筑前 煮 クックパッド。 味がしみしみ!「筑前煮」を美味しく作るための3つのポイント

母のありがたさが身に沁みる!日本酒に良く合う「筑前煮」【数字のないレシピたち Vol.9】

筑前 煮 クックパッド

鶏肉がパサパサになりやすいのはなぜ? 煮物やスープなどによく入っている鶏肉。 豚肉や牛肉に比べて、なぜかパサついた感じがしませんか? 牛肉や豚肉など、肉は煮込むほど柔らかくなるイメージがありますが、実は鶏肉は脂が少なく、水分たっぷり。 調理されることで水分を失いやすいため、パサパサになりやすいのだそう。 だからこそ美味しく食べるためには、ちょっとしたテクニックが必要なんですね。 料理のプロのスゴ技を紹介! 12月25日放映のNHK「あさイチ」では、毎年100人分のおせちを作るという料理研究家の堀江ひろ子さんが 「いり鶏」の鶏肉をパサパサにしない2つのポイントを紹介していました。 早速、ここでちょっとリポートしたいと思います。 さすがプロのテクニック!勉強になりますよ。 その際、鶏肉を煮た煮汁を入れるのが重要。 そうすることで鶏肉の旨みが野菜にもたっぷり染み込みます。 「いり鶏」の主役・鶏肉は、なんと最後に加えるだけ! 野菜と鶏肉を別々煮ることで、どちらも柔らかく美味しく仕上がるのですね。 ちょっとした工夫ですが、これはやってみる価値がありそう。 クックパッドにも「いり鶏」のレシピがたくさん。 今回は鶏肉がパサパサしないことに注目したレシピをご紹介しましょう。

次の

「絶対に失敗しないホワイトソース」でクリーム料理の達人になる【急に料理が得意になる方法 vol.5】

筑前 煮 クックパッド

料理上達の近道は人に教えること!? ーー料理を始めたきっかけを教えてください! 今から8年前、結婚を機に料理に興味を持ち始めました。 妻の家族が料理一家だったので、自然と料理に興味を持つようになったという感じですね。 それで、「やるからには一定レベルになりたい」と思い、クックパッドへの投稿を始めました。 ーー実際に投稿してみて、いかがでしたか? よく「上達の近道は人に教えること」と言いますが、クックパッドはそれに近い感覚で、 人にレシピを教えながら自分も成長できる場だなと思います。 始めてすぐのころに投稿したレシピは、正直、質が良くなかったので、実はちょいちょい更新して精度を高めています(笑)。 あと、前々職がミュージシャンだったこともあり、もともと「発信すること」が好きだったのかもしれません。 理系男子ならでは!? ただ、大きな考え方の部分は嫁家族から教わったことが大きいです。 例えば、和食レストランのシェフである従姉妹の旦那さん曰く「プロとアマの差はソースにある」と。 要は、 調味料に頼った味付けではなく、食材自体の味をいかに料理に組み込むのかということ。 今ではすっかり料理のおもしろさにはまり、レシピ開発などのお仕事もするようにもなりましたが、この言葉は僕の料理の礎になっています。 ーー料理がうまくなるためのコツを教えてください! 調理工程の「意味」を考えることでしょうか。 例えば「肉じゃが」のレシピを覚えたとしても、調理工程の「意味」を理解していないと、近しい料理である「筑前煮」の作り方への応用ができないことが多いと思うんです。 これでは最短で、飛躍的に、料理上手にはなれないと思ったわけです。 そこで僕は科学の視点を利用して「材料は同じ、テクニックも不要、だけど圧倒的においしく作れる」レシピを研究することにしました。 男性の好きが詰まったおすすめレシピ ーーそんなこじまぽん助さんがおすすめする料理を教えてください! 男性におすすめなのは「調理工程の意味を考えながら」作ることです。 特に理系男子は! ということで、難易度別に、3つのレシピをご紹介します。 面倒だけど超旨い作り方はこれ! 揚げて、焼いて、炒めて、蒸して、ちょっとだけ煮る。 面倒なようですが、このレシピをマスターすれば、あらゆる煮込み料理が上手に作れるようになります。 コツは、「ごぼうをカリカリに揚げる」「肉をしっかり焼く」「エチュベで素材の旨味を抽出する」の3つです。 豚キムチですね。 とにかく誰かからの 「おいしい」をたくさんもらえるようにすることですかね。 やっぱり自分が作ったものを人に評価してもらえるとうれしいじゃないですか。 そして、1番大切な調理工程は「食べてくれる人のことを考える」ことです。 そうすれば、自ずと「おいしく作らざるを得なく」なりますから。 あとは、いつも完璧に作ろうとするのではなく、 たまにテキトーに作ること。 本気の時は本気で、テキトーな時はテキトーで。 同じ料理でも、そういう気持ちの差から、発見できることがあります。 僕のレシピは一部抜けても一定以上の味になるように構成してるので、テキトーに作ってもおいしく作れますよ!ぜひ参考にしてみてください。

