格安sim データ移行。 格安SIMに乗り換えたら電話帳はどうする?移行方法をパターン別に解説!

SIMフリーのスマホ機種変更の方法 lineやデータ移行はどうするの?

格安sim データ移行

みなさんは、何らかの理由で携帯端末を買い換える際に「データ移行の手続きが分からない」とか「面倒くさいからいいや」と思われることが多いのではないでしょうか? ですが、新端末へのデータ移行はきちんと理解できれば極めて便利な機能なので、上記のように考えている人のためにデータ移行の方法について詳しく解説します。 ただし、現在使用している「docomo」や「au」のiPhoneを、対応する格安SIMでそのまま使う場合には、データ移行を行う必要はありません。 あくまでも、格安SIMへの乗り換えなどに際してiPhoneを新しく購入し、その新端末の中に旧端末のデータを移す場合を想定して話を進めていきます。 なので、具体的には「今までガラケーを使っていた」「旧端末が時代遅れの性能となった」などの理由で端末を新規購入する場合で考えていきます。 ここでは、iPhoneの初期設定についてと、iPhoneへのデータ移行の具体的な方法を、移行元の端末の種類(iPhone・Android)別に解説していきます。 また、それぞれの方法における注意点についても解説していきます。 iPhoneの「初期設定」と「データ移行」にはWi-Fi環境が必要なの? まず、使用する端末の他に「Wi-Fi接続」が出来る環境であることが望ましいです。 もちろん、他の方法もありますが、Wi-Fi接続が可能な状況であることや、パソコンが使える状況である場合には何かと便利です。 Wi-Fi接続が利用できない場合だと、例えば「テザリング」という機能を使ってデータ移行の準備ができます。 これならば、Wi-Fiやパソコンがなくても問題ないのですが、親機のデータ通信量が問題となります。 テザリングで利用したデータ通信に際しては、親機の通信量に上乗せされます。 使い放題のプランで契約していない場合だと、高速通信の通信量制限に関わってきます。 加えて、データ移行に際しては下手をすれば10GB以上の大容量のデータ通信を行うことになる可能性もありますので、テザリングを利用してのデータ移行はあまりおすすめできません。 できれば、別の方法を模索してもらいたいですが、どうしてもWi-Fi接続環境下にない自宅でのデータ移行を考えている場合であれば、選択肢としては仕方がないのかもしれません。 ですが、外出できるというのであれば「セブンスポット」を利用するという方法があります。 これは、セブン-イレブンが提供している無線LANサービスであり、事前に登録しておく必要はありますが無料で利用することができます。 また、セブンスポット以外にも無料で無線LANサービスを利用できるところもありますので、近くにセブン-イレブンがないという場合にはお近くの施設で無線LANが利用できないかどうか、事前に登録が必要なのかどうかをきちんと確認しておきましょう。 初めてiPhoneを使う場合 もしも、今までiPhoneを利用したことがないというユーザーの場合は、最初に「Apple ID」を取得しておくことをおすすめします。 というのも、iPhoneを便利に利用するためのアプリの購入や、バックアップをとるためにもApple IDを利用することになるからです。 あらかじめIDを作成しておきましょう。 Apple IDを作成したら、iPhoneの電源を入れます。 基本的に、画面に表示された指示に従って設定を進めていきます。 その際、先ほどのApple IDが必要になります。 また、他にも「パスコード」の作成の手順になる部分もありますが、追加する場合には控えておくなどしてパスコードを忘れないようにしておきましょう。 ただし、電源を入れて最初に表示されるものが「ロック画面」の場合には、新品の初期設定よりは楽に進められます。 まず、ロックを解除してからWi-Fi接続を行い、Apple IDの設定を行います。 具体的には「設定」から「Wi-Fi」、「ネットワーク」の順に操作をしてWi-Fi接続を行います。 その後、設定から「iCloud」で、作成したメールアドレスとパスワードを入力してサインインします。 ここでは、具体的なデータ移行方法と、その際に注意すべきポイントなどについて解説していきます。 