシュバック 0円 0円 3年間合計 104,280円 125,400円 3年間 実質月額 2,897円 3,067円 5年間合計 211,800円 194,400円 5年間 実質月額 3,530円 3,240円 マンションプランの転用・事業者変更の場合、一番安いインターネット回線は3年間だとSo-net光プラスの月額実質2,897円となります。 So-net光プラスの場合初めの 2年間は非常に安く設定されていて、月額1,980円とマンションプラン最安となっています。 しかし、3年目以降はマンションプランでも一番高額な 4,480円となってしまいます。 5年間で見た場合にはOCN光がキャッシュバックがある事と、月額料金が比較的安価なこともあり、 マンションプランでは最安の5年間の実質月額料金は3,240円となります。 VDSLは場合によって回線速度が遅いことがあるので、VDSLしか選べないようなら最近人気のある ポケットWiFiなどのモバイルルーターを利用するのもおすすめです。 確かにそんなおいしい話あるわけないと思っちゃうよね! でも、それ本当の話なんだ! ただし期間限定で一つだけ条件があるからその辺のことしっかりと解説していくね! 楽天ひかりは6月より驚きのキャンペーンを開始しました。 そのキャンペーンとは【楽天ひかり1年間無料キャンペーン】です。 このキャンペーンはNTTの光ファイバーを利用した光コラボレーションサービス、 楽天ひかりの月額料金が1年間無料になるという破格のキャンペーンです。 プラン 月額料金 戸建てプラン 4,800円 マンションプラン 3,800円 楽天ひかりの基本料金は戸建てプラン4,800円、マンションプラン3,800円となるので、 1年間で計算すると戸建てプランが 57,600円、マンションプランで 45,600円もお得にインターネットを利用することが出来ます。 さらにそれだけでわ終わらないのが楽天のすごいところで、 1年間無料に加えIPv6対応のWi-Fi無線LANルーターが無料でプレゼント中! 楽天ひかりは6月より正式にIPv6に対応しましたが、通常の場合IPv6に対応したルータを自分で用意しないといけませんでしたので非常にうれしいキャンペーンです。 多くのプロバイダはキャッシュバックか無線LANルーターのプレゼントかどちらかというのが多い中、楽天ひかりは両方の特典が受けられます。 先着10万名と限定ではありますが、2020年6月の時点で 楽天ひかりは最安となります。 楽天ひかりならスマホとセットで業界最安値 楽天ひかり1年間無料の唯一の条件とは? 気になるのはこのキャンペーンを受けるための条件です。 これだけ条件の良いキャンペーンだとそれなりの条件があるのではないかと思ってしまいますが楽天ひかりがこのキャンペーンを適用する条件はたった一つ! 【 Rakute UN-LIMIを契約している、もしくは新規契約をする】ということです。 Rakute UN-LIMIは楽天がサービスを開始した第4の携帯電話キャリアとなる楽天の携帯電話サービスです。 これだけ聞くと「なんだ、やっぱりそうなんだ!」と思ってしまいます。 しかし、さらにすごいのが Rakute UN-LIMITは楽天ひかり同様1年間基本料金無料のキャンペーンを行っています。 Rakute UN-LIMIは解約をしても違約金がかかりませんので、とりあえず使ってみてRakuten-UN-LIMITが不要ならば解約してしまえば余計な出費も抑えられます。 ドコモやau、ソフトバンクはスマホとのセット割があるので、スマホ1台につき最大で1,000円の割引があります。 ただ節約という面では極端になってしまいますが、家族全員のスマホをRakuten UN-LIMITにしてしまうことで家の光回線も家族のスマホも1年間無料で利用できるのはとても大きな節約になります。 また1年後も Rakuten UN-LIMITは月額2,980円と他のキャリアと比べ基本料金も低価格です。 ドコモ・au・ソフトバンクのスマホユーザーなら最安はスマホとセット ちょっと待って! インターネットの料金を比較するときは実質料金だけじゃなくて、 スマホの割引も含めて考えないと。 インターネット回線を自宅に引く方ならほとんどの方がスマホをお使いではないでしょうか? 利用しているスマホが【 ドコモ・au・ソフトバンク】ならちょっと待ってください。 大手3社はスマホとインターネット回線のセット割引を用意しています。 スマホとのセット割の特徴は割引の対象が家族のスマホということ。 インターネット回線は割り引きにはなりませんが、 家族のスマホすべてが割引の対象になります。 スマホの料金もインターネット回線の料金も家庭の通信費としてまとめるとかなりの節約になります。 家族のスマホが同じ会社ならセット割は必ずチェックしてくださいね。 ドコモユーザーにおすすめの格安インターネット ドコモのスマホを利用している人が家族にいるなら ドコモ光セット割が適用になるドコモ光がおすすめです。 割引額は利用しているスマホのプランにより0円~最大1,000円となるので、上の図の場合家族で3,500円毎月割引されます。 