マイクロ アスター。 マイクロクラスター最前線!黒い噂と選択すべき水素サプリ

アスターの花言葉や誕生花・特徴・由来・英名など一挙紹介!

マイクロ アスター

アスターの土 アスターを育てるときは、酸性の土は避け、水はけの良い中性の土を用意しましょう。 またアスターが連作障害を起こさないために、鉢植えの場合でも一度アスターを育てた土は使わず、新しい用土を用意するようにしてください。 日本の土は酸性のものが多いため、庭植えや地植えの場合は事前に石灰を混ぜ込むなどして酸度調整を行う必要があります。 同時に腐葉土を混ぜ込むことで、水はけを良くするようにしましょう。 鉢植えの場合は、市販の培養土であれば中性のものがほとんどであるため、そのまま使うことができます。 ブレンドで用意する場合は、赤玉土と腐葉土を6対4の割合で混ぜ合わせておきましょう。 アスターの植え替え・植え付け・種まき アスターの苗を植え付ける際は、苗の間隔を15cm以上あけるようにしてください。 植え付け時期としては3月〜5月頃が適しています。 アスターを種まきから育てる場合、種をまく適期としては春と秋の2つがあります。 秋に種をまいた場合は、春まきよりも少し早めに開花しますが、冬越しが必要となり少し難しいため、はじめての方は春まきから育てる方がいいでしょう。 用土に水分を含ませておき、種を土にまいたあとは軽く土を上から被せ、土が乾燥しないように水を与えます。 本葉が4〜5枚程度になれば、庭や鉢に植え付けることができるでしょう。 アスターの増やし方 アスターの育て方で注意すべき病気・害虫 夏に花を咲かせるアスターは、病害虫が発生しやすい植物でもあります。 特に立ち枯れ病には注意する必要があります。 連作障害のほか、高温多湿の環境が続くと発生しやすくなります。 また、酸性の土壌でも発生することが多いため、しっかりと石灰を混ぜ合わせるなどして酸度調整を施しておきましょう。 症状が進むと成長が止まってしまい、周りの植物へも感染する可能性が高いので、確認した場合は早めに切り取ったり、薬剤を使用して対策をしましょう。 そのほかにもアブラムシやウリバエなど、害虫の被害を受けることもあります。 害虫によっては葉やつぼみを食べられたり、病原菌を持ってきたりするため、こちらも見つけ次第早めに捕殺や薬剤で駆除を行うようにしましょう。 アスターの管理温度 アスターの種類・品種 アスターは中国の北部が原産地とされていて、キク科カリステフス(エゾギク)属の植物です。 和名ではエゾギク、英名ではチャイナアスターと呼ばれています。 アスターはもともと宿根アスターなどと同じアスター属の植物でしたが、現在では違うカリステフス属の植物とされています。 一般的にアスターというと、一年草であるカリステフス属のものを指すことがほとんどです。 18世紀頃に日本やヨーロッパへ伝わり、園芸用として品種改良が行われてきた植物です。 赤や青、白といった豊富な色があるだけではなく、一重や二重、ポンポン咲きなど形や大きさまで品種によって細かく異なっており、さまざまなバリエーションを楽しむことができます。 日本で改良された品種には、茎の先でほうきのように枝が分かれる「ほうき立ち」、欧米やヨーロッパで改良されたもので根元近くで枝が分かれる「枝打ち」など、バリエーション豊富です。 