これはある程度の期間でアップデートが行われますので、最新のOSが入っている新品端末と、バージョンアップしていない旧端末ではiOSのバージョンが違っている可能性もあります。 ですが、iOSのバージョンは揃えておくことが必須となります。 なぜなら、iOSのバージョンが異なっていると、データ移行後の不具合が起こる可能性があるからです。 データ移行自体は行えるのですが、バージョンが異なっているとLINEの履歴が消えてしまったり、アプリの内容が正確に反映されない可能性があります。 なので、旧端末と新端末のiOSのバージョンは事前に揃えておく必要があります。 iOSのソフトウェアアップデートの方法 iOSのバージョンが違う場合、アップデートを行って最新のバージョンに変えておく必要があります。 その際には充電器に接続した状態で行うか、十分な充電量の状態でアップデートを行う必要があります。 アップデートの途中で充電がきれてしまうと、正しくアップデートすることができません。 さて、充電問題が解決できたら、いよいよアップデートを開始しましょう。 まず、設定アイコンをタップして「一般」をタップします。 次に「ソフトウェアアップデート」をタップし、「ダウンロードとインストール」と表示されればその部分をタップします。 利用規約を確認してから「今すぐインストール」をタップします。 その後、端末の再起動を行いますので、再起動後にアップデート完了の表示が出ていることを確認しておきましょう。 ただし、マイナーアップデート(小幅なアップデート)の場合には表示が簡略化されることもあります。 まずは「iTunes」を利用したデータ移行の方法について解説します。 大まかな内容としては、パソコンのiTunesにデータのバックアップを行い、パソコンに新端末を接続してバックアップを移すという方法を取ります。 PCに「旧iPhone」のデータのバックアップを取る 具体的な方法としては、まずパソコンのiTunesを起動します。 その後、左上にあるメニューボタンをクリックし、「設定」をクリックします。 「デバイスタブ」を選択し、「iPod、iPhoneおよびiPadを自動的に同期しない」にチェックをいれて「OK」をクリックします。 データを移行する旧端末を、連携しているiTunesのインストールされているパソコンに接続します。 アイコンメニューにiPhoneのマークが表示されますので、そちらをクリックします。 バックアップ項目の「今すぐバックアップ」をクリックします。 なお、バックアップする際には「このコンピュータ」「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れた状態にしておき、パスワードを控えておきます。 最後に、画面上部のステータス欄に「バックアップ中」という表示が消えれば、バックアップ作業は完了です。 「新iPhone」に先ほどバックアップしたデータを復元させる 旧端末からパソコンへのバックアップが完了したら、次は新端末へのデータ復元の作業になります。 「復元」と言っている以上、この作業は「データ移行」とは少しイメージが異なります。 電子メールのように媒体から媒体への直接のデータのやり取りではなく、宅急便のように一度別の媒体に預けて、それを介してデータを移行するという方法を取ります。 具体的な方法としては、まずは準備しておいた新端末をパソコンに接続します。 画面左上のアイコンメニューから端末を選択して、バックアップ項目内の「バックアップを復元」をクリックします。 その際には、バックアップデータの日時の確認を行います。 これは、バックアップデータが上記手順で行ったバックアップデータであるかどうかを確認するためです。 単純に「旧端末からパソコンにバックアップをとった日時が一致するかどうか」ということです。 もし、データを確認して日時のおかしいファイルが有れば、一度データ復元作業を中断する必要があります。 正しくデータ復元作業を完了させるためには、一度旧端末からのバックアップ作業をやり直す必要があります。 データの日時が全て問題なくなれば、上記復元作業を再開しましょう。 「新iPhone」の初期設定をする バックアップ作業に際して「新しいiPhoneへようこそ」と表示される場合には、上記とは別の作業を行うことになります。 