瞬き すると 目の下 の 骨 が 痛い。 瞬きで目の奥・目の下や周りが痛い・ゴロゴロする原因は?

これって眼精疲労?目の疲れのセルフチェックの方法と対処法

瞬き すると 目の下 の 骨 が 痛い

瞬きすると目に痛みがする原因 瞬きをするときに目に痛みを感じる原因はさまざまな要因が考えられます。 この章では、我慢できないほどの痛みではなく、腫れやかゆみなどの他の症状もないときの原因についてお伝えしていきます。 目が乾燥している(ドライアイ) パソコンやスマホなどのディスプレイを長時間見続けていたり、空気が乾燥している環境にいると目が乾燥しやすくなり、いわゆるドライアイになってしまいます。 ドライアイとは、目の表面の涙の層が薄くなり、目の角膜がダメージを受けやすくなってしまうのです。 そして、これにより瞬きをするときの刺激で目に痛みを感じてしまいます。 瞬きのときの痛みの他にも以下のような症状があらわれる場合は、ドライアイを疑ってみましょう。 目が疲れやすく感じる• 目が充血している• 目にゴロゴロした違和感がある• 目やにが増える• まぶたが重く感じる ドライアイに対処するためには、しっかりと目を休めたり、定期的に目薬をさして目に潤いを与えることが大切です。 このような対処法に関して詳しくは後述していきますね。 目にゴミが入っている 目にまつ毛やホコリ、チリなどの異物が入ってしまうと、瞬きをするときに痛みを感じてしまいます。 特に砂埃が舞っているような環境にいると、すぐに目にゴミが入ってしまいます。 そして本来、目にゴミが入らないようにするためにあるまつ毛自体が目に入ってしまうこともよくありますよね。 目に異物が入ると、無意識に涙の分泌を促してゴミを除去しようとします。 しかし、まぶたの裏側まで入ってしまったり、まぶたに張り付いたりしてしまうと涙の作用だけでは外に押し出すことができず、痛みが長時間続いてしまうのです。 このようなときに、無理に目をこすったり、爪で取ろうとしてしまうと逆に目を傷つけて思わぬ眼病を引き起こしてしまうこともあります。 なので、指は使わずに洗面器に水をためて、その中で顔を浸けて瞬きを繰り返してみるなどの取り方がおすすめです。 また、目薬をさすことでゴミが取れることもあります。 目にゴミが入ったときの対処法に関してはこちらの記事でさらに詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 参考: コンタクトレンズの影響 コンタクトレンズを使用している場合は、コンタクトが痛みの原因である可能性も高いです。 コンタクトが自分の目に合っていない• コンタクトの洗浄が十分に行われていない• コンタクトを長時間使用し続けている このようなことが原因で、瞬きのときの痛みを引き起こしていることがあるのです。 腫れている場合に考えられる2つの病気 瞬きをすると痛みがすることに加えて、目の周りやまぶたに腫れがある場合は目の病気の疑いがもたれます。 ただ、これらは失明につながるような重い病気ではなく正しい対処をすれば数日〜数週間で完治する病気です。 結膜炎 結膜炎は最も頻繁に起こる目の病気のひとつです。 白目とまぶたの裏側にある「結膜」という膜で炎症を起こしてしまう病気です。 結膜炎は発症する原因によって以下のように3種類に分けることができます。 アレルギー性結膜炎:花粉、コンタクトの汚れ、ダニなどのアレルゲンが結膜に付着することで起こる• 細菌性結膜炎:黄色ブドウ球菌などの細菌の感染によって起こる• ウイルス性結膜炎:アデノウイルスなどのウイルスの感染によって起こる これらのうち、ウイルス性結膜炎は感染力が高く、人にうつることが多いです。 流行性角結膜炎(はやり目)、咽頭結膜炎(プール熱)、急性出血結膜炎(アポロ熱)もこのウイルス性結膜炎に分類されます。 瞬きのときの目の痛みとともに、以下のような症状があらわれるようであれば結膜炎ではないか疑いましょう。 目やにが多く出る• 目が腫れる• 目が痛くなる• 目がかゆくなる• 目がゴロゴロ違和感がする• 喉が痛くなる• 発熱がある ものもらい ものもらいもよくある目の病気のひとつです。 目に痛みがうする• まぶた腫れる• 充血する• 涙が多くなる このような症状があらわれたら、ものもらいになっていることが可能性が高いです。 ものもらいは細菌による感染で発症しますが、 アイメイクをする人、疲労やストレスで免疫力が低下している人、コンタクトレンズの誤った使い方をしている人が特に発症しやすいです。 また、ものもらいは感染症ですが人から人に感染することはほとんどありません。 参考: 瞬きをするときに痛みがするときの対処法 目薬をさす 目にゴミが入っていたり、目が乾燥しているときは目薬をさすことが効果的です。 特に、清涼感があるタイプや粘性がありドライアイに効果的なタイプをおすすめします。 基本的には、ドラッグストアなどで市販されている目薬を使用すれば問題ありません。 ただ、眼科を受診したときに目薬をもらった場合はそちらを使用するようにしましょう。 ただ、目薬にも用法用量はあり、使いすぎには注意しなければなりません。 使いすぎると思わぬ副作用をまねいてしまう危険性もあります。 目薬をさしたときに、いつもよりしみたり、目の周りが赤くなったりしたときは逆に使用を控えた方がいいでしょう。 目を休める 目の疲れがたまると、目が痛くなったり、目が乾燥しやすくなってしまいます。 特にデスクワークなどでパソコンの画面を1時間以上連続して見ているようなときは、目の疲れがたまりやすくなっている状態です。 遠くの景色を見たり、目の周りを優しくマッサージするなどして、5分間でも目を休めてあげるだけで目の疲労度合いかなり違います。 しっかりと目を休める習慣をつけていくといいですね。 参考: コンタクトレンズの使い方を改める コンタクトを使用している方は、コンタクトが原因となって痛みを引き起こしている可能性が高いです。 コンタクトを最近使い始めたり、種類を変えた方はコンタクトがご自身の目と合っていないことが考えられます。 また、コンタクトは用法用量をしっかり守って使用しないと思わぬ目のトラブルを引き起こしてしまいます。 特に洗浄方法と連続使用時間は守るようにしましょう。 そして、コンタクトを使っていると目の乾燥もしやすくなり角膜を傷つけてしまうこともあります。 痛みが治らない場合は、眼科を受診しコンタクトの使用を控えるようにするなどの対処が必要になるでしょう。 病院へ行く 目の痛みが激しい場合、痛みが長期間続く場合、腫れやかゆみなど他の症状も伴う場合は眼科を受診するようにしましょう。 目は私たちが生きていくうえでとても大切なものです。 少しでも不安な症状があらわれたらしっかりと病院で検査してもらうといいですね。