次の

味がしみしみ!「筑前煮」を美味しく作るための3つのポイント

筑前 煮 クックパッド

料理上達の近道は人に教えること!? ーー料理を始めたきっかけを教えてください! 今から8年前、結婚を機に料理に興味を持ち始めました。 妻の家族が料理一家だったので、自然と料理に興味を持つようになったという感じですね。 それで、「やるからには一定レベルになりたい」と思い、クックパッドへの投稿を始めました。 ーー実際に投稿してみて、いかがでしたか? よく「上達の近道は人に教えること」と言いますが、クックパッドはそれに近い感覚で、 人にレシピを教えながら自分も成長できる場だなと思います。 始めてすぐのころに投稿したレシピは、正直、質が良くなかったので、実はちょいちょい更新して精度を高めています(笑)。 あと、前々職がミュージシャンだったこともあり、もともと「発信すること」が好きだったのかもしれません。 理系男子ならでは!? ただ、大きな考え方の部分は嫁家族から教わったことが大きいです。 例えば、和食レストランのシェフである従姉妹の旦那さん曰く「プロとアマの差はソースにある」と。 要は、 調味料に頼った味付けではなく、食材自体の味をいかに料理に組み込むのかということ。 今ではすっかり料理のおもしろさにはまり、レシピ開発などのお仕事もするようにもなりましたが、この言葉は僕の料理の礎になっています。 ーー料理がうまくなるためのコツを教えてください! 調理工程の「意味」を考えることでしょうか。 例えば「肉じゃが」のレシピを覚えたとしても、調理工程の「意味」を理解していないと、近しい料理である「筑前煮」の作り方への応用ができないことが多いと思うんです。 これでは最短で、飛躍的に、料理上手にはなれないと思ったわけです。 そこで僕は科学の視点を利用して「材料は同じ、テクニックも不要、だけど圧倒的においしく作れる」レシピを研究することにしました。 男性の好きが詰まったおすすめレシピ ーーそんなこじまぽん助さんがおすすめする料理を教えてください! 男性におすすめなのは「調理工程の意味を考えながら」作ることです。 特に理系男子は! ということで、難易度別に、3つのレシピをご紹介します。 面倒だけど超旨い作り方はこれ! 揚げて、焼いて、炒めて、蒸して、ちょっとだけ煮る。 面倒なようですが、このレシピをマスターすれば、あらゆる煮込み料理が上手に作れるようになります。 コツは、「ごぼうをカリカリに揚げる」「肉をしっかり焼く」「エチュベで素材の旨味を抽出する」の3つです。 豚キムチですね。 とにかく誰かからの 「おいしい」をたくさんもらえるようにすることですかね。 やっぱり自分が作ったものを人に評価してもらえるとうれしいじゃないですか。 そして、1番大切な調理工程は「食べてくれる人のことを考える」ことです。 そうすれば、自ずと「おいしく作らざるを得なく」なりますから。 あとは、いつも完璧に作ろうとするのではなく、 たまにテキトーに作ること。 本気の時は本気で、テキトーな時はテキトーで。 同じ料理でも、そういう気持ちの差から、発見できることがあります。 僕のレシピは一部抜けても一定以上の味になるように構成してるので、テキトーに作ってもおいしく作れますよ!ぜひ参考にしてみてください。

次の