まず「このバックアップから復元」を選択します。 そして、プルダウンメニューから、復元に利用するバックアップのデータを選択して「続ける」を選択します。 すると、プログレスバーが表示されますので、そのまま待機します。 なお、プログレスバーが表示されている間は絶対に接続を解除したり、パソコンの電源をオフにしないようにしましょう。 それが終われば、後は画面に表示されている指示に従って操作を行い、終了です。 注意点 その際、いくつか注意しなければならないポイントが有ります。 まず、iPhoneならiPhone同士で、iPadならiPad同士でしかデータの移行はできません。 異なるデバイス間ではこの方法ではデータの移行はできませんので注意しましょう。 次に、設定によってはデータの移行ができないものがあります。 この方法でデータの移行ができない場合、別の方法でデータ移行を行うか、そのデータは諦めるしかありません。 最後に、この作業には相当な時間が必要になります。 先ほど「充電に注意」といったのはこのためであり、充電器に接続している状態で作業を行うことが望まれます。 また、その間はパソコンとiPhoneをそのままにしておかなければならないので、実質的にiPhoneを持って外出することはできません。 端末がそのiPhoneしか利用できない場合、休日に行うことをおすすめします。 上記の方法は「iTunesを利用できるパソコンが有る」ということが前提でした。 しかし、パソコンがない場合だとこの方法は利用できないので、iPhoneのみでデータの移行を行う必要があります。 その際に利用するものが、一般的に「オンラインストレージ」と呼ばれるサービスの一種であるiCloudなのです。 前提として「iPhoneでインターネットが利用できる」ということが必要になります。 「旧iPhone」でバックアップ(データ)を作成する まず、旧端末からiCloudにバックアップデータを取る方法について解説します。 旧端末でiCloudにサインインして、「バックアップ」をタップします。 次に、「iCloudバックアップ」の項目をオンにします。 「バックアップを開始」というポップが表示されたらOKをタップします。 画面上部に「今すぐバックアップを作成」という項目がありますので、そこをタップします。 バックアップが開始されますので、終了するまでそのまま待機します。 「新iPhone」でiCloudバックアップから復元させて初期設定する バックアップ作業が完了したら、次は新端末にデータを移す作業になります。 まず、「Appとデータ」の部分まで初期設定を進めます。 次に、iCloudバックアップから復元を選択します。 IDとパスワードの入力を求められますので、サインインを行います。 利用規約に同意して次に進みます。 復元に使用するバックアップデータの日時を確認して、そのデータを選択します。 ここでパスワードの入力を求められる事がありますので、必要に応じて入力します。 残りは表示される指示に従って操作を進めれば完了です。 注意点 ここでも注意すべきポイントがいくつかあります。 まず、iCloudの容量についてです。 前述のとおりiCloudはオンラインストレージであり、それには容量の制限があります。 iCloudの場合は無料で5GBまで利用することができますが、それ以上のデータ量となると有料プランとなりますので、データ移行の容量によって有料プランの利用も視野に入れなければなりません。 10倍の容量である50GBなら毎月130円で、さらに4倍の容量である200GBでも毎月400円で利用できますので、今後iPhoneを便利に利用することを考えても有料プランで利用すること自体は損ではないと言えます。 次に、Wi-Fi接続環境が必須となります。 この方法によるデータ移行にはオンラインストレージの媒介が必要になり、それにはインターネットによるデータ通信が必要です。 相当なデータ通信量が必要になるので、高速通信プランにおけるデータ通信量の上限に関わる可能性が高くなります。 定額のプランで契約している場合は容量が少ないので、それに関わらないWi-Fi接続を利用することをおすすめします。 次に、移行先のiPhoneは初期設定前の状態であることが必要になります。 先程も「Appとデータの項目まで~」という部分でも触れていますが、初期設定状態のiPhoneを利用するようにしましょう。 