また、割引の対象は同居のご家族だけではなく、離れて暮らすご家族も対象になります。 ドコモ光セット割はNURO光よりどれくらい安い? そうだね。 下の表を参考にするとどれだけ節約になるかわかりやすいよ。 インターネット回線の料金だけで見るとドコモ光は安くはありませんが、ドコモのスマホユーザーならば家計全体で見たときには ドコモ光は最安のインターネット回線といえます。 auユーザーにおすすめの格安インターネット auのスマホユーザーにおすすめなのがauひかりです。 auひかりはネットの速度が高速で快適と評判が良いことに加え、月額料金も安く、新規加入時のキャッシュバックも高額で非常に魅力的なインターネット回線です。 さらに、ドコモのセット割同様auスマホユーザーがいれば、同居の家族のスマホが毎月最大1,000円割引なる スマートバリューが適用になります。 サービス名 割引対象インターネット回線 auスマートバリュー auひかり、コミュファ光、eo光、メガエッグ、So-net光プラス auスマートバリュー はauひかりだけではなくそれ以外のインターネット回線でもスマートバリューが利用できます。 これにより、ほとんどの地域もスマートバリューの割引を受けることが出来るので、auひかりが利用できない地域の方もインターネット回線とスマホの料金を節約することが出来ます。 jcomなど一部ケーブルテレビでもスマートバリューが適用になるよ。 ただ、残念ながらSNSなどインターネットの評判はあまりよくないね スマートバリューの割引は同居の家族と離れて住んでいる50歳以上の家族が割引の対象になります。 ドコモ光のセット割よりも範囲が狭いので注意が必要です。 auスマホを利用している人は、インターネット回線最安のNURO光よりも家計の通信費すべてで見れば最も出費を抑えることが出来ます。 ソフトバンクユーザーにおすすめの格安インターネット ソフトバンクのスマホはインターネットとセットにした割引【ソフトバンクおうち割】が適用になります。 auやドコモと同様、プランにより割引額が違いますが、0円から最大1,000円割引なりますので家族が多いほどお得です。 また、ソフトバンクおうち割の適用はソフトバンク光だけではなくそれ以外の一部インターネット回線でもおうち割は適用になります。 サービス名 割引対象インターネット回線 ソフトバンクおうち割 ソフトバンク光、NURO光 ソフトバンクユーザーにおすすめのインターネット回線はソフトバンク光といいたいところですが、 ソフトバンクユーザーに本当におすすめなのはNURO光です。 NURO光はソフトバンク光よりも月額料金が安く設定されているのに加え、回線の速度も上り下り2Gbpsと高速です。 NURO光が利用できる地域の方ならソフトバンク光を契約するよりも 月額料金も安く、回線速度も高速なNURO光がおすすめです。 上の図ではインターネット回線がソフトバンク光になっていますが、NURO光が利用できる地域の方ならばNURO光とソフトバンクスマホのほうが安くて通信速度も高速です。 また、NURO光でもおうち割の適用範囲はソフトバンク光と同じなので離れて住んでいるご家族のスマホも割引の対象になります。 ソフトバンク光のおうち割はメガエッグよりどれくらい安い? NURO光もソフトバンクのおうち割が適用になるためソフトバンク光は auスマートバリューが適用になるメガエッグと比較します。 ではNURO光が利用できる地域ならソフトバンク光とNURO光、3年間で支払う額はどのくらい違うのでしょうか? NURO光 ソフトバンク光 インターネットの3年間の料金 170,748円 187,200円 携帯電話3台分の3年間の料金 648,000円 648,000円 割引額 108,000円 108,000円 3年間の総支払額 710,748円 727,200円 メガエッグ同じ条件で NURO光とソフトバンク光を比較すると3年間で 16,452円NURO光のほうが安くなります。 NURO光のほうが月額料金が安い分長期間の利用の場合にはさらに総支払額に差がつきます。 ソフトバンクのスマホをお使いの方でインターネット回線を利用するならばおすすめはNURO光となりますが、NURO光が利用できない地域にお住まいの方はソフトバンク光が最安のインターネットになります。 まとめ インターネットを安く利用するのであれば月額料金が安いインターネット回線を選べばいいと思いがちですが、しっかりと 節約をするには利用期間全体で考える必要があります。 また、インターネット回線をお得に選ぶなら基本的にスマホとインターネット回線をセットにして考えるのが重要です。 スマホの利用者が多ければ多いほど節約の効果は大きいので、家族のスマホは必ず同じ会社にするのが節約のポイントです。 また、最近の傾向として契約から1年から3年間は料金が安く設定されていますが、3年以降の料金が他社よりも高額になる設定があります。 利用期間を3年で検討すると安くてお得ですが、5年で計算すると他のインターネット回線のほうが安くなるケースがあるため、インターネット回線を選ぶ場合どのくらいの期間を利用するのかも含めて検討する必要があります。

次の