次の

目が痛い

瞬き すると 目の下 の 骨 が 痛い

表面がヒリヒリ痛む、奥がズキズキ痛むなど、目がどう痛むのか、また、痛みを感じる部分などによって原因は異なります。 そもそも、私たちが身体的な「痛み」を感じるのは、人間の知覚神経と呼ばれる「三叉(さんさ)神経」が、何らかの刺激を情報として脳に伝達し、脳がそれを「痛み」として認識しているためといわれています。 「目の痛み」を感じるのも同様のメカニズムで、とくに目の周辺は三叉神経が多く分布しているため、痛みが現れやすい器官といえます。 目の表面が痛い場合 目の表面がヒリヒリと痛む場合は、主にコンタクトレンズやドライアイなどによる乾燥が原因と考えられます。 「目が乾燥するだけでは痛みは生じませんが、乾燥によって目の表面を保護する涙の量が減り、角膜に傷がつくことで、角膜の表面にある上皮が剥がれ、ヒリヒリとした痛みを伴うようになります。 この症状は、医学的には『角膜上皮障害』と呼ばれており、代表的な目の病気に数えられています」(森岡先生) 目が痛いときに涙が出たり、白目が赤くなっていたりすることがあります。 これらは、痛みに対処するための防御反応として現れる症状です。 目が痛いときに涙が出る理由 涙には、目の表面を覆って外部の刺激から目を守る作用があります。 「涙には、リゾチームという抗菌作用のある酵素が含まれています。 そのため、乾燥や細菌感染など、外部からの刺激で目が傷ついたとき、目の表面を清潔に洗い流し、殺菌する効果があります。 涙は目の表面を守る役割と、目の痛みを悪化させないように守る役割を担っているのです」(森岡先生) 目が痛いときに充血する理由 目の充血は、痛みの要因を消失させるため、より多くの血液を循環させることで起こります。 「目の充血は、目の表面からまぶたの裏側を覆っている結膜を通る毛細血管の血液量が増加することで起こる症状です。 目の乾燥や表面に傷が生じると、それが刺激となって毛細血管が拡張し、大量の血液が流れます。 はやり目(流行性角結膜炎) 目の粘膜が炎症する結膜炎の中でも、伝染性の「流行性角結膜炎」は、角膜と結膜に炎症が起こり、痛みを伴う病気です。 「流行性角結膜炎は、夏場に流行しやすいアデノウイルスに角膜や結膜が感染した際に、それを排除するための免疫反応として炎症が現れる病気です。 目の表面にゴロゴロとした目の痛み、充血、目やになどの症状が現れます」(森岡先生) 角膜炎(角膜感染症) 厚さが約0. 5ミリ程度で俗に「黒目」と呼ばれる角膜に、微生物が付着して繁殖してしまう状態です。 「角膜の表面は通常、微生物の侵入を防ぐため角膜上皮という組織で覆われています。 しかし、その角膜上皮が何らかの原因で傷つくと、細菌やウイルスなどの微生物が付着して繁殖しやすくなってしまいます」(森岡先生) ぶどう膜炎(虹彩炎(こうさいえん)) 虹彩や毛様体、脈洛膜とそれに隣接する組織に炎症を起こす病気の総称を「ぶどう膜炎」と呼びます。 房水と呼ばれる水で満たされている前房と、99%が水からなる硝子体に炎症性細胞が浸潤します。 「診断しても原因不明なことが多いものの、免疫異常や細菌、ウイルスの感染などが原因になります。 