最後に、先ほどiTunesの項目でも触れていますが、この作業にはそれなりの時間が必要になります。 その間、iPhoneを使わなくても良い、充電の問題が無い状態にしてからデータ移行の作業にとりかかりましょう。 必要とする時間は移行するデータや端末ごとに異なりますが、すぐに完了するとは思わないほうが無難です。 この場合だと前述までの方法は利用できず、別の方法でデータ移行を行う必要があります。 この方法を利用する場合、パソコンが必要になりますので用意しておいてください。 パソコンが利用できない場合、別の方法でデータ移行をする必要があります。 AndroidにSDカードを装着してデータを保存する まず、旧端末となるAndroidにSDカードを装着します。 その際に注意したいポイントは、旧端末であるAndroidに適したサイズのSDカードを用意することです。 対応するSDカードを保有していないためSDカードを購入するという場合は、旧端末であるAndroidに対応するSDカードのサイズを確認してから購入するようにしましょう。 正しいサイズのSDカードを挿入したら、そこにAndroidのデータを格納しておきます。 iTunesがインストールされてあるPCにSDカードを装着する SDカードにデータを格納できたら、AndroidからSDカードを外してパソコンに装着します。 この時、使用するパソコンがSDカードを挿入できないタイプの場合、専用の周辺機器をあらかじめ用意しておきましょう。 PCの任意のフォルダに、SDカードのデータをコピーする パソコンにSDカードを認識させることに成功したら、パソコンのハードディスク内にSDカードのデータをコピーするフォルダを作成します。 わかりやすいフォルダ名に設定して、そのフォルダ内にSDカードのデータをコピーします。 iTunesを開いて、画面左上のアイコンメニューの端末を選択する 次に、パソコンでiTunesを開きます。 起動したら画面左上のアイコンメニューの端末を選択します。 共有(同期)させたいデータの種類(写真・音楽)のタブをクリック 次に、共有させたいデータの種類を選び、そのタブをクリックします。 先ほど保存しておいたフォルダを指定し、適用をクリック 最後に、SDカードから専用のフォルダに移行したデータを選択し、「適用」をクリックします。 ですが、Androidの場合だとiCloudが利用できませんので、別のオンラインストレージを利用することになります。 仕組みとしては、移行したいデータをオンラインストレージに格納しておき、新端末からオンラインストレージにアクセスしてデータをダウンロードするという方法になります。 オンラインストレージサービスは、現在では数多く存在します。 それらから、今後も利用することを考えてオンラインストレージを選ぶことになります。 選ぶ基準としては「無料で利用できる容量」「同期可能なアプリの種類」といった項目を見ることが必要です。 特に、無料で利用できる容量が少ないとデータの移行が満足に行えなくなる可能性があります。 場合によっては致命的なポイントも有りますので、きちんと理解しておきましょう。 電子マネーが使えなくなる まず、「電子マネー」が利用できなくなるということです。 iPhoneは、それ単体ではおサイフケータイに対応していないので、データを移行してもそのままでは電子マネーが利用できません。 もし、専用の周辺機器を利用しないという場合であれば、移行元のAndroidに残っている電子マネーの残高は使いきっておくことをおすすめします。 アプリデータが引き継ぎできない 次に、「アプリのデータ」は引き継げないということです。 厳密には「移行できない可能性がある」ということなのですが、基本的には異なるOS間ではアプリデータの引き継ぎを行うことは不可能であると考えたほうが無難です。 なので、iPhoneからAndroidへの移行に関しても同様のことが言えます。 移行できるかどうかは、アプリの製作会社の対応次第ではあります。 その際、「GooglePlayのプリペイドカード」や「iTunesカード」といったポイントの残高も、異なるOS間では引き継ぎを行うことはできません。 なので、電子マネー同様に、これらの残高が旧端末内のデータに残っている場合は、それも使いきってしまうことをおすすめします。