代表的な園芸品種としては「セレネ」や「あずみ」、「シャギーディープローズ」や「ステラ」などがあります。 小さな花が集まるようにして咲くのがアスターの特徴ですが、「シャギーディープローズ」や「マッシュラベンダー」などは花径が8cmほどある大輪の品種です。 アスターの花言葉 アスターの花言葉は、花の色によっても異なります。 アスター全体に共通した花言葉には、「変化」や「同感」「追憶」といったものがあります。 「変化」はアスターが品種改良によって花の形態が増えていったことや、豊富な色の花を咲かせることが由来となっています。 また、仏花や切り花としても使われることが多いことから、「同感」や「追憶」といった過去を思い出したり、他人と気持ちを共感させるといった意味も生まれたとされています。 花占いに使われることもあるためか、花の色別では恋愛や信じる心に関する意味を持つ花言葉も多くあります。 白い色のアスターには「私を信じてください」、ピンク色には「甘い夢」、紫色には「恋の勝利」、青色には「信頼」や「信じているけど少し心配」といった意味があります。 花言葉の意味を込めてプレゼントとして渡す際は、贈る相手や関係性によって色を選ぶといいでしょう。 アスターの由来 もともとは原産地である中国で自生している花でしたが、18世紀にはカトリック神父がパリの植物園にアスターが贈られたことで、ヨーロッパでの品種改良が始まり、広く普及しました。 日本へは江戸時代中期頃に伝えられたとされており、ヨーロッパや他の国々と同じように、品種改良が加えられるようになりました。 日本で生まれた園芸品種には「ほうき立ち」と呼ばれる、茎の上部で枝が分かれボリュームのある花を咲かせることが特徴の花があります。 夏の時期に見頃を迎え、花の形が菊に似ていることや、枯れた後も散らばらず辺りを汚さないといった理由から、日本ではお盆の時期などにお供え用の花として広く使われています。 アスターはもともとはアスター属の植物でしたが、宿根アスターなどとは違う種類と分類され、現在、一年草のアスターはキク科のカリステフス(エゾギク)属となっています。 カリステフスという属名は、美しい冠という意味の言葉で、原産地が中国であることから、英名では宿根アスターと区別するため、チャイナアスターとも呼ばれています。 「アスター」はギリシア語が由来となっており、「星の形」という意味があり、これは花の形が星に似ていることからつけられたとされています。 アスターの和名である「蝦夷菊(エゾギク)」は、花が菊の形に似ており、北の地方や北海道の古称である蝦夷のような寒冷地域でよく育つことからつけられたという説と、江戸菊という言葉が変化したものという2つの説があります。 アスターの花をお庭で育ててみよう! 豊富な品種を持つアスターについて、今回はご紹介しました。 アスターは花の色が豊富で、咲き方や大きさにもさまざまなものがあるため、自分の好みに合わせて選ぶことができる花です。 また、花の数が多く、ひとつの株だけでもボリュームのある花なので、いくつか種をまくだけでも夏の花壇や庭を綺麗に彩ってくれるでしょう。 ガーデニングとしてだけではなく、お供えものや切り花など、様々な使い方ができるのもアスターの魅力のひとつです。 ただし、連作を嫌う植物なので、毎年続けて育てる際は植える場所を変えたり、土を入れ替えるなどして対策するようにしましょう。 ぜひ一度育ててみてはいかがでしょうか。