目の奥に痛みと充血が現れる、視力機能が低下する、かすんで見える、まぶしく感じる、蚊が飛んでいるように見えるといった症状も起こります」(森岡先生) ものもらい(麦粒腫) ものもらいは、まぶたの毛根に常在菌であるぶどう球菌や溶連菌(ようれんきん)が詰まったり、細菌が感染したりして、免疫反応が生じてまぶたに炎症や痛みが生じる病気です。 「ものもらいになると、痛みとともにまぶたの毛根に細菌が詰まることで炎症が起こり、まぶたが腫れます。 炎症が治まると痛みはなくなりますが、目の中にしこりのようなものを感じるため、異物感が強くなります。 症状が進んで腫れた部分が自然に破れ、膿が放出されれば病状は回復します」(森岡先生) もし、上記に心当たりがあるような痛みや症状があった場合、早急に病院で適切な処置を受けることが大切です。 「目が痛いときは、基本的に目の痛みを起こす原因にアプローチする必要があります。 上記で挙げた眼痛に関しては、痛みを和らげるため、抗炎症作用のあるステロイド薬の目薬を使用することが治療の主流になっています」(森岡先生) 目が痛いときの対処法 目が痛いときに実践したい、代表的な対処法についてご紹介します。 目薬をさす 目薬をさすときは、目に生じる症状や原因によって、目薬を使い分けることが大事です。 「目を酷使したことが原因で痛みを感じているときは、眼精疲労に効果がある目薬を使いましょう。 具体的には、筋肉疲労を和らげる効果のあるビタミン剤が配合された目薬です。 また、目の乾燥やドライアイに悩んでいる場合は、涙の成分と類似の人口涙液が入った目薬、保湿効果のあるヒアルロン酸が配合されたものがよいでしょう。 痛みの原因や使うべき目薬が分からない場合は、薬剤師や医師に相談してみてください」(森岡先生) 目を温める、冷やす 目を温めたり、冷やしたりする行為は、目の痛みへの手軽な対処方法ですが、原因によっては逆効果となってしまうことがあるため注意が必要です。 「一般的には、眼精疲労による筋肉のこわばりには目を温めること、細菌感染や目の傷などで生じた炎症には目を冷やすことが効果的とされています。 ただし、痛みの原因がどちらか分からない場合は要注意です。 眼精疲労で目が痛いときに目を冷やしてしまうと、筋肉のこわばりを助長する恐れがあります。 一方、目に炎症が生じているときに目を温めると、腫れや痛みを悪化させることがあります。 目が痛いと感じたら、まずは病院で診察を受け、原因を見つけることが大切です。 そのうえで、目を温めるべきか冷やすべきか、適切な処置を選ぶようにしましょう」(森岡先生) 目を休める 目を休めることは痛みを和らげることにつながり、眼精疲労やドライアイへの対策としても有効です。 「単純に目を閉じるだけでも、目から入る外からの刺激を遮断したり、目の筋肉を休めたりするには十分です。 その際、可能であれば抗菌作用のある『眼軟膏』を塗って眼帯を装着し、そのまま眠りにつくのが望ましいです。 眼軟膏とは、下まぶたの内側に塗り、眼をつぶることで目の表面に薬剤を浸透させる塗り薬のことです。 薬剤が目の中に数時間留まるので、睡眠中にじっくりと症状を緩和させることができます。 眼軟膏は病院で処方されるものなので、まずは検査を受け、医師に相談の上、使用するようにしましょう」(森岡先生) 主にドライアイや眼精疲労などによって引き起こされる目の痛みは、早めに病院で診察、治療を受けることが大切です。 目の痛みの原因を理解してから、今回ご紹介した対処法を実践してみてください。