次の

【いざSIMフリーへ!】AndroidからAndroidへデータを移行するには?

格安sim データ移行

SIMカードには何が記録されているの? スマホで撮影した写真や購入したアプリ、音楽、電話帳データ。 これらのデータがどこに保存されているかご存知ですか? 格安SIMへの乗り換えでSIMカードをキャリアのSIMから格安SIMに交換したら、スマホすべてのデータが消えてしまうと不安をお持ちのかたもいらっしゃるかもしれません。 しかしSIMカードは加入者を特定するデータを記録するものであるため、SIMカードを交換したからといって写真や音楽などのデータが消えることはありません。 スマホのデータはスマホ本体、もしくはスマホに挿入しているSDカードに保存されているのです。 スマホ端末を変えなければバックアップの必要はなし 格安SIMに乗り換えたらSIMそのものに画像や音楽などのデータはないとしても、スマホ本体はauで契約しているのだから、契約している会社が変わればデータは消えてしまうのでは?といった不安が残るかもしれません。 しかし心配はご無用です。 スマホ自体を新しいものに変えない限りは、格安SIMに乗り換えたとしてもデータが消える心配はないのです。 バックアップの心配なく安心して乗り換えを 初めての格安SIMへの乗り換え。 ちょっとしたことでデータが消えてしまうのではと不安になるのも仕方ないですよね。 でもご安心ください。 SIMカードを変えてもデータは残ります。 大切な思い出をそのままに格安SIMへの乗り換えをしてみませんか?.

次の

格安SIMへのデータ移行はこれで失敗しません!

