スピリタス エタノール。 エタノールやウォッカでアルコール除菌スプレーを自作!手指消毒用アロマスプレーの作り方!

[B! 医療] 消毒用アルコールが手に入らない→医療関係者のお墨付き得てスピリタス(96度のウォッカ)を70度に薄めて使用

スピリタス エタノール

前にスピリタスについて書いた記憶があるのですが そのころは単純に高アルコールで割って飲むにはコスパがイイ、程度の話だったかと思います。 昨今のコロナウイルスでのエタノール製剤不足から「高アルコールの酒」もエタノール除菌液として使用するという方も増え、案の定欠品が相次ぎ転売されるという、スピリタス常飲派としては寂しい限りの昨今です。 しかし、菊 水酒造の「アルコール77」を口火に、 酒造メーカーも殺菌対応濃度の高アルコールスピリッツを続々と発売しています。 また、国も醸造アルコールを消毒用に転用を認める 特例を出し、サントリーなど大メーカーも医療機関向けに酒造メーカー製エタノール製造を本格化させているそうです。 ちなみに国としては「家庭での高アルコール飲料による除菌は推奨せず、ちゃんとしたアルコール製剤か、せっけんによる手洗いを。 意訳 」ということですが、これは感染リスクが常に存在する医療機関へ優先供給させるための一言かと思います。 さて、本題に戻って。 我が家もご多分に漏れずエタノール消毒液がついに底をついてしまったので、ストックしていたスピリタス様にご登場を願った次第であります。 どのくらい薄めればいいかというと、市販の健栄製薬の消毒用エタノール IPは 76. 9~ 81. 欠品すると 本当に必要な方に届かなくなる恐れがあります。 水道水、あるいは浄水で十分です。 それがしっとりさせているのか、脱脂もされているにはされているのですが、エタノール製剤での拭き取り後より、何かが残っている感じは明らかにあります 手触りがコキコキする。 手指に使用する場合には逆にいいかも!? また、昨今の酒造メーカーによる殺菌対応の高アルコール製品の使用感はわかりませんが、おそらく余計な添加物は排除していると思うので、より消毒用エタノールに近いのかな、と思われます。

次の

エタノール・ウォッカのレシピ

スピリタス エタノール

でも、それよりも手に入らないのが「殺菌・除菌スプレー」ではないでしょうか。 有名どころで言えば、 「手ピカジェル」などですが、今はほぼ手に入りせんよね。 マスクよりも「手洗いや殺菌」が重要というのはみんな分かっていますが、 売ってないのでどうしようもないという人も多いのではないでしょうか。 転売して儲けようとかではないので、安心して最後まで読んで頂いて少しでも、お役に立てると嬉しいです。 今回オススメする商品をご自分でアマゾンや楽天で検索し検討してくださいね。 お詫びと訂正 コメントにて色々な情報をいただきありがとうございました。 ご紹介しておりました燃料用アルコールには メタノールが含まれていない事が確認できました。 しかし、 同商品でも 別のシリーズでは含まれている商品もありますのでご注意ください。 本当にありがとうございました。 手指に使えるアルコール消毒の代用「バイオエタノール」 はじめに、確認になりますが、コロナウイルスに最も効果があると言われているのは エタノール系の消毒用アルコールです。 正確には殺菌ではなく 不活性(死んだ状態にすること)にできます。 エタノールとはアルコールの成分です。 エタノールの他に メタノールなどもありますが、 これは大量に吸ったりすると有毒なのでに間違えないようにしてください! 消毒液の品薄が続くなか、アルコールで自作をしようと考えているあなた。 絶対に間違えてはいけないのが、「エタノール」と「メタノール」。 知っておいてほしいアルコールのトリセツをまとめました。 バイオエタノールとは この植物を発酵させて作られたエタノールの事です。 バイオエタノールの主な原料はとうもろこしやサトウキビなど発酵させたものなので、 人体には害はありません。 (もちろん飲むお酒と同様の害はあります) 私たち人間が飲む お酒のアルコールも発酵工程を経て作ったものなので、言ってしまえば 「バイオエタノール」です。 06 もぎたてコーン トウモロコシはイネ科の一年生植物。 穀物として人間の食料や家畜の飼料となるほか、デンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要。 世界三大穀物の一つ。 多くの国ではコーンはトウモロコシを指すが、イギリスではトウモロコシを メイズとよぶ — カフェ awtgd42jd なので手指の殺菌にも代用可能という事です。 効果は劣ります。 あくまで代用です。 手指の殺菌の用途では開発されていないので保湿や 代用可能なものは?• LINDEN リンデン 液体燃料 除菌もできる燃料用アルコール• お酒の「スピリタス」 アルコールストーブの燃料兼除菌も出来るリンデンの燃料が凄い。 アルスト使いのキャンパーにおススメ。 燃料に良く使われるメタノール系ではなく消毒剤に使われるエタノール系😊 緊急時にどちらでも使えると、パッキングスペース節約出来て便利です😆 — *樞師 Snowfreak2 【度数96度】新型コロナ拡大で「スピリタス」が品薄に 消毒用アルコールが入手困難なことから需要が増加。 消毒効果について、アルコール協会は「一定の効果は見込めるが推奨できない」としている。 これは濃ければ濃い方が良いという訳ではありません。 濃度が高すぎるともちろん匂いがきつくなります。 そして、 何よりも一番は効果が出る前に蒸発(気化)してしまう事です。 これを精製水で少し濃度を薄めて手指の殺菌に使えば、殺菌アルコールとして代用できるという事です。 あくまで代用品という事でご紹介しております。 番外編 穴場 いろいろリサーチしたり自分の足でお店を回ったりした結果、手に入る確率の高い商品を発見したのでひっそりと共有します。 結論からズバリ言うと 「業務スーパー」の「 除菌アルコール78」です。 業務スーパーは色々ありますが、 この緑の看板の業務スーパーです。 業務スーパー 看板出てたー。 しかもアルコール除菌スプレーが手に入らないこの状況で、 在庫が積まれている状態を複数回みました。 なぜこの状況下でも在庫があるかという理由をまとめると• 業務スーパーの専売品である• ネット販売はしていない• 生産・出荷はし続けており、定期的に入荷する 工場フル稼働で生産してる商品が業務スーパーという極々限られた店舗だけにしか入荷しないので、必然的に在庫がある確率は高くなります。 当商品は業務スーパー様へのみ納品している商品です。 他店舗・ネット販売は一切しておりません。 当商品は「食品やまな板等の除菌・保存」目的でご使用いただける商品です。 使用用途以外でのご使用は絶対にしないでください。 入荷時期に関して 工場はフル稼働で日々生産・出荷を続けております。 業務スーパー様へは、定期的に入荷しておりますが、入荷してもすぐに完売という状況が続いております。 また、弊社では店舗ごとの具体的な納入日までは判りかねます。 お客様へは除菌アルコール78の欠品でご迷惑をお掛けしており、誠に申し訳ございません。 一部、取り扱いがない店舗もあるようなので確認してみて下さい。 近くに業務スーパーがある人は定期的に日用品のゾーンをのぞいて見ると入荷のタイミングに出会えるかもしれません。 手指殺菌消毒に代用できるバイオエタノールまとめ• LINDEN リンデン 液体燃料 除菌もできる燃料用アルコール• スピリタスというアルコール濃度の高いお酒がある• 業務スーパーの除菌アルコール78• 人体には基本的に害はない• 一定の効果は見込めるが、推奨はしていない。 あくまで代用品• あくまで、 市販されている手指消毒アルコールがどうしても手に入らない場合の代用品です。 手にはいれば手指殺菌用として販売・開発されているものが一番いいですし、経済的です。 一定の効果はあるが、「推奨できない」と言われていますのでご注意下さい。 扱う際は火気にもくれぐれも気をつけて下さい。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