次の

マイクロクラスター(フラナガン水素)の水素サプリに効果は期待できる?

マイクロ アスター

スポンサーリンク アスターの播種時期はいつ? アスターの花を咲かせるための播種時期は、品種でちょっとずつズレますが、 春まきは3月~6月で開花時期は7月~9月、秋まきは、冬を越せる暖地のみですが9月~11月にまいて翌年の5月~7月に花を咲かせます。 こちらでは、アスターはお盆の時以外は売れづらいので、お盆に咲くように種まきします。 けれど、8月のお盆ぴったりに花を咲かせるための種まき時期って結構難しいです。 今まで何度も、直売所にアスターを出している先輩方に聞くと4月20日が適期みたいです。 お盆が終わると、さっぱり売れなくなるので、少し早目の4月10日に種まきしました。 松本以外の地方では、アスターはお盆に飾るものという意識はそんなにないので、 3月~6月のいい時期に、種まきするといいです。 アスターの種まき 1、まず、土を用意します。 私は、JAで注文した土をブレンドしますが、ホームセンターで売っている 野菜栽培用のブレンドされている土でもいいと思います。 2、園芸培土3に対して、みのり堆肥を1の割合でよく混ぜます。 3、土をセルトレーに詰めます。 4、全体にジョロで水を撒きます。 5、1つ1つのマスの中央に少し穴を開け、種を1粒ずつまいていきます。 種がとても細かいので、注意してまいてください。 この後、薄く土をかけます。 霧吹きなどで、湿らせておきます。 スポンサーリンク アスターの植え付けってどうやるの? 種まきから約1ヶ月後、1回目にまいたアスターの本葉が4,5枚になったので、苗を畑に植えつけました。 3通り植えるつもりですが、今回は1通りも埋まりませんでした。 2度目にまいたアスターに期待です。 アスターの植え付け 1、まずは土づくりから。 畑に堆肥をまいて起こします。 その後、苦土石灰をまいて1週間置き、肥料をまいて1週間、畝を作ってマルチを張ります。 畝の作り方は、こちらを参考にしてください。 マルチの張り方はこちら 2、アスターを植えるマルチは、5通り穴あきのマルチです。 3、植える穴に、水を注ぎます。 4、アスターをトレーから出して、シート抑えなどで穴を開けつつ植えていきます。 5、5列中3列だけ植え終わりました。 アスターに連作障害はあるの? アスターには、連作障害があります。 ずいぶん前、おばあちゃんが畑をやっている頃、アスターの連作障害のことを知らなくて、翌年も同じ場所にアスターを植えたことがあります。 30cmくらいに育ったアスターが、次々枯れていきました。 何か病気かと思ってたところ、お友達から連作障害のことを聞きました。 アスターは、7年は同じところに植えてはいけないと言われました。 連作障害を防ぐには、土壌消毒などがありますが、一般的にはそこまでやらないです。 野菜などは接木を使うという方法もありますが、アスターの場合それもできないので、 毎年植える場所を変えるということが1番現実的です。 家では、毎年野菜を植える場所を決めてから、畑を始めます。 特に、ナス科の野菜とアスターは同じ場所に植えないように気をつけます。 家庭菜園の場合は、場所を変えて行くのが1番いいと思います。 まとめ アスターの種まきと、植え付けについてまとめました。 これからどんどん大きくなって、お盆には綺麗な花を咲かせてくれると思います。 成長途中の管理や、切花の方法なども、時期になったら紹介しますね。 参考にしてみてください。

次の

アスター・マイクロアスターカテゴリトップ|種(タネ),球根,苗の通販はサカタのタネ オンラインショップ

マイクロ アスター

アスターの記録 2009年2月25日〜 マイクロアスター ステラミックス サカタのタネ 生産地 中国 2月25日 種まき。 36連トレイの1区画に1粒ずつ 計36粒種まき。 トレイは室内に保管。 なお同時にブルーレースフラワーの 昨年の余りの種37粒もまいた。 ブルーレースフラワーは 結局発芽せず。 3月8日 発芽の兆し。 3月9日 発芽。 3月11日 双葉が展開。 三枚葉の中心にもかすかに本葉が見える。 3月19日 本葉。 4月1日 本日より室内から外に出した。 22株ポット上げ。 茎の色が茶色のものや白っぽいものがある。 4月12日 ポット上げ。 22株ポット上げ。 残りはトレイに2株。 4月29日 苗の数は23株。 36粒種まき。 2月種まき分、23株。 5月17日 追加種まき。 36連トレイの1区画に1粒ずつ 計36粒種まき。 トレイは屋外。 まず6株定植。 5月18日 2月種まき分の定植開始。 2月種まき分の苗の数は23株。 5月22日 5月種まき分の発芽。 5月28日 5月種まき分の本葉。 まず12株ポット上げ。 早いもので本葉4枚。 2月種まき分はまだ花芽が見えない。 6月6日 5種まき分のポット上げ。 まず12株ポット上げ、 残りはトレイに19株。 一番低い苗に蕾。 白または黄色のようだ。 一番最初に定植した苗は高さ40-50cm になっているが蕾はまだ見えない。 5月種まき分の定植開始。 苗の数は29株。 7月1日 2月種まき分に蕾。 7月5日 2月種まき分の開花。 5月種まき分。 2月種まき分の最初に開花したのが枯れた。 8月5日 5月種まき分の蕾。 アスターは定植してからも 枯れる苗が多い。 感触としては2割ぐらいが枯れて いるが、原因は不明。 水のやり過ぎによる根腐れかも?

次の