格安sim データ移行

最終更新日:2018年8月10日 スマートフォンのMNP乗り換え割引の適用期間が終わり、来月から使用料が跳ね上がることになってしまいました。 月7000円の出費では確実に私のお小遣い帳が赤字になってしまう! ということで、これを機に 格安SIMへ移行することに決定。 格安SIM(MVMO)は、auやdocomoの回線を借りて格安でデータ通信が利用できるというアレです。 速度等で不安な面もありますが、背に腹は代えられぬ…! 移行するにあたっての準備は契約更新月である今月中に全部済ませないといけないので、今日は 格安SIMへ移行するにあたってしておくべきことを忘れないようメモしておこうと思います。 スポンサーリンク? 格安SIMへ移行する前にやっておくことメモ 契約する会社を決める まず利用する会社を決めないことには始まりません。 数多くの会社がありますが、何を重要視するかで変わってくるのでそれぞれに合った会社を選びましょう。 料金重視なら DMM mobile。 音声通話なしで最低月額440円~、音声通話ありでも1,140円~と、業界最安値のプランがあります。 ネットを月あまり使わない、またはほとんどWi-fiで通信している人にオススメの会社です。 さらにDMMモバイルは2018年8月31日まで 新規契約手数料・月額基本料6か月間半額キャンペーンを実施中。 検討されている方は今のうちに申し込むとお得ですよ! インターネットはLINEやTwitterなどのSNSがほとんど、という人であれば「 LINEモバイル」もオススメ。 月額500円~、LINEはデータ通信量にカウントされないので使い放題となります。 なんだなんだ、リア充を応援する会社なのかここは! 音声通話付きでも3GBで1,690円~なのでコスパもかなり良いです。 またLINEの会社が運営しているので、格安SIMのデメリットとなっているLINEの年齢認証を行うことができます。 これはLINE愛用者にとって大きなメリットではないでしょうか。 自宅のインターネットが「OCN 光」であれば「 」がお得で、 月々料金が200円引きになります。 OCNは「1日〇MB」といった日単位から3GB、6GB、10GB、15GB、20GB、30GBと基本通信容量の多さが細かく分かれているので、自分にピッタリ合うプランが見つけられるのも良いところですね。 個人的に気になっているのは「 mineo(マイネオ)」。 顧客満足度NO. 1、テレビCMでも話題の会社で私も気になっています。 mineoのメリットはなんといっても今使っているdocomo・au端末がそのまま使えるというところ! 対応の端末であれば、SIMロック解除をしなくても本体そのままにカードを差し替えるだけで格安SIMが使えるようになります。 またiPhone6S以降のiPhone端末に関しては、SIMフリー端末はもちろんau・DoCoMo・SoftBank(要SIMロック解除)という3大キャリアのものも使えるので、どの会社からでも気軽に乗り換えることができるのではないでしょうか。 2018年9月からは、一部端末を除いてSoftBankもSIMロック解除なしで利用できるようになるそうです。 それに伴い デュアルプラン(データ通信+音声通話)の新規申し込みで6か月間基本料が最大約75%(1,400円)割引になるキャンペーンも実施しています。 マイネオを選ぶなら今のうちに申し込みましょう! とここまで書いてきましたが、どの会社が良いかは個人によりますし、正直なところ使ってみないとわかりません。 周りの評判や口コミを参考にしつつ、自分を信じて決めましょう! 最初の会社で不便がなければラッキーですし、それが一番です。 でも「イマイチだな~」と思っても縛りが1年なので、毎年いろいろな会社を試してみるのも面白いと思います。 私は悩んだ末、少し前に回線速度が速いと言われていたを選びました。 しかし最近は利用者が増えたためか、どの会社も速度の差はなくなったように思います。 安い!私のiPhone6は6万くらいしましたよ!(汗) 機能やデザインに強いこだわりがなければこういう端末で十分ですね。 他にSIMフリー端末を購入する方法としては、端末とセットで契約できる格安SIMの会社も増えてきているのでそちらを利用したり、中古で良ければオークションで安く買う方法もあります。 安さを選ぶか、機種で選ぶか、手間で選ぶか。 これもご自身がなにを重要視するかで決めていきましょう。 MNP番号を取得する 基本的に090や080などの番号はもらえないのですが、現在大手携帯電話会社で利用している番号をMNPで格安SIM会社に引き継いで使用することはできます。 (できない会社もあります) 引き継がない場合はIP電話アプリを利用して音声通話をすることができます。 MNP番号は今契約している携帯電話会社で発行してもらうことができます。 窓口・電話・インターネットと方法は様々。 電話は引き止められそうになって時間が長引くこともあるそうなので、インターネットか窓口がオススメです。 聞きたいことがあるのなら窓口の方が良いですが、24時間申し込めるという点ではインターネットかな。 各携帯電話会社での番号発行方法は下記サイト様にて分かりやすく解説されています。 MNP番号は発行日から15日経過すると無効になるので、下旬頃発行してもらうのがちょうどいいかと。 私はiphone5の残債などについて説明してもらいたいので窓口で発行してもらう予定です。 止められそうになったら家計が死ぬとでも言います。 あながち間違いでもない。 フリーメールアドレスを取得する 会社を移るということは、大手携帯会社を解約するということ。 @の後ろの「xxx. jp」という部分は使えなくなります。 さらに格安SIM会社からはメールアドレスをもらえないので、誰でも登録できるフリーメールを取得おく必要があります。 (一部メールアドレスを提供している会社も有ります) 有名どころはやはりかでしょうか。 iphoneだと専用アプリをダウンロードしないとプッシュ通知が使えないので、そこだけ注意が必要です。 iCloudの設定をしておくとiCloudメールがプッシュ通知で使えるそうですが、自分はGmailで通知を鳴らせるアプリを入れてあるのでしばらくはそちらを使っていこうと思います。 メールアドレスを取得したらアドレス変更した旨を周りに連絡するかと思いますが、相手の携帯が迷惑メール対策などでPCメールを拒否していたら届かないので注意しましょう。 前もって「受信設定を変えてください」などと連絡しておいた方がいいかもしれません。 データのバックアップをとる 今の会社を解約しても写真などのデータは閲覧できますが、今後売ったり壊れたりしたときのためにバックアップを取っておきましょう。 特にアドレス帳はフリーメールに移しておかないと不便です。 いい機会なんで、バックアップ前に色々なデータを整理するのも良いかもしれませんね。 私のiPhoneは写真を5000枚近く撮り溜めているため地獄のような作業になりそうです…(笑) 機種変更に限らずバックアップはこまめにとっておきましょう! と言いつつ、これは格安SIM移行後でもいいかな~と悠長なことを考えていたりいなかったり…。 その他にやっておくべきこと 最後に、必要であればやっておいた方がいいことを箇条書きにして今日の記事を終わりたいと思います。 今の会社のポイントを使いきっておく• ゲーム等のデータ引き継ぎ手続き• yoshimamo.

次の