次の

目が痛い

瞬き すると 目の下 の 骨 が 痛い

目の下のくぼみが痛いのは病気?• 目の下のくぼみが痛い時に疑われる病気• 目の下のくぼみが痛いのは眼精疲労!? 目の下は骨の無い部分があるので、年を重ねるとくぼんでくることがあります。 「老化現象だから仕方がない」と諦める前に、アイクリームで美容成分を補給したり、サプリメントで体の内側からケアすれば、十分に回復が見込めます。 ただ 「目の下のくぼみが痛い」という場合は話は別です! 強くぶつけたりした記憶も無いのに、目の下のくぼみが痛かったり重く感じるようなことがあったら、病気の可能性も否定できません。 年を取ると色々な部分に痛みが出ることがあります。 特に膝や肩、首などに痛みが出る人が多いようですが、目の下のくぼみが痛いというのは原因が別にあることも。 目の周りは色々な神経が走っており、皮膚も薄くて敏感な部分です。 また目の下の痛みというのは具体的に皮膚が痛いのか?骨が痛いのか?それとももっと奥が痛いのか?微妙に分かりにくいこともあります。 では目の下のくぼみが痛くなるのはどんな場合なのか? 可能性のある病気と、その対処法についてご紹介したいと思います。 参考程度に考えていただき、改善するには病院で診断してもらうことをオススメします。 目の下のくぼみが痛い時はこんな病気の可能性がある! 目の下のくぼみが痛くなる原因として、最も多いのが眼精疲労ではないでしょうか? 目が疲れ過ぎてしまうと目の下のくぼみの奥の方に痛みを感じることがあります。 これは現代病の一種ともいえるもので、パソコンやスマートフォンが普及し、生活には無くならないものになったことの弊害です。 パソコンが使えないと仕事にも影響が出るので、子供のうちから習わせる人も多いですし、授業にパソコンを取り入れている学校もあります。 そのせいか眼精疲労を訴えるひとが増えてきているようです。 ちなみにこの眼精疲労、実は目の下にしわを作ってしまう原因ともなるんだそうです。 ずっと同じ姿勢で液晶画面を見続けることから猫背になりがちなこともありますが、表情筋もあまり動かさないことから筋力が低下しがちなんですね。 最近、学生でも目の下にしわを作ってしまう人がいるそうですが、これは眼精疲労に一因があるとも言われています。 目の下のしわにはアイクリームが有効といいますが、この場合はまず目の疲れを癒すことが先決。 適度に目を休めたり、ホットアイマスクで血行を良くしたり、目にいいサプリメントを摂るのもいいですね! 眼精疲労にはブルーベリーが効果的と言われていますが、個人的には アサイーベリーがオススメです。 痛みが酷い場合には眼科を受診すべきですが、結果的には生活習慣の見直しを迫られます。 自己判断で対処せず、まずは病院に行きお医者様に相談しましょう!.

次の