家計 やりくり ブログ。 2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ|家計簿歴10年以上なのに貯められなかった専業主婦が一転。「ケチケチ節約術」を卒業してわずか2年で350万円以上資産を増やすことに成功しました。旅行も欲しいものあきらめない!贅沢してもお金も貯まる!もう絶対ケチケチしない!そんな家計に変身するあき流の「家計簿のつけ方」「節約術」「家計簿見直し術」「お金を貯めるテクニック」を公開しているブログです。ポイ活もしています。

自己紹介 50代の節約家計ブログ「やりくりななえ.com」の管理人ななえです♪

家計 やりくり ブログ

自分でできる家計診断とは? 自分で家計診断をするなんて、とても無理。 難しそう。 それって有料でファイナンシャルプランナーの方にお願いするものじゃないの? どうせ家計簿をつけてる人じゃないとできないんでしょ? そんな風に考える方もいるかもしれませんね。 いいえ、ある程度のことなら自分でできます! 家計簿をつけていない人でも大丈夫! 確かに計算する手間はかかります。 ちょっと面倒くさいです。 でも、一度やってしまうと、 「え?!うちの家計ってこんな状況だったの~?!」「嘘・・知らない間にこんなに使ってたんだ・・・」 自分でも驚くような結果が現れるかもしれませんよ! 当ブログで無料で行っている家計診断を体験した方も 「ここが我が家の貯められない原因だったんじゃないかと思います!」と、ほとんどの方が計算するうちに 自分で気づきます。 そして、 自分の力で家計を再生させていく方がたくさんいます。 自分の家計の問題に自分で気がつくことができれば、 無料なので本当にオトクですよね。 本当に家計をなんとかしたい!と思っている本気!の方には、この 「自分でできる家計診断」が一番オススメです。 自分でできる家計診断の流れ 「自分でできる家計診断」の流れについて簡単に説明しますね! 自分でできる家計診断の手順は、以下の 5つのステップを行うことから始めます。 1、年間収入を計算する 2、理想の年間貯金額を計算する 3、実際の年間貯金額を計算する 4、年間の必ずかかる支出を計算する 5、年間の必ずかかる支出以外の支出を計算する この5つのステップを行うことから始めます。 ちょっとボリュームがあっていや!5つもやるのは大変!という方は、 1、年間収入を計算する 2、理想の年間貯金額を計算する 3、実際の年間貯金額を計算する この 3つのステップだけでもやってみましょう。 これだけでも大きな発見があると思いますよ! それでは各ステップごとの記事を紹介します。

次の

家計(家計簿)診断!毎月苦しい生活を本気で変える!記事一覧|2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計 やりくり ブログ

家計簿アプリの良いところは、支出を入力すれば自動的に合計を計算してくれるところ。 手書きのときよりも、家計簿をつけるのにかかる時間が月に2~3時間は短縮できました。 使い始めたばかりの頃はいずれ手書きに戻るつもりだったのに、家計簿アプリの便利さから手放すことができなくなり、もう使い始めて2年以上になります。 家計簿のつけ方 家計簿をつけるときに一番こだわっているのは、「使いすぎている項目を見つけること」です。 簡単なことに感じますが、きちんと管理ができるようになったのはここ数年です。 家計簿はつけただけで満足をしていては意味がありません。 「今月は日用品にお金を使いすぎてしまったけれど、何を買ったのかな? 」など、項目一つひとつを丁寧に振り返ることが大切です。 こうすることで無駄な支出を次回から改善することができ、家計管理が上手になっていきますよ。 無駄であったかどうかを振り返り時に見極めるために、頻繁に買わないもの 例えば布団など は家計簿アプリのメモ欄を使って具体的な購入物をメモしておきます。 また特売日で予算以上にお金を使ってまとめ買いしたときなども、メモ欄に記載しておきます。 特にメモもないのにいつもより支出が多いのなら無駄使い認定! 「今月は日用品を買いすぎてしまっているので、来月は購入を控える」などの家計管理の目標を立てることができます。 家計管理に使用する項目 私の家計簿の項目は、一般的な家計簿より少し多めになっていると思います。 自分なりに編み出した一番見直しがしやすい項目分けは以下の通りです。 住宅ローン• 水道代• 電気代 オール電化• 灯油代 冬期間のみ• 通信費 インターネット、電話代まとめて• 保険代• お小遣い• 学校費 給食費• 固定資産税、車検などを12で割った「大型固定費」• 外食費• 日用品費• ガソリン代• 病院代• レジャー費• 習い事、家庭学習の教育費• 美容室、床屋• 交通費 バス、タクシー 通信費に関しては、納得のいくプランや費用に見直しができるまでは、「インターネット代」「携帯代」「固定電話代」と全て分けて管理していました。 これは、それぞれの具体的な額を意識し、項目ごとに節約をするためです。 また、大型固定費の中身の主な内訳は、車検、固定資産税、車の任意保険、プレゼント代です。 これらは全て含めて管理していますが、この項目も半年に一回は見直すように心がけています。 それぞれの項目の金額と、やりくりポイント 2018年6月度家計簿公開.

次の

4人家族の家計簿公開!一見完ぺきに見える家計の注意点は?|2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

家計 やりくり ブログ

自分でできる家計診断とは? 自分で家計診断をするなんて、とても無理。 難しそう。 それって有料でファイナンシャルプランナーの方にお願いするものじゃないの? どうせ家計簿をつけてる人じゃないとできないんでしょ? そんな風に考える方もいるかもしれませんね。 いいえ、ある程度のことなら自分でできます! 家計簿をつけていない人でも大丈夫! 確かに計算する手間はかかります。 ちょっと面倒くさいです。 でも、一度やってしまうと、 「え?!うちの家計ってこんな状況だったの~?!」「嘘・・知らない間にこんなに使ってたんだ・・・」 自分でも驚くような結果が現れるかもしれませんよ! 当ブログで無料で行っている家計診断を体験した方も 「ここが我が家の貯められない原因だったんじゃないかと思います!」と、ほとんどの方が計算するうちに 自分で気づきます。 そして、 自分の力で家計を再生させていく方がたくさんいます。 自分の家計の問題に自分で気がつくことができれば、 無料なので本当にオトクですよね。 本当に家計をなんとかしたい!と思っている本気!の方には、この 「自分でできる家計診断」が一番オススメです。 自分でできる家計診断の流れ 「自分でできる家計診断」の流れについて簡単に説明しますね! 自分でできる家計診断の手順は、以下の 5つのステップを行うことから始めます。 1、年間収入を計算する 2、理想の年間貯金額を計算する 3、実際の年間貯金額を計算する 4、年間の必ずかかる支出を計算する 5、年間の必ずかかる支出以外の支出を計算する この5つのステップを行うことから始めます。 ちょっとボリュームがあっていや!5つもやるのは大変!という方は、 1、年間収入を計算する 2、理想の年間貯金額を計算する 3、実際の年間貯金額を計算する この 3つのステップだけでもやってみましょう。 これだけでも大きな発見があると思いますよ! それでは各ステップごとの記事を紹介します。

次の