[B! 医療] 消毒用アルコールが手に入らない→医療関係者のお墨付き得てスピリタス(96度のウォッカ)を70度に薄めて使用

スピリタス エタノール

スーパーで「消毒液」として使えると宣伝したら? アルコール度数96%のポーランド産の酒「スピリタス」は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って消毒用アルコールが品薄になると、消毒液に代用できるという噂が広がり、こちらも品切れになる店舗や通販サイトが出てきた。 本当に消毒効果があるのかについては、2020年2月25日にエチルアルコール(エタノール)などの普及・研究等に従事する一般社団法人アルコール協会に取材すると、「一定の消毒効果は見込めるが、推奨はできない」という見解を示していた()。 こうした中、スーパーの店頭でスピリタスに「消毒液としてもご使用いただけます」という宣伝のカード(POP)をつけて、販売している写真が2月25日~26日にかけて、ツイッターに複数投稿された。 これは関東地方を中心に展開するスーパーマーケット「オーケーストア」で撮影されたものだったが、具体的な店舗の場所などは投稿されていない。 しかし、本来手指などの消毒に使われるアルコール消毒液には薬機法により「医薬品」と定められ、販売に許可や届出が必要なものもある。 それと同様の効果が得られると宣伝してスピリタスを販売する場合、法的な問題点はないか。 弁護士法人・響の坂口香澄弁護士に専門的な見解を聞いた。 坂口弁護士はまず 「病気の治療や予防に役立つ効果効能を目的とする物は、薬機法上は『医薬品』とみなされ、これを製造・販売するには厚生労働大臣の承認を得る必要があります。 そのため,普通のお酒であっても、消毒に使える!として販売すると,そのお酒は『医薬品』になるので,厚生労働大臣の承認が必要です」 と解説する。 オーケーはすでに撤去 さらに、 「そうした承認を受けないまま、病気の治療や予防をうたって広告することは、承認前の医薬品等の広告(薬機法68条)として禁止されています。 したがって、スピリタスなどのアルコール度数の高いお酒を、消毒液として販売することは、薬機法違反になります。 これは『消毒にも使える!』などと感染予防効果をほのめかすだけでも同様です」 と話し、ツイッターにアップロードされた写真の売り方が薬機法に抵触する可能性を示唆した。 前出のアルコール協会も、希釈したものを消毒液と称して販売したりすれば、薬機法違反となる恐れもあると取材に答えている。 もし本当に薬機法違反であった場合、同法85条5号により2年以下の懲役、200万円以下の罰金又はその両方という刑事罰が規定されていることも坂口弁護士は指摘した。 20年2月28日にJ-CASTニュースはオーケー株式会社にこの件を把握しているかどうかについて取材を行ったところ、確かにそのような売り方をした店舗があったことは認め、また既にPOPは取り下げているとのことだったが、店舗の数や場所については回答を控えた。

次の